動画が再生できない場合はこちら

“文学少女”メモワール

34

0

0

0

1

6

“文学少女”×Production I.G
夢のコラボが実現!! 超人気ライトノベルが遂にOVA化!

野村美月による超人気ライトノベルを、Production I.GがOVA化した作品。“天野遠子”、“朝倉美羽”、“琴吹ななせ”という三人のヒロインたちが「劇場版“文学少女”」に至るまでの、それぞれの想いを完全オリジナルエピソードで描く。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(7件)

甘酸っぱい、、、

苦い、、、辛い、、、塩っぱい、、、渋い、、、

確かに、
味覚に例えての表現、
よく見られますよね。
面白いです。

メモワールと劇場版、
両方必ずご視聴の程。







そうそう、
例えば、「ALIEN」とか「The Thing」とか、
原作本や脚本を食べたら、どんな味がするのでしょう?
前者は結構美味しかったりして、、、

それから、
やはり、あの行為、
宗教的な理由や、私企業への外部委託の結果、
生じた焚書や廃棄が彷彿とされて、少々、怖かったです。

みんなかわいい...

本編に引き続いて、こちらも一気見しました。良い補完になっていると思います。
遠子ちゃんはかわいい(結局なぜ本を食べるのかはよくわからなかったけど)。美羽ちゃんはちょっと可哀想すぎる(涙)。ななせちゃんは笑える(II編とバランスをとってる?)。そうそう、ななせちゃん、本編では階段から落ちるし、こっちでは止まってる車にぶち当たるし、なんか踏んだり蹴ったりですねぇ(苦笑)。

ネタバレあり

面白そう!

皆さんのコメント見ていると原作内容を補完するようなアニメらしいですが、
私は予備知識ゼロで視聴しました。
それでも充分面白かったです。

原作も面白そう! 読んでみたい!
そう思わせてくれる作品でした。

原作ファンにおススメ

正直キャラデザが原作の竹岡さんとかなり違っていたので今まで見ていなかったのですが
ストーリーは原作ファン向けの保管的なストーリーになっていてニヤニヤしっぱなしでした。
2話の美羽の話は必見ではないでしょうか。

この作品を「食べて」みよう

ちょっと切ない学生時代の一コマを想像できる作品でした
もっぱらこの作品のようなことはありませんでしたけどw

異常なまでに文学に精通している天野遠子の本を「食べる」といった発想がまず印象的でした
大正時代くらいの女学生を思わせる少女の外見から飛び出る、彼女が愛し続ける文学の知識はまた周りの女子たちと話が合わなかったり
ちょっと変わった印象を受けるけど魅力的なヒロインですね

交錯する高校生の人間関係はもう戻れないあの日を湧き立てる少し切ない気分になりました
古風な雰囲気もまた、他の作品にはないちょっと特殊な魅力を帯びている印象も受け、不思議な気分になれました

数年前に劇場版は鑑賞したことがあったのですが、OVAのほうは中々見れる機会がありませんでした
3話ですが、不思議な魅力のあるいい雰囲気の作品ですね

ネタバレあり

特に、ななせさんが・・・・・・。

私は、ツンデレな、琴吹ななせさんが気に入りました。森ちゃんも、いいと思います。
この作品は、ジブリ作品と、「TRUE TEARS」や、「花咲くいろは」、「TARI TARI」などのアニメで、おなじみのP.A.WORKSさんの作品をかけあわせたような作品になっています。

ネタバレあり

こっち方が原作に近い

文学少女の主要登場人物のクローズアップの三作品、との事で原作を読んでないあなたはあまり面白いとは思わないでしょう。但し、原作フアンにはありがたい。ツンデレ好きな私はやはり、琴吹ちゃんがやっぱり一番可愛い!でも竹田さんの回がなかったのが残念。野村さんの「ヒカルが地球にいた頃」もいつかアニメ化されることを祈って今後も応援してます。

キャラクター

天野遠子

文芸部の部長にして、物語や文学を愛するあまりほんとに食べちゃう、自称“文学少女”。本を食べているところを目撃してしまった心葉を文芸部に引っ張り込み、「おやつ」と称して三題噺を書かせている。

井上心葉

日々平穏に過ごしたいと願う、聖条学園2年生。中学生の頃、あるトラウマから一時引きこもっていたことがある。遠子の秘密を知ってしまったことから、現在は文芸部で遠子の「おやつ」を書く毎日を送っている。

朝倉美羽

心葉の幼なじみで、中学時代まではいつもいっしょに過ごしていた少女。夢は小説家になることで、いつも心葉に自作の物語を語っていたが、ある事件を機に心葉の前から姿を消していた。

琴吹ななせ

美人で評判の心葉のクラスメイト。心葉に恋心を抱くが、不器用な性格のため、言葉に詰まってぶっきらぼうになったりと、うまく接することができずにいる。友人達の応援を受け、一歩踏み出そうとするが…。

竹田千愛

遠子と心葉の後輩で、聖条学園1年生。小柄で賑やかな少女であり、子犬のように無邪気に振る舞うが、心葉に対しては時折意外な素顔を見せたり、ちょっとダークな発言をすることも…。

櫻井流人

遠子の弟分。「自分は精神的マゾ」と語り、修羅場も大好物という強者。

森ちゃん

心葉とななせのクラスメイトで、ななせの親友。元気で明るく親切な少女で、少々お節介焼きな面も。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:野村美月『“文学少女”』シリーズ / 発行:ファミ通文庫/エンターブレイン / キャラクター原案:竹岡美穂 / 監督:多田俊介 / シリーズ構成:山田由香 / 脚本:笹野 恵+山田由香 / キャラクターデザイン:松本圭太 / 音楽:伊藤真澄 / アニメーション制作:Production I.G / 製作:“文学少女”製作委員会 /

キャスト
天野遠子:花澤香菜 / 井上心葉:入野自由 / 朝倉美羽:平野 綾 / 琴吹ななせ:水樹奈々 / 竹田千愛:豊崎愛生 / 櫻井流人:宮野真守 / 森ちゃん:下田麻美 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}