動画が再生できない場合はこちら

NARUTO-ナルト- 波の国編

20

0

0

1

3

1

絶対、火影になってやるんだってばよ!!

木ノ葉の里の落ちこぼれ忍者、うずまきナルトの夢はいつか里一番の忍者「火影」の名を受け継ぐこと。その身に封印された尾獣「九尾の妖狐」ゆえに孤独な過去を背負ったナルトだが、サスケとサクラという仲間を得、上忍カカシ率いる第七班の一員として任務をスタートさせた!!

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(5件)

波の国編~サスケ奪還編を視聴して

135話ともなれば2年半以上かけて放映されているのでしょうから
この長期間に渡って視聴を続けている視聴者に対しては
何回も同じ回想シーンが出ても、思い出させる等の助けになりますが
しかし、連続視聴した場合、集中が途切れたり冗長に感じたりします
そこに、ナルト達の承認欲求の強さと「てばよ」の独特の語尾が加わると
非常にくどくてしつこい感じで、具合が悪いと思いました

面白いんですけど、お勧め度4は厳しい作品

波の国編の魅力

NARUTOの本筋に突入する手前の、いわば前哨戦的存在とみられることが多い「波の国編」ですが、6話~19話は独立したエピソードとして、キラリと光る存在感と完成度を備えています。

この章のメイン敵キャラ二人が素晴らしく、こんな序盤で忍の悲哀を描き切っちゃっていいのかとビビるほど、NARUTO屈指の泣ける展開ですので、まだ観てない方も、ひさしぶりの方も、ぜひぜひ!

月額に来たタイミング良かった

ちょうどリアルタイムで進行中の疾風伝の内容ともリンクする波の国編です。
「転生マジ禁術、こりゃナルトのDVD買うしかな~!」
「って月額にきてるなぁ~」
そんな感じでした。
疾風伝見てる現役世代にとってはちょうどオイシイ部分じゃないかと思います
ただしジャンプ流の尺稼ぎとか原作待ちは酷かったときのDB並にパネェです

この話に続く中忍試験は広大なナルト界の中でもトップクラスの熱量を誇る部分なのでコレを見ると疾風伝の続きよりむしろ中忍試験を見たくなりました。

17話、19話

都留稔幸さん&鈴木博文さんコンビの絵コンテ・作画・演出の17話と19話の戦闘シーンがすご過ぎて繰り返し見てしまいます。これだけなら☆5つ以上にしたいのですがそれ以外が基本的に作画乱れまくっているので☆減らします。NARUTOは作画メンバーのいい回はほんとすごいので、この回は誰誰作画だなーとかいう見方で楽しむのもアリかと思ってます。
イルカ先生もカカシ先生もかっこいいですね!声優もいいし!そして波の国編のEDが大好き!

遅い…

コミックスは持ってます。何度となく読んでます。本来は大好きな作品です。
アニメだから仕方ないんでしょうけど、進行が遅い…驚くほど遅い、呆れるほど遅い。

感動的な場面を一つ一つ丁寧すぎるほどに、しっかりみせようとするので
逆に感動できません。「ありすぎる」「しつこい」そんな印象です

コミックスでは、一度もそんな風に感じたことはなかったのに
アニメ版は…しつこい。仕方ないんだろうけど…演出過剰で遅い!

キャラクター

うずまきナルト

木ノ葉隠れの里の下忍。悪戯とラーメンが大好きな、意外性No.1のドタバタ忍者。夢は里の長「火影」の名を受けつぎ、先代の誰をもこえる忍者になること。その体には里を襲った「九尾の妖狐」が封印されている。

うちはサスケ

木ノ葉で最も優秀な一族とうたわれたうちは一族の末裔。忍者学校(アカデミー)を主席で卒業、容姿も端麗なNo.1ルーキー。性格はクールで、ある目的のためストイックなまでに強さを求めている。

春野サクラ

第七班の紅一点。サスケに想いを寄せている。忍者としてまだ目立った活躍はしていないが、抜群の記憶力とチャクラコントロール能力を併せ持つ。また、カカシに幻術の才を見出される。

はたけカカシ

ナルトたち第七班を受け持つ上忍の教師であり、「写輪眼(しゃりんがん)のカカシ」として他の国までその名をとどろかす木ノ葉隠れの里のエリート忍者。いつもひょうひょうとした態度と言動で、感情をあらわにすることは少ない。

うみのイルカ

中忍にして、忍者学校(アカデミー)の教師。優しい人柄とバランスのとれた能力で、教え子たちだけからではなく里の上層部からの信任も厚い。忍者学校の問題児だったナルトの唯一の理解者。

三代目火影・猿飛

木ノ葉の忍の長である「火影」の三代目。四代目が里を救い、落命したために復職した。実力は歴代火影の中でも最強といわれている。里に存在する全ての術に通じており「教授(プロフェッサー)」の異名を取る。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:岸本斉史 / 掲載:「週刊少年ジャンプ」 / 発行:集英社 / 監督:伊達勇登 / シリーズ構成:隅沢克之 / キャラクターデザイン:西尾鉄也+鈴木博文 / 美術:高田茂祝 / 音楽:六三四プロジェクト+増田俊郎 / アニメーション制作:studioぴえろ /

キャスト
うずまきナルト:竹内順子 / うちはサスケ:杉山紀彰 / 春野サクラ:中村千絵 / はたけカカシ:井上和彦 / うみのイルカ:関 俊彦 / 木ノ葉丸:大谷育江 / 三代目火影・猿飛:柴田秀勝 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}