動画が再生できない場合はこちら

閃光のナイトレイド

27

0

0

0

3

3

国際都市“上海”で繰り広げられる陰謀の交錯。
歴史の闇に葬られし大戦の序曲が、今始まる―。

1931年、魔都「上海」。日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦を経て、中国大陸へと進出した日本陸軍。その中に歴史上葬られた特殊スパイ組織“桜井機関”が存在した。覇権国家が群雄割拠する上海で、特殊な能力を持つ彼らは決して表舞台に出ることなく、様々な事件の裏で暗躍する。そんな最中、とある陸軍の一部隊が忽然と姿を消す。それはやがて世界を揺るがす大事件への序章であった――。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)A-1 Pictures/閃光のナイトレイド製作委員会

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(6件)

時代の影に埋もれた者たちの物語

この作品は「アニメノチカラ」3部作の3作目として製作されていましたが、「世紀末オカルト学院」の製作が遅れたため前倒しでの放送を余儀なくされました。「戦前の満州や上海を舞台にした日本軍の特務スパイの活劇」という概略だけでもう、その製作の大変さは伝わるのですが声優さんに中国語を勉強してもらったりと丁寧な製作をされていたにもかかわらず、前述のような事情で後半の製作にどうしてもしわ寄せがあったのを感じます。
しかし、ダメな作品かと言うとそんなことはありません。難しい題材に真摯に向き合って描き切った良作です。
基本的に「史実」を変えるような描写は無く、大きなあらすじは歴史の教科書通りです。その裏で、その影で彼らの暗躍と活躍があった。主人公たちのように決して表舞台に出ることの無かった作品ですが、未だに私の心の中に光続けています。観終えた時、貴方は時代の裏の証人になっていることでしょう。

「戦争前夜」の物語

エキゾチックなムード満点の伝奇サスペンスです。
平和とはなにか、平和を守るための戦いとはなにか… 観た後に考えさせられる「戦争前夜」の物語。

もう少し深く・・・

僕らの知る歴史の裏でこんなことが・・・という面白い設定で、実際の歴史をベースとしている分、ストーリーに陰影はあったけど、もう少し脚本に深みとひねりが欲しいですね。特に後半、かなりシリアスな展開なのに、あっさりと解決してしまうなど、物足りなかった。

あと、キャラの内面の葛藤も(あるはずなのに)あまり表現されていなかったし、それぞれの性格もあまりストーリーに生かされていなかったなぁ・・・と。

短いので前半の単発的な話は不要だと思います。(なければないで話が重くなりすぎるかも知れないですが。。。)

それから、1話分使って背景説明していましたが、この時代の歴史を知らない人にはストーリーが見えないかも。知らない人は世界史の近代史の章を一読してから読んだ方が楽しめますね。

と批判的に書きましたが、戦争や核について改めて考えさせられたので、★4つに格上げ。子供たちに見て欲しい。

ひとりでも多くの人に観てもらいたい、超の付く一級品です。

”安らかに 眠ってください あやまちは くりかえしませんから”
私達は誓ったはずです。

隠れ名作

「SAMURAI DEEPER KYO」「CODE:BREAKER」の上条明峰のキャラクターデザインや、葉加瀬太郎のメインテーマ、ムックのOPなど、かなりセンスがいい作品です。

第二次世界大戦直前の上海を描いた作品で、かなりスケールは大きいので、一クールで終わらせてしまうのはもったいなかったかと。

なかなかの良作

キャラ・デザインは線がキレイで観てる人に優しい。主要な登場人物は超能力者だが、一部に「能力の制約」があったりして万能ではないところが話を面白くしてくれる。

場所は第一次世界大戦後の上海・満州。当時の情勢や史実を主体として展開していくので、1クールで話を収めてしまうにはちょっと惜しい作品に思える。

OP画はタイプライターをモチーフにした構成で、ポスターカラーの色使いなど、あまり近年のOP画には見られない特徴的な仕上がりとなっている。
OP主題歌も力強く、画と歌が毎回聴いて(観て)いて心地いい。

エピローグがちょっとあっさりしてるので、もう少し長めに(内容を濃く)してくれれば☆5点でした…。

ネタバレあり
キャラクター

三好 葵

とある有力政治家の落とし種。陽性でくったくない性格。軽率に見える所もあるが、正義感は強く一本気な所もある。上海では諜報員としての素性を隠すため、写真館を経営。能力はサイコキネシス。時間制限がある。

伊波 葛

士族から高級軍人へと続く武人の家系に生まれる。厳格な祖母に育てられ、武人としての生き方を徹底的に叩き込まれる。テレポート能力を有すが回数に制限があり、視野に入らない場所へは跳ぶことはできない。

苑樹雪菜

旧華族の家系。関東軍の一部隊を率いて大陸に消えた兄の行方を捜すため、自らの意志で桜井機関に身を投じる。日常は穏やかな雰囲気であるが、時折、凛としたおごそかな振る舞いを見せる。能力はサイコメトリング。

鍵谷 棗

寒村の貧しい農家に生まれる。幼い頃から使用人として苑樹家で働いており、雪菜を守るために桜井機関に加わった。無骨だが生真面目で誠実。黙々と任務を遂行する。特殊な視覚能力を持ち、望遠、透視、暗視が可能。

桜井信一郎

元陸軍中佐。陸軍にとって必要な情報の収集や保持のため、特殊な能力を有した者たちを集めた諜報機関、桜井機関を主宰する。人当たりも良く、飄々とした雰囲気もあるが、何を考えているのか分からぬ所もある。

風蘭

葵と葛の写真館に出入りする小さな食堂の看板娘。調理から出前など実質的に店のオーナーのような働きぶりで、地元で一番の大飯店にしたいという夢を持つ。金儲けのためなら、多少強引なことでもやってのける。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作・制作:A-1 Pictures / 監督:松本 淳 / キャラクター原案:上条明峰 / キャラクターデザイン:佐々木啓悟 / メインライター:大西信介 / 音:葉加瀬太郎+門倉 聡 / 音響監督:山田 稔 / 美術監督:谷岡善王 / 美術設定:金平和茂 / メカ・プロップデザイン:常木志伸 / 撮影監督:那須信司 / 助監督:ヤマトナオミチ / 色彩設計:中島和子 / 製作:閃光のナイトレイド製作委員会 /

キャスト
三好 葵:吉野裕行 / 伊波 葛:浪川大輔 / 苑樹雪菜:生田善子 / 鍵谷 棗:星野貴紀 / 桜井信一郎:大林隆介 / 風蘭:藤田 咲 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}