動画が再生できない場合はこちら

るろうに剣心−明治剣客浪漫譚−星霜編

45

1

2

2

1

6

薫の追想譚を基軸に、剣心のその後の姿が描かれる!!

和月伸宏の同名の人気剣客漫画を原作にしたOVA。激闘の日々から15年。剣心は山県有朋に懇望され、戦が勃発した大陸へ渡っていた。剣客生命はすでに絶たれ、そのうえ不治の病に苦悶する剣心。最後の力をふり絞り、最愛の妻である薫の待つ日本へ…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(12件)

感動の涙……

発表当時から視聴を迷っていましたが素晴らしい作品でした。

どうしてこうなった…

最初から最後まで暗い、キャラデザが別物、戦闘中に叫ばないのでアニメとして迫力がない。

追憶編で一定の評価を得たためか、スタッフのオレ流剣心を押し付けられた感じでした。

どうしてこんな暗い脚本にしたのか、理解はできても納得はできません。


全体に漂う、覇気もない、色気もない、人生にくたびれたどうしようもない落ち込んだ感。

幼い子供がいるのに『贖罪』と称して家庭を放棄、ボランティア活動で不治の病をもらってくる父

痛みと苦しみを共有したいと、あえて病を伝染されることを望む母

言い方が悪いかもしれませんが、好きな作品の主人公を汚された感じでした。

唯一、弥彦と剣心の息子の二人だけが未来に向かっているのが救い。

ネタバレあり

苛烈

コミックやTVアニメとは全く異なる、
明治維新を駆け抜けた剣客とその傍らで、人生を捧げた女性の物語。

人としての死生観を問われる作品に仕上がっており、見応え十分ですが、先述の通り、TVアニメとは全く異なる作品ですので、「おろ?おろろ?」なノリが好きな方は避けた方が良いかも知れません。

ひとつの選択の結果

壮絶な生き様だな。
こういう結果もあると思って見ました。
もっと明るい話がよかったなぁ・・・

泣いちゃった^^

画のタッチだの…話の流れだの…
受け入れられない人も、
いるかもしれません。

でも、剣心と薫との、
相手を(人を)思う気持ち…
思いやる気持ちなどに
感動しました^^

久しぶりに…
本当ありがとうございました。^^

べつもの剣心

追憶編は原作の人誅編の一部を上手くスピンアウトしたことで別物感が許せたが、このオリジナルストーリーを完結編にする意味とは。弥彦の成長した姿だけはよかった。

贖罪

剣を置き病躯を押して贖罪のため家庭を顧みず奔走流浪する剣心と
夫の病を分かち合って、ひたすら家で帰りを待つ妻の薫
御子さんは理解できない付き合えないといった感じで、グレ気味で家を出ています
なんか予想外に壮絶なことになってます

ラストは感動的なんですけど
ここまで夫婦がボロボロになって贖罪が成るってのも
盛りすぎというかドSが過ぎる気がしました

過ぎたるは猶及ばざるが如し

何度観ても感動

追憶編、星霜編があってこそ、るろうに剣心は完結します。

切なすぎて、何度観ても泣けます。
言葉にならないほど、深く心に残る不朽の名作です。

絵がどうも好きになれない

ストーリーうんぬんよりもTV版の絵と違うのでどうも違和感を払しょくできない。

最高傑作。

すでに10年ほど前の作品ですが、見る人を釘付けにします。
「るろうに剣心」という物語を、真に物語として完成させた作品だと思います。
アニメ作品の中でも最高傑作のひとつでしょう。

暗い。

るろうに剣心原作後の話がここにある。
とても暗い内容でしたが、るろ剣の世界観はこれだと思わせるものでした。
見て良かったです。
悲しい結末の為、人によっては見なければ良かったと思う方もいるかもしれませんが。

ネタバレあり

原作を読んでない人の感想です

剣客として、そして人斬り抜刀斎の時に殺した命の償いのために、剣心は生きました。
命を削ってまで人斬りとしての罪を最後まで償いきった、彼の生き様を描いた作品としてみれば素晴らしいと思います。

私自身は原作もテレビアニメもほとんど知らない人です。だからあまり原作と比較して疑問に思うことは無かったです。
しかし原作のコメディーな雰囲気を知っている人にとってはきっと違和感があるでしょう。
ヒロインの薫さんは後半から献身的になります。そこも原作と違うかと思います。
劇画風タッチ、シリアスな雰囲気、多少のグロシーンが嫌いな人にもおすすめできないです。

それでも綺麗な背景や剣心の生き様に関するドラマには感動させられます。
追憶編も観ると一層物語が深まると思います。

賛否両論ありますが、私は嫌いにはならなかったです。

キャラクター

緋村剣心

“飛天御剣流”の使い手。幕末の頃は“人斬り抜刀斎”と呼ばれ、数多くの命を奪った刺客。山県有朋に懇望され、戦が勃発した大陸へと渡る。だが、その身体はすでに不治の病に侵されていて…。

神谷 薫

剣心の妻。亡き父の遺志を継ぎ、神谷活心流の師範代を務めていた時、剣心と出会う。妻となり剣心との間に息子の剣路をもうける。剣心同様に病に侵されながら、戻らない剣心の帰りをひたすらに待ち続ける。

明神弥彦

薫の元で修行に励んでいた神谷活心流の一番弟子。現在は道場を出て、別のところに住んでいる。剣心が使っていた逆刃刀を彼から授けられている。

相楽左之助

剣心が対等な友人と認める唯一の相手。かつては“悪”の一文字を背負い、拳一つで闘った。現在は大陸に渡っていて、心身ともに衰えている剣心を見つけ、日本へ帰すために奔走する。

高荷 恵

傷つく人々を救うため、医学の道に生きる才女。会津の名医である高荷家の娘。医学の心得があり、特に薬剤に関する知識が深い。普段は蓮っ葉な態度を取っているが、本来は芯の強い大人の女性。

三条 燕

赤べこで働く内気で大人しい少女。江戸時代に主従関係にあった長岡幹雄に逆らうことができなかったが、弥彦と出会い強さを得る。

雪代 縁

姉とその許嫁の命を奪った抜刀斎を怨んでいる。その復讐のため、剣心が愛する人々の命を奪う“人誅”を計画。

緋村剣路

剣心と薫との間に生まれたヤンチャな一人息子。最強の剣客になることを夢見て、比古清十郎の元で飛天御剣流の修行を行う。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:和月伸宏 / 掲載:「週刊少年ジャンプ」 / 発行:集英社 / 監督:古橋一浩 / 脚本:吉田玲子 / キャラクターデザイン:松島 晃 / 音楽:岩崎 琢 / 絵コンテ・演出:古橋一浩 / 作画監督:松島 晃 / 美術監督:萩原正己 / 撮影監督:沖野雅英 / アニメーション制作:スタジオディーン / 企画協力:フジテレビ / 制作著作:アニプレックス /

キャスト
緋村剣心:涼風真世 / 神谷 薫:藤谷美紀 / 明神弥彦:冨永み〜な / 相楽左之助:上田祐司 / 高荷 恵:土井美加 / 三条 燕:白鳥由里 / 雪代 縁:佐々木 望 / 比古清十郎:池田秀一 / 緋村剣路:甲斐田ゆき / 斎藤 一:鈴置洋孝 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}