動画が再生できない場合はこちら

うた∽かた

35

0

1

1

0

6

クリエーター集団「gimik」が贈る、大ヒットアニメ「キディ・グレイド」に続く美少女アニメ第2弾!!美少女二人、ひと夏の経験…

一夏は、ごく普通の中学2年生の女の子。しっかり者の皐月、おっとりした蛍子、不思議な雰囲気を持つ未知留という友人たちと共に鎌倉女子学園に通っている。一学期の最後の日、ホームルームを終え、学校の大掃除をしている最中、一夏は大事な落し物をしてしまう。帰宅の途中、それに気付いた一夏は夕暮れの学校に戻り、そこで明るく活発な少女・舞夏と出会うことになる。こうして、一夏と舞夏の夏が始まった・・・。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(8件)

漂う微妙な雰囲気

話の構成は上手く、最後まで引き摺られて視てしまうように出来ています。
しかし結局の処、正直な感想を言うと、凄い肩透かしを喰らった気分です。

それよりも、作品を覆う何とも言えない雰囲気がどうも苦手です。
お陰で他の視聴者の方達が指摘されていらっしゃるような
切なさは全く感じませんでしたし、余韻も残りませんでした。

比べて言い表せば、例えば
”縁の空”:切ないくらい官能的(これは凄かった!)
”SchoolDays”:驚愕する程の淫靡(しんどくなります。怒りさえ憶えました。)
そして
本作品:そこかしこに漂う微妙な淫猥さ(あからさまな描写こそ余りないのですが)
になるのでしょうか。
私だけかな?そのように感じるのは。
もしかしたら、それこそが鏡に映したくもない「人々の醜悪さ」、ということなのかしら?

そうそう失念してました。
酷さ加減では、 臨 > 伊藤誠 かもしれないと思いました。

ネタバレあり

タイトルの意味

ひさしぶりにこの手ので面白いと思いました。
比較にマドカマギカを出されている方もいましたが、正直ぼくはあちらの陳腐さに辟易した口なので。
正直絵とかは受け付けないタイプだったのですが見入ってしまいました。

ネタバレあり

コスチュームが毎回変わる

ちょっとしたトラブルを精霊の力で解決する。
呼び出せる精霊を全部使った後に、なにが起こるのか?
それが気になって最後まで見てしまう。

家庭教師のお兄さんは必要だったのかなぁ?

心に響いた作品です

中学生と多感な時期の心の移り変わりを描いた作品です。
本来学生にとっては楽しい夏休みに起こる忘れることの出来ない出来事を通して成長していく大人と子どもの境界の少女の心の変化に重きを置いています。哀しさや嬉しさといった思春期の心模様を本当に上手く描いた作品です。
私にとっても無くてはならない存在の作品でぜひ中学生に見てもらいたいです。隠れた名作なのでオススメします!

ありがとうございます。

 キャラクター達に、素直に感情移入して、怒ったり、悲しくなったりしてください。話の展開を考えてばかりだと大事なメッセージを受け取りそこねます。そういう物語です。
 今年もまた6月が来ます。6月のその日まであなたの残した素敵な作品たちを一つずつたどって行きますこの作品も素敵です。ありがとう。

隠れた名作の予感

序盤~中盤までは、わりと平凡な学生生活に魔法少女テイストをちょろっと絡めたような作品で、
空気感が合えば気軽に見れる、程度の内容でした。

が、終盤で謎の核心が明らかとなり、一気に物語は加速、
そして少し切なくも美しいフィナーレへと収束していきます。
展開的には”まどかマギカ”的な大器晩成型のシナリオ。
作風が作風なので序盤で諦めてしまう方が多そうですが、是非最後まで観ることをおすすめしたいです。

見るものがなくなってきて期待せず視聴したのですが、
描きたいテーマもしっかりとしており、
思わぬ収穫、隠れた名作(童話?)でした

うた∽かたを観終えて・・・

うた∽かたを観終えて・・・幸せです。

どう説明していいか・・うまく言葉に
できませんが、オススメいたします。

深いい話です。うん。それにつきます。

ネタバレあり

これは素直に良かったです

オープニングが明るめな印象で始まったので、お話の内容は少し暗いか切ないのかなと思いながらも、見て進めていると、やっぱり、切なさ一杯ですね。でも、とてもいい感じの切なさで最後まで見たら、本当に見て良かったと思いました。とりあえずは、この感想なんかを読んでいる暇があったら、この作品を早く見始めてほしいと思います。とても、お薦めなのです。

見どころ

洗練されたビジュアルとストーリーで定評のある、きむらひでふみ、門之園恵美、後藤圭二ら3人がユニットとして総力を結集した作品。普通の家庭に暮らす女子中学生・一夏のところに鏡の世界から不思議な美少女・舞夏が現れた。舞夏の誘う不思議な能力をきっかけに、一夏が学ぶ「ひと夏の経験」と言うと、ありがちな魔法少女的作品に聞こえるかもしれない。だが、実際のテイストは人間の内面に潜む欲望や本音を鋭くえぐるシビアなものだ。14歳という子どもと大人の境目にある年齢設定がそこで効いてくる。清潔で情感あふれる鎌倉の夏の風景をバックに、美しくミステリアスな映像が胸の奥に迫ってくる。思わずはっとする現代のファンタジーである。【アニメ評論家・氷川竜介】

キャラクター

一夏

私立の鎌倉女子学園に通うごく普通の中学二年生の女の子。小学校時代の友達は公立中学に通っているため、会った時にはどことなく疎外感を感じることも・・・。

舞夏

一学期の終了日、一夏が出会った不思議な少女。

皐月

一夏のクラスメイト。しっかり者で、好き嫌いがはっきりしている。竹を割ったような性格。

蛍子

一夏のクラスメイト。ほわ〜んとした性格で、誰とでもすぐ仲良くなれる。お金持ちのお嬢様。

未知留

一夏のクラスメイト。あまり感情を表に出すことがない少女。

スタッフ・キャスト

スタッフ
企画:gimik+HAL / 原作:gimik / 監督:後藤圭二 / シリーズ構成・脚本:きむらひでふみ / キャラクターデザイン・総作画監督:門之園恵美 / 美術設定:小林徳光 / 美術監督:飯島寿治 / 色彩設計:川上善美 / CGディレクター:武山 篤 / 撮影監督:櫻田知之 / 編集:西山 茂 / 音楽:大橋 恵 / 音楽プロデューサー:野崎圭一 / 音楽制作:ビクターエンタテインメント / 音響監督:明田川仁 / 音響制作:マジックカプセル / 制作:ハルフィルムメーカー / 製作:バンダイビジュアル /

キャスト
一夏:本多陽子 / 舞夏:浅野真澄 / 皐月:川上とも子 / 蛍子:落合祐里香 / 未知留:田村ゆかり / 誓唯:飛田展男 / 繪委:神奈延年 / 沙耶:川村万梨阿 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}