動画が再生できない場合はこちら

スレイヤーズNEXT

39

0

0

0

1

7

魔道書「クレアバイブル」を求めリナたちの旅が再び始まる。

神坂一の小説を原作にした人気アニメシリーズのTV版第2作。魔道の奥義が記された魔道書「クレアバイブル」を求めて旅に出たリナたち。千年前の降魔戦争以来、なりをひそめていたシャブラニグドゥ配下の魔族たちも動き出し、なぜかリナの行く手に絡んでくる…。

エピソード一覧(全{{titles_count}}話)

(C)神坂 一・あらいずみるい/富士見書房・テレビ東京・テレビ東京メディアネット

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(8件)

大好きな作品です。

 リアルタイムの時から好きでした。無印も好きですが、NEXTの方がギャグとシリアスのバランスが良いと思います。後半の魔族との攻防戦は見ごたえがあり、何回も繰り返し見ることができます。
 好きな呪文は私も覚えました。それから、リナがピンチの時の前向きな言葉にも励まされます。

何度でも見れる

スレイヤーズシリーズの中で1番好きです。
世界観も、キャラのテンションも、ギャグ回も、後半のストーリー展開も、バランスが素晴らしくいいです。
無印はまだ安定していないところがあるし、TRYは行き過ぎてしまった感じがするし、NEXTは1番いいです☆
ラストはそのへんの映画より抜群に見ごたえがあり、10数回リピートしてみました笑。
そして、リナとガウリイの距離感がきゅんきゅんです。
全話面白くて、何度見ても飽きません!

ラストが映画のよう

リナのツッコミ役として重い役割を担ってきたガウリィでしたが、今回は一行も人数が増えてその中で唯一魔法使えないこともあり、戦闘と普段とで存在感が薄くなった感じがありました。しかし最後は後れを取り戻すかのように大活躍をしました。
最後の決戦地が前作の近くというのは感慨深かったですね。

ネタバレあり

何度見ても面白い

久し振りに一気に見返しました。
90年代を代表するアニメだと思っていますが、やはり何度見ても面白かった。
最後にリナがちょこっとだけ素直になるところもジーンときます

ネタバレあり

アニメはたのしいもの!

はー!面白かった!って言えるアニメ!
大好きです!!

何年経とうが面白いww

学生のときからスレイヤーズは、面白く良く見てましたが、大人になっても面白い。
そして、リナが呪文を唱えて敵を倒すところが面白くこちらまでスッキリなります。

笑顔が、かわいい

リナちゃん、どんなにシリアスでも、どんなに怒っていても、ドラグスレイブ撃つ瞬間は、喜んでいるように見える。
本放送時、一生懸命、呪文覚えて、唱えてみたり、叫んでみたりしませんでしたか?
めいっぱい生きている証って言う感じのする、テビレアミメ(テレビアニメ)好きでした。
続編もっといっぱいみたいです。

ゼルガディスから、ゼロスの時代へ

私的にゼルガディス好き⇒ゼロス好きへと変化をもたらしたシリーズでした。
いやぁゼロスの石田彰さんがハマり役なのです…!思えばココから私の彰好きが始まった…。
と、まぁ彰の話は置いといて…いま思うとこの作品、
当時としては珍しく中だるのみないとっても良作だと思うのです。
結構アニメオリジナルだと脚本が…ってあるのですが第1話~第26話まで楽しめました☆
世界観知らない方でも見て損ないと思います!
オススメです!!

キャラクター

リナ=インバース

「ドラまた(ドラゴンもまたいで通る」)などの異名を持つ美少女魔道士(自称)。悪人やモンスターを数多く退治してきたが、周囲の迷惑を顧みない暴れっぷりから、悪人だけでなく一般人からも恐れられている。

ガウリイ

剣技と体力に優れ、弱者に味方する清く正しい心の持ち主の美青年。超一流剣士かと思いきや、記憶力はスライム並、世間の一般常識についてはスライム以下だったりする。本人は「リナの保護者」のつもり。

ゼルガディス

強さを求める心の隙を赤法師レゾに利用され、邪妖精(フロウ・デーモン)とロック・ゴーレムの合成生物(キメラ)にされてしまった青年。リナの協力者となり、元の姿に戻る方法を探しながら冒険している。

アメリア

聖王国セイルーンの第2王女にして白魔法の巫女。華奢な外見とは裏腹に頑強な肉体を持ち、無類の打たれ強さを誇る「愛と正義と真実の使者」。正義の味方(自称)らしく、高い場所が大好きな元気娘。

ゼロス

人の良さそうな風貌とは裏腹にシャブラニグドゥの五人の腹心に次ぐ実力を持つ、獣神官である超高位魔族。リナたちを異界黙示録(クレアバイブル)探しに駆りたてたりや裏切った魔族を追いかけたりなどしている。

マルチナ

ゾアナ王国の王女で、自分で考えた魔神ゾアメルグスターを信仰しているちょっと困ったお方。セイルーンへの謀反を企むがリナの介入を招いて故国が崩壊。その後、リナに戦いを挑みながら王国再興の夢を追う。

シルフィール

白魔法を得意とするサイラーグの巫女で、ガウリィのお知り合い。以前からガウリイに想いを寄せている。争いを好まない性格を反映してか、攻撃魔法は大の苦手。しかし魔法の腕前自体はかなりのものである。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:神坂 一+あらいずみるい / 掲載:月刊ドラゴンマガジン+月刊コミックドラゴン / 発行:富士見ファンタジア文庫/角川書店 / 企画:角川歴彦 / 監督:渡部高志 / シリーズ構成:小山高生(ぶらざぁのっぽ) / 脚本:小山高生 / キャラクターデザイン:宮田奈保美 / 美術監督:東條俊寿 / 音響監督:藤野貞義 / 音楽:手塚 理+Vink / 製作:テレビ東京+テレビ東京メディアネット+丸紅 /

キャスト
リナ=インバース:林原めぐみ / ガウリイ:松本保典 / ゼルガディス:緑川 光 / アメリア:鈴木真仁 / ゼロス:石田 彰 / マルチナ:柊 美冬 / シルフィール:冬馬由美 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}