動画が再生できない場合はこちら

レンタルマギカ

22

0

1

2

1

2

魔術の夜(マギ・ナイトへようこそ)。
ケルト魔法、陰陽道、神道、
ソロモン王の魔神、密教など、
古今東西に実在する魔法が
激しく火花を散らす!

高校生の伊庭いつきは父の遺した会社を継ぐことになるが、その会社とは、お客様の依頼にあった魔法使いを貸し出す「魔法使い派遣会社〈アストラル〉」。部下の魔法使いたちを率いて、数々の敵と戦ういつきの前に立ちはだかるのは!? 空前絶後の異種魔法格闘戦・スタート!

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(6件)

良かったです

魔法が認知され、一つの産業(職業ギルド)として成立している社会を舞台にした、少年活劇モノです。ハーレムパターンですから、(ターゲット層が見えすぎて)敬遠する人もいるかもしれませんが、ドギツク無いので普通に見れました。始まりは少しダレ気味に感じますが、徐々にストーリが練れてきて、見所が増えていきます。そして最後はドカンと超展開。初っ端からカマスのが最近の主流ですが、こちらはそういった意味では少し古い作りのようです。しかし話数が24話もあり、無料で配信されていますから、これは見てお得です。作画にムラはありますが、キャラクターデザインも良く、標準点を満たしていると思います。何気なく見ているといつの間にか次を見ている。そして最後は満面の笑みで大満足。そんな作品です。殺伐とし過ぎたり、捻り過ぎたり、癒し過ぎたり、「アレ?」と感じる作品が多いと思っている方は、安心して見れると思います。

これはひどい

1話しか見ていません。
バトル内容は社長が社員を使役して倒しちゃったけど、社長命令するだけなのに前に出ちゃって
しかも口頭で命令するとか緊迫感皆無。
もうちょっと連携とか描けないのー?主人公の為だけの世界観が受付らんない

ネタバレあり

つまらなくは、ないけれど・・・

つまらなくはないけれど、
面白くもない、って感じがします。
一つ一つはいい感じなのに、なんかすっきりしないというか・・・。

原作は知らないのですが、
時系列がごちゃごちゃになってるみたいですね。
調べてみたところ、
2 5 6 4 11 1 3 15 8 13 7 9 10 12 14 16 17 18 19 20 22 23 24 21(話)
の順番で観ると、時系列通りらしいです。

A-

個人的には結構好きなほうです!
笑いもあって萌えもあって、ツンデレもあって、バトルは詰め将棋みたいな雰囲気でバトルも好きです!
続編あったらいいなぁっと思ってたアニメのひとつです。

おまけコーナーの考察

着眼はとてもとても面白い。
でも、内容がバトル中心の割には、見合った派手さが全くありません。

邦文と英文の歌詞が代わる代わる用いられるOPですが
どちらも良かったのと
お兄ちゃん社長の補習授業(解説用のおまけコーナー)が
短い時間ながらも楽しかったので
この評価です。

但し、12話、太陽信仰における臘夜祭の説明記事、
夏至は勿論冬至の単純な誤記です。

そしてやはり、ジン/ジニー、マニトウ、ブードゥーとかは無かったなあ。

「ヒッグス」は在りそうですが、「超対称性」とか言われると、
本作品でも説明のあった五行説などにおける”元素”等を思い浮かべてしまいます。
本当に人々って色々なことを想い考えて来たんですね。

懇切丁寧な解説

この手の作品では、やたらと小難しい言い回しで検索サイト確認しないと理解できないほどのマニアックな設定の作品が多いのですが…。
魔術などのオカルト全般に無知な私にとって、毎回の丁寧な解説に「なるほど」と勉強になる作品でした。
作中での「解説」もさることながら、最後の方でキーワードの活字解説~コミカルなやりとりがセットになっていて、初見であっても「とてもやさしい」設定がいいですね。
回ごとにOP・EDの変化する様も含めて、この作品に対しての作り手さん方の「粋な計らい」が随所に魅られます。
福山さんの声で「あの目」の時の感じは「あのキャラ」を思い出してしまいます。
福山さんの「凛々しい口調」はやっぱりカッコイイです(^-^)

キャラクター

伊庭いつき

魔法に全く縁のない高校生活を送っていたが、父のあとを継ぎ〈アストラル〉二代目社長に。右の眼帯の奥には全てを見通す瞳〈妖精眼(グラム・サイト)〉が宿る。

穂波・高瀬・アンブラー

アストラルのケルト魔術課社員。膨大な知識と歌を口頭でのみ伝承する失われたケルト魔術を独学で復活させた才識魔女。いつきの同級生でもあり、教育係でもある。

アディリシア・レン・メイザース

イギリスの魔術結社〈ゲーティア〉の若き首領にして、ソロモン王の末裔。72の魔神を喚起できる。ゲーティアとアストラルはライバル関係にあたるが、とある事件をきっかけに協力していく。

葛城みかん

小学校二年生にしてアストラル神道課契約社員。いつきを“お兄ちゃん社長”と呼び慕っている。魔術的に由緒ただしい家の出身らしいが、そのことは語りたがらない。

猫屋敷 蓮

アストラル陰陽道課課長。名前のとおり猫をこよなく愛する強欲陰陽師で、アストラル設立時からいる数少ないメンバー。一見昼行灯だが、アストラルの中でも実力は指折り。

黒羽まなみ

アストラルの見習い社員。過去の記憶を失っているが、いつきと出会いアストラルに入社することになる。彼の人柄に惹かれているらしい? 特殊能力で、アストラルの雑務をこなす。

影崎

事件の裏に出没する魔術協会の男。全ての特徴を削ぎ落としたような人物で素性は謎に包まれているが、ただ一つ「魔法使いを殺す魔法使い」として恐れられている。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:三田 誠 / 原作:角川書店「角川スニーカー文庫」刊 / 原作イラスト:pako / 監督:川崎逸朗 / シリーズ構成:池田眞美子 / キャラクターデザイン:芝 美奈子 / クリーチャーデザイン:橋本英樹 / 色彩設計:岩井田 洋 / 美術監督:太田 大 / 美術監督補:相原澄子 / 撮影監督:奥井厚子+口羽 毅 / 編集:平木大輔 / 音響監督:岩浪美和 / プロップデザイン:常木志伸 / 音楽:江口貴勅+市川 淳 / 音楽制作:flying DOG+JVC Ent. / アニメーション制作:ZEXCS / 製作:レンタルマギカ製作委員会 /

キャスト
伊庭いつき:福山 潤 / 穂波・高瀬・アンブラー:植田佳奈 / アディリシア・レン・メイザース:高橋美佳子 / 葛城みかん:釘宮理恵 / 猫屋敷 蓮:諏訪部順一 / 黒羽まなみ:伊藤 静 / 影崎:小野大輔 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}