動画が再生できない場合はこちら

デジモンアドベンチャー02

33

0

0

0

2

5

再び始まった“選ばれし子供たち”の戦い

「デジモン」シリーズ第2作。あの夏の日から3年。平和を取り戻したデジタルワールドに“デジモンカイザー”と名乗る少年が現われ、混乱を巻き起こしていた。カイザーはデジモンの進化を抑制するダークタワーを各地に立て、デジモンたちを操ることができるイービルリングで支配地域を広げる。その頃、お台場に引っ越してきたタケルは本宮大輔と出会う。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)本郷あきよし・東映アニメーション

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(7件)

懐かしい

子供の頃最終回まで全部観ました!アドベンチャーであまり回収されてない伏線を少しずつ回収していくのが分かります。歴代主人公の中で暗黒進化させなかった大輔はすごい。大輔の成長もすごいです

大好き!

一作目とセットでとっても大好きな作品です。
映画tri.を観る前にもう一度観たかったのと、どうしても子供にも小学生の内に観てほしくて・・・。
やっぱりデジモンはいいです!

リアルタイム当時は4歳でした

今思えば主人公たちの将来は多少ショッキングな結末(太一と空が結ばれないなど)もありましたが、無印から全編通じて見てみれば良い作品だったと思います。
特に最終話で及川が今わの際に救われる最後がよかった。

ネタバレあり

02まで見なければデジモンは語れない

前作のようなワンパターンな進化ではなくアーマー進化やジョグレス進化など戦闘もとても面白い作品です。前作のラストよりも衝撃的な結末でした、主人公たちの将来が面白い。
初代と02見てからテイマーズを見るとより楽しめます。
tri.にも繋がってるようです。

ネタバレあり

やはり良い作品。

話の造り方が丁寧で構成も良く、今見直してもとても良い作品でした。
丁寧すぎて少し間延びしている部分もありますが、4クールの作品なので致し方ない部分かも。
デジモン達の愛らしさや優しさ、キャラクターの交流、それにより生まれる温かい物語も健在。
しかし一方で個々のテーマが重く、全体的に湿っぽい空気が続くので好みが分かれるかもしれません。

あの頃、夢を想い描いていた自分に胸を張れる様な大人にはなれていませんが、
暗黒面には堕ちぬよう精一杯生きていかねば、と元気を貰えました。BDの発売が楽しみです。

15年ぶりに鑑賞して

放送当時に大輔やタケルやヒカリと同学年であった自分は、少し大きくなった3年後の自分を選ばれし子供達に重ねあわせて毎週鑑賞し胸を熱くしていた記憶が今も残っています。
大人になって再び鑑賞した時、夢を持つ力が自分にあることを信じることができずに大人になれないまま年だけを重ねていってしまった及川に強い共感を覚えてしまいました。
そんな及川が今際の際で救われる最期が深く深く心に刺さりました。
幼いころに抱いていた夢に今からでも向き合ってもいいのではないかと思わされて大変な感銘を受け、それだけでも今再びこの作品を鑑賞した価値があったと思います

ネタバレあり

闇タケル

無印からのファンのかたには19話のタケルの成長っぷりが胸アツではないでしょうか。
無印やテイマーズよりは感動的なシーンは少なめですが、
ストーリ前半の無印組の再開シーンもグッっときますよね。

「デジモンワールド」「進化」「紋章」無印では何もわからないまま
元の世界に帰るために手探りで頑張っていたのと比べてしまうと
達成感が物足りないストーリーですが、及川の気持ちはわかるな。
行こう♪行こう♪デジタルワールドに!
行こう♪行こう♪デジタルワールドに!

ネタバレあり
見どころ

携帯育成ゲーム機「デジタルモンスター」を原作としたアニメ作品の第2作。前作から3年後の世界を舞台に物語が展開。前作では、デジモンワールドの事件に巻き込まれる展開であったが、本作は逆にデジタルワールドに人間が干渉することによって事件が発生するなど、対になった展開となっている。また、主役となる子供たちの成長を、デジモンの進化と絡めながら丁寧に描いており、思わず、目頭が熱くなってしまうエピソードも少なくない。また、パイルドラモンへの進化シーンなど、斬新な演出が光るケレン味たっぷりのバトルシーンも必見だ。(アニメライター:川田鉄男)

キャラクター

本宮大輔

常に直球勝負の熱血漢。言葉よりもまず先に行動するタイプであり、京やタケルから“突撃隊長”とからかわれることも。ヒカリに好意を持っているため、タケルを一方的にライバル視している。サッカー部に所属。

井ノ上 京

いつも明るくちょっとドジなところもあるが、仲間が精神的に危機におちいった時に叱咤激励するなど心の支えになることも少なくない。敵とはいえデジモンを倒すことには嫌悪感を持っている。

火田伊織

誠実かつ冷静沈着な性格の持ち主だが、真面目すぎるため精神的にはあまり余裕がない。早くに父を亡くしているため、祖父から剣道を初めとした人生に必要とされる大切なことをいろいろと学ぶ。

高石タケル

3年前に世界を救った“選ばれし子供”の一人。その冒険で自信を持ったのか、年の割には落ち着いて見える。だがかつてパートナーを一度失った過去から、“闇の力”を強く嫌悪している。

八神ヒカリ

3年前に世界を救った“選ばれし子供”の一人。いつもにこやかで人に好かれる性格のため、大輔にも好意を持たれているが気づかないフリをしている。首からデジカメを提げており、デジモンたちを写真に撮っている。

一乗寺 賢

デジモンカイザーとしてデジタルワールドを支配しようとした天才少年。しかしそれは兄の死という悲しい現実と“暗黒の種”を植えつけられたからであり、本当は優しい性格の持ち主。

ブイモン

成長期。パートナーの大輔と同じ猪突猛進で仲間思いなところがある。勇気のデジメンタルでフレイドラモン、友情のデジメンタルでライドラモン、通常進化でエクスブイモンへと進化する。

ホークモン

成長期。思慮深い性格の持ち主で、紳士的な態度で人に接する。愛情のデジメンタルでホルスモン、純真のデジメンタルでシュリモン、通常進化でアクィラモンへと進化する。和風なものが好み。

アルマジモン

成長期。パートナーの伊織と正反対のおおらかで大雑把な性格の持ち主。知識のデジメンタルでディグモン、誠実のデジメンタルでサブマリモン、通常進化でアンキロモンへと進化する。

パタモン

成長期。以前は完全体であるホーリーエンジェモンへと進化できたが、デジタルワールドの歪みを正すために紋章の力を使い、進化しづらくなった。その代わり希望のデジメンタルでペガスモンへとアーマー進化する。

テイルモン

成熟期。デジモンカイザーの襲撃で力の源であるホーリーリングを失ったため、成長期並みの能力になってしまう。光のデジメンタルでネフェルティモンへとアーマー進化する。仲間内では姉御的存在。

ワームモン

成長期。デジモンカイザーとなった賢が、いつか目覚めることを信じてつき従う。成熟期のスティングモンへと進化する。賢を溺愛しており「賢ちゃん」と呼んで常にその傍にいる。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:本郷あきよし / 企画:川上大輔+木村京太郎+関 弘美 / 製作担当:岡田将介 / シリーズディレクター:角銅博之 / シリーズ構成:前川 淳+吉村元希 / 総作画監督:信実節子 / キャラクターデザイン:中鶴勝祥 / 美術デザイン:飯島由樹子 / 音楽:有澤孝紀 / 製作協力:東映 / 製作:フジテレビ+読売広告+東映アニメーション /

キャスト
本宮大輔:木内レイコ / 井ノ上 京:夏樹リオ / 火田伊織:浦和めぐみ / 高石タケル:山本泰輔 / 八神ヒカリ:荒木香恵 / 一乗寺 賢:朴 璐美 / ブイモン:野田順子 / ホークモン:遠近孝一 / アルマジモン:浦和めぐみ / パタモン:松本美和 / テイルモン:徳光由香 / ワームモン:高橋直純 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}