動画が再生できない場合はこちら

武装錬金

35

0

1

0

2

5

それは、操るものの力に作用する
究極の武器(チカラ)

私立銀成学園高校。ごく普通の高校生活を送っていた武藤カズキは、ある晩怪物に襲われていた少女を助けようとして、命を落としてしまう。しかし、その少女・津村斗貴子に錬金術研究の成果である「核鉄(かくがね)」を埋め込まれることによって命を救われる。同時に、唯一無二の武装錬金「ランス(突撃槍)」の力を手に入れたカズキは、人を喰らう怪物・ホムンクルスの存在を知り、戦いの世界に足を踏み込む。次々にあらわる奇怪な強敵との戦いの中で、カズキは錬金の戦士として成長していく。そして、カズキに埋め込まれた「核鉄」の真の力とは…!?

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(8件)

OP曲から知った人に見て欲しい

王道熱血少年マンガのアニメ化作品。
原作打ち切りのおかげ?か最近の原作モノにありがちな「妙にゆっくりとした展開」「謎のアニオリ」「15分~30分会話して歩いただけ」「俺達の戦いはこれからだ!」にはならないストレスフリーな所だけでも評価点になります。

少年マンガらしくギャグとシリアスの配分が素晴らしく、前述の通りメリハリの聞いたシナリオで話数も長すぎないのがオススメしやすい理由にもなっています。

真っ直ぐな主人公と強い意思を持つヒロインがわかりやすい敵と戦い地球を守ることを軸にして話が進み、目新しいと呼べる部分は無いものの話はかなり綺麗に纏まっています。

【王道が王道と呼ばれる理由】を知ろうともしない方にはつまらないのでオススメしませんが、面白いと感じた人は最後まで一気見できるので視聴後そのまま小説版の「//と/Z」も読むと本編で気になった点も解決しますので一緒にどうぞ!

少年漫画!

まさに王道。やや古めな雰囲気だけど、そこも持ち味かもしれないね。

連載時から好きだったけど、特に好きなのがパピヨンとカズキの関係。

なんとゆうか、「比類なき」って表現してた人がいたけど、まさしく色んな意味で「比類なき(笑)」ライバル関係と言えるかも。
あの恰好で、なぜか本気でカッコよく見えてくるから、すごい面白いパピヨン(笑)

カズキも少年漫画の典型的主人公で、ナイス。最後のほうのトキコさんとの関係は、なんだかほっこりしっくりきます。

若干茶番めいてるけど、そこも典型的な少年漫画っていうことで、美点かなぁ。
シリアスでも武装錬金のデザインが笑えてしまう所とか。あといちいち名前を叫ぶところとかw

そうゆう点、アニメは意外とシリアスに描かれてるシーンもあって、かなり面白かったです。
オープニングテーマは今でも知る人ぞ知る、だねw熱い(暑苦しくもあるw)。

一見の価値はあるよ!

ボーイ・ミーツ・バトルガール

比類なきヒロインとライバルを創造しつつも他の連載陣が強力すぎて打ち切りの憂き目を見た
悲運の作品のアニメ化。
とは言え、増刊号で完全完結と後日談も掲載されたので恵まれていると言えば恵まれている。
このアニメ化もエンドロールで後日談まできっちり描かれているので、やはり原作物は原作
完結後にアニメ化すべきだなと思った。
少年漫画の王道を行くバトルとボーイ・ミーツ・ガール物、最近こういう作品は少ないので
貴重だ。
少年漫画好きにはオススメ。

ファイヤーボンバー?

やっぱり福山さんの主題歌が熱くて最高!!!
主人公の熱血漢が伝わります

王道と熱血 安定のジャンプ作品

コミック発売からだいぶたってからの製作だったが 実にいい構成で安心して見れる作品ですね!

好きでも嫌いでもない

なんだか茶番のアニメを見ている感じ、一昔前のアニメ感

まあきらいじゃない

お勧めというか、見てもいいかなて感じです。損はないとは思います。

こういう話もアリ

OP曲、初見であの歌声に「あっ!」となり、独特な「アツさ」に心踊りました。
本編は掲載少年誌の王道(努力・友情・勝利)、ほとんどが技術云々よりも「気合いや力でねじ伏せる」タイプなので単調になりがちですが、主人公「カズキ」の庶民的な優しさ、いかなる苦境にも挫けず、強くなることに純粋で、真っ直ぐに己の信念を貫くキャラ(勢い)が視聴意欲を引っ張ってくれます。
病んでる展開も無いし差ほど複雑なお話でもないので、気楽に観れると思います。
中盤以降、時折見せるトキコさんのカズキへの気遣いやデレ加減がたまりません(´∀`)

見どころ

原作は、和月伸宏によるコミックス。人類の脅威となる人造生命体・ホムンクルスと戦いに巻き込まれた少年の活躍を描くバトルアクション。主人公達が使用する武器は、人の闘争本能によって変化するというもので、これらを駆使した戦闘シーンは毎回、捻りを効かせており、大きなみどころとなっている。また、主人公をはじめとする登場キャラクターのインパクトも強く、熱い物語を盛り上げてくれる。原作コミックス全巻分を映像化しているので、テンポよく物語が展開していくのも心地良いポイントで、気がつくと次のエピソードに手が伸びてしまう。第7話では原作者の和月伸宏がゲスト出演しているのも見逃せない。(アニメライター:川田鉄男)

キャラクター

武藤カズキ

銀成学園高校2年生。妹や友人達、大切なものを守るため、「突撃槍(ランス)」の武装錬金でホムンクルスとの戦いに身を投じる。正義感が強く、かつ天然入っている。「何を隠そう、俺は○○の達人だ!」が口癖。

津村斗貴子

ホムンクルス抹殺に全てを懸ける錬金の戦士。「処刑鎌(デスサイズ)」の武装錬金“バルキリースカート”を持つ。任務のため銀成学園でカズキの同級生になるが、実は一つ年上。

パピヨン(蝶野攻爵)

人型ホムンクルスとなって、蝶・復活! 唯一「蝶野攻爵」の名を呼ぶのを許すカズキとの決着に執着する。奇抜なコスチュームが特徴。「蝶・サイコー」と「もっと愛を込・め・て!」が決めセリフ。

キャプテンブラボー

「防護服」の武装錬金“シルバースキン”を持つ錬金戦団の戦士長。銀成市に潜むホムンクルスの一団壊滅のため、カズキ達が住む銀成学園寄宿舎の管理人となる。本名は秘密。なぜなら「その方がカッコイイから!」。

武藤まひろ

カズキの妹で、銀成学園1年生。天性の明るい性格で、誰とでもすぐ仲良くなれる。一方で兄以上の天然ボケ。

早坂桜花

銀成学園生徒会長でL.X.E.超常選民同盟の信奉者。「アーチェリー」の武装錬金“エンゼル御前”による精密高速射撃を操る。

早坂秋水

銀成学園生徒会副会長でL.X.E.超常選民同盟の信奉者。「日本刀」の武装錬金“ソードサムライX”を操る。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:和月伸宏 / 原作:集英社「ジャンプ・コミックス」刊 / ストーリー協力:黒崎 薫 / 監督:加戸誉夫 / シリーズ構成:大和屋 暁 / キャラクターデザイン・総作画監督:高見明男+加藤はつえ / 美術監督:渡辺佳人 / 色彩設定:伴 夏代 / 撮影監督:広瀬勝利 / 編集:坂本久美子 / 音響監督:高寺たけし / 音響制作:ハーフ エイチ・ピー スタジオ / スタジオ音楽:田中公平 / 音楽制作:イマジン / 制作:XEBEC / 製作:武装錬金製作委員会 /

キャスト
武藤カズキ:福山 潤 / 津村斗貴子:柚木涼香 / パピヨン(蝶野攻爵):真殿光昭 / キャプテンブラボー:江原正士 / 武藤まひろ:平野 綾 / 早坂桜花:生天目仁美 / 早坂秋水:谷山紀章 / 中村剛太:川田紳司 / エンゼル御前:水田わさび / 坂口照星:速水 奨 / 火渡赤馬:関 智一 / 戦部厳至:小山剛志 / 根来 忍:浜田賢二 / 楯山千歳:小林ゆう / 毒島華花:矢作紗友里 / 円山 円:皆川純子 / 犬飼倫太郎:保村 真 / ヴィクター:小山力也 / アレキサンドリア:勝生真沙子 / ヴィクトリア:釘宮理恵 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}