動画が再生できない場合はこちら

スカルマン

12

0

1

0

0

2

光と闇のはざまに、髑髏の仮面が舞う
神か? 悪魔か?
あの「仮面ライダー」の原点といわれる、
伝説のダークヒーロー、鮮烈の初映像化!!

物語の舞台は、“架空の時代”の、“架空の日本”。「影の首都」と呼ばれる地方都市に起こる、骸骨男=都市伝説を怪人による連続殺人事件…。ルポライターの御子神隼人とカメラマン志望の少女・間宮霧子は、調査を続けるうちに、恐るべき闇の中に巻き込まれる。「スカルマンの正体は、誰なのか〜」というミステリーをまじえて、謎が謎を呼び、ドラマは、その壮大で凄絶なクライマックスに向けて加速してゆく!! ※TVオンエア時とは、オープニングが異なったバージョンになります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(3件)

なんか既視感…そうかアレだ!

製作時期も近い「仮面ライダー THE FIRST」と「同NEXT」。出渕リデザインのスカルマンはカッコいいのです。でも期待したカタルシスが得られず、肩透かしを食らう。ストーリーも映像も絶賛とはいきませんでした。悪くはないんですが「入念に練り込まれたストーリーと設定」「伏線が積み重なりパズルのピースがはまるような快楽」という氷川さんの紹介文は褒めすぎではないかと(笑。
怪奇ロマンやサスペンスと呼ぶにはそのテイストは微妙だし、かといってアクションが特に秀でているわけでもない。石ノ森ネタは仕込んでるけど、それは本筋とはあまり関係ない。
原作、島本続編、MEIMU版、実写版はどれも未読未見ですので、このモヤッとした感じがスカルマンシリーズ?の魅力なのかも??? んなわけないか。

中高年向け傑作です。

時代設定も現代ではないし、若い人をターゲットにした作品ではないと思う。
その分、中高年特撮/アニメファンにターゲットを絞った渋い作りになっている。

好きな作品に追加だね

退魔もの・怪異もの物色中に「スカルマン」を
発見。

ダークヒーロー物か仮面ライダーの類かと思い
とりあえず期待せずに1話を視聴、全然違う。
後はズルズルと視聴。
みどころには怪奇ロマンとあるが、どちらかと
言えば怪奇サスペンスかな。

大人向けでも萌え・エロ要素は期待できません。

見どころ

原作:石ノ森章太郎。ドクロを思わせる仮面の怪人が主人公のダークヒーローもの。『仮面ライダー』の原点となった怪奇ロマンをシリーズ構成:出渕裕、監督:もりたけしという布陣によりオリジナル展開でアニメ化した。第二次大戦後、南北に分断され軍が存続する平行世界の日本。地方都市・大伴市で怪事件が連発し、獣人が暗躍する。物語は事件を追うトップ屋・隼人の視点で進むが、やがて巨大な陰謀とともに意外な真相が明らかになる。みどころは入念に練りこんだ設定とストーリー。ささいな描写が伏線となって積み重なり、パズルのピースがはまるような快楽がある。もちろんスカルマンや獣人のアクションも満載。大人の味わいが濃厚な娯楽作品だ【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

御子神隼人

フリー・ジャーナリストというと聞こえは良いが、いわゆるトップ屋稼業の野心的な青年。父親の死亡を機に上京。以来、家には帰っていない。故郷で噂される骸骨男の都市伝説に興味を持ち、大伴市に帰郷、事件を調べ始める。

間宮霧子

「未来の女キャパ」をめざすカメラ小娘。未成年で、二十歳と偽っている。ある目的で大伴市に潜入しようとするが、駅の検問で捕まりそうになる。そこを隼人に助けられ、以後、押しかけ女房のようにつきまとい行動を共にする。

神代正樹

黒潮豪蔵の秘書で優秀なテクノクラート。大伴製薬の秘書室室長で、軍部との太いパイプを持つ。豪蔵の信頼が厚いが、冷徹な野心家で、目的のためには手段を選ばない男。

宇佐神 明

大伴生化学研究所の研究者で、何を考えているか分からない人物。神代正樹からは無視され、見下されているが、彼の言動は都市伝説と奇妙に一致していたり…。彼の部屋は何故か、おびただしいモニター類で埋め尽くされている。

神崎芳生

博愛主義者で、心優しい若き神父。教会内の孤児院の院長でもある。外見はストイックな美青年だが、隼人とは幼なじみで「俺、お前」の仲。真耶に特別な想いを抱いているらしい。

黒潮真耶

黒潮豪蔵の娘。「白鈴會」教主として祭り上げられた自身の立場に苦悩し、現実から救い出してくれる相手を求める。神父の神崎に、ほのかな想いを寄せている。何か、本人も知らない神秘的な力を秘めているようなのだが…。

真行寺麗奈

隼人が深夜の路上で遭遇する謎の女。革のライダースファッションに身を包み、大型バイクを駆るグラマラスな美女。

真行寺徹郎

麗奈の双子の弟で、寡黙な男。姉と同じ何かを探っているようだが…。

立木恭一郎

大伴市駅ホームで知り合い、隼人の行く先々に姿を見せる飄々とした中年男。自称私立探偵だが、数々の秘密を知り、隼人にさまざまな情報を提供していく。

新條 剛

大伴署の若手刑事で、理想主義の熱血漢。黒潮に牛耳られている警察に疑問を抱き、そのため署長から睨まれ、組織内で孤立している。骸骨男事件を捜査するうちに、その裏に潜む巨悪の存在に気づく。

黒潮豪蔵

大伴コンツェルンの会長で、大伴市の実質的支配者。旧満州財閥の流れを汲み、海外資本(BG社)と提携してコンツェルンの今日を築いた。温厚な紳士。隼人の亡父は、生前、彼の部下だった。骸骨男を追う隼人に援助を申し出る。

スカルマン

大伴市に伝わる都市伝説上の怪人。人々に仇なす復讐鬼なのか? 冥界から来た亡霊なのか? グロテスクな髑髏の仮面に紅い眼球が光り、乾いた声が魔都の闇に響く───!

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:石ノ森章太郎(メディアファクトリー刊) / 監督:もりたけし / シリーズ構成・脚本:出渕 裕 / スカルマン&GROデザイン:出渕 裕 / 脚本:大野木 寛+水上清資 / キャラクターデザイン&総作画監督:柴田 淳 / メカニックデザイン:佐山善則 / セットデザイン:菊地正典 / コンセプチュアルアート:草なぎ琢仁 ※なぎ は弓偏に剪 / デザイン統括:武半慎吾 / 特技監督:村木 靖 / 撮影監督:福士 享(T2 STUDIO) / 編集:重村建吾 / 音楽:鷺巣詩郎 / アニメーション制作:ボンズ / 製作:熊澤芳紀+伊藤幸弘(フジテレビ) / 製作:南 雅彦+萩原克治+小野寺 章 / 編成:松崎容子(フジテレビ) / プロデューサー:森 遊机+山本幸治(フジテレビ) / プロデューサー:渡辺マコト+吉田雅尋+小山仁一郎 /

キャスト
御子神隼人:保村 真 / 間宮霧子:川澄綾子 / 神代正樹:森川智之 / 宇佐神 明:吉野裕行 / 神崎芳生:加藤将之 / 黒潮真耶:折笠富美子 / 真行寺麗奈:根谷美智子 / 真行寺徹郎:田坂秀樹 / 立木恭一郎:堀 勝之祐 / 新條 剛:関 智一 / 黒潮豪蔵:阪 脩 / スカルマン:土田 大 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}