動画が再生できない場合はこちら

神世紀伝マーズ

29

1

2

5

1

1

一人の少年が永い眠りから目覚めた
人類へのメッセージを携えて…

横山光輝の人気コミックを原作にした3度目のアニメ化。西暦2002年。海底火山が噴火して、平成新島が誕生。取材に向かった朝読新聞の岩倉記者は、そこに少年マーズを発見した。観測船「あまも」に乗っていた地球環境研究所所長、横山博士が彼を収容、調査の結果、彼には秘密の使命が託されているようであった。人類の驚異的な科学進歩と武力拡大、宇宙進出の野望を警戒したミルキーウェイの神々は、マーズを六神体とともに地球に送り込み、100年後の地球を監視する−もし不穏な動きがあれば地球を爆破しなければならない…。マーズは自らの使命が何たるかも判らないまま地球で眠りにつき、レクチャーを受けながらしかるべき時を待つはずであった。しかし、突然の海底火山の噴火により100年を待たずして飛び出してきてしまったマーズは、横山博士やその娘の春美、岩倉記者など人々の優しさに触れ、自らの使命に疑問を抱く。はたして地球は、本当に神々が考えているような危険な星なのであろうか…? 時折聞こえてくる謎の声は一体何を意味するのであろうか…?

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)2002 横山光輝・光プロダクション/神世紀伝マーズ製作委員会

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(10件)

マーズかぁ…_BR_

コレも六神合体しないのか…(-。-;

神体のアレンジはともかく、素晴らしい

原作にある要素をフル活用、原作のドラマの薄さはオリジナル要素を加え、昇華させている。

原作は「猿惑」シリーズを消化できないまま、強烈なラストの印象に引っ張られて終わってしまった様に感じていて、バトルは好きだけどあまり好きな話ではない。

原作では語られない、地球外文明(超人と神体)について描いてるので、そういうのが気になっていたファンにはいいと思う。
自分は、原作通りに舞台は地球限定でよかったと思う。このスタッフにはそれが可能だった筈。
あ、でもそれだとラッシュとマーズのいい関係が描けないか・・・

ガイアーの肉弾戦を増やしてくれたら、尚良かった。

原作はとても物足りない印象があり、読み返しては物足りなさを味わう羽目に陥っていた。
私の「マーズ」が、やっと完結した。

グッジョブです!!

ネタバレあり

人の身勝手さもテーマだから仕方ないね

なかなか面白くて一気に見てしまった。
原作の初出が'76年~'77年と古い事と、どうやらストーリーやテーマありきでキャラを立ち回らせてるらしく、ツッコミ所や疑問点、見ていてもどかしくなる部分も多々あり。
マーズの優しさと誠実に報いたいと言ってくれるキャラが居てほしかったなぁ。

人類の歴史=戦争してばっかりじゃん、というのが物語の主題の一部であるため、各国の軍がぐいぐい前面に出て来る割には自衛隊が先制攻撃してたりと考証的なものは皆無なので(人類がすぐ武力を持ち出して来る事を描写する必要を満たせればよかったから、かな)、そういう細かい部分には目を瞑って作品のストーリーやテーマの方を見れる人じゃないと楽しめないかも。

原作と違うオチに関しては、全滅エンドだと身も蓋もないような気もするし、アニメ的には某作があるのでもういいかなと。
原作が好きだと映像化した時に改変されるのツライんですけどね。

ネタバレあり

イージーマーズ

原作のマーズとはラストが決定的に違いますが、こういう終わり方もまあありです。
原作がハードなら今作はイージー。ハッピーエンド版もあってもいいよね、くらいの気持ちで見るといいですね。
神体のデザインが個人的に大好きなのでそれ見たさに視聴しましたが、なかなか満足しました。

ネタバレあり

ガイアーは正義の使者じゃないよ。

オチは原作どおりの方が良かったんじゃないかな。
ほぼ原作どおり物語が進んでいたのだから。

ネタバレあり

コミックスとエンディングが違う

コミックスを所有しています。せっかく原作に忠実に話が進んでいるのに,最後がハッピーエンド?なのは納得がいかない。地球人の好戦性を危惧し,地球を監視していたはずの宇宙人が星間戦争で共倒れで絶滅したというのも説得力がない。懐かしい気分で視聴し始めたのに最後が残念。

ネタバレあり

残念な作品

せっかくの横山光輝原作なのにクオリティが低過すぎて語る気にもならないレベル。
肝心のラストも改変されてて非常に残念な作品です。
横山ファン以外の人が見る価値はエヴァとの共通性を見出す事くらいかな?


ラストは

原作と違うけど、意見が分かれるところでしょう。アニメとしてのできは、原作の雰囲気は出せているものの、魅力という点では今ひとつ。で、☆3つです。

六神合体の方は最早語りたくもないが、

 こちらの方も、原作に書き足したキャラとエピソードにねじ曲げられた結末の所為で、凡作に落ちたと思う。
 ハッピーエンドにしなければ売れないという頑迷なスポンサーでもいたのか、テンプレート通りでないといけないという監督の無能さでもあったのだろう。
 原作の結末こそが、無理を通して何とか良く収まろうとした所に愚かさの為に台無しになるという皮肉が効いていた。
 このテンプレートでは、どんなに莫迦をやっても誰かが帳尻合わせをしてくれるから気兼ねする必要が無く我を押し通せとしか聞こえない。
 これではハリウッドではないか。
 ケーキが上辺のクリームの形が違うだけで、中身は皆同じスポンジが詰まっているように、見せかけと些末時を変えただけで、骨子となる展開はうり二つの詰まらない量産品に過ぎず面白みは何もない。
 固有名詞とデザイン画を変えればいくらでも量産が利く代物に過ぎないだろう。
 かくも、残念だ。

ネタバレあり

おおむね満足かな

ほぼ原作通りの内容で、
ゴッドマーズに失望した方にはおすすめです。
ただし、ミューズのエピソードとか、
物語の結末は原作と異なってますが、
それはそれでまあ、面白いかな。

ネタバレあり
キャラクター

マーズ

ミューズ

春美

岩倉記者

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:横山光輝「マーズ」 / シリーズ構成・脚本:藤川桂介 / 監督:ふじもとよしたか / キャラクターデザイン:智秋 / メカニックデザイン:伊藤浩二 / アニメーション製作:プラム+スタジオガッツ /

キャスト
マーズ:関 智一 / ミューズ:かかずゆみ / 春美:増田ゆき / 岩倉記者:子安武人 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}