動画が再生できない場合はこちら

交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい

55

1

4

4

1

6

これはレントンとエウレカの、
もうひとつの物語――。

人気TVアニメの劇場版。宇宙より飛来した謎の生命体イマージュと人類の戦いは、既に半世紀に及ぼうとしていた。西暦2054年、ホランド・ノヴァクの指揮下、イマージュと戦う第303独立愚連隊の戦闘母艦、月光号に一人の少年兵がいた。少年の名はレントン。レントンはニルヴァーシュに搭乗し戦場に赴く。レントンの夢は一つ。8年前に連れ去られた幼なじみの少女エウレカをいつの日か助け出し、故郷へと帰ること。だが運命は、レントンとエウレカの小さな恋を試すように試練を与える。使命と感情、真実と嘘、過去と未来、生と死、現実と夢、そしてホランド。二人の前に世界の全てが立ちはだかる。イマージュとの最終決戦が迫る中、二人は神話の扉を開く!

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(16件)

スターシステム

レントンやエウレカという芸名の俳優が似たような題名の別の作品に出演していると考えれば結構見れる。
「エウレカー」「レントーン」ていうのが一杯あったのとエウレカがとんでもなく可愛いので「ならば良し」てことで。

ネタバレあり

内容云々の前に

TV版を観た勢いのままにこれ観たせいかもしんないけど
これ作ったやつ土下座してほしくなった。
再生が始まって、2時間。

TV版のシーンの使い回しが乱舞してる。
「これ使えそう」な感じで、6・7割は流用。

萎える。

マジで、

萎える。

ネタバレあり

イジメアニメの先駆け的存在

”全く新しい解釈のエウレカセブン”って広報されてた時点でダメだと思ったけど案の定でしたね。

TV版も同じですが、作中で時間をかけて扱われている内容が世の中の仕組みとして必然的に発生するイジメなんですよね。
ただし劇場版はイジメ(差別や迫害)で成り立ってる現代社会の側面を前面に押し出した状態が2時間続きます。
これは拷問と言っても過言ではない内容です。
なかなか真に迫っているイジメ表現だけどエウレカでやらずにNHK教育やドキュメンタリー映画でやれと言いたいです。

そんな内容の映画を入場料取ってTV版エウレカのファンにみせようって誰の判断だよ・・
そんな疑問しか残らないお寒いアニメでした。
苦痛の2時間をありがとうといいたいです。

TV版全話は見ていませんが。

TV版エウレカセブンのアナザーストーリーというか、平行世界というような内容です。
色々と置いてけぼりにされちゃうスピード感ですが泣けます!

ドミニク先生の最後の言葉やタルホの隠し事でぶわっときますよT-T

TV版にとらわれずに素直に見ることをオススメします。

だって、これはTV版交響詩篇エウレカセブンではありませんから。
エウレカとレントンのもうひとつのストーリーなんですよ。

ネタバレあり

言うならば...

物語には、ストレートな作品と、感性に訴えかけてくる作品があると思っています。TV版は前者。映画版は後者と言っていいでしょう。趣味趣向のちがいではありますが、この面白みがわからない方はちょっとかわいそう...時が過ぎたら、もう1回ご覧になってみるとテイストが変わるかもしれません。
とは言え、1作目のTV版は星5つです。

いいものはいい

TV版がどうたらとか関係なし。これはこれでもう1つのエウレカセブンなんだから。他のコメみるとネガすぎだろwwww単純にいい物はいい!!少なくても俺の心には響いた。

ネタバレあり

楽しめるものは2つだけ

この作品で楽しめたものは2つだけでした。
1つは素晴らしい戦闘シーン。
もう1つはやたら可愛いエウレカ。
それ以外は詰め込みすぎや余計なシーンなどで物語が酷い有様です。
TV版が好きな人には厳しいかもしれませんね・・・

ネタバレあり

面白い

面白いけど☆は1つです
でも1つなのはTV版と違うからでは有りません
単純にエウレカの最後が気に食わないからです。
言葉も喋れなくなってって事は記憶喪失所ではなく完全に人格が喪失してます
自分は意味も無く製作側の自己満足でヒネッた終わり方する作品は嫌いなので星1つです
残念です

ネタバレあり

TV盤とは違う作品

同じ容姿、同じ名前のキャラクターが出ているからと
同じ内容の作品だと思ったら間違い。
題名が同じでも違う作品なら、面白くない…
というのも、また違うと思わされる作品。

ポケットが~やAOに対して批判的な意見も多いとは思います。
ですが、同じキャストだから 設定が違うのはナンセンス!
というのであれば、そのキャラクターはその作品の中でしか生きられない。

レントン少年やエウレカが、TV盤とは違った役どころを演じるというのは
見ていて新鮮さすら感じました。
TVと同じシーンでも、セリフが変わるとこんな風に見えるんだ?
などと感じながら楽しむのもアリだと思います。

人気アニメなので、批判も多々あるとは思いますが
エウレカファンならではの、楽しめる鑑賞の仕方をお試しあれ~

ネタバレあり

ただただ残念

脚本:京田知己氏
佐藤大氏だったらと思うと、残念・・・

TV版の良心、ストナーが

こんな扱いになっちゃうのが残念至極。

こんな世界もあるのねー、ってな具合に収まっちゃうんですね。

ネタバレあり

TV版があってこそ

とにかくボーイミーツガールで、終始走り抜けるレントンとエウレカが好き好きでたまらない!!
心から叫ぶ二人の願いと想いに物凄い力強さを感じるので、シナリオの作り手さん方には申し訳ありませんが…お話自体は二の次で「レントン&エウレカ」のキャラの濃さ、もうコレだけで心が満たされ感極まります。
最初からエウレカがレントンに「感情的にハキハキと会話する様」は、TV版初期の無表情・口数少ないキャラの頃に比べると、すごく新鮮に思えます。
各戦闘では、リフボードに乗った機敏な動きがやっぱり迫力があります。終盤、レントン・ホランドの感情むき出しの戦闘シーン(ドッグファイト)は鳥肌たちます。
私はレントン&エウレカにどっぷりなので…、シナリオ・設定に関することは先の方々のコメントをご参考にされて下さい。

ネタバレあり

フレームから飛び出しすぎた二人の物語

TV版のストナーの台詞っぽく例えるならこんな感じだと思います。
話のスケールが更に大きくなり、「ドーハの悲劇」「神話再生計画」そして「エウレカセブン」と沢山の用語が飛び出したりと、他の映画に引けを取らない情報量の多さに終始圧倒されっぱなしでした。終盤の戦闘シーンも”圧巻”の一言に尽きます。
ですが、やはりTV版には何もかも勝てないだろうと思います。一話一話心にガツンと響くメッセージが込められていたTV版に比べるならば、この作品はそういった”エウレカらしさ”をどこかに置き去りにしたような感じがします。パラレルな世界観なのでこのようなことを言うのは野暮かもしれませんが・・・
TV版の世界観が好きあるいは初見でこれから観ようという方には色々な覚悟が必要な作品だと思います。

ネタバレあり

なんじゃこりゃ

なんだかよくわからない話でした。
テレビシリーズの絵を組み合わせて物語を位置から作り直したせいか、当然テレビシリーズとは別物の話なんだけど、テレビシリーズとは関係があるような部分があったり。
ドーハの悲劇ってなんなの?ホランドが追いかけていたものはなに?

自分の理解力がたりないせいかよくわからない話でした。

交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい

最高

やばい!

ホランドめちゃめちゃかっこいい!

キャラクター

レントン

人民解放軍第一機動師団第303独立愚連隊に所属する少年兵。ニルヴァーシュが発する声が理解でき、KLF【ニルヴァーシュ】を操り驚異的な訓練成績を叩き出す。行方不明になった幼なじみの少女エウレカを探し求めている。

エウレカ

レントンと幼生ニルヴァーシュと共にワルサワで育った不思議な少女。幼少のころ軍に拘束されてから消息不明。「サブジェクト」と呼ばれており、重大な秘密が隠されているらしいが…。

ドミニク

レントンとエウレカの幼少の頃の先生。幼い二人にワルサワの丘に咲く雪月花(ゆきつきのはな)を見せ、花の咲く丘を二人で守っていって欲しいと言う願いを託す。

ホランド

人民解放軍第一機動師団第303独立愚連隊の隊長。KLF【デビルフィッシュ】を駆る凄腕のパイロット。

タルホ

人民解放軍第一機動師団第303独立愚連隊・強襲戦闘母艦月光号の艦長。パイロットとして先陣を切る隊長ホランドの代わりに、ブリッジにて戦闘指揮を執る。公私においてホランドを支える大切なパートナー。

ニルヴァーシュ(幼生)

レントンが幼い頃から共に育った謎の生物。人の感情を理解し、レントンとエウレカになついている。

コーダ

人民中央政府総務省主席政務次官。公安部出身。数ヶ月前に起こった、「神の鉄槌計画」計画実行責任者である少将の殺害事件の調査員に抜擢される。

マリア

コーダの秘書官。少将殺害事件の捜査のために各地を飛び回るコーダに付き従い、その活動を手助けする。

メカ・ロボット

ニルヴァーシュ

幼生が成長し、レントン専用KLFへと改装された姿。

デビルフィッシュ

ホランドの搭乗するKLF。CFS(コンパクフィードバックシステム)を積極的に採用した事により、圧倒的な機動性を発揮するが、CFS使用時の薬物投与などによって、搭乗者への負担が心身共に大きい。追加でブースターパックを装着する事も可能。

月光号

人民解放軍第一機動師団第303独立愚連隊に所属する強襲戦闘母艦。主翼に設置されたVRF(可変リフレクタープレート)により、揚力と推進力を得ている。緊急回避時や、大気圏外への移動時には、ロケットエンジンを使用する。

スタッフ・キャスト

スタッフ
総監督:京田知己 / キャラクターデザイン:吉田健一 / アニメーションディレクター:斎藤恒徳 / 特技監督:村木 靖 / 美術監督:永井一男 / 色彩設計:水田信子 / 撮影監督:木村俊也 / 音響監督:若林和弘 / 音楽:佐藤直紀 / プロデューサー:南 雅彦 / 制作:ボンズ /

キャスト
レントン:三瓶由布子 / エウレカ:名塚佳織 / ドミニク:山崎樹範 / ホランド:藤原啓治 / タルホ:根谷美智子 / アネモネ:小清水亜美 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}