動画が再生できない場合はこちら

劇場版“文学少女”

29

0

0

0

1

5

心葉が心の奥に封印した誰にも言えない秘密とは…。
物語をこよなく愛する“文学少女”天野遠子が読み解いていく悲しい儚い物語…。
その先に見えた本当の幸いとは…?

文芸部に所属する井上心葉の望みは、何事もない平和な毎日。“文学少女”を名乗る物語を食べる風変わりな先輩、天野遠子に振り回されながらも穏やかな毎日を過ごしていた。幼なじみの少女、美羽と偶然、再会するまでは…。謎めいた美羽の言動に翻弄される心葉。彼女が投げかけた「カムパネルラの望み」とは何なのか? 過去の闇にとらわれた少女。過去の闇に立ち向かおうとする少年。進むべき道に迷い、立ちすくみ傷つけあう二人に、“文学少女”遠子が優しく温かく語り始める。二人を待つ「本当の幸い」とは何かを…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(6件)

数学青年

決闘を挑んで敗れたり
同性を恋して破れたり

綺麗だとか美しいとか、勝手に悦に入ってみたり

面倒臭い処が、大変よく似て居ます。


それでも、
胸を締め付けられる様な、このジリジリとした思い、
微妙に重さが違うのは、
私の中での、数学と文学との、地位の上下にあるのでしょう。

宮沢賢治も嫌いですし、、、


アレアレアレ?
なのにどうしてこんなお薦め度を・・・


劇場版とメモワール、
両方必ずご視聴の程。

なんだか泣けてくる

"文学"は若い頃に乱読したけど、あまり身に付かなかった理系ですが(^^;)、内容はなんとか追いつけました。全体的に切ない、心に刺さる展開が多いですが、だけど心にじんわり染み渡るものはあります。こういう分野も良いものです。ただ、登場人物の相互関係がわからない部分があったり、話が少し追えない(飛ばしてる?)ところがありました。原作を読んでいればその辺りは保管されるのでしょうが、読んでない人のために少し補足の場面が欲しかったです。一番最後の場面で心葉を訪ねてきた人は...? いや、多分そうなのでしょうが、もう少し確たる表現が欲しかったかなー、なんて。

ネタバレあり

つ・め・す・ぎ♩

もともとアニメ向けでないラノベ作品と思ってたので、ある意味映像化された奇跡に感動する反面...つめすぎdayo hey! 井上のヘタレっぷりも、琴吹ちゃんのツンデレも、遠子先輩の魅力も、芥川君の誠実差も、竹田さんのヤンデレっぷりも、しかも、「はい、はい」と読んでた文学ウンチクが…全然伝わらない!とは言え、映像化されて嬉しいです。できれば、50話規模のアニメ化等の無謀な事をして欲しかったのが読者の希望でした。原作を読んでから映画を見るべし。「野村先生、今後も応援します!」と言うことで勝手に5☆

図書館の本を読みたくなりました

文学少女
  文学が大好きな少女
    天野遠子
純粋な気持ち
  美しい 時に醜く 切ない
    純粋すぎる気持ち
夜空の星の如く
  深遠なる闇のなかの輝きが
    見る人を誘う

感動しました。

原作ファンです。とても感動しました。I,Gさん、ありがとうございます。
ただ、1時間40分では短い気がします。個人的には、もっと映像化して欲しいシーンがあったので☆4つで。

本当に感動しました 必見です

原作がお子様向けのライトノベルであっても、全く侮れない出来です。大人が見ても感動する名作に仕上がっています。学生時代の感受性が豊かだった時代を思い出させる作品です。これを見てから原作も読みたくなって、一通り読んでしまいました。文章はお子様向けですが、作り上げた世界は悪くなかったです。映画の方が良かったですが。

キャラクター

天野遠子

文芸部の部長にして、物語や文学を愛するあまりほんとに食べちゃう、自称“文学少女”。本を食べているところを目撃してしまった心葉を文芸部に引っ張り込み、「おやつ」と称して三題噺を書かせている。

井上心葉

日々平穏に過ごしたいと願う、聖条学園2年生。中学生の頃、あるトラウマから一時引きこもっていたことがある。遠子の秘密を知ってしまったことから、現在は文芸部で遠子の「おやつ」を書く毎日を送っている。

琴吹ななせ

美人で評判の心葉のクラスメイト。心葉に恋心を抱くが、不器用な性格のため、言葉に詰まってぶっきらぼうになったりと、うまく接することができずにいる。友人達の応援を受け、一歩踏み出そうとするが…。

櫻井流人

遠子の弟分。「自分は精神的マゾ」と語り、修羅場も大好物という強者。

芥川一詩

聖条学園の2年生で、弓道部所属。心葉のクラスメイトであり、一番親しい友人でもある。寡黙だが、穏やかで誠実な性格をしている。母親が入院しており、頻繁に病院を見舞っている。

竹田千愛

遠子と心葉の後輩で、聖条学園1年生。小柄で賑やかな少女であり、子犬のように無邪気に振る舞うが、心葉に対しては時折意外な素顔を見せたり、ちょっとダークな発言をすることも…。

森ちゃん

心葉とななせのクラスメイトで、ななせの親友。元気で明るく親切な少女で、少々お節介焼きな面も。

朝倉美羽

心葉の幼なじみで、中学時代まではいつもいっしょに過ごしていた少女。夢は小説家になることで、いつも心葉に自作の物語を語っていたが、ある事件を機に心葉の前から姿を消していた。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:野村美月『“文学少女”』シリーズ / 発行:ファミ通文庫/エンターブレイン / キャラクター原案:竹岡美穂 / 監督:多田俊介 / シリーズ構成・脚本:山田由香 / キャラクターデザイン:松本圭太 / 音楽:伊藤真澄 / アニメーション制作:Production I.G / 製作:“文学少女”製作委員会 /

キャスト
天野遠子:花澤香菜 / 井上心葉:入野自由 / 琴吹ななせ:水樹奈々 / 櫻井流人:宮野真守 / 芥川一詩:小野大輔 / 竹田千愛:豊崎愛生 / 森ちゃん:下田麻美 / 朝倉美羽:平野 綾 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}