動画が再生できない場合はこちら

ぱにぽにだっしゅ!

37

0

0

1

1

6

びみょーにきみょーなスクールコメディ!

氷川へきるの人気コミック「ぱにぽに」を原作にアニメ化したTVアニメ。自由すぎる校風の私立高校桃月学園に天才ちびっこ先生、レベッカ宮本(通称ベッキー)が赴任してきた! 個性的な生徒たちと動物たち(?)と共に、ちびっこベッキーが活躍したりしなかったりするびみょーにきみょーなスクールコメディ!!

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(8件)

懐かしいわぁ

高校時代に某作品が好きでファンタジーを購入していたのですが、その時読んでて気になった作品が「「ぱにぽに」です。原作マンガを友達に布教したことも(笑)ドラマCDも聴いてたし、アニメ化して更に盛り上がって毎回ビデオに録画していたことも。大人になってから地元の河川敷に捨てられてた100枚のCDーRにもアニメのぱにぽにが収録され、見まくったです。子供が先生は学生時代、俺の理想だった。シュールな台詞がややあるものの、基本的には可愛い路線と個性豊かすぎるキャラ達の学校を舞台にしたギャグです。っても、原作のシュールさに比べると割りとマイルドに抑えています。今見ても面白いのでオメガ見てほしい!!

今どき貴重なシュール系

学園もののコメディーのつもりで、何気なく観ていて、どこが面白いのか、少し違和感があったが、話数が進み、おそらく演出もこなれてきて、ああそうか、と、おもしろさのツボが見えてきた。少し古いが、うる星やつらで唐突に挟み込まれる不思議な話とか、はれときどきぶた、とか、そういった系譜に連なる作品ではないかな。最近だと、ていきゅう、とかショートアニメに似たような遺伝子の連なりを感じる。作品の世代でないとわからない時事ネタも多いけど、好みが合えばずっとつきあえそうなお話。

許してはならないVS面白くないわけではない

原作ファンからすると「これはどうなの」と思うほど原型を留めていない作品に感じる。
しかしその一方でただクソと断じるのも勿体無い。
原作とはまるで違うものに仕上がっているのでどちらが優れているかという問いの答えを出すことは出来ない。
手放しでは褒められないが駄作でもない、極めて判断の難しい問題作。
ただひとつ言えることがあるとすれば、内容の出来不出来に関わらず曲は素晴らしいもの揃いなので、OPとED目的だけでも見ていいのではないか、ということ。

懐かしくアリ、今もシンセン。

作品の作りがアニメとしてタマラナイ。声優陣も豪華だし、この作品でサイトウさんのファンになりました。また数年後に全買いで視聴する予定。

はうはうアニメ

「はうはう」が次世代を担うセンシティブな言葉になりそうな気がしてた人向けのアニメです。
連載当時(00年あたり)のサブカル的な下地がしっかりしていればしているほど刺さるアニメだと思います。


新房監督の映像表現を楽しめるアニメって意味では超絶オススメですね。
まだ手探り状態みたいな部分がぱにぽにだっしゅ!自体のシュールさを意図せず引き立ててる感じがイイです。

色々な作品のネタが満載で、初めてでも楽しめる面白さ。

この作品は、ひだまりスケッチの様に小物を実写で表現したり、他のアニメのネタ(特にロボットアニメ)が多くロボアニメが好きな人にもお勧めです。この作品は学園日常?アニメです

シュールで面白い名作

『まりあ†ほりっく』や『化物語』の独特の世界観のルーツとして、この作品は外せません。新房作品は多いけど、わいわいした学園ものでは、これが一番面白いと思います。
自分はメソウサのファンです。『スケッチブック』のミケさんハーさんコンビと並んで、全てのアニメキャラで一番好きです。メソウサは永遠です。「不幸」の回が最高です。
ところで、この作品の主役となる「先生とアホゲ」の二人ですが、同じコンビでシリアスな役を『サムライセブン』でやっていました。両極端で面白かった!!

2期マダー?

と思っている人は少なくない・・・はず。

見どころ

「新房昭之×シャフト」の評価を不動のものとしたシュールな学園コメディ。 11歳の天才ちびっこ先生と、超個性的な女子高校生たちが自由すぎる校風の中で、 まったく予測不可能な騒動を果てしなく繰りひろげる。みどころは、新房監督独特のセンスあふれる超高速でアナーキーな暴走ビジュアル演出。不意打ち的な黒板ギャグやアニメ・特撮・ゲームのパロディなど、一瞬たりとも見逃せない情報がてんこ盛りだ。作画や色彩、撮影などアニメのクオリティも一級品で、後に与えた影響も大きい。まさにエポックメイキングな爆笑作品である【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

レベッカ宮本

通称ベッキー。10歳で理工系の世界最高学府MITで学位を修得した、ちびっ子天才教師。勉学では天才といえどまだまだちびっ子、イヤなことがあると「先生だぞ〜」とすねてしまう。

メソウサ

ベッキーが連れているウサギっぽい謎の生物。2足歩行し人語を理解するのでそこそこ賢いらしいが、不器用というか道具を持てないような手のつくりのため、人の役には全く立たない。

片桐姫子

テンションは人工衛星より高く知力は日本海溝より低い空前絶後のアホ娘。「マホ〜!」と走り回る元気さだけが取り柄。弱点は頭のアホ毛で、抜かれるとテンションが下がってしまう。

橘 玲

落ち着いた物腰と抜群のプロポーションの持ち主。成績や運動神経も秀逸だがバイトで鍛えた料理の腕も一流。C組の暴走に冷静なツッコミを入れる、ある意味クラスの要となる人物。

桃瀬くるみ

学力面・体力面・生活態度どれを取っても人並み以上にこなす女子高生。しかし、濃いキャラ揃いのC組の中では普通すぎる存在で、教師からも名前を忘れられがちなのがとても不憫。

上原 都

光り輝くおデコとメガネ(たまにコンタクト)が、いかにもそれっぽい雰囲気のガリ勉少女。勉強を邪魔されることを何よりも嫌い、激怒したときのキレっぷりは鬼気迫るものがある。

一条さん

どこを見ているのかわからない瞳と何を考えているのかわからない言動がステキな、不思議系学級委員。小学生と幼稚園児の妹がいる。メソウサに気になる所があるのか、よく構っている。

6号さん

本名は鈴木さやか。他人に巻き込まれやすい性格なのか本人もそれと気付かぬままパシリをさせられたりしている。ちなみに、6号というのは学園内にいる6番目の鈴木姓かららしい。

五十嵐先生

A組の担任で科学教師。無類の酒好きで朝まで一杯、というより普通に朝から一杯やってるらしい。二日酔いで授業にならないことも多いが、気風のよさで生徒人気は意外と高い。

桃瀬 修

くるみとは二卵性双生児で料理が得意、家の夕食やくるみの弁当を作ることも。生徒会役員で成績優秀、五十嵐先生をフォローするしっかり者として存在感をアピールしている。

柏木優麻

柏木家の双子姉妹でリボンを左にしているのが優麻。引っ込み思案の妹に比べ、姉の優麻はスポーティで活動的、ハッキリした性格。姉妹揃って演劇部分室衣装部に所属している。

柏木優奈

リボンを右にしているのが妹の優奈。おっとり型で、直情径行型の姉に振り回されがちだが姉妹仲はとてもよい。衣装部として芹沢茜やベホイミのコスプレへの貢献度は大きい。

早乙女先生

B組担任の体育教師で陸上部顧問。万年ジャージの見た目どおりの熱血系体育バカだが、1年教師の中では常識がある方だ。ベッキーが丁寧語で話してくれないのが悩みのタネ。

綿貫 響

生徒会諜報部員を名乗り、天才ちびっ子ベッキーの秘密を探ろうとC組の内外で暗躍する。我が身を顧みぬ調査意欲は偉いが、成果が上がった試しはない。最近太り気味なのが悩み?

白鳥鈴音

身長もバストもとにかくでかい健康優良児。よく食べよく眠り、毎日12時間は寝るらしい。同級生の乙女をいじるのが大好き。笑顔から繰り出すチョップは岩をも砕く破壊力だ。

ジジイ

D組の担任で現国教師、本名はあるらしいが覚えている生徒は1人もいない。唐突に奇怪な言動をすることが多いが、ボケが始まっているのか単なる嫌がらせなのかは定かでない。

犬神つるぎ

祖父がドイツ人のクォーターで銀髪がクールな印象を与える優等生。ジジイのボケに容赦ないツッコミを入れる冷静さの反面、妹によく懐かれているためか面倒見のいい所もある。

芹沢 茜

ネコミミ風のはねっ毛が特徴の演劇部。着ぐるみを着用して校内に出没するが、本人は変装のつもりでも周囲にはバレバレ。引っ込みがつかず必死で芝居を続ける姿は涙を誘う。

べホイミ

新感覚癒し系魔法少女を名乗るが、魔法を使った活躍は全くせず。魔法少女としての存在意義が薄れていることに本人も気を病んでる様子。過去にメディアと因縁があるらしい。

南条 操

キャンプにドレスできたりと世間とズレたお嬢様で動物が大好き。いつもペットといたいが故に教室に持ち込んだりするが、その愛情は動物愛護の精神とはかなりかけ離れている。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:氷川へきる『ぱにぽに』 / 掲載:月刊「Gファンタジー」 / 発行:スクウェア・エニックス / 監督:新房昭之 / アニメーション・プロデューサー:久保田光俊(SHAFT) / シリーズ構成:金巻兼一 / キャラクターデザイン・総作画監督:大田和寛 / シリーズディレクター:大沼 心 / 美術監督:加藤 浩(美峰) / 美術設定:平澤晃弘(美峰) / 編集:関 一彦(関編集室) / 音響監督:亀山俊樹(オムニバスプロモーション) / 録音:大坪恵美 / 音楽:羽岡 佳 / 音楽制作:スターチャイルドレコード / アニメーション制作:ガンジス+SHAFT / 製作:ぱにぽに製作委員会 /

キャスト
レベッカ宮本:斎藤千和 / メソウサ:山崎バニラ / 片桐姫子:折笠富美子 / 橘 玲:雪野五月 / 桃瀬くるみ:植田佳奈 / 上原 都:堀江由衣 / 一条さん:野中 藍 / 6号さん:阪田佳代 / 五十嵐先生:大原さやか / 桃瀬 修:櫻井孝宏 / 柏木優麻:石毛佐和 / 柏木優奈:石毛佐和 / 早乙女先生:花輪英司 / 綿貫 響:樋口智恵子 / 白鳥鈴音:広橋 涼 / ジジイ:大竹 宏 / 犬神つるぎ:神谷浩史 / 芹沢 茜:沢城みゆき / べホイミ:門脇 舞 / 南条 操:生天目仁美 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}