動画が再生できない場合はこちら

魔王ダンテ

36

0

1

2

2

4

謎の怪奇事件、悪魔崇拝者サタニスト、黒ミサ、宇津木家の秘密、
そして魔王ダンテに変貌した宇津木涼。数々の謎が謎を呼ぶ…!!

毎夜同じ夢にうなされるようになった城東大学1年生の宇津木涼。妹の沙織にも言えない夢の続きが現実となる時、涼は運命に抗えないわが身を呪う。涙する涼はダンテの生贄かそれともダンテそのものか。魔王ダンテが長き封印を打ち破り、神との再戦を告げる…。 ※内容の一部に過激な描写・表現があります。ご了承下さい。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(9件)

殺伐とした作風に圧倒された

しかし仕方ないとは思うがもう少し絵が動いてほしかった

伝説の作品

作品の出来自体は正直、うーん……といった感じ
ストーリーに細かい粗が多く、こういうのが気になる方には向かない
私の様にこの手の粗を都合よく無視できる人間にはいいかもしれないが

しかし、この作品がアニメーション化されたのは評価できる
何といっても、この作品は永井豪ファンにとって伝説とも言うべき作品なのだ
この作品の骨子である神、悪魔などの概念やキャラクター性は
永井豪渾身の傑作『デビルマン』に通じる所が多く
またダンテのスタイルは、日本の一大アニメジャンルであるロボットアニメの金字塔
『マジンガーZ』に強く反映されている
私の様な永井豪ファンにとっては、このアニメ作品は
「伝説の作品である『魔王ダンテ』をアニメーションにした」
というだけで価値のあるものと言っていい

永井豪ファン向け

いかにもダイナミックプロらしい作品。
永井豪ファンなら見ておいて損はないでしょう。

神、悪魔、人間とは・・・

正しいとは、悪とは、などと色々考えさせられました。

一人ひとりのキャラクターから伝わってくる熱量が大きいです。最後は思いっきり感情移入して見てました。

結局は人間賛歌だったと思います。人は愛のために神に立ち向かい、そして人の愛が神の傲慢を打ち砕いたと解釈しています。

作画枚数などを気にしてアニメを見るタイプの人は楽しめないかもしれませんが、世界観に入り込む人には自信を持ってオススメします!

ネタバレあり

そんなことはどうでもいいんです…

神だの悪魔だの人類だの… これはそんなどうでもいい事をウダウダ論じるための作品ではありません。
これは可愛い妹が「アニキ、アニキ」と絡んできてくれる、ただそれだけを愛でる作品なのです。妹が悪魔側で活躍(人類抹殺)するんなら神作品になれたと思います。

ネタバレあり

うーん…

神と悪魔の戦いで神が暴君という設定は色々見かけるけど、これが初めだったのかな?
まあ設定は良いんだけど、所々に出てくる脚色が残念な気持ちにさせる。
悪魔達が涼にたいしダンテになるように説得するとか、それを、冷静に断るとか。あと、ゼノンの説教もなんかゆるさ満載。

たくさんの悪魔や理性を失った人間が街で暴れるシーンはまだいいんだけど、緊迫する1対1の対決シーンは、迫力に欠けててガッカリする。

原作を知らないから分からないけど、セリフでの説明が多すぎる。
元賢者(人間)のサタンが、なぜ、神と悪魔が惹かれ交わると世界が消えると知っているのか?設定をしゃべられるのも興ざめする。

色々と残念な作品。

ネタバレあり

神への冒涜すぐるwwwwww

表現の自由万歳wwwww

日本以外じゃ抹殺ものですw


ネタバレあり

もっと・・・

永井先生の作品は好きなのですが
これも残念。

やっぱり、力強さ・タッチの荒々しさ
がないですね。自身のセルフリメイク
のマンガや故石川賢さんの手が入った
作品が個人的に好きです。

これはいいダイナミックw

オープニングが始まったときはすごく嫌な予感がしたwが、内容自体は原作を別方向にリメイクしている。
アニメーションとするとちょっとアレかも知れないが、魔獣戦線などのリメイクと比べると圧倒的に良い。
やっぱりストーリーの回しとテンポが重要だということだねw

オープニングは見なかったことにして、はぁと5つ^^

見どころ

原作は名作『デビルマン』の原点ともいうべき作品で、発表時には作者である永井豪自身がセルフリメイクした作品も平行して発表された。本作は、かつてのオリジナル版をベースにセルフリメイク版のエッセンスを巧みに散りばめながら独自の『魔王ダンテ』の世界を描き出している。運命に導かれ魔王ダンテの肉体と合体し、悪魔の王となる主人公や、その主人公に巻き込まれるキャラクターたちの苦悩が渦巻くドラマ展開の緊迫感は特筆もの。コアなファンにとっては、映像化された魔王ダンテを目にできるだけでも感動できるはず。その衝撃の結末も見逃せない。(アニメライター:川田鉄男)

キャラクター

宇津木 涼

城東大1年生。平凡な学生。最近、悪魔に襲われる悪夢にうなされる。ある日、それが正夢となる。ヒマラヤに瞬間移動した涼は、そこで、魔王ダンテに食い殺されてしまう。そして涼は、魔王ダンテになる。

宇津木沙織

涼の妹。高校2年生。悪夢にうなされる兄の涼を起こしてあげる優しい妹。頼りない兄に、内心、恋心も抱いている。

古代冴子(メドッサ)

美貌のファッションモデル。世界的な人気モデル。謎の多い人物。ダンテの手助けをするために「メドッサ」に変身する。

宇津木康介

涼の父。宇津木病院院長。表向きは高尚な医師。だが、彼にはもう一つの顔がある。それは、ダンテをはじめとする悪魔族を滅亡させるための神の結社「G」のリーダー的存在。康介の最終目的は…?

宇津木民子

引きこもりがちな涼を、娘の沙織とともに心配している。

大柴壮介

城東大学3年生。剣道部キャプテン。何かと涼の面倒を見てくれる良き先輩。だが、裏の顔は「G」のメンバー。宇津木康介を師と仰ぐ。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:永井 豪 / 監督:前島健一 / シリーズ構成・脚本:上原正三 / 監修:ダイナミック企画 / 企画:今西和人 / プロデュース:円谷映像 / キャラクターデザイン:小林利充 / クリーチャーデザイン:清水恵蔵 / 総作画監督:小林ゆかり / 色彩設定:森嶌一美 / 美術監督:柿本八起 / 撮影監督:岡崎英夫 / 音響監督:高橋秀雄 / 音響制作:ムービーテレビジョン / 音楽:元倉 宏 / アニメーション制作:マジックバス / 制作:魔王ダンテ製作委員会 /

キャスト
宇津木 涼:千葉進歩 / 宇津木沙織:小林沙苗 / 古代冴子(メドッサ):石塚理恵 / 宇津木康介:小山武宏 / 宇津木民子:五十嵐 麗 / 大柴壮介:櫻井孝宏 / ナレーション:石丸博也 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}