動画が再生できない場合はこちら

もしドラ

59

2

1

4

2

7

わたし、野球部を甲子園に連れて行きます!

都立程久保高校二年の川島みなみは親友・宮田夕紀の入院をきっかけに彼女に代わって野球部マネージャーになることを宣言する。だが、みなみはマネージャーが何をするのか見当もつかない。書店でマネージャーの入門書として手にしたのが経営学の大家ドラッカーの『マネジメント』だった。野球部の顧客とは何か、選手へのマーケティングの実践、学校全体への社会貢献、そして高校野球へのイノベーションと、みなみのマネジメントが今始まる。 ※本映像はTV放送版です。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)岩崎夏海・ダイヤモンド社/NHK・NEP・IG

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(16件)

イノベーション

野球漫画(アニメ)といえば、努力・根性・友情・好敵手・才能が定番で、いまさら野球アニメなんて見る気もしないのですが、定番を覆すこのような異色(意欲)作品は大好きです。
10話で終わってしまうのが非常に惜しいです。
野球を別視点から描いた作品として「ONE OUTS(ワンナウツ)」があり、こっちはギャンブル(勝負師)・人間心理などから描いています。
普通の野球漫画・アニメに飽きている人に、本作品とともにオススメします。
面白かったです。

ベタ~

べたな展開で泣かされます。
売りであるマネジメントは、そんなに生かされていないように感じます。
要は「やる気」だということでしょう。
素直に高校野球アニメを楽しむならよい作品です。

ネタバレあり

よかった

笑は少ないけどためになる作品です。さすがNHK。

感動した

他の方々が書いているように、ストーリーはベタで、素朴な作品です。

個人的には、そこが高校野球らしくて良いかと感じました。

展開の先読みやツッコミなどをせずに、気軽に見れば、楽しめて感動できる佳作と思います。

マネジメントするということ

社会というか、共同体の中でいかに生きていくべきか、ということに重点が置かれた作品です。
やきうファンが見て面白い作品ではありません。この作品の根本はスポコンでもやきうでもありません。
面白いやきうが見たければ、他の作品をみるべきだとおもいます。
自分の仕事のあり方などについて、非常に考えさせられる作品です。

解説本をアニメにした作品

もとが解説本なので、「マネジメントではこうやって解決する」のが展開の常ではありますし、「マネジメント」の手法や要素を実際に自分たちの状況に合わせて具体化することを割とあっさりやっているのもお約束なのでしょうけども。
話の作り方が「マネジメント」の紹介主体であり、キャラの設定や行動に説得力がない(主人公の野球嫌いも何か違わないかなーと感じましたし、病気設定もご都合主義の最たるものにしか……)ので、娯楽作品としてのアニメの面白さはあまり感じられませんでした。
解説本としてのベースは必要だったのでしょうけども、アニメはアニメで話をきちんと作ってくれても良かったのではないでしょうか?
冒頭の三宅アナウンサーのナレーションだけは、「さすがNHK」と思いましたね。

本も良いけど,アニメも良い.

本屋で話題の本として並んでいた時に読んで面白いと思いました.
アニメもうまくまとめて仕上がっていたと思います.面白かったです.

経済

元の本がマネジメントを野球に例えて、わかりやすく教えるためのものなので、スポ根ものとしてみると、駄目に見えてしまう。
この作品を、アニメや映画にすること自体が、駄目なのだと思う。
マネジメントの本としては、初心者向けで、いいですけど。

やきゅうのほうそくがみだれるっ

「マネジメント」力学場で展開される「やきゅう」は私の知っている野球ではありませんでした
特に、七話の七分三十秒あたりに出てきた四角い野球場はなんだったんでしょう・・・

ネタバレあり

女の子は可愛いです

実際のビジネス書を引用しながら、主人公が問題を解決していくというコンセプトは面白いと思う。

しかし、最初から最後まで「問題が起きる→ドラッカーを引用して解決」というループを繰り返すだけで話の起伏が無い、登場人物が棒立ちで台詞を言わされているだけ、肝心の野球シーンの描写が雑過ぎる等、折角の斬新なコンセプトが台無しになっている印象。

ネタバレあり

原作を読んでいるなら楽しめる

主人公の女子マネが『マネジメント』を参考にして、試行錯誤を繰り返し工夫をしながらマネージメントを頑張っていくのを、見守る物語です。
あくまでマネージャー視点なので、野球ものとして選手視点の感動ドラマを期待して視聴するとがっかりすると思います。

原作もアニメも、最初から『これはドラッガーのマネジメントをオススメするための物語』と割り切って楽しむのが吉。
割り切れる人にとっては、とても興味深く楽しめる作品になるかと思います。

少し残念

これさ、途中結構ストーリーカットしてるから販売作に比べると?が付いてしまう。 少し残念。

ネタバレあり

病弱ねーちゃんが現代のイソップ?

話の構成ははっきりいってベタベタです
一見関係ない様な題材をくっつけたことで目新しく感じるのですが
ドコか懐かしいというか安心すると言うか…
見ていてスクールウォーズを思い出しました

こういう昭和の熱血ドラマ的な話も林立しない程度に
出てくるのなら飽きもしないし大変結構だと思います
面白かったです

ドラッカーとは懐かしい

 主人公と「マネジメント」の出会いが、かなり強引で不自然ですが、P.Fドラッカ-を少しでも勉強した者としては嬉しくなりました。「マネジメント」読んでみませんか?

最後の台詞が難しいかもしれない

最後の台詞が

ドラッカーの言葉として聞くか
程高ナインの矜恃として聞こえるか

その辺でこの作品の価値は決まると思う。

ストーリーはイマイチですが、興味深いアニメでした。

実にベタなストーリーです。ストーリーもフラグがバリ3並みに立っているので山場で感動できず、やっぱりそうなるのね・・・的な感想です。
ストーリーだけなら決して見ないアニメなのですが、ドラッガーのマネージメントを野球に応用っていうのは非常に興味深かったです。

ドラッガーのマネージメントの内容紹介・・・っていう立ち位置で見るべき作品かと。

キャラクター

川島みなみ

勘違いから手にした経営学の大家ドラッカーの著書『マネジメント』を武器に、弱小都立校だった程久保高校の野球部マネージャーとなる。せっかちで早とちりだが気持ちの切り替えが早い。

宮田夕紀

子供の頃からのみなみの親友。程高野球部マネージャーをしていたが病気のために長期入院することに。みなみの頼みで野球部の部員のマーケティングを任せられる。趣味は手芸。みなみと同じマスコットを持っている。

浅野慶一郎

程高野球部8番エースピッチャー。右投げ、右打ち。キレのある速球が武器。練習にはあまり顔を出さないが試合には必ずやってきてエースの責任を果たそうとする。スタミナが切れてくると制球が定まらなくなる。

柏木次郎

程高野球部5番キャッチャー。右投げ右打ち。みなみと夕紀の幼なじみ。ムードメーカーとして野球部を盛り上げることもあるが、実はなにも考えていないことが多く思ったことが口に出てしまう超鈍感。

加地 誠

程高野球部監督。歴史教師でもある東大卒の程稿野球部OB。野球技術論、戦術論に関する造詣が深いが、選手に思ったことを強く言えない上に、言うことも理屈っぽくわかりづらい。今の高校野球に不満がある。

二階正義

程高野球部の補欠選手。右投げ、左打ち。将来、起業家となる経験を積むため野球部に入部した。『マネジメント』完全版を読んでいるほどのドラッカー好き。みなみも一目置くような提案をするよき相談役。

北条文乃

夕紀の後輩の程高野球部マネージャー。学年一の優秀な成績だが優等生と呼ばれることに抵抗がある。情報分析や作戦立案など、監督の加地の補佐役を務める。尊敬する夕紀のようになりたいと思っている。

星出 純

程高野球部4番サード。右投げ、右打ち。抜群の野球センスと実力を持つ無口な選手。プロまで野球を続ける自信がなく程高に進学したのだが自分自身の実力がどこまで通じるのかを確かめたいと思っている。

桜井祐之助

程高野球部6番ショート。右投げ、左打ち。三人兄弟の末っ子で子供の頃から野球が身近にある環境で育ち、一年後輩でありながらレギュラーに抜擢されている。プレッシャーに弱く、肝心なところでミスをしがち。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:岩崎夏海「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」 / 発行:ダイヤモンド社 / キャラクター原案:ゆきうさぎ / 監督:浜名孝行 / シリーズ構成:藤咲淳一 / キャラクターデザイン・総作画監督:宮川智恵子 / 美術監督:大野広司 / 色彩設計:田中美穂 / 撮影監督:荒井栄児 / 音楽:佐藤 準 / 音響監督:平光琢也 / アニメーションプロデューサー:大上裕真 / アニメーション制作:プロダクション I.G / 制作統括:斉藤健治+柏木敦子+石川光久 / 制作・著作:NHK+NHKエンタープライズ+プロダクション I.G /

キャスト
川島みなみ:日笠陽子 / 宮田夕紀:花澤香菜 / 浅野慶一郎:柿原徹也 / 柏木次郎:陶山章央 / 加地 誠:津田健次郎 / 二階正義:浅沼晋太郎 / 北条文乃:仲谷明香 / 星出 純:細谷佳正 / 桜井祐之助:中西英樹 / 朽木文明:赤澤涼太 / 新見大輔:内匠靖明 / 宮田靖代:平田絵里子 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}