動画が再生できない場合はこちら

エルフェンリート(DVD版)

40

0

1

1

0

7

救いのない血みどろの純愛、暴力と愛おしさが交錯する…。

二角奇人(ディクロニウス)は、人間の突然変異体…頭から生えた角を持ち、第6感とも言える特殊な能力と手を持っていた。人類を淘汰する可能性をも秘めた彼らミュータントたちは、その危険な能力のため、国家施設に隔離、研究されていた。しかし、偶発的事故により、ディクロニウスの少女ルーシーは拘束を破り、警備員らを殺戮、研究所を逃げ出す。が、その途中で記憶喪失となってしまう。過去と記憶を無くしたルーシーは、鎌倉・由比が浜に流れ着くが、その浜辺でコウタとユカに出会い、「にゅう」と名付けられ、コウタの住む楓荘に居候することになる…。 ※この作品では過激な暴力シーンが描写されております。ご視聴に際しあらかじめご了承下さい。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(9件)

勿体無い

グロいのが苦手な方にはオススメできないのが残念。とっても良い話なのになー。うっ、思い出すと涙が‥。

グロ・・うーん??むしろ子供要素の方が・・多すぎた

さすがに10年以上過去の作品ですので、表現力は現在のアニメと比較すると数段落ちるかと・・
そんな理由からか・・グロ要素では有ってもグロでは有りえません(むしろ、ここ数年のアニメ作風に慣れてる方が見るなら別段、気にならないでしょうw)
幼女・少女の肌色成分も多いですが、目的にするほど高くはありません。

作品自体は原作者の精神状態が心配になるレベルで、登場人物の9割が極端な子供思考で行動していきます。
(逆に大人思考な方が登場しないのは作風なのか?と勘ぐってしまいたくなる位です)
なので視聴する方は、大人の考えた子供の視点(ややこしくてスミマセン)を想像しながら見ると納得し易いかもしれませんね。
盛り上げるはずの終盤で回想シーン(使いまわし)が多く見られ、ストーリー的に・・・10話位で纏まったんじゃ??な感想から、評価は2とさせて頂きました。

ネタバレあり

考えさせられるいい作品です

この短い話数でこんなに濃く描ける作品はそんなに多くないと思います。好き嫌い激しいかもしれませんが。誰にでも見てほしい作品です。お勧めです。

OPに釣られて

LiliumとOPアニメーションの雰囲気に飲まれてしまいました。
結構、賛否両論の多いアニメみたいなんですが私は好きです。

ま、所々突っ込みを入れれば沢山あるけどな・・・・・・・。

けどまぁ。。

主人公が心を閉ざし改ざんした記憶に戸惑い、
苦悩しながらも普段の生活を送り続けなければいけない。
大切な思い出を忘れているという現実を受け入れざるえない長馴染み

頭に角があるだけで非人道的な差別を受け人間の暗い闇に
翻弄され、怒りの矛先を人類に向けていくヒロイン。

グロテスクなシーンの中にも、「心」を持つが故の葛藤や苦悩を
14話の短い尺の中に綺麗に映し出しているのが中々良かった

後、松岡さんや川上さんの少女の声を久方ぶりに聞けたのと
小林さんの可愛い声に「すげえ!こんな声出せるのか!?」と感動した。

後、じょーじのもがきシーンもww。

是非、コミックの方も拝見したいな。^^

ネタバレあり

平凡な主人公

壮絶凄惨な場面の多さ
一部登場人物の異常さ
こういう処が際立つ特異な作品です。

作品では、
図らずも能力を得てしまった者の哀しみが描かれて行きます。
そして、能力の描写演出に一貫性があり、それが迫力を与えます。
登場して来る人物達の個々の背景や相互の繋がりも描かれます。
一応、物語として完結しています。

悲惨な過去を背負っているにも拘らず
至極普通の温厚な青年に育った主人公。
これまた普通に何処にでも居るような主人公の彼女。
この平凡な人達が、その平々凡々さ故に、
救いを求める人達の居場所になって行く処。
そんなところが私は大好きです。

明らかに見る人を選びます。
しかし
多くの人に見てほしいと思う作品です。

泣ける話です。ただの萌えグロじゃありません。

グロ耐性がある方、グロシーンをネタと考えられる方、
また、暗いストーリーの浸りたい気分な方にはぜひおすすめします。

私は萌えキャラが苦手ですが、それが気にならなくなるくらい
メインキャラには人間味があり、キャラの過去や性格等がよく練り込まれていて、
特に終盤にかけて感動を誘う話でした。

主人公コウタはあくまでもヒロインたちの引き立て役という感じで、
序盤は薄っぺらく感じましたが、終わってみるとこれはこれで良い主人公だったと思います。

みどころは主人公の幼少期の頃の失った記憶と、ルーシーの過去の関係。
ルーシーの過去や本音がだんだんと明かされていきラストは・・・・・・(泣)。
といったところでしょうか。終盤は感動の嵐です。
にゅうと言うルーシーの別人格の存在も終盤で感動を誘う重要な複線ですね。
私的にはハッピーエンドだと思いますよ。

幼き日の憧憬


幼き日の、不可思議な少女との出会い。それは男にとって、一生忘れえぬ幻想となりうるだろう。それがたとえ血塗られていたとしても…

血まみれのジュブナイル。どこまでも残酷で、どこまでも透き通った、少年と少女の物語。

咽ぶような血飛沫の幻想の中、ただ切ない想いが胸に残る。

罪深くも、角を失った彼女が、皆と幸せに生きられる事を、祈らずにはいられない。

…続きまして今夜から明日午後にかけての鎌倉の天気予報です。

今夜から明日午前中にかけて血の大雨となるでしょう。骨髄確立は70%。沿岸付近にお住まいの方は手足や内臓の落下物に注意してください。明日正午過ぎには晴間も見え、 萌となるでしょう。正午以降も萌も広がり切ない気持となるでしょう。但し、夕方以降は雲が広がり、血の雨がふり始めます。骨髄確立は100%。萌も100%。不安定な天候が続き、深夜0時には大泣きマークが付きます。ご覧の際は、ティッシュやハンケチを用意しときましょう。

残酷なの苦手な人は注意!考えさせられる作品

第1話で評価が分かれると思います。
自分は、OP曲と美しい映像で、切なく感じ、エルフェンリートの世界へ一気に引き込まれました。
残酷なシーンが多いが、話に深みがあり、色々と考えさせられる内容です。
最終話まで見てほしい作品です。(感動しました)

見どころ

原作:岡本倫。ヤングジャンプ掲載の漫画を神戸守監督がアニメ化。突然変異で生まれ、圧倒的な殺傷力を持ちながらも心の純粋さを示す新人類の美少女ルーシーの二面性が描かれる。まず冒頭、幽閉されて実験器具で顔を覆われた全裸の少女が、研究所員と警備員を見えない力で惨殺していくグロテスクなシーンに戦慄する。幼女のように無垢な別人格に転じた彼女がめぐりあうコウタとの不思議な宿縁。額に角があるという外見的な差から生じる周囲との軋轢や孤独感、障害を乗り越える決意や相互理解を通じて開かれるせつない心が観る者の胸を打つ。萌えとバイオレンスという異色の取り合わせを軸にしつつ、人間性の哀しい本質を浮き彫りにした意欲作である【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

コウタ

大学に通うため親戚を頼りに鎌倉にやってきた。その際、由比ヶ浜に流れ着いていたルーシー(にゅう)を発見し、彼女を楓荘へ連れて行き一緒に暮らすことにする。

ルーシー(にゅう)

偶発的な事故によって研究所に隔離されていたディクロニウスの少女。

ユカ

鎌倉出身。コウタのいとこで春から一緒の大学に通うことになっている。コウタがにゅうになにかエッチなことをしないかどうか見張るためという建前を得て、楓荘に一緒に住むことになる。

ナナ

研究所で実験台にされ、生殖機能がないためジルペリットと呼ばれているディクロニウス。「7番」と呼ばれ、酷い実験を受け続ける。過酷な生活からの救済的存在として、蔵間のことを父親同然に慕っている。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:岡本 倫 / 掲載:「週刊ヤングジャンプ」 / 発行:集英社: / 監督:神戸 守 / シリーズ構成:吉岡たかを / キャラクターデザイン・総作画監督:きしもとせいじ / メカデザイン:大河広行 / 美術設定:青木智由紀 / 美術監督:伊藤 聖 / 色彩設計:中田亮大 / 撮影監督:白井久男 / 編集:瀬山武司 / 音楽:小西香葉+近藤由紀夫 / 制作:ARMS / 製作著作:バップ+ジェンコ /

キャスト
コウタ:鈴木千尋 / ルーシー(にゅう):小林沙苗 / ユカ:能登麻美子 / マユ:萩原えみこ / ナナ:松岡由貴 / 蔵間:細井 治 / 坂東:中田譲治 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}