動画が再生できない場合はこちら

ヒカルの碁

122

0

0

0

3

22

めざせ!神の一手

テストの点数が悪くお小遣いを減らされた少年、進藤ヒカルは、何かお宝はないかと祖父の家の蔵を物色していた。そこで見つけたものは血のアトのような汚れがついた古い碁盤。ヒカルがその汚れを落とそうとした時、碁盤が光を放った! 「――見えるのですか?」 どこからともなく、何者かがヒカルに話しかけてきた! ヒカルにしか聞こえないその“声”の主は、遠く平安時代のやんごとなき美丈夫、藤原佐為のものだった。佐為はかつて平安の都にあって、帝に囲碁を指南する「囲碁指南役」という要職に就いていた。囲碁を愛してやまない佐為は、日々囲碁を打つことに至福を感じていた。しかし佐為は、彼を妬む者の奸計にかかり敗北。いわれのない汚名まで着せられて都を追われ、失意のうちに自ら命を絶つことになったのである。突如、その佐為の魂がヒカルに宿った! 佐為の囲碁への熱烈な想いに動かされ、ヒカルはそれまで興味のなかった囲碁の世界に次第に惹かれてゆくことになる。一方佐為もまた、時代とともに変化した囲碁にも貪欲に興味を示し、ヒカルを通して数々の勝負に挑む。そして囲碁界の頂点を目指すプロ棋士たちに、激しいライバル意識を燃やすのだが…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(25件)

間違いない

この作品に出会った時は、囲碁というものを良く知らず、題材にされていたのが珍しかっただけで、展開的には良くある少年漫画だなぁという感想でしたが、良くあるとは思いつつも、どこか引き寄せられるように読み続けていました。そして、物語が進むにつれ、どんどん引き込まれて、いつしか囲碁に強い興味を持っている事に気付きました。これは、本当に凄い事だと思います。

子供の頃に、本当に、「やった事がある」程度で何の興味も持たなかった囲碁に、これだけ興味を持てた事に、背筋が震えるほどの衝撃を覚えました。また、この作品に感化され、本格的に囲碁を始める子供が急増し、当時社会現象にまで発展した事に、とても納得させられたのを今でもよく覚えています。

掛け値なしの「名作」です。
きっと、見た事を後悔する事はないでしょう。

「囲碁がわからなくても問題なく楽しめます。」

原作、アニメ、と 相次いで発表されたときほど、
周囲の人達から囲碁について色々と尋ねられた経験はありません。

確かにこの作品、囲碁を知らなくても、本当に楽しめます。
しかし、
驚いたのは、局面・盤面、棋譜が驚く程緻密に描かれていること!

囲碁を知っていると、もっともっと、あの凄さが分かります!

皆さん、ご視聴のついでに、如何でしょう。
面白いですよ。

視聴で疲れ果てコメントするのを忘れてました

あまりの面白さに4、5日で75話を全部見ました
20話以上視聴した日もありました
視聴完了時、疲れ果てコメントするのを忘れてました

主人公に佐為が憑依しての無双から、独力で碁を打つことを決意し最弱に
そして部活から始めて、途中インターネットで無双しながらも
院生、プロと努力して徐々に強くなるんですが
主人公を上げて下げて、ゼロから囲碁坂を登らせるストーリー
成長モノとして大変面白かったです

あと、主人公と佐為の謎、秘密に周囲が迫ろうとする話
特にアキラくんの必死に追う姿は、まるで恋愛してるかの如くでしたが
これも、ミステリーモノとして面白かったです

ネタバレあり

良かった

小学生からプロまでよくできていた。碁が出来なくても楽しんで見れた。

ヒカルが佐為を探し、その結果・・・・。
何度見ても泣けます・・・・・・・!!

ネタバレあり

舐めてると感動するよ!

無料期間が間近ってことで見始めましたが、見る度にどんどん引き込まれていきました。もちろん自分も囲碁は全く知りません。この作品に出会えてよかったです。これは見た人にしかわからないでしょうね。おすすめです。

本放送で見ておけば良かった

当時は子育て真っ最中で、テレビ見る暇もなかった。その息子たちがヒカルや和谷たちと同年代になった今、初めて全話一気見してハマりましたが、どうしても母親目線で見てしまいます。
子供たちが人として棋士として成長していく様を見るのは、爽やかな感動でした。
お気に入りのEDはたかみー作曲の『ヒトミノチカラ』。今の若者たちは(うちの子も)そこそこの幸せで満足しておとなしくまとまってる感がありますが、ヒカルのように傍から見ると無謀とも思える夢に向かって突き進んで行くのが若者の特権なのではと、そんなことまで思ってしまいました。

川上とも子さんのことは、皆さんのコメントを見て初めて知りました。本当に残念です。

囲碁のイメージ変わる

ぐいぐい押しこまれ息もつけない緊迫した演出。囲碁ってまったり地味なやつだろと思ってたら、心臓バクバク涙ボロボロ。解説がほとんどないんでよくわからなかったが、煽りに煽る怒涛の対局シーンを見てたら勉強したくなった。それに主人公をとりまく人間ドラマに心ゆさぶられた。ヒカルが佐為との別れを経て大人になっていく様が切ない。
凄いものを見られて本当によかった!

ネタバレあり

おもしろかった&なつかしかった

どんな話か全く知らないでなんとなく見はじめたけど、惹きこまれて一気に見てしまった…。
長いけど長さを感じさせられなかったです。(見放題に入ったからできたことですが…^^;)
‘佐為’がとても好きです。優雅で強力、かわいらしくておバカさんみたいなとこもあって。
子供の時、親戚や近所の子とトランプすると、ちっちゃい子のバックには大きい子がついて、
出す札を教えてやってたもんです。だからちっちゃい子は勝ってしまう。
そうやってルールを覚えたな~。
そんなことも久しぶりに思い出してなつかしかった…

難を言えば、OP・ED音楽が自分の好みじゃなかった。
でも、それをさしひいても☆5個あげてもよいと思えました。うんうん。

\アッカリーン/

キャラがかわいいですね。とくにヒロインがいい。
みなさん、この物語のヒロインは誰だと思いますか?

この物語は囲碁アニメを隠れ蓑にしていますが、実はヒカルと心を通わせた佐為に横恋慕した塔矢アキラがちょっかいを出すという流れではじまり、やがて失恋したヒカルと塔矢アキラが相思相愛になるという、ちょっと拗れた三角関係を描いた、恋愛ストーリーなのです。

なので、僕の見立てでは、ヒロインは塔矢と佐為のダブルヒロインだと思いますね。

…え?藤崎あかり?
ああ、あれはモブキャラですよ。

やはり

 名作の中に入る作品。
 
 見てない人には是非見てほしいです。

泣けるー

最初はサイの圧倒的な強さにワクワクし、対局に興奮し、プロ編後半はサイがいなくなったことによる切なさで泣けます。ヒカルの成長ものとしても素晴らしい。
マンガで知っていたので、アニメはきちんと見ていなかったけど、アニメも素晴らしいですね

後半未消化あるも感動

ヒカルの成長を楽しみながら最後まで楽しめました。現実世界にヒカルを通してしか関与できないSaiの葛藤がかわいそうでしたが、塔矢名人との対局の回では鳥肌が立ちました。結局力をつけてきたヒカルが自分の力で碁を打てなければ、どんな対局もインチキ対局になる以上、どこかでSaiはヒカルから離れなくてはならないのだと思いますが、Saiがいなくなってからは寂しさがひとしおでした・・。

ネタバレあり

最高

何度見ても楽しいです。

囲碁のプロを目指そうと思いました( ´ ▽ ` )ノ

おもしろかった

丁寧に作られた感じがします。願わくば原作にもある続編を見たかった。

いい作品

続きが見たいですが、それはもうかなわないでしょうね・・・・・

進藤ヒカルが、出ない続きはないのだし・・

ホントに残念です。

オカルトの碁

ほほーなるほど、そこに置くのね・・・さっぱり、わからん。
作品にあてられて碁盤とか、買っちゃう人いるだろうなぁ。
俺は詰め碁の本を買いましたw

ヒカルの自立していく過程が見ものです。

サイの代わりに碁を打つ中でヒカルは少しずつ自立していきます。それは親元を離れていく我が子の成長を見ているようです。また後半のサイの苦悩は子離れしなければならない親や大人たちの姿に重なります。碁の内容だけでなく、これらも楽しめる良い作品だと思います。

ヒカルの成長にグッと来る

だけじゃないよ

古来より幽霊はー

”欲求が充たされる事で成仏しちゃう存在”なんですね

そんなアニメ界の絶対法則を念頭に置いて視聴すると描写の非凡さが垣間見えてくるスルメアニメへと変貌します


目の付けどころを変えつつ周回を重ねる度に以前は空気だったはずのシーンがグッと良く見えたりします
とても裾野の広いアニメですので何かしら理由を付けて食わず嫌いするのは勿体無いアニメです

ネタバレあり

大人になったヒカルを見たかった

もし、物語の範囲を国内に限定していたら、複雑な背景などと無縁で、話は続いたのでしょうか。国内設定でも、倉田や緒方等と堂々と勝負しているヒカルを見たかった。一度くらいは塔矢アキラに公式戦で勝って欲しかった。とても残念です。

北斗杯への道の続編が見たい

TV放映はされて2度見たことあるけど、日中韓の対抗戦、スヨンの成長など話題満載なんだけど、ぜんぜん見ることができなくなったよ。結果としてはヒカルは負けちゃうけど、みたいな・・・。
多分、どこかからクレームきて、お蔵入りしたんだね、今の囲碁界につながる貴重な作品だと思う。

川上さんの…・

お気に入りの声優さんだったのに、とても残念です。ウテナに続いて、この光の声も最高にはまっていただけに、残念です。さらにこの作品の凄さと、登場するキャラクターすべての脈動感がもう最高です。続けてほしいけど、光の声優さん川上さんに代わる声優さんがはたして出てこれるかが疑問です。

だあぁぁ

なにこのおち。囲碁に興味もなく週刊誌に連載してた時には、見向きもしなかった本作だったけど無料の1話・27話を観て購入を決意。三日三晩かけて一気に最終話まで走りきったが、徒労に終わったような気がした。
ストーリーはもとより本作に登場する人物の台詞までもがしっかりとつながっていて飽きのこないところには作品の良さを感じることができ、子供ながらに勝負に真っ向から立ち向かい勝った喜び、負けた悔しさがヒシヒシと伝わってきて涙腺の緩んだおじさんには、しばしば涙する場面も含まれた。
しかし、最後のおちは何なんだろうか。本当に作者は、これでいいと思っているのだろうか。作り上げた作品が、最後の最後で二級品になってしまったようで残念な気持で終わったことがとても悲しい。
ただ、囲碁を全く知らない方でも楽しめる作品には変わりないのでオススメできる作品です。

❤●○塔矢アキラ目線で見ると…●○❤{^*)

 1回見たときはサイとヒカルのやり取りの面白さが興味の中心だった。ところが2度3度繰り返して見ると、いつの間にか塔矢アキラ目線でこの作品を見ている自分に気づき、後半のストーリー、最終話がしっくりとしたものになっていた。長編だけに、全話まとめて購入すると視聴期間が長い(値段も高いのだが…笑)。
 繰り返し見ても飽きることの無い楽しさがあり、見る視点を変えると、味わい深い作品である。

見どころ

日本全国の少年・少女の間に囲碁ブームを起こした原作:ほったゆみ、漫画:小畑健による人気コミックのアニメ化作品。物語は主人公が碁盤に宿る平安時代の棋士と出会うことで棋士として成長していくというもの。主人公と平安時代の棋士とのあまりに大きなジェネレーションギャップを感じさせるやりとりが楽しい。無邪気に囲碁を愛する平安時代の棋士のリアクションは可愛くもあり、癒されること受けあいだ。また、作中で繰り広げられる熱い対局の数々も見応え充分。各キャラクターの想いが複雑に交差しながら、美麗なエフェクトを駆使して描かれる対局シーンは、囲碁を知らない人でものめり込んでしまう。(アニメライター:川田鉄男)

キャラクター

進藤ヒカル

古い碁盤に宿っていた平安時代の棋聖・藤原佐為の霊がその意識の中に入り込んだのをきっかけに、囲碁の世界へと足を踏み入れる。佐為の導きやライバルたちとの出会いを通し、眠っていた才能を目覚めさせる。

藤原佐為

平安時代の天才棋士。囲碁を心から愛し、朝廷では囲碁指南役を務めていた。だが、奸計にかかり自害。死後その霊は古い碁盤に宿っていたが、その声に気付いたヒカルと出会い、ともに「神の一手」を極めんとする。

塔矢アキラ

囲碁の名人を父に持つヒカルと同い年の天才少年。自らの才能におごることなく切磋琢磨を続ける努力家。同い年のライバルのいない中、ヒカル(と佐為)との勝負に敗れたことにより、挫折とともに新たな目標を得る。

藤崎あかり

ヒカルの幼なじみで同級生。好意を持っているヒカルの影響で囲碁を始めるが、腕の方はイマイチ。部員不足の葉瀬中学囲碁部のために新入部員を連れてきたり、部員たちの気持ちを気遣うなど、部のために尽力する。

筒井公宏

葉瀬中学囲碁部部長。囲碁が好きで、指南書片手に細々と囲碁部を続けるも部は廃部寸前であり、ヒカルや加賀の協力を得ながらそれを立て直すために奮闘する。真面目できっちりした性格。指南書依存症(!?)

加賀鉄男

囲碁部のピンチをヒカルと一緒に救う(!?)ちょっと不良な将棋部員。将棋の腕もさることながら、父の勧めで幼い頃は囲碁をやっていたこともあり、囲碁の腕前もかなりのもの。塔矢アキラは因縁の相手。

塔矢行洋

塔矢アキラの父であり、現代の日本囲碁界の頂点に立つ人物。佐為をして『神の一手に最も近い男』と評される名人。息子のアキラ同様、自らの才能に溺れることなく切磋琢磨を続け、トッププロとして君臨し続ける。

緒方精次

塔矢名人門下の実力派棋士。こども囲碁大会で見たヒカル(と佐為)の才能に驚嘆し、興味を抱くようになる。常にクールで落ち着き払った態度を崩さないが、その内には囲碁に対する熱い情熱を秘めている。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:ほったゆみ / 漫画:小畑 健 / 監修:梅沢由香里(日本棋院) / 企画:岩田圭介+原田 孝+布川ゆうじ / 監督(第1話〜第15話):西澤 晋 / 監督(第16話〜第58話):かみやじゅん / 監督(第59話〜第75話):えんどうてつや / シリーズ構成:大橋志吉 / メインキャラクターデザイン:本橋秀之 / キャラクターデザイン:関口可奈味+上田美由紀 / 美術監督:高木佐和子 / キャラクター色彩設計:いわみみか。 / 撮影監督:沖野雅英 / 編集:松村正宏 / 音響監督:高橋秀雄 / 音楽:若草 恵 / 音楽制作:avex mode / プログラムマネジャー:渡辺哲也 / 協力:日本棋院 / 製作:テレビ東京+電通+ぴえろ /

キャスト
進藤ヒカル:川上とも子 / 藤原佐為:千葉進歩 / 塔矢アキラ:小林沙苗 / 藤崎あかり:かかずゆみ / 市河さん:雪野五月 / 筒井公宏:津村まこと / 加賀鉄男:伊藤健太郎 / 塔矢行洋:津田英三 / 緒方精次:藤原啓治 / 三谷祐輝:浅川 悠 / 福井雄太:水田わさび / 和谷義高:高木礼子 / 越智康介:松岡洋子 / 伊角慎一郎:鈴村健一 / 奈瀬明日美:榎本温子 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}