動画が再生できない場合はこちら

テガミバチ REVERSE

12

0

0

0

3

0

キミの「こころ」 必ずぼくが取り戻す!!

人気TVアニメの第2シリーズ。夜の明けない世界アンバーグラウンド。暗く危険に満ちたその世界で、郵便配達員<テガミバチ>は、人々の「こころ」が込められた「テガミ」を命懸けで届けていた。幼い頃に出会った恩人・ゴーシュに憧れ、テガミバチとなった少年ラグ。ようやく第一歩を踏み出したラグに突きつけられたのは、ゴーシュは既にテガミバチを解雇されたという事実だった。首都に渡り「こころ」を失い姿を消したとされるゴーシュを、必ず連れ戻すと誓うラグ。だが無情にも、ついに再会を果たしたゴーシュは自らを略奪者ノワールと名乗り、ラグに銃口を向けるのだった――。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(3件)

後半ダレる

面白いのだが、後半はラグが叫んでばかりで、「ゴーシュ!」「ゴーシュはもういない」の応酬がくどく感じる。また、戦いの最中に長い会話が頻繁に挟まりテンポが悪くダレてしまう。テガミバチは星5つだったが、これは1つ減らした。

ネタバレあり

面白かったけど

あれれ、伏線残しまくりですよね。
母親のこと。
当事者のもう片方の政府上層部がほとんど出てこない。
この世界から何故光が失われたのか。
人工太陽とは何なのか。
ゴーシュが聞いた妹の足が動かない真実。
なんか色々残してて続編来そうな感じでも有りますけど、物語としてはきちんと終わってて
ハッピーエンドなので、まあいいかなと思ったりも。
最初から最後まで泣き虫主人公でしたが、初志貫徹、憧れの先輩であるゴーシュを追いかけて
目指して行く姿勢は一度も曲げずに進んだのは良かったです。
泣き虫ですけどね。
敵?というか立場上対立していた相手にも魅力的な人が多数居て、そういうところも見どころかな。
最初に書いたとおり、色々と抜けてる部分の多い物語なので何時かまたアニメ化して欲しいですね。

ネタバレあり

大団円

ありがちなオチだが、ハッピーエンドではある。

キャラクター

ラグ・シーイング

心優しい泣き虫の新米テガミバチ。ゴーシュにあこがれてテガミバチになった。左目には「精霊琥珀」の義眼が埋め込まれている。

ニッチ

伝説の生き物、摩訶(マカ)の血を引く少女。テガミバチの大切な仲間、相棒(ディンゴ)として、ラグと行動をともにする。ラグが渡したパンツ以外ははかない!?

ステーキ

ニッチの生き餌(?)。ニッチになついて見世物小屋からついてきた。ニッチの言うことに従順。絶滅したとも言われていた種族、カペルマイスターの生き残り。

ラルゴ・ロイド

テガミバチの勤務先であるユウサリ地区の郵便館、ハチノスの館長。一見いい加減だが意外にもやり手で思慮深いところがある。

アリア・リンク

ハチノスの副館長を務める、クールで仕事もできる美女。ハチノスにもそのファンは多い。ゴーシュの幼なじみ。

シルベット・スエード

ゴーシュの妹で生まれつき足が不自由。自らを「車椅子の女豹」と呼ぶ。得意料理のスープは誰もが吐き出すゲボマズスープとして恐れられている。

コナー・クルフ

テガミバチの一人で相棒(ディンゴ)は犬のガス。のんびり屋で食いしん坊だが頼りになる仲間。人柄の良さから、たくさんの人々に慕われる。

ザジ

ラグのテガミバチ仲間。相棒(ディンゴ)は黒豹のヴァシュカ。ぶっきらぼうで短気だが本当は心優しい。無類の猫好きで、ノラ猫たちを餌付けしてかわいがっている。

サンダーランドJr.

ハチノス医療班のヘッド・ドクター。本業は生物科学の研究者。変わり者で、人々からは「死骸博士」と呼ばれている。ゴーシュを数少ない「理解者」として信頼し、行方不明後は安否をずっと気遣っている。

ジギー・ペッパー

速達専用テガミバチ。相棒(ディンゴ)は猛禽のハリー。カッコよく、若手テガミバチたちのあこがれ。

ゴーシュ・スエード

優秀なテガミバチで、妹思いの優しい兄。彼との出会いがラグのその後の人生に大きな影響を与える。相棒(ディンゴ)はロダ。

ノワール

「精霊になれなかった者」の指示に従い、相棒(ディンゴ)の少女、ロダとともに略奪者(マローダー)としてテガミの略奪を行っている青年。ラグは、探し求めたゴーシュだと信じているが…?

ロダ

ノワールとなったゴーシュの相棒(ディンゴ)。白の衣装を身にまとった美少女。ノワールを信頼し、ともに行動している。とても身軽で強い。

ロレンス

反政府組織リバースの一員。ハニー・ウォーターズの町近くでゴーシュが出会った男。ゴーシュを仲間に引き入れようと狙っていた。

カリブス・ガラード

首都アカツキの役人。かつてはヘッド・ビー候補とまで言われた優秀なテガミバチだった。リバースによるテガミの略奪が頻発していることを受け、首都から監査人としてハチノスに派遣された。

ヘイズル・バレンタイン

ガラード同様、首都アカツキの役人で首都からの監査人。ガラードがテガミバチだった頃、彼の相棒(ディンゴ)をしていた。強靭な肉体そのものが武器で、ニッチの髪の剣に生身で対抗できる戦闘力の持ち主。

ニッチの姉

見た目からは想像できないがニッチとは双子。摩訶の伝説が残る氷河の里<ブルー・ノーツ・ブルース>で暮らしている。赤ん坊だった頃の記憶を持ち、ニッチの出生の秘密を知っているが…。

ジール

リバースの略奪者(マローダー)。オオカミと融合された「精霊になれなかった者」で、政府の実験施設より生き延びた数少ないひとり。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:浅田弘幸 / 掲載:「ジャンプSQ.」 / 発行:集英社 / 監督:岩永 彰 / シリーズ構成:赤星政尚 / キャラクターデザイン:芝 美奈子 / 音楽:梁 邦彦 / アニメーション監修:神戸 守 / アニメーション制作:studioぴえろ / 製作:テガミバチ製作委員会 /

キャスト
ラグ・シーイング:沢城みゆき / ニッチ:藤村 歩 / ステーキ:永澤菜教 / ラルゴ・ロイド:小西克幸 / アリア・リンク:小清水亜美 / シルベット・スエード:水樹奈々 / コナー・クルフ:菅沼久義 / ザジ:岸尾だいすけ / サンダーランドJr.:石川英郎 / ジギー・ペッパー:中井和哉 / ゴーシュ・スエード:福山 潤 / ノワール:福山 潤 / ロダ:堀江由衣 / ロレンス:遊佐浩二 / カリブス・ガラード:井上和彦 / ヘイズル・バレンタイン:立木文彦 / ニッチの姉:小山茉美 / ジール:櫻井孝宏 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}