動画が再生できない場合はこちら

TYTANIA-タイタニア-

48

5

0

4

4

3

銀河を、我が手に—。

星暦と呼ばれる時代が始まるとともに、広大な宇宙に進出した人類は、星間都市連盟に属する多数の都市国家を築いた。宇宙で最大の勢力を誇った星間都市連盟の時代は永く続くと思われたが、「タイタニア」と呼ばれる一族が、連盟を離脱し、ヴァルダナ帝国皇帝より「無地藩王」の称号を得ると、歴史は大きく変動する。連盟軍との戦いでヴァルダナ帝国に勝利をもたらしたタイタニア一族は、「タイタニアなくして帝国なし」と公言し、一帝国の臣下でありながら実質的に都市国家の大半を一族の支配下におき、宇宙の覇権を握った。しかし、八代目藩王アジュマーンの時代を迎えた時、連盟の一都市国家エウリヤとの会戦で、タイタニア五家族当主の一人アリアバート公爵が、無名の天才戦術家ファン・ヒューリックにまさかの敗北を喫してしまう。この戦いを機に、次代の覇者をめぐる様々な思惑が交錯し、歴史が大きく動きだそうとしていた…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(16件)

壮大な…?

壮大な設定にしてある割に、その壮大さが全然生かされていないように思う。
欧州あたりの架空の国々の話だと思えば、それなりに面白いかもしれない。



ネタバレあり

面白かったです

評価が低いのはアニメ版が完結していないからでしょう。私もハラハラして見ていましたが、やはり途中で26話がつきました。しかし、それだけ面白かったと言う事です。途中で辞めるつもりならば、こんな面白いもの見せないで欲しい。そういう感じです。作品自体が非常に変わったつくりです。明確な主人公がおらず、反タイタニア側のヒューリックが(良くあるタイプの)天才型主人公かと思ってみていると、そうじゃないらしい。タイタニア側は良い人達ばかりですが、他の勢力に対して傲慢であり悪役です。善玉の方は弱いし逃げてばかりで情けない。それが結末を迎えずに終わるんですから、正直きつい。ところがネットで調べて続きがわかりますと、大きな満足感が生じます。「なるほど」みたいに感じて納得。つまり架空の世界に現実感を与えた部分が本当に大事だったようです。続編があるに越したことはありませんが、これはこれでお勧めです。見ないと損ですよ。

TYTANIA-タイタニア

大変おもしろかった。原作及び原作者の力(他作品も含めて)によるところが大ではなかろうか。ただ残念なのは、アニメの方は未完な点であるということ。とにかく、色物的要素を求める人には不向きな作品であろう。

普通に面白い

みていて物語として普通におもしろい。突っ込みどころが多々あるけど、それがアニメの尺としての物なのかはわからないけれど(原作は読んでいないので)
ただ、まだまだこれからっていう所で終わるので、うーむ。
終着点がまったく見えなかったという意味では、続編を希望します(もやもや)

ネタバレあり

重厚ではないSF

一度の会戦において奇策で勝利したことで歴史の表舞台に立った主人公がその結果生まれた「風」に翻弄されながら星を渡り歩くというストーリーでしたが、主人公がなんらかの才能があるとか、強いというわけでもなく、軽薄な印象しかありませんでした。タイタニア側のキャラクターは銀英伝的な要素が強く、「ああ、原作者が描きなれたキャラクターだな」という感じがして銀英伝を見た私はすんなりと受け入れることが出来ました。ストーリー展開としては主人公側での御都合的な展開が所々あり、最後も尻切れトンボで終わった感が強いです。

んー・・・

物語はおもしろい というか王道の安心感
ただ タイタニアに対抗するはずの準主役ヒューリックのキャラに人心をつかむ要素が少ない
元部下を助けに行ったわけでもなく 無謀な戦いを止め人命を救う気があるわけでもない ただ勝てそうな主人公補正のかかった戦闘に顔を出しただけ
幼い子に心配をさせるほどの辛気臭さを周りにふりまき 否定的な言動が目立つ等数え上げればキリがない
なのに人が寄ってくる・・・がてんがいかない・・・
しゃべり方も神経を逆なでされた 狙ってるのだろうか・・・
タイタニアサイドの物語は楽しめるので4点

次は苦悩するジュスランが見られるかも

今回で通しで見たのは3回目くらいだと思います。時々見たくなる。辛い評価が多いみたいだけど自分は大好きな作品。
OPの映像と音楽が好きで、話の途中でOPと似たような映像が流れるんだけど、あ~、OPのあれは彼の見た夢だったのかな…?と思ったり。OPとEDの映像と音楽って、自分にとっては重要。すごい遊んでるOPやEDも好きだし、最終回近くになってようやくOPやEDの映像の意味が分かるアニメ作品も、なにかガツンとやられた気がする…。
気になるキャラは神谷さんが声やってるバジェスだっけ?提督の部下。このアニメではホント目立たない役なんだけど、なんか気になる。縁の下の力持ち~みたいな。

さっきチェックしたら田中芳樹さんが続きを書きかけていらっしゃるようなので一安心しました。
アニメ化もよろしくお願いします。ジュスランを困難が待ち受けているのだろうな~。

萌えキャラが登場する!

…という点だけは銀英伝より優れていると思いました。

あとは他の方のコメントから察してくださいw

いぢくりすぎ

まだシリウスかどっかのコミカライズの方が面白いんじゃないかなwww

面白いが・・・

なかなか面白いがやはり最後まできっちり終わってからアニメ化すべき作品だったのでは?

悪くは無いよ

別に田中芳樹原作だからといって壮大なスペースオペラ
じゃなければということは有りませんし、国家間対立や
英雄群像でもありません。

国家VSレジスタンスです。はなから、国家転覆など無理
です。

「三国志演義」や「項羽と劉邦」に対する「水滸伝」的
なものと捉えたらいかがでしょう。
スタートが違うのです。

壮大ではありません、が、悪くない

壮大な艦隊戦、知略の限りを尽くした戦略戦、そんな感じを期待すると
裏切られた感がたまらないでしょう。
どんな作品かと聞かれたら、RPGゲームで仲間を集めて強大な帝国を倒す・・・
そんな感じが近いかもしれません。
終わりもラスボスではなく、中ボスを倒したくらいで終わってしまうので
ちょっと消化不良気味です。

ただ、魅力的なキャラクターが多く、中だるみすることもないので
一気に最後まで見れる作品でした。

ネタバレあり

残念

かなり前に小説を読んだときは続きが気になったのに
今回アニメを見て、物凄く残念な気持ちになった。

別の人も言ってるけど……

不朽の名作である銀英伝と同じ作者の作品とは思えない駄作。
銀英伝マニアが真似してスペースオペラを書きましたって言われても信じてしまうレベル。

不発弾・・・。

何か煮え切らない。
銀英伝のパチモン臭さが抜け切らない。原作者一緒なのに・・・。キャスト凄いのに・・・。
「足を踏み外す」とはこの事ではないかと。(ハ‐メルンのバイオリン弾きよりはマシだが。)
もう少し戦略と言うものに理解してほしかった。
「黒歴史」とはこうゆう事なのだ。

つづき

つづきあるのかな?

見どころ

『銀河英雄伝説』で知られる田中芳樹の小説を原作とした宇宙SF。強大な軍事力と政治力によって宇宙の覇権を握る一族。だが、その一族の艦隊を辺境の名もなき軍人が破ってしまったことから、物語は波乱の展開を迎える。一族の当主である個性溢れる5人のせめぎ合いなど緊迫感溢れるドラマが展開。まるでドミノ倒しのように、ささいな出来事がやがて宇宙全土を巻き込み、難攻不落といわれた一族の内紛にまで波及していく様は圧巻。その重厚な物語についついのめり込んでしまう。また、CGを用いた宇宙戦艦による艦隊戦は、そのデザインや演出など痺れるくらいにカッコ良いので、それだけでも楽しむことができる。(アニメライター:川田鉄男)

キャラクター

ジュスラン・タイタニア

ヴァルダナ帝国公爵。次期無地藩王候補の一人に目される要人でありながら、タイタニアの現状に疑問を抱いている。芸術家に援助を惜しまないなど、タイタニアではどちらかといえば良識派的な存在である。

ファン・ヒューリック

体格はやや細身で、かなりの長身。飄々とした性格をしていて、基本的には他者への従属を好まない。天才的な戦術家としての才能に恵まれていたため、なりゆきでタイタニアと敵対することになってしまう。

アリアバート・タイタニア

ヴァルダナ帝国公爵。容姿、性格、才幹と全てにおいて均整と調和が取れているが、面白みに欠けると称されがち。しかし、常に四公爵中で最初に名前があげられ、武勲の数も四公爵一である。

イドリス・タイタニア

ヴァルダナ帝国公爵。アリアバートを凌駕するほどの美貌を持つが、ややとけどけしい印象を見受けられる。四公爵の中で最年少であることを必要以上に意識している、タイタニアきっての野心家。

ザーリッシュ・タイタニア

ヴァルダナ帝国公爵。風格と迫力をそなえた雄偉な容姿の男性。口元も眼光も力強く、脆弱とは無縁に見える。その容姿と迫力は初代無地藩王ネヴィル・タイタニアの若き日を想起させる。

リディア

エルビング王国第2王女。元気で屈託が無い、天真爛漫かつ聡明な少女。

アジュマーン・タイタニア

八代目無地藩王(タイタニア一族の総帥)。三代目以降のタイタニア一族の総帥には際立った才能の持ち主はいなかったとされるが、彼は二代目藩王ヌーリィの再来と言われるほど、冷徹な切れ者。

メカ・ロボット

ジュスラン旗艦 アウストラ

アリアバート旗艦 黄金の羊(ゴールデン・シープ)

ザーリッシュ旗艦 タイフーン

タイタニア護衛司令艦

タイタニア護衛艦

正直じいさん号

イドリス旗艦 ファイヤー・バード

アルセス旗艦 オーロラ

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:田中芳樹 / 監督:石黒 昇 / シリーズ構成:金巻兼一+岸間信明 / チーフディレクター:伊藤浩二 / キャラクター原案・監修:美樹本晴彦 / キャラクターデザイン:杉光 登 / メカニックデザイン:宮武一貴+伊藤浩二 / 美術監督:河合泰利(スタジオじゃっく) / 色彩設計:山崎朋子 / 3DCG:サンジゲン / 撮影監督:大西 博 / 音響監督:明田川 進 / 音響制作:マジックカプセル / アニメーション制作:アートランド / 製作:TYTANIA26PARTNERS /

キャスト
ジュスラン・タイタニア:岸尾だいすけ / ファン・ヒューリック:小西克幸 / アリアバート・タイタニア:近藤 隆 / イドリス・タイタニア:吉野裕行 / ザーリッシュ・タイタニア:武虎 / リディア:名塚佳織 / アジュマーン・タイタニア:三宅健太 / バルアミー・タイタニア:保志総一朗 / リラ・フローレンツ:矢作紗友里 / ミランダ:皆川純子 / リー・ツァンチェン:堀内賢雄 / アラン・マフディー:大原 崇 / ミハエル・ワレンコフ:斧 アツシ / ルイ・エドモン・パジェス:神谷浩史 / アルセス・タイタニア:草尾 毅 / フランシア:牧島有希 / カレン:塩野アンリ / 乳母:潘 恵子 / ナレーション:潘 恵子 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}