動画が再生できない場合はこちら

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD

155

3

2

2

8

22

「スクデッド」の世界へようこそ

私立藤美学園は、たった一人の侵入者−<奴ら>によって地獄の坩堝と化した! <奴ら>は人を襲い、喰らい、新たなる<奴ら>を生みだした学園を席巻。 悪魔の世界と化した学園内で、小室孝と幼馴染の宮本麗、親友の井豪永は、一時避難する。しかし、麗をかばい<奴ら>に噛まれた永は<奴ら>と化してしまう…。残された二人は、他の生き残り、級友の高城沙耶、平野コータ、剣道部主将・毒島冴子、校医の鞠川静香と合流、学園を脱出する! 彼らに生きのびる術はあるのか!?

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(c)佐藤大輔・佐藤ショウジ/富士見書房/H.O.T.D.製作委員会

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(37件)

単なるゾンビアニメだが

意外に面白いです。ただ続編ほしさに4です。

かっこいい

ガンアクションがかっこいい見ていてスカッとした。死んだ人間が臨場感も良かった。

良くも悪くも

ハリウッドのドンパチ映画と同じでいつの間にか引き込まれて・・・オチが無い。

思ってたより面白かったw

 原作もファンで集めてます。アニメになるとさすがに迫力が違いますね、ボカシが入ってるシーンもありましたが(笑)それでも迫力満点、声優さんのキャスティングもピッタリで素晴らしかったです。乳ゆれシーンはともかくw、下着を見せまいとする無理で異常なスカートアクションがなくて良かったです。それに、昨今のアニメにはない血飛沫の描写がいいですね。人が死ぬんだから最低でもこの作品並のシーンは当然でしょう。
 アニメも見た感想としては、他の面々はある程度素養や下地(武術や専門&多様な知識、銃の扱い方など)があるのですが、やはり小室の適応力凄いですねw銀英伝でヤン・ウェンリーをを指す言葉として「非常の人」という形容がありましたが、思わずソレを思い出してしまいました。まさに、普段は役に立たないけどそれこそ非常時には抜群の活躍をするとw極限状況下で生き残るには、他人を躊躇無く殺せる精神力が必要だと分かりました。

ゾンビもの・・?

エログロナンセンスという、低俗だが人間の本能をくすぐるような文化
そんなジャンルでも、名作たるものは低俗なだけの作品ではないと
感じさせるテーマや心に残る演出があるものだと思う。


この作品はゾンビ映画へのオマージュ的な表現や演出こそあるものの
くどいエロ表現は下品さを感じるレベルで、グロ要素は控えめな表現な割に仰々しい。

商業的なものや話題性だけを考え、ゾンビ物を低俗なものだと仮定しそれに納めるだけに終始した作品に思えました。

タイトルの割りには

異常なまでに緊張感もないですね
本当にエロ要素など出しすぎて、なんか色々と間違っているのでは?と思いました
そもそもこんなにエロ要素出すのにゾンビものを使う必要はあったのでしょうか?
非常にもやもやも、イライラする内容もありましたが、2期があるなら頑張ってくれという応援をこめて3にしました

初めてハマッたゾンビもの

グロは苦手ですが、目が離せない。初めてハマッたゾンビものとなりました。言葉で書くとB級テイストのエログロ物ですが、言葉で表しきれない凄さがあります。映像と音楽はA級だと思います。特に1話で衝撃を受けました。青空の下、桜が舞い散るなかで、ゾンビが出現してパニックになっていく。ダイナミックな演習は迫力満点。特にOPの疾走感がすばらしく曲を購入しました。主人公達が強くなりすぎた後半は、う〜〜ん、て感じもありましたが、最後まで見ました。作者は3.11の後連載を続けられなくなったそうです。真偽はともなく「そういう目」でみると、また違って見えます。「あり得ないこと」で日常世界が崩壊したとき、人はどうなるのか? 思い起こすと、1話、まだ状況が分からない段階で、「嘘・・・110番が(混み合っていて)つながらない」というシーンで震えあがったのを覚えています。声優さんの演技も素晴らしいです。

ネタバレあり

このチープさ・・たまりません

 この安っぽさがまさにDロメロっぽい・・
無駄なエロ含めオブザデッドシリーズアニメ版という感じが出てます。
 でもOPは非常に良い出来です。
 沢城みゆきさんの演技が光ってます。はまり役です。

OP曲が好きだった

放送当時にも色々物議をかもし出した本作ですが。
やっぱりOP曲が好きです。(ニコニコでは合唱になっていたのを思い出しました。)
表現的には色々やりすぎ感もありますが、ギリギリに追い込まれたとき人はどうなるのか。
それをうまく表現できていると思います。(ビッチと呼ばれたレイの変わり身とか)
最終話で見せる大人の矜持。そこもまたカッコイイ。
せっかくユニバーサルなんだからハリウッドで映画化してくれないかなぁ
もちろんB級仕様でw

ネタバレあり

エログロ…なのかな?

バイオハザード系のネタを使ったパニックアクションもの。

ただ設定?少し荒いような気がします。

あと心理描写が下手なのか、時々理解出来ない部分がありますね。

この辺りをしっかり作り込めば光る作品になりうるかも。

あと無理やりエロ描写を強調させるのは、冷めてしまうので控えるべきかなと。

中途半端に終わってしまってるので、続編を製作するのかな?

しかし主人公を含めて皆、強すぎるねー

無双してますヽ(゜Д゜)ノ

追伸。
タイトルの学園黙示録…
勝手なイメージだったけど、学園で立てこもって知恵を絞って生き残る作品と思ってたけど舞台が学園って序盤だけなんですねー

何故このタイトルになったの疑問です。

ネタバレあり

アシクビヲクジキマシター

これの元ネタをみたいが為に観ました。予想以上に面白かったです。ヒラコーがカッコよすぎるw

ネタバレあり

いいねぇ

早く続編やんねぇかなぁ~

第九話の・・・

もちろん終盤にてあの人の、あのカットインが最高です!
見てのお楽しみ!

俺たちのあすはこれからだ。

アニメは原作漫画の4巻までになります。

ゾンビ映画しかり、ゾンビ漫画しかり。
噛まれたらゾンビになる系は
「俺たちのあすはこれからだ」な展開がつきまといます。
あと割りと完結しないことが多いです。
この作品も現在7巻で連載休止しています。

それでもいい人は見ましょう。
絵とおっぱいが良いです。
(バンダイチャンネルではたまに大きなモザイク入ってますが)

原作よりアニメのほうがうまくまとまってる気がします。
そのまんまなんですが、アニメのほうが良い間を作ってましたね。

ネタバレあり

おもしろい。

バイオハザードとかが好きな人にとっては面白いと思う。

とにかくオッパイ

パンツとオッパイを絡めることに全力を賭した作品。
アクションはいいとか、個性的な魅力的なキャラとかいうのに釣られて観てみましたが…

キャラも苛々するのが多くて理解に苦しみます。

とりあえず二次元オッパイが好きな方にはハズレない作品かと思います。

ひとこと

つまらん
見ててイライラしますw

まぁまぁ

まぁ、おもしろかったが最後がなー・・・半端で残念

バッド エンド決定。

 日常の世界が唐突に一変してしまい、その中に放り込まれた
主人公たちが、変わり果てた人間を人を<ヤツラ>と称して
たおしていく…グロイですが観ていくうちに
孝の「ヒャッホー 最高!!」に共感してしまうのでは?
 一日前にはためらいや、戸惑いがあったのに…人間て
順応性が高い。バ〇オハザードより面白かったです。

原作は尻切れトンボになったようですが、大震災で
日本の現状を知ってしまえばこの先はお話が成り立たないです。
 高城沙耶の言う通り、高度に組織化されて動いている原発。
原発そのものは何とか止められたとしても、
さらに厄介な崩壊熱を出す使用済み核燃料を冷却し続ける事は
無理でしょうから、放射性物質が飛び散るのは時間の問題。

ネタバレあり

エロおもしろい

非常におもしろいが白い光や暗くなって見えないのがとても残念だ。
公共の電波を使っているテレビではないのだから
是非見れるようにしてほしい。

揺れる乳とアクションとバイオレンスが入り交じってB級らしさを
全編で追求する。B級が嫌いな人には受け付けない作品だと思うが
楽しめてたらとてもおもしろいと思いますよ。

良い意味でB級

お色気に特化した作品は他にも色々ありますが、この作品はそれだけでは無い。ハイクオリティなアクションとバイオレンスがこれでもかというくらいに詰め込まれています。登場人物も個性が強いというかアクが強いというか、皆存在感がある。

ストーリーは細かい突っ込みを入れだしたらキリが無いんだけど、それが気にならないくらいに勢いと爽快感がある。追い詰められた環境の中で、それでも人間らしさを保ちながら生きようとする主人公達がとても魅力的に感じました。

特にお色気の部分で敬遠する人は多いでしょうが、ハマる人にはとことんハマる作品だと思います。一気に最後まで見たいと思えた作品は久しぶりです。まだ見ていない人は、とりあえず2話まで見てはいかがでしょうか。原作が連載休止中なので、続編は難しそうですが・・・・

色々と…スゴいですね…

原作はどのように進展しているのかは知りませんが、アニメを観た限りでは「バッドエンド」一直線もしくは「オチなし終了」の気配が初回からビシビシ伝わってきます。

現場レベルで収集できる情報のみで、発生の解析もままならず、ただただ極限状態に陥る世界中の人びと。ほぼ救いようのないお話…なのに、少しずつ「奴ら」の習性~対処法を見出し、抗戦する屈強なキャラ達がとにかく魅力的。

異様なテンション、理性をぶっとばしたアクションの連続、状況が状況なだけに恥じらいも二の次、吊り橋効果や欲望・葛藤をぶつけまくったキャラ関係、非戦闘の時でさえもエロやコメディで観てる側を釘付け。

生き抜く現状に一喜一憂し、錯乱・多少コワれていても各キャラの人間らしさを感じます。エログロがダメな方でも、1~2話越えたらこの作品のキャラに一気に愛着が湧いてくると思います。

えろぐろばいおれんす

原作の世界観を120%使い切った、高品質のアニメ作品。主題歌をはじめ、原画も動画も超一流です。
しかし、致命的なのは、「原作」が  やりっぱなし なこと(笑)
とにかく、ゾンビアクションのマンガを描きたかっただけで、オチもネタも何も考えていなかった。それゆえ、ただのエロ・グロ・バイオレンス作品で終わっている。
まったくもって、制作資金と制作リソースの無駄使いである。
これは、マンガ連載編集部のレベルが低いからおきる。きちんとした編集者なら、しっかり練り上げたネームしか認めないはずだ。こういう手抜き仕事を追認するから、どんどんレベルが下がっていくのだ。

B級アクションの快作

キャラクターの良さと作画の良さ、そしてアクションの良さで一気に見れる作品でした。
ゾンビ物のお約束を踏まえた展開なので、ストーリーがどうこう言うのは野暮ってもんでしょう。
どのキャラクターも活き活きとしていましたが、冴子先輩とコータのキャラクターは頭一つ抜けてます。
この二人を見ているだけで十分楽しめましたよ。

永(ひさし)は特別なんかじゃなかった

B級で楽しめる作品だった。震災前の日本が続いていれば、作者も休載せずに済んだかもしれない。

311震災後に、余りの惨状を体験したために、作者は筆を進められなくなった。

死んでゾンビ化するのを止めるために永の頭を潰そうとする孝に麗が叫ぶ。
「永は特別なのよ!」

いつまでも、心地よかった世界が続くと誰もが信じていたい。しかし、起きてしまえばそれは叶わない。

震災から2年半経つが、どれだけの人があの日を境に変わってしまった日本を受け入れて生きているだろうか。

日本の場合は「直ちに健康に影響はない」とはいえ、この作品の井豪永は特別ではなかったのだ。

皆が小室孝のようになれる訳ではないが、それぞれの生き方を改めて問われているという意味で、今の日本も、作品同様の黙示録を綴っているように感じる。

ネタバレあり

漂うB級くささがイイ

「ゾンビに巨乳キャラの組み合わせでB級テイストじゃないはずがない」
これはバタリアンのころから続く伝統とかお約束とか理です
そういう期待は決して裏切らない作品

お姉チャンバラとかL4DのようなB級くさいゲームが好きならコチラも楽しめるかもしれない
でもこういう作品を生理的に受け付けないなら当然コレも見るに耐えないでしょう

ありきたり

ただエロいだけ、ストーリー性なしオチ無し。
エロいのが好きな人にはおすすめ。

キャラが魅力的

●良かった点
・キャラが魅力的。
・女性キャラの下着がチラチラ見えて良い。実に良い。(大事なことなn(ry

●悪かった点
・ホラーとしてより、キャラの描写がメイン。
・さほど訓練を受けてない主人公達(一部除く)がゾンビ相手に無双。
・死亡シーンも感情移入できないレベルのキャラばかりで「ふーん」状態(感涙とまでは・・・)

●総評
・いわゆる「B級ホラー」(とりあえずゾンビ出してお色気で手に取らせる)をアニメ(漫画)化した感じ。
とはいえ、キャラの魅力はかなりのものですので、「パッケ買い」ならオススメ(笑)
逆に、ホラーとして期待するとちょっと残念かも。
私は後者だったので途中で投げました

●一言
・パッケ買いならとりあえず6話買おう(真顔

どんどん引き込まれる作品

襲いかかってくるゾンビの群れを、偶然集まったとはいえ、抜群のチームワークで切り抜けていく血しぶき満載のスプラッター作品。
お色気もたっぷり。
話の展開が速いので物語にぐいぐい引っ張られます。
あっという間に見てしまいました。
続編に期待。

ゾンビと桜並木。風流だね。

「またゾンビ映画か」と思って、暇だから観てみたら以外面白かったと皆さん経験ございませんか?HOTDもそんな作品でした。ゾンビ映画特有なお約束ネタもありっつつオリジナルな和なテイストを折り込んでるのが憎いね〜。桜、セラー服、日本刀&萌は日本の文化です!ロメロも観たらきっと満足すると思います。ゾンビ映画好きな人は絶対観てね。保証します。

久しぶりにいいアニメ見ました。( ´∀`)

学生主人公たちがパニックの中次々と降りかかる危機を切り抜けていく物語、
「ゾンビパニック」+「ガン・剣撃アクション」+「お色気」、
稀に見る作画クオリティの高さに感銘を受けました、
ゾンビを蹴散らして突き進んでいく爽快感を是非みなさんにもご覧になって欲しいです。

おもしろかった~

続き、楽しみです!まぁ、終わりがない方がイイような気がする作品カナ?
 イイ感じで、纏まっています。これから原作、読みま~す!

2期が気になる作品

原作がまだ続いているので、1期の区切りとしては良かったと思います。
2期があるなら期待したい作品です。
黒崎真音さんが歌うエンディングには1話ごとにその内容に合わせた、違う曲が使用されているのには驚きました。
デビュー・アルバム、H.O.T.D. (CD)買うほど、12曲すべてお気に入りです。
今後、黒崎真音さんにも注目です。

続きが

気になる・・・・

❤❤❤何度見ても飽きない❤❤❤{^*)

 死人(ゾンビ)に噛まれた者が死人(ゾンビ)となって蘇り、また人を襲う。パンデミック(感染爆発)に準(なぞら)えるパニックを描いたもの。メカデザイン、背景、人物描写、すべてクォリティーが高い。描写テクニックが特に目を引く…一昔前に見た映画「あずみ」の決闘シーンで使われたカメラワーク的な描写がナイス(第1話のラスト)、エッチ度、チラリズムも満点。
 音に反応する死人(ゾンビ)、それゆえBGMは控えめで、登場人物の会話、言葉が際立つ。第7話の小室孝と毒島冴子の会話、『毒島先輩はもう少し違う考えだと思ってた。』『間違えるな小室君、私は現実がそうだと言ってるだけだ。それを好んでなどいない。』…簡潔で分かりやすい表現、それでいて胸に残る。何度見ても見飽きることがないのは描写テクニックだけではないようだ。

ハマリました。。。

なぜかホラー系は…エロい、グロい。
それだけならどこにでもありますがぁ、
これは結構おもしろかったです!

キャラクターがいい!!!

キャラクターの個性が魅力。
個人的には冴子先輩が好きです。

キャラクター

小室 孝

藤美学園の2年生。想いを寄せていた幼馴染の宮本麗が、親友の彼女となってしまい、やや無気力に日々を過ごしていたごく普通の少年。その彼は、事件の中でたくましく成長し、一行のリーダーとして認められていく。

宮本 麗

孝の1歳上の幼馴染だったが、刑事である父親の絡む事件に巻き込まれ、留年したため同級生となっている。銃剣術全国大会出場の父親から薫陶を受けた槍術の腕前は抜群で、その外見とは裏腹に個人の戦闘能力は高い。

毒島冴子

藤美学園3年の剣道部主将。昨年の全国大会優勝者でもある。古武術の道場主である父親の教えを受けて剣の道に進む。クールな彼女は一行のサブリーダーにしてまとめ役。一方で料理が得意など家庭的な面も見せる。

高木沙耶

藤美学園2年で、孝たちの同級生。高飛車な態度を崩すことはない一方でその知識や頭脳は一級品。一行の知恵袋として危機を回避する助けになっている。幼稚園以来の幼馴染である孝に密かに想いを寄せている様子も。

平野コータ

藤美学園の2年生。海外短期留学時に身に付けた銃器関係の知識と能力は一行の欠かせぬ戦力となっている。ミリタリーマニアならではの豊富な知識もあり、ギャグから戦闘まで存在感の強いキャラクターとなっている。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:佐藤大輔 / 原作・作画:佐藤シュウジ / 掲載:「月刊ドラゴンエイジ」富士見書房刊 / 監督:荒木哲郎 / シリーズ構成・脚本:黒田洋介 / キャラクターデザイン・総作画監督:田中将賀 / 音響監督:たなかかずや / 音楽:和田貴史 / アニメーション制作:マッドハウス /

キャスト
小室 孝:諏訪部順一 / 宮本 麗:井上麻里奈 / 毒島冴子:沢城みゆき / 高木沙耶:喜多村英梨 / 平野コータ:檜山修之 / 鞠川静香:福井裕佳梨 / 井豪 永:宮野真守 / 希里ありす:竹達彩奈 / 紫藤浩一:谷山紀章 / 南 リカ:竹内順子 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}