動画が再生できない場合はこちら

ルー=ガルー

20

3

0

1

1

2

京極夏彦×SCANDAL×Production I.Gのコラボが生んだ新感覚アニメーション!
繰り返される「命の消灯」―少女たちは、その謎に迫った

物語の舞台は近未来。生活の全てを完全管理された社会システムに守られた子供たち。食料はすべて人工のものに変わり、人々はリアルコンタクト(直接出会うこと)を避け、モニタと呼ばれる携帯端末に依存し、他者とのコミュニケーションが希薄になる中、リアルコンタクトに積極的な少女たちがいた。そんな彼女たちがこの物語の主人公。少女ばかりを狙う連続殺人事件を契機に、彼女たちは閉鎖された世界へと立ち向かっていく。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(7件)

原作改悪!

京極ファンですし、原作も大好きなんですが……
コメントにもあり、散々ネットでも叩かれてもいますが
嘘偽りありません。
尺が足りないところに無理に詰め込んだこともあるとは思いますが
原作の改悪としか思えません。
この手のってプロデューサーだの監督だのが
自分の考えた話の方が面白いに違いないって思って改悪するんでしょうか?
自惚れ過ぎです。
それとも僕の考えた凄い展開で原作ファンの度肝を抜いてやる!とかって感じでしょうか?
迷惑です、そう言うのはオリジナル作品で思う存分やってください。
本当に残念です。

絶対に原作の方を読むべき

余計な要素を入れて必要な要素を省略しまくった為にストーリーが滅茶苦茶になってしまっている。作品のテーマ自体原作から変えてきちゃってるような…
特に原作では葉月と並ぶ視点キャラである不破さんサイドの話がごりごり削られてるので全ての伏線が繋がるクライマックスでの謎解きが台無しに。歩未が自分はひとごろしだと自称する意味も哀しみも感じられない。
それに細かいところでも説明を省いた関係でちょくちょく変な台詞が…葉月のおじさま発言とか。

原作はすごくおもしろいです。2も出てるので機会があれば読んでみてください。

ネタバレあり

原作が出た頃なら

もっといい評価だったと思う。
今だからこそアニメ化されたのかもしれないが。

全く尺が足りないようで色々突っ込みどころ満載だけど
最後まで見れるくらいには面白かった。
とはいえ何度も見たいと思わせるほどの作品ではない。

結局何が言いたかったのか

舞台が監視社会で常に監視されてるということで監視社会に対抗する話かと思ったら、私は狼なんだ・・・と人殺しの狼の子が主役のような話であった。

最後も簡単にナイフで首を切って終わりというあっさりした展開で個人的にはコレで終わりなの?といった感想でした。

内蔵を食べることを趣味の悪者が監視社会を利用し内蔵を集め食べ、悪事を知った若い女の子達だけで敵地に乗り込むというのも凄いと思いましたね。敵が簡単にやられる点に

登場人物の目が死んでいるのは監視社会における人間を表現したのでしょうか?友達と楽しんでる場面でも目が死んでいて違和感を感じた。

ネタバレあり

考えさせられました・・・

前半 何だろう?と思いみていました。
終盤あたり見ていて、恐ろしくなりました。
しかし、考えさせられる部分もありました。
(管理社会に対する風刺、もしくは警鐘かな?)

良いとも悪いともつけがたく・・・
評価に困ったので中立としました。

ダメ!!

原作無視した展開いに不満いっぱいです。重要なとこも飛ばしてるし、話が繋がっていない。アニメを作った方は、原作を読んだのか?伝えたいことを、どこまで理解しているのか疑問に残る。アニメを見ずに原作を読んでほしい。

狼は必ず帰ってくる。必ず・・・・・・・・・・

良い作品です。
人は生き物を殺して食べています。
それはあたりまえのこと。
でも、それは殺される生き物にしてみればどんな思いなんでしょうか?
人が人を殺して人を喰らう。
おぞましいけれど、おぞましく呪われた行為ゆえに、それは超現実であり、限りなくリアルなんです。
人を殺した少女(歩未)は、人を食べたわけではないけれど、おなじ人間の生命を奪ったことで、人を殺して生きている狼(ルー=ガルー)になったのでしょうか?
少女(歩未)に希望(未来)があってほしいと作品の最後に思い願いました。
見終わってちょっと泣いてしまいました。
最後にもう一度、これは良い作品です。
ぜひ見てください。

ネタバレあり
キャラクター

牧野葉月

十四歳クラスの21班に所属する少女。コミュニケーション障碍のため、引っ込み思案な性格。牧野県会議員の六人の養子の一人だが、A地区の規格住宅に一人で暮らしている。総合メディカルチェックはAダッシュ。

神埜歩未

春に葉月のクラスに転入してきた少女。まわりの少女たちとは少し違った雰囲気の持ち主。A地区の規格外住宅で、姉と暮らしている。現在、姉は海外出張中。総合メディカルチェックはトリプルAと、最高レヴェル。

都築美緒

葉月と同じ21班所属の少女。自他ともに認める天才。俗に旧カンラク街と呼ばれるC地区に住んでいるにもかかわらず、両親は常に不在で最後に会ったのは一年前。総合メディカルチェックの結果はBと、不健康ぎみ。

麗猫

C地区に住む少女。美緒とは幼なじみだが、未登録住民のため、年齢は十四、五歳とあいまい。直情的なところもあるが、正義感が強く、困っている人を見ると放っておけない性分。拳法の腕前はかなりのもの。

矢部祐子

葉月と同じクラスの少女。DC(デフォルメーションキャラクター)を描くのが上手く、将来はそのデザイナーになりたがっている。ピンク色を好んでつける。総合メディカルチェックの結果はトリプルA。

石田理一郎

県警刑事部R捜査課強行犯担当管理官。橡の上司にあたり、連続殺人事件の捜査本部付管理官を務める。合成食品のトップ企業であるSVCの創始者を曾祖父に持ち、政財界に強い影響力を持つエリート。

橡 兜次

県警捜査一課三班の刑事。第百二十二エリアで起きた連続殺人事件を担当。カウンセラーの不破とは、事件以前からの付き合い。

不破静枝

葉月たちの通う、第百二十二エリアのコミュニケーションセンター勤務のカウンセラー。著名な児童精神病理学者を母親に持つ。

川端リュウ

十六歳クラスの少年。とあるアニメの熱狂的信者。そのキャラクターを神聖視しており、類似したキャラクターの存在を許さない。同じ趣味を持つ中村雄二とは、同士として行動をともにしている。

中村雄二

川端リュウのクラスメート。四〜五十年前のセル式動画の熱狂的なファン。とあるアニメのキャラクターデザイナーを信奉するあまり、過激な行動に出ることがある。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:京極夏彦「ルー=ガルー 忌避すべき狼」 / 発行:講談社 / 監督:藤咲淳一 / 脚本:後藤みどり+ハラダサヤカ / キャラクター原案:箸井地図 / キャラクターデザイン・総作画監督:石井明治 / 美術監督:衛藤功二 / 撮影監督:志村 豪 / 編集:植松淳一 / 3Dディレクター:磯部兼士 / 音響監督:小泉紀介 / 制作:Production I.G+トランス・アーツ /

キャスト
牧野葉月:沖 佳苗 / 神埜歩未:五十嵐裕美 / 都築美緒:井上麻里奈 / 麗猫:沢城みゆき / 矢部祐子:植竹香菜 / 石田理一郎:青山 穣 / 橡 兜次:河本邦弘 / 不破静枝:平田絵里子 / 川端リュウ:坂巻 学 / 中村雄二:勝沼紀義 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}