動画が再生できない場合はこちら

あしたのジョー

22

0

0

1

1

3

野獣の眼をした青年、矢吹丈よ、
四角いジャングルに生きろ!!

下町のドヤ街で少年の矢吹丈と拳闘狂の丹下段平が出会うところから始まる。その後、少年院に送られた丈は、後のライバルである力石徹と出会うことに。力石のパンチに沈み、敗北感を味わった丈はボクシングに対する興味を燃やす…。
※一部不適切な表現がありますが、オリジナルを尊重しTV放送当時のまま配信致します。また、古い作品のため映像が乱れる箇所がございます。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(5件)

どこかでネタバレされる前に見て下さい

初見でしたが昔アニメの名場面を紹介する番組で例のシーンを見ていたため予備知識があり新鮮な気持ちで視聴することはできませんでした。が、そこに行き着くまでの経緯やその後の展開で十分引き込まれました。そして二次元キャラなのに現実で葬儀をあげたことに大いに納得。

燃え尽きるのは2

初めて見ました昔の名作アニメ。超がつくほど有名タイトルなんで見て見ましたが、79話でほとんどが力石がカギの内容なんですね、力石50話で死亡するんですが、それ以降もジョーを苦しめ続けるという…丹下ジム解散後の話しがかなり中だるみ感があってつまらなかったですが、カルロスの登場で最終回まで熱い展開でかなり面白かったです。ガンダムの富野由悠季とマクロスの石黒昇も演出してたんですね。

視聴する際に・・ご注意を・・w

既に当たり前の話かと思われますが・・、50年近く前の作品ですので、劇中で描かれる当時(戦後)の時代背景と、貧困層からの成り上がり事情を理解した上で視聴しないと、途中の心理描写で訳が判らなくなると思います。
加えて劇画作風で長丁場な作品で、90年代以降の作品では規制されて久しい・・キチ的なセリフや人も登場します(まだ規制が緩い・・というか無いに近い頃の作品の為w)がアクマで原作に忠実な作品だからです。それを踏まえた上で・・まず、24話(少年院を出る当たり)まで見て下さい。それから視聴を続けるかの判断を下す事をお勧めします。

何だか微妙な事ばかり書いてしまいましたが・・作品としては評価3と、させて頂きました。

まさか、あしたのジョーが・・・

近代の漫画やアニメでパロディになっていますが・・・・



今見ても、度肝を抜かれる面白さです。
人の情念ってすげぇ!というか。。。

男はこれを見ろ

正直、いまのご都合主義、事なかれが平穏なご時世は人生一回きりの血沸き肉躍る世界へ戻るべきだ。
この作品はそれを思い出させるバイブル。
ロボットのように生きたくないたら思い出せ!

見どころ

原作:高森朝雄(梶原一騎)・ちばてつや。漫画界不朽の名作を鬼才・出崎統が映像化、1970年に虫プロダクションが制作したTVアニメ版だ。東京ドヤ街に流れてきた不良少年・矢吹丈は丹下段平にボクシングの才能を見いだされ、少年院でのライバル力石徹との出逢いを通じ、ボクサーとして成長していく。みどころは出崎統によるシャープな映像感覚と激しく熱い物語とのマッチング。描線は荒々しい劇画タッチで描かれ、光と影、色彩を大胆に配した映像処理はまさに70年代感覚。このシリーズは途中で原作に追いついたため、力石戦を経てカーロス戦までが描かれている。今なお胸を熱くさせる激しい情念、純粋な男たちの戦いのドラマがここにある【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

矢吹 丈

ドヤ街で丹下段平に出会い、そのボクシングの素質を見出される。段平からの指導や、永遠のライバルである力石徹との戦いを通じ、徐々にボクサーとして覚醒していく。

丹下段平

丈にボクシングを教えた元プロボクサー。片目を失明し現役を引退した後、泪橋の下に「丹下拳闘クラブ」を作る。丈との運命的な出会いで、再び世界を目指すこととなる。

力石 徹

矢吹丈、最大のライバル。最高の技術と、洞察力、強靭な意志をあわせ持つボクサー。

白木葉子

財政界の大物である白木幹之介の孫娘。

マンモス西(西 寛一)

本名、西寛一。丈が送られた少年鑑別所の大部屋で、ボスとして君臨。後に丈とボクサーを目指すことに。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:高森朝雄+ちばてつや / プロデューサー:富岡厚司+別所考治 / 作画監督:杉野昭夫+金山明博+荒木伸吾 / 美術監督:明石貞一 / 美術:渡辺 毅 / タイトル・特殊効果:橋爪朋二 / 撮影監督:熊谷幌史 / 編集:松浦典良 / 現像:東京現像所 / 音楽:八木正生+A・R・A / 効果:石田サウンドプロ(石田秀憲) / 音響監督:左近充洋 / 担当:浦上靖夫 / スタジオ当:番町スタジオ / 監督:出崎 統 / 製作:虫プロダクション+フジテレビジョン /

キャスト
矢吹 丈:あおい輝彦 / 丹下段平:藤岡重慶 / 力石 徹:仲村秀生 / 白木葉子:西沢和子/恵比寿まさ子 / マンモス西(西 寛一):西尾 徳 / 林 紀子:小沢かおる / サチ:白石冬美 / キノコ:牛崎敬子 / 太郎:増岡 弘 / ヒョロ松:肝付兼太/嶋 俊介 / トン吉:八奈見乗児 / カーロス・リベラ:広川太一郎 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}