動画が再生できない場合はこちら

デジモンアドベンチャー

73

0

0

1

0

14

太一たちとデジモンたちのサバイバルが今始まった!!

「デジモン」シリーズ第1作。世界中がおかしかった年の夏、太一たち七人の少年少女は日本で見えるはずのないオーロラから飛来した謎の機械の力によって、異世界デジタルワールドに吸い込まれてしまう。謎と危険に満ちたその世界で待っていたのは、なぜか太一たちの名前を知る奇妙な生物“デジタルモンスター”だった…!

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(15件)

児童向け作品だが侮れないドラマがある

本作の主人公たち8人の少年少女とデジモンのドラマは
児童向け作品とはいえ、なかなか侮れないものがあります
離婚による兄弟離別や養父母と養子の悩み
殴り合いの喧嘩や悩みや考えの違いでグループが分裂など
主人公たちのドラマは結構ハードなものがあり
デジモン関係でもウィザーモン、ピッコロモンなど
主人公たちを庇って犠牲になるハードなものが多く
上記に思い出補正やデジモンに好感が加われば名作です
しかし、本作は児童向け作品として作られており
適齢期がオーバーしていて、かつ補正もなしに視聴すると
個人的にですが、突き抜けきれてない感じがします
(仕方のないことだとは思うんですけど……)

『ボレロ』のようなBGMが流れたのが印象的でした
『ボレロ』を調べると、あらすじがあって
はじめ踊り子が足慣らしで1人踊っていたのが
盛り上がってきて周囲の人たちも一緒に踊りだすんだとか
なるほどです

ネタバレあり

開き直る・・・これがデジモンアドベンチャーや!

デジモンシリーズの第一作目。
全ては8月1日のサマーキャンプから始まり、
選ばれし8人の子供たちは世界を救う為にデジモンワールドを冒険します。
冒険をする度に子供たちが選ばれた理由、出会い、別れていくデジモンや強敵など、
全ての謎が解けていきます。
昔観た人も、デジモンについてあまり知らない人でも楽しめるおすすめ作品です。
さらに楽しみたい方は、「劇場版 デジモンアドベンチャー」を是非どうぞ。

ネタバレあり

子供に見せたいアニメNo.1

小学校高学年の時に見ていたアニメで、今でも印象に残っているアニメ。
当時はデジモンの進化にわくわくしていて見ていたが、自分も大人になり、子供ができたせいか、
選ばれし子供たちの親の視点からも物語を楽しむことができるようになった。
まだ子供が4歳と2歳なので、もう少し大きくなったらまた親子で楽しみたい作品です!!

また、和田さんの歌も大好きで、カラオケに行くと必ず歌っていたのですが、亡くなってしまい、とても残念です。

和田さん、不死蝶のように、無限大な天国でも羽ばたいていてください・・・

ネタバレあり

懐かしい

本当によくできたアニメだったと思います。
特に紋章が出てきてから子供たちの気持ちにグッと寄り添うことになり、益々ストーリーに深みが出ました。
見ていた時よりずっと大人になって優しい気持ちでたのしめました

ネタバレあり

無限大な、夢のあとへ

カラオケでの定番曲ともいえる「Butter-Fly」から始まる冒険の数々
小学生の時のおぼろげな記憶の中、こんな面白いアニメだったのか!と再確認しました
昔は何気なく日曜朝に見ていましたが、改めて視聴するとこんな素晴らしいものだったとは

選ばれし子供たちの、デジタルワールドに飛ばされてからの戸惑いや苦悩
さらに子供たちの過去や現実世界での苦悩も合わさって、パートナーデジモンや仲間たちと共に成長し、乗り越えていく姿
大人でも感情移入して鑑賞できる作品だと思いました

個人的に後半のお台場での戦いでさり気なくにガチャピンやムックが戦ってるのが面白すぎてw
そんな事も魅力の一つですよね

太一の「勇気」、空の「愛情」、ヤマトの「友情」、光子郎の「知識」、ミミの「純真」、タケルの「希望」、丈の「誠実」、ヒカリの「光」の紋章
そして、あなたの「鑑賞」

彼らの仲間になって無限大の冒険に出てください

ネタバレあり

日本アニメ史に残る名作

誰もが第1話から最終話までぜひ通して観てほしい。リアルタイム世代の中には既にお子さんがいるかもしれないが、そうだとしたら親子揃って観てほしい、そんな名作です。

色褪せない物語

子供の頃に観てから十数年経っているので新鮮な気持ちで観れました。
紆余曲折を経て至る最終話には、やはり感慨深いものがありますね。
問答無用の名作です。

子供だった頃を思い出して

現在31話まで見返しています。少年だった当時は太一たちとの冒険をテレビを通して楽しんでいましたが、大人になり親となった今では自分の息子や娘を応援しているような気持ちで見ています。当時子供たちだった皆さんにはもちろん、今の子供たちにもぜひ見ていただきたい作品です。

believe in your heart

デジモンアドベンチャーが放送されたのは1999年。当時私は小学生でした。
この年に放送されていたアニメの中ではゾイドと並び、大好きなアニメでしたが、16年も経つと大分内容は忘れていて、初めて見るかのように楽しむことが出来ました。
物語は、その多くが王道と呼ばれる展開に溢れています。
邪悪で強大な敵、それに立ち向かう選ばれし子供たちとパートナーデジモンたち。
しかし、そのままの彼らでは、敵に打ち勝つことは出来ません。
デジモンが進化さえすれば!しかし、進化するには、子供たちの純粋な心の力が必要不可欠です。
自らの心を信じ、紋章が、デジヴァイスが光るとき、彼らは邪悪を打ち砕く希望の力を手にするのです。
何があっても諦めず、自分と仲間を信じ、前に進めば、きっと希望の光が見える。
これまで数多の作品で語られてきた普遍的なメッセージが、この作品にも込められています。
全ての世代におすすめの作品です。

懐かしい思い出。

リアルタイムで観ていたのは小学校低学年の時で毎週日曜日が楽しみでしょうがなかったです。少し前にDVDBOXは発売されたけどやっぱり気軽に買える値段じゃなくて諦めてたのでこうやってまた見れて嬉しかった。
小学生の時の記憶はやはり断片的で当時の記憶と比べながら観てましたがやはり何回観ても楽しい面白い感動できる、という事は変わりなかったです。昔も今もテイルモンが大好きなのも変わりないです。最終話のテイルモン可愛いですよ。

21話のすごさ

21話は作画やら演出やら、全てにおいてアニメ史に残る回ではないだろうか。
それぐらい感動できるのです。
全体を通しても素晴らしいストーリーです。
見放題で観れてうれしいです!

今見ても楽しい、最終回はやっぱ泣けますね

よく感動の名場面とか
感動シーン集とかいいますが、

ストーリーがわからないと感動できません。
スタッフの愛が感じられる名作品です。

言葉じゃ表せません。是非見てください。

絶対おすすめです!

時間がある限り、何回も何回も観ました。
観れば観るほど深いものだと感じました。
何度も観て、何度も感動して、実は何度も泣きました。
8人の子どもたちとそのデジモンたちの心の絆、信頼。
まさに「パートナー」です。
どんなことがあっても離れない。
2つの世界に別れることになっても、結ばれたその絆の強さは変わらない。

この作品は子どもだけのものじゃなくて、大人にこそ観てほしいと思います。
子供の頃観たけれど、っていう人は、是非もう一度観てほしい。
見逃していたものを深く考え、作品の奥深さを感じることができると思います。
絶対おすすめです!

ヤバい…懐かしいwww

グレイズです
今でもデジモン大好きなんで思わず視聴
やっぱ、初代が一番面白いかな

懐かしいな

こんばんわ、ゆーやです。
デジアド久しぶりに見ました。懐かしいです。俺は18話以降から見てましたがカナリは舞ってた記憶あります。もっかい見ちゃおうかな?

見どころ

携帯育成ゲーム機「デジタルモンスター」を原作としたアニメ作品。デジモンたちの住む世界、デジタルワールドへ迷い込んだ7人の子供たちとデジモンたちが繰り広げる冒険アクション。カタルシス溢れるデジモンの進化シーンや戦闘シーンも魅力であるが、子供たちとデジモンの絆を絡めながら描かれる、子供たちが成長していく姿はオトナの目線で観ても見応えのあるドラマとなっている。また、後半では東京が舞台となるが、その精緻な背景美術も注目のポイントだ。続編である「デジモンアドベンチャー02」では、本作に登場するキャラクターが登場するので、本作に続けての観賞をオススメしたい。(アニメライター:川田鉄男)

キャラクター

八神太一

「勉強は苦手でも運動ならおまかせ!」な少年。活発で口よりも先に体が動くタイプ。ときにはムチャをして失敗することもあるけれども、決してくじけることなく、持ち前の勇気と行動力で仲間たちをひっぱっていく。

アグモン

太一のパートナー。二足歩行のハ虫類型デジモン。必殺技は口から炎の弾を吐くベビーフレイム。太一ゆずりの(?)突進型の性格で、太一を守るためなら無謀な戦いをしかけることもしばしば。

石田ヤマト

文武に優れたクールな少年。両親が3年前に離婚して現在は父親と二人ぐらしをしている。責任感が強くて真面目すぎるためか、デジタルワールドでの冒険には少し慎重になりすぎている面もある。

ガブモン

ヤマトのパートナー。ガルルモンの毛皮をかぶっているが、実はアグモンと同じハ虫類型のデジモン。必殺技は小さな炎の玉で攻撃するプチファイヤー。

武之内 空

ショートカットの活動的な女の子。スカートをはかないでいつも男の子みたいな格好をしている。運動神経もバツグンでサッカークラブで太一とツートップを組んでいた。仲間を思いやる繊細な心も持ち合わせている。

ピヨモン

空のパートナー。腕のように発達した翼を持つひな鳥型デジモン。必殺技は幻影の炎で攻撃するマジカルファイヤー。とっても甘えんぼでパートナーの空が大好き。

泉 光子郎

ノートパソコンをいつも持ち歩いているパソコン少年でインターネットが一番の趣味。知的好奇心が強くて謎を見つけると夢中になって解こうとする。夢中になりすぎると他の問題や目の前の危険が目に入らなくなる。

テントモン

光子郎のパートナー。固いこうらと六本の手足を持つ昆虫型デジモン。必殺技は触覚から静電気を放つプチサンダー。のんびりやで誰に対してもフレンドリーな性格。

太刀川ミミ

光子郎のクラスメイトでクラス1の美少女。基本的に人がよくて誰からも好かれるお嬢様タイプだけど、裕福な家庭で何不自由なく育てられたせいかちょっとワガママで無責任なところがある。

パルモン

ミミのパートナー。頭にトロピカルな花をつけた植物型デジモン。必殺技は毒のあるツタで攻撃するポイズンアイビー。喜怒哀楽のはっきりしたマイペースな性格で、甘えたがりなところがミミによく似ている。

城戸 丈

堅実で生真面目な性格の優等生。エリート一家の生まれで、将来の目標は自分も一流大学に合格すること。仲間の中では一番の年上なので、リーダーとしてみんなをまとめなければという義務感をいつも持っている。

ゴマモン

丈のパートナー。あたたかな毛皮におおわれた泳ぎの得意な海獣型デジモン。怒ると頭から背中にかけて生えた赤い毛を逆立たせる。必殺技は子分の魚を自由に操るマーチングフィッシーズ。

高石タケル

ヤマトの実の弟。両親が離婚してからは母親と二人だけで暮らしていた。そのせいかヤマトに強いあこがれを持っていて、何でもお兄ちゃんにまかせれば大丈夫だと信じきっている。

パタモン

タケルのパートナー。大きな耳が特徴の哺乳類型デジモン。必殺技は吸い込んだ空気を一気に吐き出すエアショット。他のデジモンたちと比べても特に素直で、教えられたことはちゃんと守る健気な性格をしている。

八神ヒカリ

太一の妹で八人目の選ばれし子供。本当は太一たちと一緒にキャンプに行きデジモンの世界へ旅立つはずだったが、カゼを引いて家にいたために一人だけ現実世界に残ることになった。

テイルモン

ヒカリのパートナー。小猫のような姿をした哺乳類型デジモン。必殺技は長い尖った爪で攻撃するネコパンチ。可愛い見た目からは想像できないが、その実力はグレイモンたちを軽く手玉に取ったほど。

スタッフ・キャスト

スタッフ
プロデューサー:川上大輔+木村京太郎+関 弘美 / 原案:本郷あきよし / シリーズ構成:西園 悟 / シリーズディレクター:角銅博之 / キャラクターデザイン:中鶴勝祥 / 総作画監督:宮原直樹 / 美術デザイン:飯島由樹子 / 音楽:有澤孝紀 / 製作担当:岡田将介 /

キャスト
八神太一:藤田淑子 / アグモン:坂本千夏 / 石田ヤマト:風間勇刀 / ガブモン:山口眞弓 / 武之内 空:水谷優子 / ピヨモン:重松花鳥 / 泉 光子郎:天神有海 / テントモン:櫻井孝宏 / 太刀川ミミ:前田 愛 / パルモン:溝脇しほみ / 城戸 丈:菊池正美 / ゴマモン:竹内順子 / 高石タケル:小西寛子 / パタモン:松本美和 / 八神ヒカリ:荒木香恵 / テイルモン:徳光由香 / ナレーション:平田広明 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}