動画が再生できない場合はこちら

BLASSREITER−ブラスレイター−

59

1

1

9

1

5

融合せよ、悪魔の力。

近未来のドイツ市街。その街では突如、死体が蘇り「異形の姿」となって人を襲う、謎の事件が発生していた。人々は、蘇った死体の姿を見て「悪魔が到来した」と騒ぎ、畏れた…。そんなある時、死体ではなく生体が異形の姿へ自在に変身できる者たちが現れる。彼らは悪魔と呼ばれ非難されながらも、それぞれの思いを秘めて、悪魔の力を行使する。ある者は自分が信じる正義の為に力を使い、ある者は力に魅了され暴走し、ある者は野望実現の切り札として扱い、ある者は、復讐の道具として力を利用する。しかし、そんな思いとは裏腹にやってくる彼らに課せられた、あらがうことが出来ない運命。それは悪魔となった者たち同士による、命を賭けたバトル・ロイヤルだった…。彼らは生き延びるため、そして己の目的のために力を使い続ける。しかし、力を使い続けてしまうと徐々に人間としての心が蝕まれてゆき、やがて…。孤独や苦悩を抱える少年や青年たちの過酷で凄惨な物語が幕を開ける。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(17件)

苦悩する“仮面ライダー”達…じゃない?

緻密なCGを多用した目まぐるしいアクションを楽しむ作品です。文字通り“悪魔的”なデザインのキャラクターが画面狭しと動き回り、初期のバイクアクションは個人的にかなりイケてると思います。後半のメカアクションも(その登場やら設定やらを無視するなら)まさしく“サーカス”です。多分、一番スタッフが力を込めた部分ではないかと。
話の内容は、“力を手に入れて苦悩する者たち”かと思いきや、実態は“弱者の迷走”といった感があります。
正直、自作自演の挙句、自業自得で壊滅する情けない秘密組織やら、敵役の闇堕ちの原因キャラが生き延びていたり、よく分からない主役のパワーアップやら、唐突に退場したキャラが出てきたり、最後の擬似的救済なんてのも付け焼き刃、継ぎ接ぎ的印象が拭えず、色々腑に落ちない、納得し難い部分が数多くあります。が、それは多分このお話の主題じゃないんでしょう。

うおお、カッコいい!

主人公のバイクがカッコいい。
 …変形後はデコり過ぎだけど。
電動モーターだと思うけど駆動システムが面白いです。
ライダースーツがカッコいい。
アマンダ姐さんカッコいい。
 …ケシカランおっ〇いだけど。
  惚れました。(笑)

物語が進むと悪魔の正体が明らかに。
近未来世界によくあるテクノロジーの産物ってヤツですね。

前半はバイク。
中盤からは色々とスゴイメカが登場してスゴイ展開に。
なかなか面白かったです

メイフォン最高

豪華な声優陣ですが、エピソードによっては

キャラクターの出番がなかったり、キャラクターが死んだりして

声の登場が無いこともある中、伊藤静さまは全部のエピソードに出演していて

主役はアマンダなんだな、って思いました。

6話ぐらいまではバイクものの要素が高いですが、ゲルトが死んでからは

メカニックもちょっと変わっていきます。

正直、アポカリプスナイツの3体は笑いました。

メイフォンがすごく重要な人物。好みのタイプ。

声が遠藤綾さんなので序盤は綺麗なオペレーターさんですが

中盤から雰囲気が変わり始めて、後半では意外な方向にキャラが変わります。

過去描写が長かったりして、そこだけテンポ悪い感じはしましたが

GONZOとニトロプラス原作なので好みは分かれるかもしれませんが

ちゃんと24話で終わって良かったです。

ネタバレあり

これはおしい、、名作になりかけた、、

見る人を選ぶ作品なので、おすすめ度は♡3つですが、個人的には前半は♡5つです。
前半だけならストイックでピリピリした緊張感にしびれます。脚本、演出、作画、全てが高水準で「これは伝説級のアニメ作品になるのでは!」と思ってました。
世間の評価は深夜アニメ版仮面ライダーでしたが、その通り!俺が見たかった仮面ライダーはこういうのだよ!

しかし超展開後の後半はどうしてこうなった?やりやがったな虚淵玄、、、。
ストーリー展開もグダグダ、設定も無理があってオイオイ。メカヲタは喜ぶだろうけど、パワーインフレで有能なXAT隊員や凶悪な怪物が雑魚と化してく様は見るに耐えない。

あと広島市民としてはアレはやめてほしかった。

言うほど悪くない

厳しい評価が多いが、そこそこ楽しめる。
新訳・仮面ライダーが、日曜カルピス劇場(フランダースの犬・・・他)と合体したような作品。
13,14話は、本編にせず、外伝の方がよかった気がするが。

戦闘アイテムは、変形バイク、二足歩行兵器、合体戦闘機、何でもあり。

孤児の苦悩、移民差別、信仰の無力感、は嫌いでも苦手でも無いが、SF戦闘ものに、この世界観を与えるための、強引なドイツ設定は、まぁ、ギリ有りかな。

唯一、受け入れないのは、広島のエピソード。
こういうアニメでの設定が、放射脳を増殖するんだろうな。
広島生まれに奇形が多いとか、寿命が極端に短いとか、「理由は分るだろ?」・・・わかんねぇよ。

ラスト(最終話)は、アニメとして「オイオイ」では無く、TV漫画としてお楽しみください。

とにかく絵は綺麗です。

ネタバレあり

確かに最後のくだりはいらんかもw

 ダークヒーロー物はタツノコプロが有名ですが、ゲームならニトロプラスも有名ですよね。そのニトロプラステイストが全面に出てる作品と言えるでしょう。
 ナノマシンによる変身・超能力を持った超人達の生き様が全編通してよく描かれています。本編のラスボス的な存在として描かれているザーギンでさえも、単純な絶対的悪の権化ではなく、己の行動理念を貫いている1人の登場人物として描かれているのがとても印象的でした。貧困や移民問題に端を発する色々な背景が根本にあって、同じ経験を経ているジョセフがザーギンとは別の道を選んでいるのがそれを補っていると思います。全体的に暗いイメージなのはいたし方ありませんな^^;
 物語の帰結は視聴してもらえれば分かりますが、タイトルの通りあの最後何とかして欲しいですねwウォルフはともかく、ジルやマシューは単なるクズでしかないと思うので、バイクのメモリーに残留して欲しくありませんw

ネタバレあり

疾走感を楽しむ作品

言いたいことは沢山あります。

何故こうなった?何故こうした?と言う演出も沢山あります。
特にラストシーンは今までの展開をある意味覆すような演出で正直疑問符しか浮かびません。

しかし、この作品はそれらの粗削りな、また納得のいかない数々の設定を補ってあまりある
疾走感にこそ魅力のある作品と思います。

ネタバレあり

映像は大満足

暗さに耐えられない人にとっては見続けるのがキツいテーマに満ち溢れています。
私はこういう鬱屈したのは好きなので中だるみなく視聴できました。
映像は堪能できて大満足だったし、そういう面では見てよかったかな。
作品的に好き嫌いがはっきり分かれる、と思う。なので「3」。

最後の最後のアレは「いらねーよ」と思わずつぶやいてしまった。
サービスなんでしょうかね、あれは・・・

スマナカッタナ、ユルシテクレ

ラストシーンで敵まで出すのはどうかなぁ?
死んでいった仲間たちとジョセフだけでいいような気がする。
ケアプログラムが見せる幻影だとしても、隊長にあんなセリフ言わせる必要があるのか?
ひたすら暗い話なので見る人を選ぶ作品なのは確実。
戦闘シーンは気合入っているし、空戦シーンはマクロスプラスやマクロスゼロのようで見応えバッチリだけど
主人公が活躍しなさすぎるのでモヤモヤする。
暗い話なのは虚淵作品なので当然だし、吸血殲鬼ヴェドゴニアぽいのも好みなので自分的には結構好きですが
上記のようなモヤモヤする点があるのでオススメ度は普通。

ネタバレあり

目が追いつかない

戦闘シーンがとても早くて目が追いつきません。(たぶんとてもカッコいいんだろうけど。)
ストーリーは中盤から超展開ですが、不自然さはそれほど感じない。
うまくまとめたラストは、ダークな路線があまり好みでない自分には好感が持てた。

疾走感のあるアニメ

まぁ。。OP見たらわかりますけどね^^;
こんな烏滸がましい事言うのもなんだけど
数話置きに次々と変わる展開の中でもあーいう締め方が出来てるのは
やっぱり良い仕事してるよなぁ~と感じずにはいられませんでした。
ラストの「石に噛り付いてでも生きて見せるわ」は名セリフだと思う。
このセリフを聞く為だけに全24話を疾走していたんだなと思えてならん。

ネタバレあり

差別や迫害をテーマにしたアクション

最初はバイクもののアクションアニメかと思ってました。

数話みて何か違うと。

登場人物が差別や迫害され、心に絶望を抱いて葛藤するのが続きます。
暗いです。

憂鬱になります。

個人的にアニメや映画は楽しむものであると思ってます。

ここまで救いもなく暗い展開にしたのは何故なのだろう。

また主人公の活躍の場が殆どない。

どちらかというと、やられてる場面が多い?
最後の決戦もまさかの結末。

映像とアクションは良かったんじゃないですかね?

それだけでした。

ネタバレあり

スピード感サイコー♪

話の中盤までは
バ○オハザードみたいな感じ
中盤に話を拡大させるが…
仮面ラ○ダーみたいな感じがして
しまう。
特撮ではないが登場メカは格好いい
戦闘シーンがスピーディーで
手を抜かないで創っている感が出ているが
ストーリーがイマイチかなって感じがしました。

最高のダークヒーロー

アクションも興奮させられます!話は本当に暗いけど、だがそれがいい!

ルール破りの最終回

2クール付き合ってきた視聴者の気持ちを無下にするようなあのラストシーンがある限り、私のこの評価はまず揺ぎ無いでしょう。それほどに「創作劇におけるルール」を破りまくった最終回を見せたのが、今作です。

後半の展開自体かなりグダグダなものとなってしまっているので、『まどマギ』『ガルガンティア』から入った虚淵ファンは見ないほうがいいでしょう。
前半はそれなりに面白く、板野サーカスを見事に体現したスピード感あふれる戦闘シーンのおかげでツイツイ見てしまう人もいるかと思いますが、覚悟しておいたほうがいい。

むっちりとした女性キャラ、筋骨隆々とした男性キャラ陣など、最近の作品では珍しい雰囲気があっただけに残念でなりません。

助けたいと思う、優しさの形

流石の作品。作者の差別に対する気持ちが強く伝わってくる作品で、熱い友情、家族愛、そして、各キャラクターの想いが非常に涙をそそる作品になっている。展開の変わり方が絶妙で回のわりにわ短さを感じない充実感がある。3Dと2Dの融合がまったくの違和感が無く、戦闘シーンは息を飲むスピードと圧迫感があり、微妙に目で追えない速さが、よりストーリーに陶酔できる仕上がりになっている。人は、優しさの形はさまざまで、伝え方、人としての在り方を考えさせられる、素晴らしい作品。

キャラが濃い

葛藤・憎悪・後悔・欲望…とにかく全話において「悲壮感・ダークさ」がハンパない。

「悪魔化」した姿が…エグいなぁ…、でも戦闘シーンはスピード感抜群で見応えはあるので、戦闘はつい観たくなる。

最終話に至っては、あのスピード感ある戦闘が各キャラで続けざまに起こるので、「おぉ~、さすが最終話」と思わず納得してしまう。そして今までのダークな感じを全て洗い流すかのようにエピローグでは「超~爽やか」に締めてくれる。

…正直、中盤からの「中だるみ」が結構キツいかもしれない。初見の人は終盤まで堪えられるかどうか…

ネタバレあり
キャラクター

ジョセフ・ジョブスン

人知れず、寡黙に悪魔を狩り続ける、謎のハンター。何か目的があるようだが…?

アマンダ・ウェルナー

悪魔を調査する組織「XAT」に所属する女性。悪魔事件にかかわり、彼女の運命は大きく変化する。

ゲルト・フレンツェン

かつては無敵のレーサーだったが、悪魔事件に巻き込まれ、自身も悪魔の力を宿すようになる。

ヘルマン・ザルツァ

悪魔を調査する組織「XAT」に所属する。ゲルトの親友で、悪魔となったゲルトに人間として接する。

ウォルフ・ゲイリグ

「XAT」の隊長。鉄の意志と強いリーダーとしての資質を持つ。

アルビン・ルッツ

お調子ものだが、射撃は天才的。「XAT」ではスナイパーとして活動。

ブラッドリー・ギルフォード

長距離からの射撃術に長けている。多くと語ろうとしない寡黙な男。

メイフォン・リウ

「XAT」でオペレーターを務める。指揮車内で隊長のウォルフとともに行動する。

シュタッフス・ヴィクター

「XAT」の長官。沈着冷静で、威厳に満ち溢れている。

マレク・ウェルナー

アマンダの弟。ゲルトの大ファンで彼に憧れを抱えている。

エレア

ジョセフにつきまとう少女。端末を通じてジョセフに接触し、彼に有利な情報を与えている。

ベアトリス・グレーゼ

悪魔事件の発生する現場に何処ともなく現れる妖しくも美しい女性。

マドワルド・ザーギン

ブラスレイターの力によって世界を滅ぼし変革と新生をもくろむ。それを止めようとジョセフは追い続けるが…。

メカ・ロボット

ガルム

ジョセフのバイク。その性能はバイクの常識を明らかに逸脱したモンスター・マシンと呼ぶにふさわしい。どこで開発し、どんな装備が隠されているのか? 全てが謎に包まれている。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:GONZO × ニトロプラス / 監督:板野一郎(D.A.S.T) / シリーズ構成:虚淵 玄(ニトロプラス)+板野一郎(D.A.S.T) / チーフライター:小林靖子 / キャラクター原案&メカニカルデザイン:Niθ / キャラクターデザイン&総作画監督:恩田尚之 / メカニカルデザイン:石渡マコト(ポリゴン番長) / セットデザイン:青木智由紀 / プロップ&テクスチャデザイン:イトウケイイチロウ / 設定考証協力:丸山ちひろ / 色彩設計:北沢希実子 / 美術監督:佐野秀典 / CGIディレクター:阿尾直樹 / 動画検査:渡辺律子(D.A.S.T) / 撮影監督:林 コージロー / 編集:廣瀬清志 / 音響監督:明田川 仁 / 音楽:日比野則彦 / アニメーション制作:GONZO /

キャスト
ジョセフ・ジョブスン:松風雅也 / アマンダ・ウェルナー:伊藤 静 / ゲルト・フレンツェン:石塚運昇 / ヘルマン・ザルツァ:三宅健太 / ウォルフ・ゲイリグ:立木文彦 / アルビン・ルッツ:檜山修之 / ブラッドリー・ギルフォード:中村悠一 / メイフォン・リウ:遠藤 綾 / シュタッフス・ヴィクター:斧 アツシ / マレク・ウェルナー:皆川純子 / エレア:花澤香菜 / シドウ・カサギ:石塚運昇 / サーシャ・ジョブスン:生天目仁美 / スノウ:中原麻衣 / ベアトリス・グレーゼ:大原さやか / マドワルド・ザーギン:諏訪部順一 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}