動画が再生できない場合はこちら

ひぐらしのなく頃に(実写映画)

12

3

1

1

1

0

限られた情報、限られた時間の中で、
正解率1%の超難問に挑むのはあなた!
絶望的な状況に屈せず、この惨劇に挑め。

アニメ化もされた人気ゲームを原作にした劇場映画第1弾。「人か祟りか偶然か―」昭和58年初夏。昼にはセミの、夕暮れにはひぐらしの声が鳴り響く山奥の寒村・雛見沢(ひなみざわ)。東京から引っ越してきた少年・前原圭一は、小さな分校で、クラスメイトたちに囲まれ、のどかで楽しい毎日を過ごしていた。しかし、その幸せは長くは続かなかった。村の祭りの夜、圭一が遭遇した事件。それを境に、彼らの運命は誰もが予想できない方向へと突き進んでいく…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(6件)

悪くはない。

ホラー映画としては良く出来てます。
肝心な「ひぐらし」のメッセージや、重要なキーワードは省かれることなく、変なオリジナルを入れずに、原作に沿って作られていたので、酷評されるほど悪くはなかった、というのが初見の素直な感想です。
「俺はどうすればよかったんだよ・・・」っていう問題提起の部分もちゃんと取り入れられていたし。
・役者の演技力(特に主要5人)
・テンポの悪さ(悪い意味でメリハリがない)
・画一的なカメラワーク(たまに古臭い。)
・手紙やメモの、文字の読みにくさ(劇場ならかなり前方の席でないと読めない)
・嘘だッ!!(笑)
さえ改善していただければ、☆5にしてもいいかなと思うくらいは。
嘘だ!は音声だけで十分怖かったから、字は要らないと思うんだよなぁ・・・
あと圭一役の役者さんが、常ににやけてるように見えたので、表情での演技が出来ないのかなーなんて。
演技力はもっと欲しかった・・・

いろんな意味で残念

とにかく演出や演技、キャラの配役などすべてにおいて残念です。
アニメや漫画などを見ている人からしたら本当にがっかりすると思います。
あれだけ宣伝していたわりにB級映画のようですね。
やはりアニメやゲーム、漫画などが原作で実写化は残念なものになってしまうんですかね。

微妙

アニメ見ているのですべてが残念に見えてしょうがないです。
あと圭一が、、、。

まあまあ

アニメから見てるほうとしては物足りない…

ひぐらしのなく頃に(実写映画)

邦画ってホントにレベル低すぎ。嫌になる。

呪!!実写化作品!!

キャスト・演出全てが「…」の映画。
魅音が狂ったように圭一を脅かすシーン・レナの扉に指を挟まれるシーン・最後にオヤシロ様がチラっと出たり(しかも角付き)など、「え?え?」状態でした。
あとね…鷹野さんのキャラがね…ちょっと行き過ぎじゃないかと…
視聴者に何を伝えたいのか、何を見せたいのかはっきりしない作品でした。
島みやえい子さんの主題歌は良いので2の評価を…

ネタバレあり
見どころ

人気ゲームがアニメ化に続いて実写映画化。1983年6月、都会から遠く離れた雛見沢村の村祭りに起きる惨劇。独特のサスペンスに充ちた事件を描いた作品だ。転校生の前原圭一は、楽しく接していたはずのクラスメイトの美少女たちから次々と理不尽な仕打ちを受け、生命の危機に陥る。みどころは、生身の俳優が演じる「ひぐらし」メンバーの存在感と少女たちの美しさ。寒村の実景も、のどかさと不気味さの両面をより強く打ち出している。じわじわと退路を断たれて追い込まれ、川井憲次の音楽とともに盛り上がっていく恐怖感の濃密さには、まさに実写版ならではの味わいがある。アニメ版を観た方も、ぜひもう一度あの緊張感に充ちた時間を味わってほしい【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

前原圭一

最近、都会から、雛見沢村に引っ越してきた少年。好奇心旺盛な性格ゆえに、今回の事件に巻き込まれることになる。

園崎魅音

雛見沢分校のクラス委員長。誰とでも、仲良くなれる姉御肌。その正体は、雛見沢御三家である園崎家の次期頭主である。

竜宮レナ

圭一の同級生。献身的な性格であり、普段は、ほんわかとした雰囲気だが、あることをきっかけに…。

古手梨花

沙都子と同級生。常に冷静で大人びた雰囲気を持つ。綿流しの祭りで、儀式を司る古手神社の巫女でもある。

北条沙都子

圭一のクラスメイト。元気で明るく、負けず嫌い。両親が3年前に事故死、兄は行方不明のため、現在は梨花とともに暮らす。

富竹ジロウ

毎年、6月に行われる綿流しのお祭りの時期に訪れるフリーのカメラマン。鷹野の恋人のようであるが、詳細は謎のままである。

入江京介

雛見沢村で唯一の医療機関である入江診療所の医師。

鷹野三四

入江診療所に勤める看護士。しかし、裏では、雛見沢連続怪死事件(オヤシロさまの祟り)について様々な情報を集めている。

大石蔵人

興宮署に勤務するベテラン刑事。ある理由のために、雛見沢で起きた連続怪死事件を執拗に追っている。

知恵留美子

雛見沢分校の先生。

前原伊知郎

圭一の父親。

前原藍子

圭一の母親。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:竜騎士07+07th Expansion / 監督・脚本:及川 中 / 音楽:川井憲次 / テーマ曲:島みやえい子 / 撮影:白尾一博 / 照明:宮下 昇 / 録音:深田 晃 / 美術:松塚隆史 / 装飾:石毛 朗 / 編集:滝沢雄作 / 制作プロダクション:アルチンボルド / 製作:オヤシロさまプロジェクト /

キャスト
前原圭一:前田公輝 / 園崎魅音:飛鳥 凛 / 竜宮レナ:松山愛里 / 古手梨花:あいか / 北条沙都子:小野恵令奈 / 富竹ジロウ:谷口賢志 / 入江京介:田中幸太朗 / 鷹野三四:川原亜矢子 / 大石蔵人:杉本哲太 / 知恵留美子:三輪ひとみ / 前原伊知郎:米山善吉 / 前原藍子:星 ようこ /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}