動画が再生できない場合はこちら

妄想代理人

43

0

0

1

0

8

人々の内側で蠢く不安と弱さが最大限に増減されたとき、
“少年バット”は現れる——

東京武蔵野で発生した通り魔事件。被害者、月子の不明瞭な供述から、周囲は本人の自作自演によるものと疑う。しかし、程なくして第二の被害者が出て事態は一変。存在するはずがないと思われていた犯人、「バットを持ち金色のローラーブレードを履いた少年」は、 “少年バット”として、事件を取り巻く人たちを次々と襲っていく。“少年バット”とは一体何者なのか? そして、次なる標的は?

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(9件)

Under Pressure

抑圧された人間から出てくるものは狂気でしょうか
そこを救うのはまあ愛なんでしょう

OP

一切前置きも無く始まるOP
その音楽と歌詞、描写される状況と人物達の笑顔、

強烈な現代社会に対するメッセージ性と
曖昧にされて行く現実と非現実との境界

実はこの手法、
私には相性が悪く、好みでは無いのですが、、、

そのOPで引き込まれ、
気がつけば、
最終回。の最後でした。


この作品、2004年の制作ですって!?

色褪せない良さ

大好きな作品の一つです。
いつみても惹きこまれてしまう、色褪せないテーマ性を是非見てほしい。

オープニングから胸を鷲掴みにされて一気見したんだけど

映画の今監督作品は全部見てるのに、これを何で今の今までスルーしてたんだと激しく後悔した。最高だった。
内容的にも制作年的にもパーフェクトブルーとパプリカのちょうど間に位置する作品。
辛い現実からの逃避=妄想の世界に逃げ込んでしまう弱さを持つ人々をシビアにユーモラスにシニカルにと毎回趣向を凝らして描かれる本編。前半、サイコな刑事ドラマかと思いきや、話が進むにつれて現実と妄想の境界がだんだんとはっきりしなくなっていく。困惑しながらも引き込まれて、最後に…
はっきりとした答えが描かれているわけじゃないから 解釈が難しい。意図を知りたいのにその術はもうないと思うと残念でしょうがない。つくづく惜しい人を亡くしたなと思う。

ネタバレあり

今敏監督唯一のテレビシリーズ監督作

言葉で説明することは不可能。
今敏監督の作品はいくつかあるけれど、間違いなくこれが最高傑作だと思います。
本当に惜しい人を亡くした。
アニメとはなんなのか、を作品的にも観念的にも表現しようとしているものです。
見るたびに新しい発見がある。
このテーマを2004年にテレビシリーズでやっていたというのは、まぎれもない天才の証。
懐古厨と言われようと、この作品はやっぱり最高です。

今敏監督作品の最高傑作

全く先の読めないストーリー展開で、みるみる引き込まれていく。大人向けアニメの傑作です。

妄想代理人

凄まじいアニメでした、これをスクランブルとは言え電波に乗せて放映するとは、いや凄まじき今敏監督と製作委員会。

8話~10話までは端折った方が見やすかったと個人的には感じました。が、最後半12、13話で一気に流れに飲まれ夢中でエンドロールまで。

とても何だったかお話する事は出来ない幻想で、咀嚼して呑み込めるのはまだまだ先の事だと思われます。明快な娯楽では無かったと感じていますので、なにか異様な体験をなさりたい方いらっしゃればお勧めです。

現代への警鐘!?

インパクトありますね。以前から見たかったので、一気に見てしまいました。映画にすると、もっとインパクトある作品に仕上がると思いますが、亡くなられたんですよ、この作品作られた方。実に惜しいですね。現実にあったらとても怖いですが、近い存在としてある意味、将来的に出てきそうで本当に怖いです。少年バット。理屈無しに、一気に見てください。その方が楽しめるし、理解できます。

すごかった

いつか見たいと思っていた作品だったのでので
なんとなく 本日の夕方から観始めて・・・
もう一気に止まらず、全話観てしまいました。
すごかったです。

見どころ

2010年8月に世界中から惜しまれつつ急逝した今 敏が原作・総監督をつとめた唯一のTVシリーズ。映画『パーフェクトブルー』『千年女優』などに共通する虚構と現実が混濁していく独特のサイコサスペンス的な世界観の中で、「人の心」の奥深ささが緊張感と驚きとともに描かれる。表面的には、通行人がいきなり殴打される「少年バット」という通り魔事件が中心だ。しかし、その裏側には被害者とされる人間の「追い詰められ、すべてをリセットしたい精神」が共通して大きく関わっている。中心となる人物も事件の引き金も毎回異なり、映像表現や物語展開も違うという、行き先不明の感覚が大きなみどころ。映画とはひと味違う今 敏ワールドを楽しんでほしい【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

鷺 月子

人気キャラクター“マロミ”を手掛けたデザイナー。

マロミ

デザイナーの月子が手掛けた人気キャラクター。

狐塚 誠

自分を聖戦士だと思い込んでいる中学生。現行犯として蝦川に逮捕されるも、留置所内で“少年バット”に殺害されてしまう。

猪狩慶一

“少年バット”の事件を担当する刑事。

馬庭光弘

“少年バット”の事件を担当する刑事。

川津明雄

月子が襲われた通り魔事件を追うルポライター。

鯛良優一

事件現場近くに住む小学生。犯人の疑惑をかけられる。

蛭川雅美

事件現場近くの交番に勤める巡査長で、ホテトル嬢“まりあ”の常連客。

蛭川妙子

交番に勤める巡査長、蛭川の一人娘。

蝶野晴美

昼は大学研究室助手、夜はホテトル嬢“まりあ”という二つの顔を持つ優一の家庭教師。

牛山尚吾

優一と同じ小学校に通う、もう一人の生徒会長選挙立候補者。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作・総監督:今 敏 / 脚本:水上清資 / キャラクターデザイン:安藤雅司 / 美術監督:池 信孝 / 色彩設計:橋本 賢 / 撮影監督:須貝克俊 / 編集:瀬山武司 / 音楽:平沢 進 / 音響監督:三間雅文 / 音響効果:倉橋静男 / 制作:マッドハウス /

キャスト
鷺 月子:能登麻美子 / マロミ:桃井はるこ / 狐塚 誠:阪口大助 / 猪狩慶一:飯塚昭三 / 馬庭光弘:関 俊彦 / 老人:槐 柳二 / 老婆:京田尚子 / 川津明雄:内海賢二 / 亀井正志:陶山章央 / 鯛良優一:山口眞弓 / 蛭川雅美:中嶋聡彦 / 蛭川妙子:水樹奈々 / 真壁俊介:藤原啓治 / 蝶野晴美:三石琴乃 / 牛山尚吾:津村まこと / 半田順次:郷里大輔 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}