動画が再生できない場合はこちら

パンツァードラグーン

24

0

2

1

3

1

セガ・サターン用3Dシューティングゲーム「パンツァードラグーン」のOVA化。
当時はまだ珍しいフルデジタルアニメーションをプロダクションI.Gが制作!

かつて世界を震撼させた旧世紀の塔が目覚め「最終プログラム」の発動と共に、遺跡と化した生物兵器工場でドラゴンが長い眠りから目覚めた…。辺境の地に住む攻性生物ハンターのカイルと盲目の少女アリータの前に黒い飛竜“プロトドラゴン”が迫り少女を連れ去ってしまう。青い飛竜“ドラグーン”の力を借り、カイルはアリータを助け出す冒険に出る。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(7件)

昔のOVAらしさ

強引に30分に収めましたという感じ。

脚本 黒田洋介さんです!

レビューの構成が良いということで見てみました。
ゲーム原作で、1話限りで、未プレイでしたが、それでも中々楽しめる作品でしたし、主人公とドラゴンが義理堅い・・・ここが好きです、セリフとか。
ゲーム原作、1話なので、終盤、唐突な展開がありますが、それは仕方ないです。
丁寧に作られていましたし、ゲーム制作の監修もあり、どなたでも楽しめる作品でした。
ゲーム原作と気負わず観て観るのがいいですよ!

構成のお手本みたいな作品

たった26分でここまでちゃんと起承転結が描けるものかと驚いた。
原作がゲームということもあって、そのゲームをプレイしないとわからない……と思われがちだが(実際そう感想を書いている方もいるようだが)そんなことはない。ストーリーはちゃんと形になっているし、自分もゲームは遥か昔にプレイしたことあるがストーリーなんて全く覚えてない状態でも理解ができた。

駆け足なことはしょうがない。しかし現在でもゲーム原作アニメなどでOVAが展開されるとだいたい4話前後の構成で「もっと話数があれば……」という尻すぼみな感想にしかならないファン向けアニメもたくさんあるが、そういうのと比べても30分未満で始まってちゃんと終わらせてる時点ですごい。

余談だけど、マルチロックオンレーザーって、あんな感じで搭乗者のほうが出してたのね……知らなかった。(笑)

ネタバレあり

うん、なんだかサッパリw

 他の方のコメントにもありますが、ゲームが原作としてあるんですな。どうにもゲームを知っていることを前提としたような内容だったなという印象を受けました・・・。
 そのため、未視聴の他の方にお勧めできるか?と思った時に、上記の度数にせざるを得ませんでした。申し訳なし('人')

ゲームをプレイしたことがある方なら

当時は観ることはできませんでしたが、サントラだけは買ってました。
1話完結で説明不足ではありますが、最後までテンポよく進むのでOVAを観た、というよりはゲームをクリアしたという印象です。

サントラに入っていたボーカル曲「空の奇跡」がとても良い曲だったのですが、本編では使われていないのが残念です。

一話完結ものにしておくには非常に残念 でも高評価かと。

パンツァードラグーンはセガサターン時代にとても思い入れがあるゲーム作品でした。アニメ化されていたことは残念ながら知らなかった。たった一話限りではありますがとてもゲームの雰囲気がギュッと凝縮していて良かった。いまとなっては感ではありますがもう少し話を長くして出てくるキャラクターのバック設定を表現して欲しかったと思います。一話限りですとゲーム内容を知らない方々にはピンとこないのが残念だと思います。

いきなり最終回

一話しかないので、もう最終回です。
12話くらいが適当なのでしょうが・・・
それでもきちんとお話になっている所がうまいなぁ・・・と変なところで感心をしてみたり・・・
なんだか懐かしい感じがしました。最近のアニメにはない雰囲気です。
プロダクションIGの作品なので、絵は丁寧できれいです。
ドラゴンのデザインも斬新ですね。
この頃から浮遊艦隊ってあったんだなぁ・・・
声優の大塚明夫さんが出演してます。

キャラクター

カイル

辺境の地を放浪する攻性生物ハンター。名ハンターの父に鍛えられた腕を持ち、仲間のデミトク、アリータと旅を続ける16歳の少年。ドラグーンとの出会いによって、その潜在能力が目覚める。

アリータ

カイル、ドミトクと行動を共にする盲目の少女。盲目ゆえに他の感覚は人並み以上に優れ、地中に住む攻性生物をも感知する事ができる。プロトドラゴンに取り込まれ、ドラゴンライダーと化す。

スタッフ・キャスト

スタッフ
監督:高木真司 / 脚本:黒田洋介 / デザインワークス:竹内敦志 / 美術監督:木下和宏 / 作画監督:片桐 徹 / 制作:ゼネラル・エンタテイメント / 制作協力:PRODUCTION I.G / 製作・原作:セガ・エンタープライゼス /

キャスト
カイル:小野坂昌也 / アリータ:白鳥由里 / デミトク:梁田清之 / 艦長:大塚明夫 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}