動画が再生できない場合はこちら

ケータイ捜査官7

15

0

0

0

0

3

これが明日のリアル。
意思持つケータイがバディ!?

「ケータイ捜査官7」とは、ごく普通の日常を過ごしていた高校生の網島ケイタがある日予期せぬ事態に巻き込まれたことで、突如、ネットワーク犯罪を取り締まる秘密機関「アンダーアンカー」のエージェントとなり、翻弄されながらも成長していく姿を描いたドラマである。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(3件)

07年ー15年の近未来観の正解

2008年放映当時はスマートフォンという単語は周知かされてなく、携帯電話といえば二つ折りが主流のころ。
その時代から目まぐるしく技術は進化し、明日未来という本作品のテーマが現実になったと実感。
二つ折りケータイが懐かしく思えるほど昔でもないが、
それでも不思議な違和感を生み出すフォンブレイバーのキャラクターが織りなす未来と、
必死に進歩するネットワーク技術とそれに伴うネットワーク犯罪に翻弄される人間たち。
ドラマはSFチックな非現実的なところもあれば、いやらしいほど現実味を増した泥臭い人間劇も混在する
多種多様なエピソードで、見る人を惹きつけてくれる。
昨今のドラマ制作が失ったワクワクドキドキハラハラシクシク、といった喜怒哀楽に満ちた内容はいろんな人に見てほしい。
アニメ的な写実的な幻想的なストーリーが、現実を明日未来へ誘うだろう。
オススメです。

フォンブレイバー達の魅力

スマホ全盛の今は携帯電話の形式が中途半端に古すぎるかもしれませんが、VFXで動くフォンブレイバー達の魅力をぜひ見て欲しい。主人公を演じる窪田正孝の熱の入った演技も必見です。

思いやり

すごくなけました。最後の最後まで・・・

見どころ

WiZ×Production I.G×OLM×三池崇史と最強タッグの実写ドラマ。ネット犯罪に対抗する秘密機関アンダーアンカーの一員となった高校生ケイタと人型ケータイ《セブン》の活躍を描く。みどころは、高度なVFXで現実にとけこんだ人型ケータイの描写と、緻密に練りこまれた友情のドラマ。「人と意思を持つ 機械は共存できるのか」というテーマを、バディ(相棒)を組むケータイと高校生に託し、時にユーモラスに時にサスペンス&シリアスに描き、青春を過ごす少年の成長物語の中で感動の高みへと導く手腕にはうならされる。押井守、金子修介たち著名監督もゲストで参加。いま時代はここまで来ていると認識を新たにできる、必見のサイバーVFXドラマ である【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

網島ケイタ

高校1年生。何をやっても満たされず冷めていて、毎日適当に過ごしている男の子。ところが突然、アンカーのエージェントとして戦いの渦中に巻き込まれてしまう。セブンをバディとする。

滝本壮介

元、フォンブレイバー・セブンのバディ。アンダーアンカーの優秀なエージェント。ケイタに多大な影響を与える存在となる。

美作千草

アンダーアンカー特捜部部長。宗田総帥の趣旨に賛同して、アンダーアンカー立ち上げの頃から関わっており、総帥からの信頼も厚い。常に冷静にふるまい、動じることはほとんどない。

桐原大貴

アンダーアンカーのエージェント。サードをバディとする。自分にも周囲にも厳しく接し、しかも挑発的に口にする。サードとの相性もよく、このコンビはアンカーのエースともいえる。

麻野瞳子

アンダーアンカーのエージェント。誰に対しても気がねなく話せる快活なお姉さん。「楽〜にいこうよ、楽〜に」を口癖によく笑い、ケイタにとっては唯一オアシスのような存在である。

支倉真由子

開発セクションの美人部員。身なりはあまりこだわらない典型的なメカオタク。水戸の右腕として活躍。

網島春美

ケイタの母。引っ越してきて間もないのでガーデニングをしたりフラワーアレンジメントをしたり、カーテンをつけかえてみたり、と日々まったりのんびりと主婦業を楽しんでいるお母さん。

網島健太郎

ケイタの父。大手商社で各地の支店を担当しながら転勤を繰り返し、やっと東京本社に配属になった。ネットを利用した通販が趣味で、変なダイエット用品やあやしげな幸運グッズを買っている。

網島可憐

ケイタの妹。中学1年。ブログを作り、そこでは「中年オヤジが世間のニュースに物申す」というかたちで仮想の自分を作り上げている。都市伝説にも詳しく、兄の携帯電話に疑いを抱いている。

御堂優璃

ケイタのクラスメイト。ケイタの隣の席、同じ班ということもあり、なにかと気にかけてくるお節介やき。転校してきていまいち存在感の薄いケイタを「空気くん」にしないため頑張っている。

唐崎 晶

関西弁と眼鏡が特徴的な女子高生で、ソフト開発会社でプログラマとしてアルバイトしている天才少女。ふとしたきっかけでケイタと知り合い、そのプログラムの腕を見せつける。スイーツ好き。

榊 睦月

水戸幸平、支倉真由子のもとで働くちょっとセクシーな開発部員。

如月さやか

水戸幸平、支倉真由子のもとで働くちょっとセクシーな開発部員。

影山弥生

水戸幸平、支倉真由子のもとで働くちょっとセクシーな開発部員。

海斗修悟

警視庁捜査7課(ハイテク捜査課)の若手。本人は刑事をやるにはいささか夢見すぎで、トンデモ本や都市伝説、陰謀論などが大好き。そういう様々な事象の真相に迫りたいから刑事になった。

間明蔵人

ゼロワンを従えケイタとセブンの前に現れた謎の男。フォンブレイバーが人間の敵となることを危惧しており、そのきっかけともなりかねない並列分散リンクの危険性についてケイタに説く。

宗田雅芳

アンカー社会長にして、アンダーアンカーの創設者の一人。ケイタにフォンブレイバーと人間の新たなコミュニケーションの可能性を見出し、セブンのバディとなることを許可している。

伊達雄人

アンカー社の顧問であり技術開発部の責任者。宗田や水戸とともにアンダーアンカーを立ち上げた創設メンバーの一人。フォンブレイバーのハード面での生みの親でもある。

水戸幸平

アンカーの開発担当。本部ではご隠居と呼ばれる、アンカーのご意見番。真由子とは対照的に非常にオシャレで、随所にこだわりを見せる。羊かんが大好物。

志村克彦

警視庁捜査7課(ハイテク捜査課)。海斗の子守を命じられ、その立場に少々腐り気味。不平不満の耐えない毎日だが、謎の歩くケータイと、それを持つ人間たちを奇異に思い、気にかけている。

メカ・ロボット

フォンブレイバー7 <通称セブン>

正式型番「PB-CMP-TEST07」。アンダーアンカーのフォンブレイバー7号機。網島ケイタのバディ。ケイタを一人前のエージェントに育てようとする。しかし、ケイタに接するうちに徐々にではあるがプログラムにはないものを習得している。

フォンブレイバー3 <通称サード>

正式型番「PB-CMP-TEST03」。アンダーアンカーのフォンブレイバー3号機。桐原大貴のバディ。クールな桐原とは対照的に腰が低く、いついかなる時も口調は丁寧で軟らかい。桐原の表現方法についてフォローしてまわることもある。

フォンブレイバー01 <通称ゼロワン>

正式型番「PB-CMP-PROT01」。アンダーアンカー初のフォンブレイバーだが、ある事件をきっかけに、アンダーアンカーから姿を消す。沈着冷静、常に人間の行動を観察しており、理想のバディを求め、犯罪を企てる人間に協力していたが…。

ブーストフォン シーカー

正式型番「BST-P001」。カメラ機能を強化して潜入捜査用に開発されたブーストフォン。単体ではニ脚歩行(ジャンプ)し約200倍のズームと暗視カメラで先行偵察をスムーズに行う。フォンブレイバーと着身後は映像解析も可能となる。

ブーストフォン スピーカー

正式型番「BST-P002」。サウンド機能を強化して音声解析等のために開発されたブーストフォン。単体では各スピーカーが独立して機能を発揮し立体音響再生、高性能集音が可能。フォンブレイバーと着身後は音の中和、解析などが可能となる。

ブーストフォン アナライザー

正式型番「BST-P003」。ネットワーク機能を強化するために開発されたブーストフォン。隙間にもぐりこみ配線などの物理処理も可能。フォンブレイバーと着身後はネットワーク関連機能が大幅強化されるだけではなく、ウイルスの作成も可能。

ブーストフォン デモリッション

正式型番「BST-P004」。現場で発生する災害的な状況時を想定して開発されたブーストフォン。単体では入り組んだ場所にも対応し簡単な分解も可能。フォンブレイバーと着身後は分解用アームなどを駆使して複雑な電子機器の分解や切断も可能。

ブーストフォン メディック

正式型番「BST-P005」。現場でのワクチン作成を可能にしたブーストフォン。単体ではプラグなどから電気信号化したワクチンを送り込むことも可能。フォンブレイバーと着身後は高度なワクチン作成が可能となりウィルス耐性がアップする。

ブーストフォン グラインダー

正式型番「BST-P006」。振動モーターを強化し、アクティブフォーム時は唯一人間型をしているブーストフォン。フォンブレイバーと着身後は振動粉砕だけでなくMRF波破壊により対象物を急激な熱発生で流動化し破壊を行うことが可能。

ソリッド

正式型番「BPC-SP03R」。携帯電話の移動基地としても機能し衛星通信も行え、携帯電話、無線などの電波を使った機械をジャミング可能。アクティブフォーム時はブーストフォンを2台同時に着身させ、フォンブレイバーを搭載し走行できる。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:WiZ+Production I.G / シリーズ監督:三池崇史 / 監督:麻生 学+押井 守+金子修介+小中和哉 / 監督:辻 裕之+鶴田法男+渡辺 武 / 監督:湯山邦彦+西海謙一郎+丹野雅仁 / シリーズ構成:冨岡淳広 / 監修:苫米地英人 / 音楽:池 頼広 / 制作:テレビ東京 / 制作:Production I.G+OLM / 製作:バディ携帯プロジェクトLLP /

キャスト
網島ケイタ:窪田正孝 / 滝本壮介:津田寛治 / 美作千草:伊藤裕子 / 桐原大貴:松田悟志 / 麻野瞳子:三津谷葉子 / 支倉真由子:長澤奈央 / 網島春美:渡辺典子 / 網島健太郎:田口浩正 / 網島可憐:五十嵐令子 / 御堂優璃:岡本奈月 / 唐崎 晶:飛鳥 凛 / 榊 睦月:秦 みずほ / 如月さやか:鎌田奈津美 / 影山弥生:辰巳奈都子 / 海斗修悟:勝野洋輔 / 間明蔵人:高野八誠 / 宗田雅芳:益岡 徹 / 伊達雄人:渡辺いっけい / 水戸幸平:ミッキー カーチス / 志村克彦:勝野 洋 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}