動画が再生できない場合はこちら

七つの海のティコ

18

0

0

0

2

2

父親らと共にペペロンチーノ号で海を旅する
ナナミとシャチのティコの海洋冒険物語――

巨大なシャチのティコと心を通わせることのできる少女、ナナミ。ナナミは海洋学者の父親のスコットとその相棒のアルと三人でペペロンチーノ号に乗り世界中を駆け巡っています。その目的は、伝説の生物ヒカリクジラを見つけること。一方、巨大企業GMCも、ヒカリクジラが生み出す物質に目をつけ、ヒカリクジラを追っていた。ひょんなことから、メルビル財閥の娘シェリルもナナミたちの仲間に加わって冒険は続く…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(4件)

ストーリーのネタバレでは無いので、チェックは入れてません。

スタッフ陣が何気に豪華でビックリです。
声優陣には英雄(お亡くなりになった方)や勇者(現役の方)と呼ばれる次元の方々も多く・・、世界名作劇場の枠組みの中では現代アニメを視聴されて居る方々に「聞き覚えのある声」として、受け入れ易い作品だと思います。

一度視聴する事で・・・新しい扉を開ける一歩として欲しいと思います。

※何も・・素晴らしい作品だから見て下さいとは、言いません。
世界名作劇場としては、声優陣がソレまでの名作劇場とは一風変わった、珍味的な作風に仕上がっている本作品をネタ目的で良いから・・見てみませんか?と提案しているだけですw

作品自体の評価は前半視聴が2で、全話視聴で3でしたが、ネタ的な意味で4とさせて頂きました(名作劇場で、後半一部のストーリーでも秋葉原(電気街)散策はネタとして十分なインパクトですw)

10年後また観たくなるジャパニメーション

 幼少期に観て、幼いながらに強く印象に残っていた本作、自分自身が子供から大人になり突然、当時のことを思い出し感傷に浸りながら視聴しました。
 大人になっても色あせないストーリー、大人になったからこそ考えさせられるテーマ性、温かみのある作画どれをとっても素晴らしいものでした。子供の頃に観てから10年以上が経過しましたが、また10年後に観たくなるようなそんな作品です。

懐かしい。

世界名作劇場の中では、内容的に最も一般受けすると思われます。当時、何故か?この作品だけ見ていなく、最終話付近を何話か見たきりでした。そこでが異様に印象に残っており、今回、全話通して観ました。懐かしくも、ナナミと自分、同い年だったんだなと・・・。
今は、スコットと同い年か・・・。

学校では学べない、大切な事。

世界名作劇場としては唯一原作を持たないオリジナル作品だと聞きましたが、何度観ても完成度に驚きます。
ヒカリクジラという架空の生き物と、シャチのティコを通して命の尊さ、輪廻を美しく描いている。
ヒカリクジラをまっすぐに追い求めるスコットの姿。
子供ながらティコと共にたくましく成長していくナナミの姿に感動しました。
良いシーンはたくさんあるのですが、ナナミの母親が実は日本人で、劇中みんなで日本を訪れるシーンはこの手の作品としては意外性もあり、見所のひとつですね。
ラストの「何者も全て海から生まれたのだ。」というヒカリクジラの言葉には
大人になったいまでもハッとさせられます。
癒しを求めるとき、なぜ人が水や海を求めるのか。その理由がわかるような作品です。

ネタバレあり
キャラクター

ナナミ・シンプソン

アメリカ合衆国カリフォルニア州のバークリー出身の11歳。血液型AB型。3歳で日本人の母を亡くし、4歳の時、父スコットと旅に出た。シャチ笛と全身を使って、ティコと心を通わすことが出来る。

スコット・シンプソン

ナナミの父。カリフォルニア大学の本校を卒業後、海洋生物の研究室に入るが、研究の方向性が教授やルコントたちと食い違うようになり、大学院を飛び出す。幻のヒカリクジラを追っている。

アルフォンゾ・アンドレッティ

通称アル。シチリア沖の島の出身。船乗りとして渡り歩き船の技術を覚える。ヨーロッパの港でスコットと意気投合し、ペペロンチーノ号に乗り込む。潜水球“スクイドボール”の操縦者。

シェリル・メルビル

石油を元にした大複合財閥の名門メルビル家の一人娘で、18歳。13歳で母を亡くしている。イギリス・ランカシャー地方の大邸宅に住み、現在はケンフォード大学経済学部にある女子のみのスクールに在学中。

トーマス・ルコント

アメリカ出身の10歳。父のルコントはスコットの2歳上にあたる研究所の先輩。トーマスは両親の離婚後、母と一緒に住んでいたが、内気で家にこもる性格を母に心配され、ルコントに航海期間だけ預けられた。

ティコ

全身8メートル、体重7トンのシャチ。推定年齢18歳。ナナミと心を通わせ行動を共にする。幼いティコが岸に打ち上げられているのをスコットが見つけた日にナナミが生まれた。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原案:広尾 明 / 脚本:青山紀之+登戸 徹+三井秀樹+松井亜弥+池田眞美子 / 音楽:美和 響 / キャラクターデザイン:森川聡子 / 作画監督:佐藤好春+大城 勝+井上 鋭+入好さとる+杉山東夜美 / 美術監督:森元 茂 / プロデューサー:鈴木吉弘+余語昭夫 / 監督:高木 淳 / 主題歌OP:「Sea loves you」歌 篠塚満由美 / 主題歌ED:「TwinkleTalk」歌 篠塚満由美 /

キャスト
ナナミ・シンプソン:林原めぐみ / スコット・シンプソン:池田秀一 / アルフォンゾ・アンドレッティ:緒方賢一 / シェリル・メルビル:水谷優子 / トーマス・ルコント:松井摩味 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}