動画が再生できない場合はこちら

HEROMAN (ヒーローマン)

34

1

0

1

0

6

僕たちは今 ヒーローになる

貧しくとも、いつも心優しき少年ジョーイと、彼が偶然手に入れた“英雄”の力――稲妻を操り、驚くべき力を発揮する白き巨人“ヒーローマン”。二人は駆け抜け、そして戦う。“本当のヒーロー”になるために…。アメコミ界の巨匠、スタン・リーとボンズがタッグを組んだ最新TVアニメーション!

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(8件)

本当にヒーローになる価値があったのか?

当時のオンエアでは好きだったけど。
少年は姉がいて、24話ではカッとなるところが本当にトラウマだった。
本当のヒーローってのはまだわからないんだ。変身もしない。ロボットにも乗らない。主人公の姉が邪魔だった。駄作だった。
エウレカセブンも少しはガンダムと同じ世界観を。

かっこいい告白

10年前なのに新鮮

最高の主人公と最高の仲間達

やたら無気力だったり、状況に流されるだけの主人公が多い昨今ですが
ジョーイは違います。

軟弱そうな見た目ですが、自分に与えられた力に
信念を持ち、それを最後まで貫き通します。
どんな敵にも決して臆せず、諦めず立ち向かう意志の強さと
破壊的な愛くるしさ。
まさに最高の主人公です。

ヒーローマンとの関係も、後ろから命令をするだけではなく
お互いの役割を持って戦う様は。まさに「相棒」といった感じです。

仲間達も、主人公を信頼して最大限の助力を惜しみません
変人ダメ教師っぽい教授も、年長者としての冷静さで主人公たちを導きます。
嫉妬も打算もなくお互いを信頼しあう仲間達の関係を見ると、心が洗われる思いです

子ども向けっぽいイメージを受けると思いますが
演出や音楽がすごく良く展開に緊張感があり、大人も楽しめます。

決して逃げず、最後まで闘う
ホンモノのヒーロー達に勇気をもらえるアニメです。

無理でした

この作品が好きな人はごめんなさい
視聴対象年齢が低いのでしょうか?
フラストレーション溜まるだけで全く受け付けませんでした・・・

ヒーローと友情と家族愛

ヒーローマンは明らかに自我を持っているのに終始言葉を発する事はなく、気合いや雄叫びで勇猛果敢。ジョーイの指示で殴る蹴るの単純明快なアクションで敵を圧倒する様はまさにヒーロー。
ジョーイはサイやリナ、デントン先生やヒューズ等「いい人達」に囲まれ、精神的な成長加減も気持ちがいい。対照的にドクターミナミの「あ~、このキャラは絶対に何かやらかす」っていう風貌と歪んだ思想・小悪党ぶりが「やられ役」として、これも「ある意味」気持ちがいい。
父のような勇敢な人になりたい・みんなの役に立てる「力」が欲しい…それを具現化したのがヒーローマン。いろんな障害にも屈することなく、人を恨んだり妬んだりすることもない。ヒーローマンと共に勧善懲悪、まっすぐに成長するジョーイの「性格の良さ」には心が洗われます。
2番目のOP・EDの曲・画共に「雰囲気」が好きです。

ネタバレあり

清清しさ

最終話を見るまでのタイトルは「丁寧さ」にしようと思っていた。

タイトルの如く「ヒーローとはなんぞや?」と問う作品である。
貧弱で未熟な主人公と、多くを語らないが強靱な相棒とのバディムービーとも形容できるだろう。
しかし主人公は1話1話成長していく。時に友、時にヒロイン、ときに相棒から教えられ成長していく。
一つずつ確かめるように階段を上る、その丁寧さは近年類を見ない。
その果てに迎える最終話は朝日が昇りきったような清清しさを与えてくれるはずだ。
この一言をタイトルとして本記事を投稿した。

スピーディーだけど濃い

ジョーイとヒーローマンの絆も最高だけど、彼を取り巻く友情にも感動!危機一髪からの形勢逆転が見物!

40歳のおじさん・・・

HHEROMANを9話まで見ました。40歳のおじさんは、鉄人28号やレッドバロンを思い出します^^決して心の通じる事のない、ロボットとの心の触れ合いいいですね^^

キャラクター

ジョーイ

心優しき少年。幼い頃に両親を亡くし、現在は祖母と二人暮らし。家が貧しく、毎日お手伝いやアルバイトに精を出している。頭の良い少年だが、勉強する時間を割いて働いているため、成績は芳しくない。

ヒーローマン

もともとはジョーイが修復した壊れた玩具。ある日、稲妻のエネルギーを受けヒーローマンとなる。強大な戦闘力と稲妻の力で戦うその勇姿は、まさにジョーイが思い描く「HERO」そのものである。

サイ

ジョーイの親友でクラスメイト。皮肉屋で、一匹狼タイプだが、ジョーイにとって頼れる兄貴的存在。足に重症を負い、松葉杖をついている。戦闘の際には電動のスケートボードを駆り、ジョーイをサポートする。

リナ

ジョーイのクラスメイト。明るく活発な女の子。ジョーイに好意を抱いており、積極的な愛情表現を見せるが、空回りすることもしばしば。学校ではチアリーダーをしている。富豪の家庭に育ち、実は大変なお嬢様。

デントン先生

科学の先生。発明好きの宇宙人オタクで、あだ名は「教授」。未知なる知的生命体とのコンタクトに憧れ、日夜メッセージを宇宙に向けて送り続けている。奇怪な発明と奇抜な戦略でジョーイたちをサポートする。

ゴゴール

高度な科学力と戦闘力を持つ異星人“スクラッグ”のボス。その性格は極めて残忍で、宇宙の星々を次々と侵略し、破壊している。デントンの発する惑星間通信をキャッチし、次の狙いを地球へと定めた。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:スタン リー / 監督:難波日登志 / シリーズ構成:大和屋 暁 / キャラクターデザイン:コヤマシゲト / クリーチャーデザイン:武半慎吾 / チーフアニメーター:川元利浩+富岡隆司 / 美術デザイン・美術監督:近藤由美子 / 色彩設計:岩沢れい子 / 撮影監督:木村俊也 / 音響監督:原口 昇 / 音楽:METALCHICKS+MUSIC HEROES / アニメーション制作:ボンズ /

キャスト
ジョーイ:小松未可子 / サイ:木村良平 / リナ:小幡真裕 / デントン先生:チョー / ウィル:保村 真 / ゴゴール:石塚運昇 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}