動画が再生できない場合はこちら

GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- (ガンスリンガー・ガール イル・テアトリーノ)

44

3

2

2

4

3

戦いに踊る人形、
復讐に駆られた大人たち
――廻る舞台(イル・テアトリーノ)。

人気コミックを原作にした第2TVシリーズ。モンタルチーノで任務についていた義体のトリエラは、極右テロ組織である五共和国派の天才暗殺者ピノッキオらと相見えるが、戦闘の最中に不覚にも気絶させられてしまう。ピノッキオとの戦いに敗れ、義体としてのアイデンティティを失い悩むトリエラ。一方、ピノッキオは五共和国派のテロリスト、フランカ・フランコと行動を共にする中で、次第に人としての感情が芽生えていくのだった。戦うことでしか己の存在意義を見出せないトリエラとピノッキオ。まるで合わせ鏡のような二人は、互いの存在を意識しながら、戦いという大きな渦の中に巻き込まれていく…。義体や担当官など社会福祉公社の側の人間、そして敵対する五共和国派側、それぞれの過去や想いが複雑に糸のように絡み合う群像劇は、否応なく悲しきクライマックスの舞台へと向かっていく。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C) 相田裕/アスキー・メディアワークス,マーベラス

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(14件)

完結編のアニメ化を強く望む

おそらく制作の時点で原作未完だったと思いますが、原作者が総監修してるだけあって、原作未完のアニメ化でよく見られるような中途半端感が一切無く、作画はさておきシナリオの完成度は非常に高いです。

1期に比べフラテッロの描写は少ないのですが、合間合間に挿入されているエピソードには(自分はそれがきっかけで原作を読んだんですが)原作ラストに繋がる極めて重要なエピソードもあるので、視聴をお勧めせずにはいられません。

また、未放送分の2話もこれだけ見ると本編の蛇足にしか見えませんが、原作を読めばそれがこの後に続くストーリーの起点になることがわかったりします。

ということで、アニメ本編には全然中途半端感がありませんが、アニメ化のやり方として中途半端なので、この落とし前として完結編のアニメ化を強く要望したいわけであります。

惜しい、女の子達の顔が・・・

前作の女の子達の作画が非常に良かったのに、なんで変えちゃったかなぁ。
”美少女”をあざとく萌えに改変してしまったのが悔やまれます。
でも、物語、銃の作画、ガンファイト、彼女達の直向な頑張りは引き継がれています。
総合的にはいい作品です。

「作品」としての一期、「娯楽」としての二期

一期とかけ離れた雰囲気と絵には驚かされたものの、最後まで見れば、これはこれでアニメとしてはアリなのだろうな、といった印象を受けました。

一期が雰囲気を重視した、いわば玄人向けの、「作品」としての「アニメーション」であるのに対して、二期は一般受けしやすい、「娯楽」としての「アニメ」に徹していた、といったところでしょうか。一期のような重苦しい雰囲気はなく、アクション主体な上、一期前半のような1話完結型の回も少ないこと、話数も少なめなことから、「なんかアニメ見たい」と思った休日に、一気見する作品としてはよいと思います。

結局、平日の夜、一話づつ楽しみたいなら一期、休日に一気見するなら二期、と使い分けるのがオススメ……といいたいところですが、一期を見ていないと話がわかりにくい構成になっているのが唯一の難点です。

面食らうが観て損はなし

原作とアニメ1期を知っていると、まずはキャラデザインと声に違和感があると思うが、どうかそこはふんばって視聴を続けて欲しい。5、6話あたりまで来ると作品本来の面白さのほうが上回って引き込まれると思う。
ガンスリ好きならば、全話観たあとに後悔はないはず。1話だけで判断するのは惜しい。私は1話を観て余程観るのをやめようかと思ったが、今は観て良かったと思っている。
ただ1期と比べてしまうと作品の空気感、トーン、キャラ(顔も声も)、「こんなの違う」と感じてしまうのは否めない。

どうしてこんなことに……

散々もう別の方が評価をしてくださっているように、これはもはや「ガンスリンガーガール」とは別のラノベ系アニメです。
例えるなら、ずっと観たいと思っていた洋画のDVDをレンタルで借りてきたらお店の手違いで中身が全く知らない少女漫画アニメにすり変わっていた、というような。そんな衝撃を味わえます。

前作を知らないのなら、こういうものだと思って新鮮に観れるのかも知れません。
しかしもし前作を観てしまった人だとしたら間違いなくこの作品はそっと閉まっておくものとなってしまうでしょう。別にこの作品を単体で批判するつもりはありません。しかし、前作と同じ名前がついてしまっている以上はどうしても前作並みの世界観と描き方を期待してしまうでしょうから、比較してしまうと厳しいです。偶然、似た名前がつけられてしまった全くジャンルの違う別世界の別作品だと理解した上で視聴する寛大な心が試されますね。

ネタバレあり

まどマギの世界観に通じるか

 可愛い女の子たちに過酷な運命背負わせるとは。見ていて切なくなる。

ネタバレあり

意外と悪くないかも?

原作既読で、一期もみましたがやはり一期と比べるとあまりいい出来とは言えないかもしれません。

止まっている画はいい所もたくさんありましたが、動いているところは荒れている所が多く気になってしまいます。

それからキャラクターも萌え路線というか、最近のよくある目が大きいキャラクターになっているため話の雰囲気に合っていないような気はします。

しかしストーリーや演出なんかは後半の方は、原作をちゃんと沿っていて結構楽しめました。

オンエア時は画のこともあって見ていなかったのですが、最初の方で慣れてくれば意外と悪くないと思えてきました。

まあ本音をいうと一期のクオリティで完結編作ってくれたら嬉しいです。

ネタバレあり

見て良かったです

初めに告白しておきます。
気に入った作品の続編でしたので、
以前に三度も視聴を試み、その度に初回で挫折していました。

理由は、正に皆さんが書かれている通りです。
キャラクターデザインや作画等、受付けませんでした。

今回、見放題になった事で、見続けてみる事に、、、

結論は、、、とても良かったです。

一期も二期も、
舞台となっている国が現実に抱えている問題、
南北格差、等を背景に物語は進んで行きます。
それでも
一期が、割と散発的な逸話の積み重ねだったのに対し、
二期は、紀元前の昔から人々が夢見てきた架け橋と、用途を同じくする木偶と傀儡達との対決と、
これらを巡る物語に沿っての展開になります。
寧ろ二期の方が、個人的に好みかも知れません。

−♡1の理由は、
実際に見た本州四国間のそれらと比べ、”建設中”の描写が物足りなかった事。
そして、トリノの白黒よりナポリの青白の方が好きなので。

評価は人それぞれ

巷では、1期が出来が良すぎて2期はそれに比べてダメだとか色々と悪く言われてますが。
私が1期と2期全話観た感想では別物と捕らえて観るなら2期は及第点と言うところでしょうか
それも、後半の3話が他の話数よりも良く作られているなと感じたからです。
ですが、前半の5話辺りまでは作画は他のお子様向けアニメより酷く感じられる部類だったので、観るに耐えずイライラしてましたが、最後まで見る事できました。7話辺りから画の作りが安定してきてノッペリした感じが少なくなってきて観やすくなっていきました。その辺りから話に引き込まれるようになっていきました。
それでも最後まで違和感覚えたのはヘンリエッタ、リコ、ジャン、ジョゼ、ヒルシャー、マルコーの声でした。特にヘンリエッタの声は声優さんが悪いというわけではなくて、そのような声にさせてしまった側の問題だなと感じました。前作とは違う方向性の作品に仕上がってます

銃器のリアル感が良いです。

1期のファンでした。
改めて2期まで通して見ると、1期は人道的な罪悪感が前面に出ていて感慨深いものがありましたが、2期は深堀が足りない感じがしました。
1期の出来が良すぎて、見る側のハードルを上げてしまったのかも。。。

なんだこれは!!!!

前作は万人向けでは無かったと思うが、絵柄、ストリーとも丁寧に作られた良い作品だった!
前作のファンを馬鹿にしているとしか思えない。制作側は何を考えているのか!!!

見てよかった

一期と比べてあまり良い評判を聞かなかったので視聴を見送っていたのですが後悔しました。
キャラデザも慣れれば気になりませんしキャスティングも特に違和感ありません。
シリアスな雰囲気が好きな人には確かに一期のが好みなんでしょうが神格化しすぎです。
一期とストーリーが被っているわけではないので原作ファンでアニメ見ようとしている方は評判に惑わされず自身の目で見ることをおすすめします。
あと個人的にはビーチェが出てきたことがとても嬉しい。朝食の時間に寝坊して腹を空かすビーチェかわいすぎ。

ネタバレあり

残念な作品

1期観てイイね!と感じただけに、非常に残念です。
質の悪い完全別物でsね。

萌えアニメ化した作品

第1期があまりにもよかったので、どうしても比べてしまいます。
キャラクタデザインが可愛らしく変更され、声優陣もすべてかわるなど、とても残念です。
第2期は、まったく新しい別物で観るといいですね。
ストーリーは、ピノッキオ編です。

キャラクター

ヘンリエッタ

一家殺害事件の生き残り。「条件付け」により担当官のジョゼを盲愛する義体。

リコ

元全身麻痺患者。あらゆる日常に喜びを感じる無垢な義体。担当官はジャン。

トリエラ

賢く面倒見がよい義体たちの“お姉さん”的存在。担当官はヒルシャー。

クラエス

トリエラのルームメイト。担当官ラバロが死亡したため、現在は公社内で義体開発の試験体となっている。

アンジェリカ

開発の初期段階に義体となった少女。義体化の副作用で「薬」への依存が大きい。担当官はマルコー。

ジョゼ

ヘンリエッタの担当官で元軍人。ヘンリエッタに優しく接するも、彼女に妹の姿を重ねて苦悩する。

ジャン

ジョゼの兄。仕事に厳しい人間。担当官たちのリーダーを務め、作戦2課の現場指揮を行なう。

ヒルシャー

ドイツ人。トリエラとの距離の置き方に戸惑いながらも彼女を優しく見守る。

マルコー

元特殊部隊員。負傷により公社へ転職する。日々衰えゆくアンジェリカに対し無力感を感じている。

ピノッキオ

天才的殺し屋。クリスティアーノの指示でフランコやフランカと行動を共にする。

フランカ

五共和国派のテロリスト。独自の信念を持ち、フリーの活動家としてフランコと行動する。

フランコ

爆弾製造のプロ。フランカの相棒。

クリスティアーノ

五共和国派の一勢力、ミラノ派の中堅幹部。ピノッキオの育ての親。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作・総監修:相田 裕 / 掲載:「月刊コミック電撃大王」 / 発行:メディアワークス / 総監督:石踊 宏 / 監督:真野 玲 / シリーズ構成:相田 裕 / シリーズ構成協力:浦畑達彦 / 脚本:相田 裕+浦畑達彦 / キャラクターデザイン原案:相田 裕 / メインキャラクターデザイン・総作画監督:杉光 登 / ゲストキャラクターデザイン・総作画監督:小関 雅+川島 勝 / 銃器総監修:又野弘道 / 美術監督:西倉 力(スタジオじゃっく) / 色彩設計:佐藤裕子(スタジオロン) / 小物設定・小物総作画監督:伊佐秀朗 / 銃器設定・銃器総作画監督:江田恵一(スタジオロン) / 銃器特殊効果:酒井寿一(スタジオロン) / 撮影監督:大西 博 / 音響監督:平光琢也 / 音響効果:西村睦弘(フィズサウンドクリエイション) / 録音調整:山口貴之(神南スタジオ) / 録音助手:川口珠代(神南スタジオ) / 音響制作:神南スタジオ+阿部秀平 / 編集:村井秀明 / 音楽:大谷 幸 / 総監修補佐:杉原ちあき / アニメーション制作:アートランド / 製作:マーベラスエンターテイメント /

キャスト
ヘンリエッタ:阿久津加菜 / リコ:塩野アンリ / トリエラ:榎本温子 / クラエス:水野理紗 / アンジェリカ:花澤香菜 / ジョゼ:三戸耕三 / ジャン:子安武人 / ヒルシャー:松風雅也 / マルコー:矢尾一樹 / ピノッキオ:岸尾だいすけ / フランカ:平田絵里子 / フランコ:安元洋貴 / クリスティアーノ:うえだゆうじ /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}