動画が再生できない場合はこちら

BECK

43

0

2

2

2

5

田中幸雄14歳
ホントに平凡な人生だった…
あの男に出会うまでは…

実写映画化もされた人気マンガを原作にしたTVアニメ。平凡な中学生“田中幸雄(通称、コユキ)”は、ある日偶然ヘンな犬“BECK”を助けたことにより犬の飼い主である天才的なギタリスト“南竜介”に出会う。そしてロックに目覚めたコユキは、竜介が作ったバンド「BECK」に巻き込まれていく…。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)ハロルド作石・講談社/2004 BECK製作委員会

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(11件)

これからなのに><

これから面白くなるのに、
終わってとても残念です。
もっと続けて欲しかった。

淡々としている

サクセスストーリーのはずなのに、まるで退屈なフランス映画のように淡々としていて、1話1話のドラマ性に欠けるが、トータル視聴したときの達成感は大きい。
後半3話の盛り上がりのための前置きだと思ってじっくり視聴するのがいい。
主人公の声優さん歌うまいなーと思っていたら、歌っている人は別の歌手。
気づかないほどに自然だった。
派手なエフェクトや音響効果を避けているため、
「え?これの歌のどこがすごいの?」という印象を受けたが、シンプルの中にこそ良さがあることを探せる作品。
忙しいときに見るアニメではない。
ゆっくり時間が取れるときに見ていただきたいサクセスストーリー。

もう少し

続けて欲しかった。原作にかなり近い出来ではあるけどもう少し見たかったな

若いならでは。

90年代でも変わらぬ音楽への「愛」。ちょっとしたユーモアも含まれていながらとても苦い思い出もある主人公田中君の成長を描いた物語、アメリカンドリームとかそういうのを含めて音楽だけで生きていくって本当に難しいと思うんです、今の日本職人と言われている人達がどれだけの苦労や努力を惜しまず職人という職業になったか、それを音楽に当てはめたら?とてもいい作品です。

ネタバレあり

適当に

おもしろいです

暇な人はどうぞ

不評ぎみだけど…

作画は残念な感じだけど内容と歌は良かったと思います
また原作を読みたくなりました

差し替えがなけりゃ

リアルタイムで見てたから解るが、
曲の差し替えがなけりゃ、5つ星なんだが

ROCKは…

全体に曲が下手な感じが…すごくROCKしてていい…わざとかな?初期のピストルズのようなぐでんぐでんな感じが出てる…真帆の歌は残念ながらROCKじゃない…綺麗な歌だとは思うけど…歌謡曲だね

ははは!エンディング最高!!!

それだけで5ハートだわw

残念な出来・・・

作画もダメなら、声優もひどい

肝心の曲も残念な仕上がり
もともと話のスケール的に曲が一番大事だと思うんだけど、日本の売れないバンドの曲って感じで作品に合わない

真帆は可愛かった

原作読んでないけど良かった

原作ファンからは評判よくないらしいけど良かったよ。何より曲がいいオープニングはいかにもUSAだし後半のエンディングのMOON ON THE WATERは渋い。コユキもなかなかいい味出してるし全体的に良くまとまってる。

見どころ

原作:ハロルド作石「講談社コミック所載」(第26回講談社漫画賞少年部門受賞)。監督:小林治。平凡な学生だった少年・幸雄(通称:コユキ)が、音楽とバンド仲間に出会うことで、新たな世界へと第一歩を踏みだす。ビビッドな輝かしい感性をたたえた青春ストーリーだ。楽器をひいて歌い、曲にシンクロさせることはアニメ作画にとって至難の業だが、デジタル技術を交えて地道に押さえている。さらに日常描写の機微をひろうことで、絶妙なリアリティが醸しだされた。周囲に次第に認められ、ステージにたつことの怖れを乗りこえ、観客と一体になる興奮。竜介ら仲間との人間関係の微妙さや謎の組織の妨害など、幾多の苦難を乗り越えて、青春のきらめきを見せるさまは実に感動的だ【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

田中幸雄(コユキ)

バンド「BECK」のサポートからヴォーカルサイドギター担当へ。平凡だった人生が竜介との出会いから変化し、次第に才能を開花させていく。

南 竜介(竜介)

バンド「BECK」のギター担当。世の中とは決して相容れることのないロクデナシだが、音楽の前では正直かつ、従順。

千葉恒美(千葉)

バンド「BECK」のヴォーカル担当。誰よりもバンドに愛着を持っている。存在だけで人をひきつける魅力を持つ男。

平 義行(平)

バンド「BECK」のベース担当。メンバー誰にもないクールなバランス感覚を持っており一目置かれている。クールでファンキーなプレイヤー。

桜井裕志(サク)

バンド「BECK」のドラム担当。学校で仲間はずれにされていたコユキの味方になった人物。いつも笑顔のドラマー。

斎藤研一(斎藤さん)

元水泳五輪強化選手で、陸と水中の性格がまるで異なる驚異の二重人格者。彼がコユキに与えたギター等の影響は大きい。

南 真帆(真帆)

竜介とは、父親違いの妹。帰国子女ゆえ英語はペラペラであるが、日本語は…。コユキとの微妙な関係は現在も進行中。

石黒 泉(泉ちゃん)

コユキの幼なじみでコユキというニックネームの名付け親。コユキが音楽に進むきっかけをつくった大恩人。コユキとの関係は!?

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:ハロルド作石 / 連載:講談社「月刊少年マガジン」 / 監督・脚本・シリーズ構成:小林 治 / キャラクターデザイン:堀 元宣 / 音響監督:長崎行男 / 音楽総合プロデューサー:ヒダカトオル / 音楽製作:DefSTAR RECORDS / アニメーション制作:マッドハウス /

キャスト
田中幸雄(コユキ):浪川大輔 / 南 竜介(竜介):上野裕馬 / 千葉恒美(千葉):大畑伸太郎 / 平 義行(平):野島健児 / 桜井裕志(サク):奈良 徹 / 斎藤研一(斎藤さん):掟ポルシェ / 南 真帆(真帆):斉木美帆 / 石黒 泉(泉ちゃん):丸山美紀 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}