動画が再生できない場合はこちら

デュラララ!!

113

0

1

1

2

20

これは、歪んだ物語。
歪んだ恋の、物語―。

東京・池袋。都会の非日常に憧れる少年・竜ヶ峰帝人(りゅうがみねみかど)は、幼馴染の紀田正臣(きだまさおみ)の誘いもあり、地元を離れて池袋にある来良学園に入学することに。正臣曰く、池袋に住む上で敵に回してはいけない存在が何人かいるらしい。特には、喧嘩上等のチンピラ・平和島静雄(へいわじましずお)と、趣味で情報屋を営む折原臨也(おりはらいざや)の二人。そして、奇妙な組織体系を取る詳細不明のカラーギャング“ダラーズ”。上京した初日、そんな正臣の話に不安をおぼえた帝人が目撃したのは、漆黒のバイクを駆る都市伝説“首なしライダー”だった…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(24件)

なぜ今まで見なかったのだろう

人気作なのは知っていたけれど、なんとなく見ていなかった作品。
久々に続きが気になって夢中になりました。
残酷なはずの設定も、どこかコミカルなのがまたよし。
OPEDもよかった。

面白い

最初はよく分かんなかったけど、どんどん話を観ていくと面白くて不思議な話でもあり何かハマってしまいます!私はしずおさんが好きかな!みんなのキャラが最高に面白い(^-^)

気軽に見始めたけど何気に重い

感じ的には星四つ、もう少し爽快感があるとよかったかな?考えるべきテーマがちゃんと入ってるのはスゴいかな!

途中で切らないでほしい

登場人物が多く、いろんなキャラの視点から話が進行するので最初は理解できなくてつまらなく感じるかもしれません。でもたくさんのピースが集まって一つの形になった瞬間の爽快感はすごいです。一話から散りばめられる伏線の数々。完成度の高い良作品だと思います。

1話を見てみていなかったんだけど

何かの間違いで2話以降を見始めたらはまりましたw


2ちゃんの鮫島がいろんな意味での元ネタかw
面白いねw

ネタバレあり

面白いのわかっていながら

毎話面白くて、各登場人物が今後どのように絡んでいくのか次話を見るのが楽しみで仕方なく、
オープニングはノリノリで「朝日はのぼ~る~」と口ずさんだ。
これほどOPを飛ばさなかった作品はない。
なのに、それなのに、なぜか1クール目はよく寝落ちした。気づくと落ちていた。
多分、物語がなかなか進まないからだったのかもしれない。
だが、寝落ちしたがゆえに、同じシーンを何度も見ることとなった。
そして気づく。ああ、これは助走なのだ。と。
日常から非日常へと飛び立つために必要不可欠な時間だったのだ。
2クール目も後半。私が1クールかけて知っていった非日常は
彼らの上に唐突に一気にドカンと落とされた。

い~ざ~や~く~ん

もう、この人どうにかして。

前半ガマン、

一つの事象を様々な人たちの視点からとらえ、話が進んでいく形。複数話をかけて一つの大きな元となる話が進んでいくので、最初のほうはよくわからないと思います。コメにもありますが10話ぐらいまで、耐えてください。そして主人公の男の子も最初のほうは存在感がないから、余計に面白いと感じないでしょう。だから星1個分マイナスです。
ですが、話の後半になると点になっていた話が一つにつながると面白さにつながっていきます。

その面白さを感じれない間はセルティのかわいさに期待してください。幽霊で強いはずなのに、警察におびえたり、チャットしたりと人間っぽいしぐさは声の沢城さんの上手さも相まって話の癒しです。

食わず嫌いでした

サブカルちっくな佇まいで苦手かも…と思ってましたが、最後まで魅せるおもしろさもあり、空気感も独特で何度かリピートしてしまってます。今後セカンドシーズンもあるようですが、新キャラ登場などでこの空気感が崩れないといいなぁ。折原君は人気キャラのようですが、個人的に、やった事相応の罰を受けて欲しいと思いつつ続きを楽しみにしてます。

個人的にアレルギー作品(泣)

個人的なアレルギー要素が強い作品でした
以下、アレルゲン
・高レベルのオサレ度、スマート感
・歪な愛などヒネリはあるが、かなり甘い
・語彙が振り撒かれた台詞
・独白がかなり多い
・大人は居るが大抵は兄貴・お姉さん止まり、おっさんは雑誌記者だけ
・物事を主導・誘導し俯瞰するキャラ、事後のキャラに対する制裁軽微
(逆にアレルギーの無い人はには良い要素だと思います)

特に折原臨也はアレだけのことをして、目に痣程度の制裁はスッキリしませんでした
某作のカテ○ナ・ル○スは失明で罰せられており、これに近い罰が欲しかったです
しかし、トリックスター補正か、または作者の恩寵なのか是非もないですね

首なしヒロインは大変面白く、本作は海老や蟹のように美味しいのだと思いますが
個人的な海老や蟹アレルギーに阻まれて美味しく食べられませんでした

ネタバレあり

これはどうなんだろ?

見ればわかる。

√3点

この作品を例えるなら√3点です
まったくもって√3ですわってくらい勇気と熱血が詰まった作品なのでゲシュルトプレイングするしかない

ネタバレあり

凄い作品

アナーキーの魅力満載。何か面白い本がないかと探していると、時々アタリを引き、叫びだしたいくらい嬉しくなるときがあります。本作品はそういうアタリです。どうしてこれまで出会わなかったのかと振り返ると、ジャンルの区分が曖昧になるからのようです。SFでもなくファンタジーでもなく、文学でもないジャンルがありまして、創作と言う世界です。苦し紛れに冒険活劇と分類されるものもありましたが、ホンサクはそれすら当てはまらない。とにかく囚われず面白いモノを強引に描く。ジャンルの王道を走ったBlood+やシュヴァリエの様な力あるストーリーテーラーが描く世界です。舞台は現代の池袋なんですが、あらゆる怪人が登場し、それぞれが好き勝手に楽しく適当に動き出す。それらがいつの間にか一つに結ばれて素晴らしい満足感を後に残す。最初は恐ろしく感じた登場人物が最後はとにかく可愛らしく感じる。クールなのに優しい。これは凄い作品です。

√3点!

ラストのこの正臣の答えで、すっと心が軽くなりました。
中盤からの怒涛の展開でちょっと爽快感を味わったのも束の間、後半泥沼化していく中でなんともやりきれない気持ちに支配されていってしまったもんですが…。ラストは皆が笑顔で終われて、良かった。
それにしても、人間離れした人ばかり出てくる中で、唯一本当に人間でないセルティが、一番人間らしくて素直で素敵だった気がします。もーセルティ可愛い!!

10話までみるべし!

気がすすまない人でも10話まで観ればハマると思います。

「バッカーノ!」と同じ 大森監督×成田良悟×ブレインズベース の組み合わせということで
つまらないわけがないですよね。

正直、放送当時はバッカーノ!と違うラフ画のようなキャラクターデザインにがっかりして
途中挫折したんですが観なおしてみて、人気が出た理由がわかりました。

2期が楽しみです。

オープニングが秀逸

原作を既読でアニメ本編も面白いのですが、オープニングで前回のあらすじをオーバーラップさせる手法に関心しました。

原作のパワーももちろんありますが、飽きさせない、チャンネルを変えさせない、などの演出もクオリティを高める重要なファクターだと改めて実感させられます。

サイコー

面白い。仕事休みで二日で見てしまった。序盤いろいろな情報が色々な方面から来てわかりづらいところもあるけど、伏線が解明されていく終盤は爽快の一言。オチの平和島静雄いい味出してる。もう一回見よう。

ネタバレあり

一気にみてしまった!おもしろい(*゜∀゜*)

おもしろいの一言です。
ハマる人はとことんハマるでしょうね。

いろんな人間の群像劇。
人間以外の存在もあり、池袋という街に住まう存在の日常。
強烈な個性がみてて楽しかったです。

池袋の街は苦手だったんですが、一気に好きになりましたw

とにかく、キャラがいいです。
しずちゃんかっこ良すぎる!
臨也も卑怯なんですが、いいです!!

最後の方の話のまとまり方が素晴らしいです。

ラノベは読んでないので、この機会に読んでみようと思ってます。

2期も決まったそうで、今からとっても楽しみ!!

2期決定おめでとう!!

最近、よく名前をよく聞くので、観てみましたが、
もう、先が気になって、気になって…もーすごい!!

池袋と限定した舞台設定もすごくいい、自分はだいぶ昔に、ライブ帰りの定宿にしてた記憶しかないけど。
あの、ゴタゴタした空気感がよく出てる気がする。モブも凄い!
原作は読んでなくて、アニメを見ましたけど、すごくいいです。

新作も楽しめそうです。始まる前に、観ておいて損なし!!

全体的にすごく完成度の高い作品

好きな人はとことん好きになれる作品                                 序盤は、退屈かもしれないけれども、一クール目ぐらいから、伏線や出来事が、一気に繋がる序盤のラストは爽快でした

ネタバレあり

久しぶりに

面白いと思った(*^_^*)
最近アニメ業界も落ちたかな?って思ってたけど、
この作品はいい意味で裏切られた感じで
すごく良かったです。

バッカーノよりカズターノ

池袋を舞台にした群像劇です。散りばめられた伏線が話数が進むにつれて収束回収されていく様は芸術的的といっても過言ではないかと。見終わったあとに5時間かけて池袋に行ってしまうほど面白い作品です。

名作は忘れた頃にやってくる

ツイートの評判が良かったのでなにげな~く観てみました。
最近期待外れの作品にばかりぶつかっていたので初めあまり期待はしていなかったです。
見始めてからは正直不意打ち食らいました(笑)

人に勧められてみたけど…

本当に面白かった。
あきっぽい俺でも全話視れたから間違いない。

中盤から

 序盤は何だか、色々な話が散在して、登場キャラ多くて、???と思って観ていました。しかし、中盤からラストにかけては怒涛の展開。パズルのピースが合わさって行くようにまとまって行く話作りは、次がきになって仕方ないし、面白い。その中でそれぞれのキャラが際立っていく。

 首なしライダー、てっきり都市伝説的なものかと思っていたのですが、本当に頭が無い(笑)

 平和島静雄カッコいい、セルティ(首なしライダー)もがその強さを認めている。自販機ブン投げるなんてもう人間の域を超えてる。臨也を敵視している所も好感度高い。

 ストーリー、キャラクターとも魅力満載です。

ネタバレあり
キャラクター

竜ヶ峰帝人

都会の非日常に憧れ、来良学園への入学を機に、池袋へやってきた高校生。真面目で控えめなタイプ。

紀田正臣

帝人の幼馴染で、同じ来良学園に通う。趣味はナンパだが、ギャグは寒い。

園原杏里

帝人のクラスメイト。大人しく控えめなタイプの女子高生。

折原臨也

新宿で活動する情報屋。平和島静雄とは犬猿の仲。

平和島静雄

池袋で借金の取立て屋をしている青年。“池袋で一番強い男”と呼ばれ、恐れられている。

岸谷新羅

池袋の闇医者。四文字熟語をよく使う。臨也と静雄とは同級生。

門田京平

池袋の職人。ぶっきらぼうだが面倒見が良い。

遊馬崎ウォーカー

門田の仲間。筋金入りのオタク。

狩沢絵理華

門田の仲間。遊馬崎の相方。筋金入りのオタク。

サイモン・ブレジネフ

池袋の寿司屋「露西亜寿司」の店員。ロシア人で黒人。

セルティ・ストゥルルソン

池袋に出没する謎の“首なしライダー”。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:成田良悟「デュラララ!!」 / 原作:電撃文庫/アスキー・メディアワークス刊 / 原作イラスト:ヤスダスズヒト / 監督:大森貴弘 / シリーズ構成:高木 登 / キャラクターデザイン:岸田隆宏 / メカデザイン・アクション作監:山田起生 / 総作画監督:高田 晃 / 美術:伊藤 聖 / 色彩設計:宮脇裕美 / 監督補:川面真也 / 撮影:田村 仁 / CGプロデューサー:神林憲和 / 編集:関 一彦 / 音楽:吉森 信 / アニメーション制作:ブレインズ・ベース / 製作:池袋ダラーズ /

キャスト
竜ヶ峰帝人:豊永利行 / 紀田正臣:宮野真守 / 園原杏里:花澤香菜 / 折原臨也:神谷浩史 / 平和島静雄:小野大輔 / 岸谷新羅:福山 潤 / 門田京平:中村悠一 / 遊馬崎ウォーカー:梶 裕貴 / 狩沢絵理華:高垣彩陽 / 矢霧誠二:堀江一眞 / 矢霧波江:小林沙苗 / サイモン・ブレジネフ:黒田崇矢 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}