動画が再生できない場合はこちら

薄桜鬼

53

1

0

0

3

8

守りたいものあらば――鬼になれ

時は文久三年十二月の末。消息を絶った父を探しに江戸より上洛した雪村千鶴は、京の街で血に飢えた化け物に襲われそうになる。〝人斬り集団〟として知られる新選組に助けられるものの、偶然にも彼らの秘密の一端に触れたことで屯所に軟禁されてしまう。次々と現れる謎多き人物たち。そして、深まりゆく新選組の闇――。行方不明の父を捜すうち、千鶴は秘密の全容や自身の出自について知ることとなり、新選組と運命をともにしていく――。幕末という動乱の中、信念のために刀を振るう男たち。しかし、その影でもうひとつの争いが始まろうとしていた――。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(12件)

女性向けの作品だとは思いますが

硬派なストーリーで男性の私も十分楽しめました。

新撰組に興味が持てた

私は歴史は苦手なんですが、このアニメを見て
新撰組や江戸から明治への変遷という
その時代背景にも興味が持てました。
そういう意味でも観られてよかった。
個人的には碧血録よりこっちの方が話の流れは好みです。
でも和装のキャラ洋装のキャラ、どっちもカッコいい!
ファンタジー設定もけっこう楽しめました。
他の方も書いてらっしゃるように単なる乙女ゲームアニメでは
ありませんので、偏見を持たずたくさんの方に
見ていただきたいですね。

うまくまとめられている

乙女ゲーム原作らしいが
先入観をあまりもたないで見れる作品

ストーリーは少し駆け足っぽいが
よくまとめられていると思う。
キャラクターは、かなり乙女ゲーム向きだが
最終話では、あまりスポットライトに
当てられなかそうなキャラもしっかり
描かれているようにも思えた。

鬼や羅刹の設定は、いまのところ
そこまで必要性は感じない

ネタバレあり

乙女ゲー原作 でも中身は意外と硬派 男性でもオススメ

腐女子な彼女とリアルタイムで視聴していて、せっかくなので再視聴。

乙女ゲーなので敬遠されがちですが、意外としっかり時代考証・背景設定はしっかりしています。

表の『新選組』と、文字通り『鬼籍』に入った者たちの裏の『新撰組』という設定は個人的に好きです。

延命処置を受けて史実よりも寿命がちょっと伸びてますが、それでも運命には逆らえず倒れていきます。

剣戟シーンも力が入っており、アクションシーン好きの男性でも見ごたえは十分。

幕末好きなら視聴をおすすめします。

見応え充分、感動作!

感動的で良い作品です。本当の新選組の歴史的背景を根底にして、
新たに様々な脚色を加え面白さを倍増させてくれている辺りの演出はさすがです!。
アニメも本当に美しく、組長クラスの浪士達は全員かっこよすぎて全員に惚れちゃいます。
キャラ設定がカズキヨネさんだから当然ですかね!ヽ(*´∀`)ノ
あと、をちみず(霊薬、秘薬)で山南、藤堂、沖田、土方さんまでも羅刹になってまで戦いに
身を投じる彼らの志の力強さに心打たれます。紅一点、千鶴も新選組と共に生きる道を
自ら選んでいきますが、彼女の意思の強さと優しさが伝わって来る様でした。桑島さん大好きです。
たった12話でも内容の濃い斬新な新選組を見られて楽しかったし感動しました。ただ残念なのが
油小路事件での出来事ですが史実は藤堂平助は死んでいますし、山南さんは元治2年2月に切腹
しています。しかし伊藤甲子太郎のキャラ設定には笑いました!

思ったより硬派な作品だった

最初は腐女子向きな作品かと思っていたけど、イチャラブもなく思いのほか硬派な作品だった。
なかなかの良作だと思う。

幕末期の熱さと切なさを新選組を柱に、オリジナル要素を加えて完成されている。
大筋では史実に基づいており、心配だった最後の幕引きにも満足できた。


4シリーズあり、参考までに時間軸順に並べると
黎明録→薄桜鬼→雪華録→碧血録
本編としては薄桜鬼と碧血録。
雪華録は薄桜鬼中の間話で、黎明録は本編前の話になっている。

意外と面白い

ヒロインはウザいというより空気。極力、個性を消してあるなぁという描かれ方に感じました。
イケメンがいっぱい出てくるけど描き分けにはやや難があるというか、終盤まで誰が誰かよくわかってないまま観ていたのは私だけですか^^
気になったのはそれくらいで、あとは普通に楽しめました。
正直、新撰組という手垢のついた素材を、これまたSF・ダークファンタジー的によくある仕掛けで料理してみせようという話だと気付いた瞬間、これ絶対つまらないだろと予想したのに、組み合わせの妙というか、やったもん勝ちというか…ちゃんと続編が見たくなる出来に仕上がっていたのに驚きました。

深夜アニメで見てから

何度か深夜で見てからDSでソフトが発売されてると知って購入。
そして今回全部見ることが出来ました^^
アニメだと、いったい誰にポイントを置いているのかわからなくて
とにかく主人公の悲鳴が癇に障り見ていて嫌な気持ちになりました。

こういうアニメってこんなこんなもんなのでしょうか。

健康診断の話は病

うっかり腐女子向けだって忘れるほどの男性向けノベルゲー展開でビックリ
腐女子向けゆえのシリアスが成立してる良いアニメでした

そう、あの超絶破壊力の健康診断さえなければ・・
たった1回の余計なトッピングのせいで全てのシリアスが台無し
腐女子アニメとしては大正解なのかもしれないが血涙を禁じえない

ネタバレあり

お気に入りは誰ですか?

男前が揃ってます。
歴史の流れの中に上手い具合に、フィクションが乗っかってる感じ。
ストーリーがほとんど政治的な方向に向かわないのも、見てて疲れないので良いです。
歴史小説とかドラマとかの新撰組モノだと、ただひたすら「土方」がカッコイイという印象しかなかったですが、薄桜鬼での人気投票はなかなか面白そう。
12話時点まででお気に入りは「原田」手が出るのは早いけど、面倒見がよくてイイヤツそうな気がする。



素晴らしい

絵がとても綺麗です音楽も素敵です
最終回の山崎の死に方に泣きました

ネタバレあり

感動して涙が止まらなかったよう・・・!!格好良さすぎます最後の武士の生き様はっ♡

史実の新選組ともあまりかけ離れていませんし、はかなげな雰囲気がとても《らしい》です☆女の子が紅一点なところも安心できます。それに、この《千鶴ちゃん》っていう女の子も男の子および男性陣から見たら素直でやさしくて可愛いのかなあと思えます。隊士達幹部攻略対象も格好良くて素敵です。特に沖田総司の印象がドキドキさせてくれるほどに心を打たれます(幸)斉藤一も可愛い不器用な方に見えて胸がキュンとします♡原田佐之介は強くて優しいお兄さんのようで色気多き彼ですね★土方歳三は皆の事を気遣うお母さんのように小さな心遣いが感じられますし、綺麗な人だなあという印象を受けます。しかし、永倉新八が攻略対象外なんですよね・・・。あと山崎焏と島田魁と井上源三郎も・・・(泣)しかし!このアニメでは、そんなゲームでは出番の少ない彼らもたくさん登場します!!!(特に山崎焏と井上源三郎が死んじゃうシーンでは大泣きしましたあ!!!)

ネタバレあり
キャラクター

雪村千鶴

京で仕事をしていた父から音沙汰がなくなり、その身を案じて江戸から上洛。しかし、京の都を巡っている際、新選組の秘密の一端を目にしてしまったことから、新選組幹部らと行動をともにすることになる。

土方歳三

近藤と共に武士を夢見て上洛したのち、壬生浪士組を結成。新選組の副長となってからは、隊士たちに〝鬼の副長〟と恐れられている。実は新選組のことを一番に案ずる苦労性なのだが、それを知る者は少ない。

沖田総司

幼い頃に天然理心流道場の内弟子となり、近藤たちに剣を学ぶ。陽気な人物に見えるが、嘘とも真ともとれるぶっそうな発言をすることが多い。戦いになれば何人であろうとも容赦はしない、新選組一番組組長。

斎藤 一

居合いでは達人級の腕を持つが、武士の世では異端とされる左利きの剣士。観察眼に優れ思慮深いものの、多くを語らないため真意が伝わり難い。近藤や土方からの信任は厚く、新選組の三番組組長を務める。

藤堂平助

最年少の新選組幹部で、八番組組長を務める。常に笑みを絶やさない明るい性格のため、千鶴ともすぐに打ち解けるのだが、心の中では勤王か佐幕かで悩んだりすることも。皆からは〝平助〟と呼ばれている。

原田左之助

新選組では殿となる十番組組長を務め、剣術より槍術を得意とする。過去に切腹したことがあるため、腹には真一文字の刀傷がある。裏表のない一本気な性格で、義理堅い。永倉や藤堂とつるむことが多い。

近藤 勇

江戸で道場主をしていたものの、土方らとともに上洛。穏やかな風貌で情にもろい性格だが、幕府のため、新選組のためとあれば非情な決断をくだす新選組の局長。

山南敬助

新選組では局長の近藤に次ぐ総長という立場。穏やかな口調で屯所に来たばかりの千鶴を安心させるが、怪我をきっかけに刺々しい言動が増えるようになる。

永倉新八

修行のために脱藩してしまうほどの剣術好き。その腕前は「新選組一」と謳われる沖田と並び称されることも。江戸っ子らしく気っ風のよい新選組の二番組組長。

井上源三郎

新選組幹部の中では最年長者で、天然理心流道場では近藤の兄弟子だった。剣客としては目立たないが責任感は人一倍強く、誠実で穏やかな人柄の六番組組長。

山崎 烝

生真面目な性格で、信頼する土方の手足となって働く。諸士調役兼監察だが、医事で活躍することも。感情を表に出すことはないが、沖田とは反りが合わない。

島田 魁

質実剛健を地でいく人物。新選組一の巨躯で腕力は強いものの、大の甘党。諸士調役兼監察だが、永倉率いる二番組の伍長も務める。土方を心から尊敬している。

風間千景

新選組の前に立ちはだかる謎の剣士。薩摩藩に手を貸している。常に見下した態度をとる自信家。

天霧九寿

薩摩藩に与する人物。武器を持たずに拳一つで戦う。しきたりや礼節を重んじ、寡黙で思慮深い。

不知火 匡

口調は軽いものの真っ正直なところがあり、新しもの好きで銃を扱う。長州藩に協力している。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:オトメイト(アイディアファクトリー/デザインファクトリー) / 原案・構成監修:藤澤経清 / キャラクター原案:カズキヨネ / 監督:ヤマサキオサム / キャラクターデザイン:中嶋敦子 / 音響監督:岩浪美和 / 音楽:大谷 幸 / アニメーション制作:スタジオディーン /

キャスト
雪村千鶴:桑島法子 / 土方歳三:三木眞一郎 / 沖田総司:森久保祥太郎 / 斎藤 一:鳥海浩輔 / 藤堂平助:吉野裕行 / 原田左之助:遊佐浩二 / 近藤 勇:大川 透 / 山南敬助:飛田展男 / 永倉新八:坪井智浩 / 井上源三郎:小林範雄 / 山崎 烝:鈴木貴征 / 島田 魁:大羽武士 / 風間千景:津田健次郎 / 天霧九寿:山口りゅう / 不知火 匡:吉田裕秋 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}