動画が再生できない場合はこちら

私のあしながおじさん

31

0

0

1

2

4

ジュディが“あしながおじさん”と呼ぶ
その紳士の正体は…?!

孤児のジュディは、匿名の後見人「あしながおじさん」の援助で高校へ進学することに。作家になることを夢みる彼女は、親友となるサリーやジュリア、その伯父のジャーヴィスと知合い、楽しい高校生活を満喫していた。しかし、孤児院出身であることを隠し続けることは常にジュディの心に影を落としていた。そうした不安を援助者である「あしながおじさん」への手紙につづるが、答えが得られることはなかった。そんな時、ジャーヴィスにプロポーズされたジュディは…。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)NIPPON ANIMATION CO.,LTD.

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(7件)

下世話なネタにして良いものか・・・w

リアルタイムで見た当時、自分は中学生だったかな?
当時は視聴側の主観でしか見れませんでしたが、後から別々の視点でみると、より楽しめそうだと思います。
まず、主人公視点(コレが本筋で王道です)と、足長おじさん視点(最後まで視聴してからのお楽しみ)、そして視聴側視点(未視聴では選べません。客観的に見ているつもりでも、本筋に巻き込まれる為)。

主人公視点だと、自分を援助してくれた恩人に対する感謝と生い立ちに対する葛藤劇・・。
足長視点だと立場上の義務(低所得者に対する援助)から発生したラブストーリー。
視聴側視点だと、各種ツッコミ・・。

ココからは先は作品に対する冒涜で私的なツッコミと、ご配慮ください。
・足長的には、援助したファザコン気質の少女が自分の女へと成長するストーリー。だって、何歳差なの?同級生の叔父ですよね?援助する側が確信犯でやってたら、まったく違う感想になりそう。
以上


ネタバレあり

懐かしい~

中学の時原作が好きで読んでたので、アニメもチェックしてました。
アニメは高校生の時だったと思うのですが、やっぱり面白いです。
一気に見れちゃいます!
後半からちょっと顔が変わりますけどね・・・。

これはこれでアリなのかも。

小学生のころテレビで見ていました。当時読んだばかりの原作と違う展開になっていって違和感が残ったような記憶がありました。でも今「『あしながおじさん』原案」として見てみるとこれはこれで面白いです。当時のアメリカの社会情勢について考えさせられるところもいいです。

ヒロインがかなりキツい

ヒロインのジュディ・アボットの何がキツイのかというと
重度の孤児コンプレックスがキツいです
まず、富裕層の偽善が許容できず、慈善に対してネガティブなんですが
その富裕者(あしながおじさん)の支援を受けて女学生になると
孤児院出身を隠してしまい、孤児院に対してもネガティブだったりします
視聴中、ヒロインとして如何なんだろうかと思いながら視聴しましたが
しかしそこは名劇、卒業答辞の大舞台でちゃんとヒロインしてくれます

本作の個人的MVPキャラはジュリア・ペンデルトンです
ルームメイトのジュリア・ペンデルトンが金持ち的に尖ってて
ヒロインとは逆の対比になってるようで面白かったです
そして、彼女も成長して考えが良い方に変化していきます

最終盤、ジャービスがジュディにアレを断られて土に膝をつくシーンは
見ていてかなりショックを受けました
久しぶりにアニメで「ぅゎぁ…」ってなったシーンです

ネタバレあり

ジュディが羨ましい!

個人的な思いとしては、ジュディのキャラはもう少し美人にして欲しかったかも。キャラデザインが、今見るとやっぱりちょっともっさりしているように感じます。が。個人的にこのアニメの見どころはジャーヴィス役の田中秀幸さん、そしてジミー役の島田敏さんのこれでもか!というほど甘く切ない演技じゃないだろうか!と思う次第です。この二人がジュディをめぐって直接対峙するシーンはドキドキが止まりませんでした。

田中さんはこういった大人の男を演じることが多く、真骨頂といった感じですが、それを解っていても改めて見るとやはり引き込まれます。島田さんは、多くの方がシロッコやブロリーといったちょっと荒々しい敵役を連想されるかと思いますが、こういった穏やかな、それでいて熱い意志を持ち合わせた男性もとても上手い。彼ら二人の甘い囁きを、是非とも堪能してみて下さい。

余談ですがチョイ役で子役時代の岩田光央さんが出ていて驚き。

15年ぶりに

15年前にこの作品をリアルタイムで見ましたが前回はあしながおじさんの正体は知らずに、今回は知ってる状態なので2度楽しめました。あしながおじさんが常にジュディのことを見守っていたってのがよく解る作品ですね

ネタバレあり

青春白書

原作やミュージカルとは大きく異なり、中盤からは出色の青春アニメになります。ただしリアルにしたゆえの問題点も・・・あしながおじさんが生々しい下心オヤジになってしまうという。原作では脇役だったジュリアが準ヒロイン級の活躍をするのも楽しい脚色。昼メロ全開なラストも注目。

キャラクター

ジュディ・アボット

健康で明るく、頭の回転の速い、ユーモアに富んだ13歳の少女。素直な性格の持ち主なのだが、その素直さが持ち前の行動力で発揮されると裏目に出ることがしばしば。孤児院で育ち父母の名も顔も知らない。

ジャーヴィス・ペンデルトン

東部ではちょっとは名の売れた富豪の三代目。人間嫌いの変わり者として実業界にその名を広く知られているが、それは窮屈で虚飾に満ちた社交界を嫌ってのこと。27歳。

ジュリア・ペンデルトン

ジャーヴィスの姪で、リンカーン記念女子学院の寮でジュディと同室になる。とても気位が高くジュディともぶつかるが、やがてジュディに影響され変わっていく。大学生であるサリーの兄に恋心を抱く。

サリー・マクブライド

ジュリア同様、リンカーン記念女子学院女子寮でジュディと同室になる。マサチューセッツの中産階級の家に生まれた子。誰にでも優しく親切なのだが、やや優柔不断。ジュディとジュリアの間にはさまれ揺れることも。

リペット院長

躾に厳しいジョン・グリア孤児院の院長先生。福祉と教育に生涯を捧げ、理想と厳格な思想を持った女性。その厳しさゆえに孤児たちから敬遠されているが、孤児たちを心から愛している。

あしながおじさん

ジョン・グリア孤児院の評議委員をつとめる正体不明のお金持ち。ジュディの書いた作文を気に入り、後見人としてジュディを支えることに。秘書のグリグスをジュディへ使いに出し、ドレスのプレゼントをしたりする。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:ジーン ウェブスター「あしながおじさん」 / 脚本:藤本信行 / 音楽:若草 恵 / 場面設定: / キャラクターデザイン:関 修一 / 作画監督:ふるたしょうじ+大城 勝+菊池 晃+入江 篤 / 美術監督:森元 茂 / プロデューサー:立川善久+松土隆二 / 監督:横田和善 / 主題歌OP「グローイング・アップ」歌:堀江美都子 / 主題歌ED「キミの風」歌:堀江美都子+SHINES /

キャスト
ジュディ・アボット:堀江美都子 / ジャーヴィス・ペンデルトン:田中秀幸 / ジュリア・ペンデルトン:天野由梨 / サリー・マクブライド:佐藤智恵 / リペット院長:藤田淑子 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}