動画が再生できない場合はこちら

るろうに剣心−明治剣客浪漫譚−東京編

11

0

1

0

1

1

浪漫譚の始まり! 剣心と薫の出会いを描く!!

和月伸宏の同名の人気剣客漫画を原作にしたTVアニメ。不殺を誓う流浪人、緋村剣心は明治11年、東京で神谷薫と出会う。ニセ抜刀斎事件が縁で神谷道場に居候することになったが、御庭番衆や刃衛など幕末を生きた修羅たちが次々と剣心に襲いかかり…!?

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(3件)

まぁ、これはこれはで

流浪人と書いてるろうにと読むみたいですね
これは作者が独自に考えた言葉なんだとか

あの名曲「そばかす」をOPに掲げる東京編
剣心や薫、左之助、弥彦などの主要人物がどう出会ったか、彼らの過去や思惑がしっかりと描かれていてすごく安定した消化が出来ました
なんか東京編はおろ~…って感じですね

普段はちょっと頼りない感じではあるけれど、やるときゃやる剣心がモテるのは納得ですわ
ギャップのある主人公は輝くときは本当にかっこいい!

圧巻的な戦闘シーンは18年前の作画とは言えないくらい魅力的なものでした
日常的な描写の中で登場人物たちのストーリーが移行していくうちの心情表現なども心に残るものがあります

東京編はそれなりにオススメ…という感じでしょうか
しかし決して悪くなく、純粋に楽しめるパートであると思います

ネタバレあり

ヒマな方以外は 京都編から見てください。

過去 リアルタイムで視聴して、見放題を機会に見直しましたが…

本職の声優を使わなかったために全く合っていない演技。

一話完結型を狙ったために起きた、無駄な改変と急ぎ足のシナリオ。
原作の雰囲気を壊したオリジナル話の出来の悪さ。

キャンディキャンディをイメージしたことで有名な、本編とかけ離れたOPテーマ。

制作スタッフ 特に脚本を担当される方に、原作がある作品をアニメ化するというのは、他人の褌で相撲をとっているということを理解して欲しいものです。

原作ファンのためだけに作っているわけでないのは百も承知です。
ですが、原作ファンが視聴放棄するような作品を 原作未見の方が観るのでしょうかね。


本来なら評価1をつけたいくらいの作品ですが、黒笠編の大塚明夫氏の演技と 左之助と錦絵編の珍しい良改変で この評価です。
この後の京都編から、力の入り方が変わったと思います(京都編は評価4)

風まかせ明治維新

幕末と維新が交錯する世界観がすごく良い
東京編は弥彦の成長を見守るほのぼの人情アニメかもしれない

キャラクター

緋村剣心

逆刃刀に“不殺”を誓った流浪人。温和で優しい性格だが、”飛天御剣流”を操り、かつては“人斬り抜刀斎”として恐れられた維新志士。維新後は、平和な世のために“不殺”を守り、逆刃刀を武器に闘う。

神谷 薫

活人剣を志す、勝気な剣術小町。亡き父の遺志を継ぎ、神谷活心流の師範代を務める。気は強いが、困っている人を放っておけない優しい性格。闘いに身を投じる剣心のことを心配する。料理の腕はイマイチ?

明神弥彦

真の“強さ”を求め、成長し続ける少年剣士。士族としての誇りを失わず、一人前の剣客を目指す。神谷流心流の門下生となって、日々鍛錬に励んでいる。生意気な性格で、薫との口ゲンカは日常茶飯事。

相楽左之助

“悪”の一文字を背負う拳一つで闘う漢。喧嘩屋を営んでいた頃は“喧嘩屋斬左”と呼ばれていた。直情型で怒りっぽいが、憎めない性格。赤報隊の一員だった過去を持つ。剣心が対等な友人と認める唯一の相手。

四乃森蒼紫

“最強”の名をかけて闘う天才隠密。江戸幕府を陰で支えた、“隠密御庭番衆”の御頭。倒幕後も、闘いの場でしか生きられない部下を引き連れ、“最強”を志す。得意技は、小太刀と拳法を操る「回天剣舞」。

斎藤 一

自らの正義に生きる孤高の狼。新撰組三番隊組長として幕末動乱期に活躍。維新後は警察官となり藤田五郎と名乗る。馴れ合いを嫌い、“悪・即・斬”という信念を貫く。突きを極めた「牙突」が必殺技。

巻町 操

明るさをふりまく天真爛漫おてんば娘。隠密御庭番衆・先代御頭の孫娘で、幼少の頃より共に過ごしてきた御庭番衆のみんなを家族のように慕っている。裏表のない素直で明るい性格。蒼紫に一途な思いを寄せる。

比古清十郎

“飛天御剣流”の理を伝えし者。”飛天御剣流”第十三代目継承者。継承者の証である外套を常に身に纏う。幼い剣心の命を救い、剣術を教えた。決して表舞台には立たず、京都山中で陶芸家として暮らす。

高荷 恵

会津の名医、高荷家の娘。医学の心得があり、特に薬剤に関する知識が深い。普段は蓮っ葉な態度を取っているが、本来は芯の強い大人の女性。剣心を巡って薫とは犬猿の仲!?

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:和月伸宏 / 掲載:「週刊少年ジャンプ」 / 発行:集英社 / 監督:古橋一浩 / 脚本:島田 満+菅 良幸+面出明美+岸間信明+横手美智子+十川誠志 / アニメーションキャラクターデザイン:浜洲英喜+室井ふみえ / 美術監督:坂本信人+萩原正巳 / 撮影監督:枝光弘明+沖野雅英 / 音楽:朝倉紀行 / 音楽監督:児玉 隆 / 音響効果:石川 清+川嶋信好+山田 稔 / 音響演出助手:田中一也 / アニメーション制作:スタジオぎゃろっぷ+スタジオディーン / 制作著作:フジテレビ+アニプレックス /

キャスト
緋村剣心:涼風真世 / 神谷 薫:藤谷美紀 / 明神弥彦:冨永み〜な / 相楽左之助:上田祐司 / 四乃森蒼紫:安原義人 / 斎藤 一:鈴置洋孝 / 巻町 操:櫻井 智 / 比古清十郎:池田秀一 / 高荷 恵:土井美加 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}