動画が再生できない場合はこちら

勇者ライディーン

45

0

0

0

0

9

未来に生きる謎のロボット

世界中で天変地異が始まった。古代からの脅威、妖魔帝国が甦った。その中、ムー帝国の血を引く少年、ひびき洸は謎の声が導かれ、ムー帝国の守護神『ライディーン』と出会う。妖魔帝国の目的である悪魔世紀の復活を阻止するため、ライディーンにフェードインした洸は、選ばれた勇者としてライディーンと共に戦う決意をする。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(9件)

正義の見方

全50話と長いので、前半はマリしゃんのパンチラ、後半は激怒と豪雷の兄弟喧嘩(サブタイでどっちが勝つかわかりますが)を楽しみましょう。

カッコイイ!

何十年ぶりに見ましたが、相変わらずカッコイイ!
ですが最終話付近を除き、昔の一話完結パターンのアニメなので、それを何十話も続けてみるのは苦痛かも知れません。
私の場合、1話1話、他に見たい配信アニメが無い時に見るペースで、全話視聴に約1年半もかけていました。
そのくらいゆっくり、気楽に視聴されるのも良いと思います。

カッコイイ!のはもちろんの事、ガンダムの誕生前夜・・・も少し感じられますしね。

スパロボでもおなじみの名作

ウン十年ぶりに見ましたが、色がきれいで驚きました。これが本来の色なのですね。
昔見た時は、もっと色がくすんでいたのですが。
話数が多いだけに途中で中だるみもしますが、終盤の盛り上がりはすごくて、特にラスト4話ほどは見始めたら止まりません。
安彦良和さんがキャラ設定と作画監督をされていますが、1話やラスト4話ほど、あと途中にも何回か安彦さんが絵を描かれている場所があります。
と言うかEDの絵って全部安彦さんでは?
今と違ってED作画のスタッフロールなんてないので確認できませんが。
とにかく、未見の人は主要な話だけでもいいので見てください。
元祖美形敵キャラのプリンスシャーキンとか、みどころは満載です。

青春の作品

明けましておめでとうございます。神谷明さんが子ども心のヒーローです。勇気のかけらです。

ゴッドボイズ

ゴッドボイズが洸の体力が大量に減る捨て身の技

ネタバレあり

侮るなかれ!

よく見ると細かな演出がこの当時からやっていた事に驚きました(手前の物がピンボケの表現などなど)。また作品創りへの強いこだわりを感じました。昔の作品だからといって侮ってはいけないし、現代アニメに見習ってほしいこと多々かな。安彦さんはやっぱりすごい方です(^v^)

心待ちにしていた!

心待ちにしていた熱狂的なファンは、きっとたくさんいる。
古代ムー帝国の時代まで遡る物語。洸の母・玲子=レムリアは、実は古代ムー帝国の王女。その血を引きライディーンに搭乗可能な唯一の存在である洸。プリンス・シャーキンの隠されていた真実。どストライクな設定。
妖魔竜ガンテが陥ちシャーキンは倒され、前半の決着はつく。巨大化してライディーンと戦うシャーキンの姿は衝撃的。

(この先の感想は、本当に蛇足w)
リアルの男に目もくれず、ひびき洸に恋していた。間違い無く2次元に溺れる原因になったキャラ。その頃から声優を意識し、洸=神谷明にどっぷり。神谷は北斗あたりからそれまでの高校生ヒーローのイメージを脱却?キン肉マン・スグルやコナンの明智小五郎で、相当なショックを受けたのは私だけ?(笑)

ネタバレあり

わが青春の勇者ライディーン

 この作品はわしの若いころから見たかった作品である。
それを今こうして、第一話から最終話まで見られたことが本当に嬉しい。

なにより、主人公のあきらがカッコいいし、必殺技のゴッドバードが最高にカッコいい。
そして最終回は感動的である。

アニメ史に残る富野由悠季と長浜忠夫の歴史

前半は、機動戦士ガンダムの富野由悠季監督(当時、富野喜幸)の初のオリジナルロボットアニメ、監督第2作目として始まった今作ですが、後半は巨人の星で当時からベテランだった長浜忠夫監督に総監督を引き継ぎました。そして、長浜忠夫監督はライディーンの次にコン・バトラーV等の傑作ロボットアニメを次々と監督しました。
しかし、最終回は富野喜幸監督が絵コンテを斧谷稔のペンネームで書きました。
そういう意味で、ロボットアニメ黎明期の、師弟関係や後の作品の萌芽として楽しめます。
また、先立つロボットアニメがマジンガーくらいしかない時代、時代劇や洋画の演出を取り入れた感じも面白いです。
そしてなにより、多くの必殺技で戦うライディーンの無敵ぶりがとても痛快です。
その裏に秘められた悲劇や古代からの神秘の因縁…。
最高でした。

見どころ

妖魔帝国が送り込む化石獣にムー帝国の血を受け継ぐひびき洸が守護神ライディーンに乗りこんで戦う。富野喜幸(現:由悠季)と長浜忠夫、個性的な2人の監督で演出されたオリジナルのロボットアニメだ。キャラクターデザインと作画監督は安彦良和で、敵側幹部は仮面のシャーキンなど、ガンダムのルーツにあたる作品でもある。初期エピソードは1万2千年前から続く悪魔との戦いの中、神秘のパワーを発揮するライディーンの美しさがみどころ。監督交代後の後半は、アイデアをふんだんに盛り込んだバトルのエスカレーションに興奮する。クライマックスではムートロンと洸の母レムリアをめぐる連続エピソードとなり、大河ドラマ的構成の原点も楽しめる【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

ひびき 洸

ライディーンを操縦する、明るく男気のある少年。ムー帝国の生き残りである母のレムリア(玲子)の息子に生まれ、その運命に導かれるままライディーンにフェードインして妖魔帝国と戦う。

桜野マリ

洸のガールフレンド。勝ち気な少女で、洸がキャプテンを務めるサッカー部のマネージャーをしている。後にコープランダー隊の一員となり、洸を助けて妖魔帝国と戦う。

神宮寺 力

未来工学研究所の戦闘チーム“コープランダー隊”のリーダーで、戦闘機ブルーガーのパイロット。ミスターの愛称で呼ばれるクール・ガイ。孤独な生い立ちゆえかニヒルな性格。

荒磯ダン

洸のチームメイトで、レッド団を結成する。ボインダーに乗ってライディーンの援護をする。

明日香 麗

コープランダー隊の一員で予知能力を持つ謎の少女。リーダーの神宮寺たちとライディ一ンの戦いをサポートする。洸に想いを寄せているが、素直に打ち明けられない屈折した面を持つ。

猿丸太郎

電子工学の権威。メカニック拒当としてライディ一ンの戦いをサポートする。

東山大三郎

未来工学研究所の所長。未来工学研究所の戦闘チームであるコープランダー隊を結成した。

ひびき玲子

本名はレムリア。地上での名前は、ひびき玲子。ムー帝国ラムー王の愛娘であり、洸の母親。現代に目覚めたレムリアは、ひびき一郎との間に息子の洸をもうけると再び姿を消していたが…。

プリンス・シャーキン

妖魔帝国の大帝であるバラオの息子。誇り高き悪魔人のプリンスであり、最高指揮官。洸の前に、どこか怪しげな雰囲気を持つ転校生の砂場金吾という人間の姿が現れたこともある。

アギャール

プリンス・シャーキンの副官を務める妖魔族の将軍。あの手この手でライディーンを倒そうとするが、いつも失敗してしまう。

ダルタン

アギャールに代わって戦闘を指揮する悪魔提督。冷酷で残忍な作戦が得意。

ベロスタン

妖魔帝国の祭官長。平祭官を従えて奇怪な儀式を執り行い、バラオの魔力と自らの呪法で化石獣を甦らせる。

バラオ

妖魔帝国の大帝。シャーキンが敗れた後、像の中からおそろしい姿を現す。

豪雷巨烈

バラオに眠りを覚まされ、ヒマラヤの山中からやってきた巨烈兄弟の兄。策略をめぐらす頭脳派で、弟の激怒でさえ手先としか考えていない。

激怒巨烈

バラオによってゴビ砂漠から呼び寄せられた巨烈兄弟の弟。兄の豪雷とは対照的に力で勝負するタイプで、お互いにケンカばかりしている。

メカ・ロボット

ライディーン

ムー帝国が作ったロボット。ムー帝国の血を引く少年“ひびき洸”がフェードインすることによって動く。ゴッドゴーガンやゴッドブレイカーなどの武器を持ち、鳥型形態のゴッドバードに変形可能。

スタッフ・キャスト

スタッフ
企画:東北新社+旭通信社 / 原作:鈴木良武 / 音楽:小森昭宏 / チーフ・ディレクター:富野喜幸+長浜忠夫 / キャラクターデザイン:安彦良和 / プロデューサー:宮崎慎一(NET) / 美術:半藤克美+東条俊寿 / 制作:NET+東北新社 /

キャスト
ひびき 洸:神谷 明 / 桜野マリ:高坂眞琴/芝田清子 / 神宮寺 力:井上真樹夫 / 荒磯ダン:山下啓介 / 明日香 麗:江川菜子 / 猿丸太郎:西川幾雄 / 東山大三郎:木原正二郎 / ひびき玲子:日比野美佐子 / プリンス・シャーキン:市川 治 / アギャール:相模太郎 / ダルタン:仁内建之 / ベロスタン:肝付兼太 / バラオ:滝口順平 / 豪雷巨烈:加藤精三 / 激怒巨烈:飯塚昭三 / ナレーション:仁内建之 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}