動画が再生できない場合はこちら

GOSICK–ゴシック–

85

0

0

0

0

17

「知恵の迷宮からぬけだす方法はただひとつ―
美しき怪物(モンストル・シャルマン)を、あまいお菓子で手懐けること」

聖マルグリット学園の図書館塔の上、緑に覆われたその部屋で、妖精のような少女―ヴィクトリカは待っている。自らの退屈を満たしてくれるような、世界の混沌を―。そして一人の少年<春来たる死神>を―。二人の出会いが、全ての始まり。その物語、GOSICK。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(17件)

いろんな分野を一つに。

あまりランキングとかよくないけど、いろんな分野に対応できる。バランスのとれて完成された、いい作品だと思う。個人的には結構押しますけど。

最後の最後

ほんの数分間の為にある全24話です。

その途上で出会う数々の謎も
途中で見舞われる艱難辛苦も

ヒロインと主人公をその先で待っているものは
大団円か、それとも、、、

とても雰囲気が備わっていて、好きな作品の一つです。
是非とも1度はご覧の程、如何でしょう。

面白かったです

ゴシックロリータの探偵物。第一次世界大戦後の架空のヨーロッパ小国を舞台にしています。主人公は伝統ある聖マルグリット学園へ留学中。ここで出会う謎の少女。数々の事件を通して心が触れ合い、絆が生まれる。物語は大戦の時代へと発展し、大団円を迎えます。原作小説では一期にあたるアニメ化のようですが、2003年から現在まで続く息の長い(細々とですが)シリーズです。作者の桜庭一樹さんは、2008年に『私の男』で直木賞を受賞してます。ゲームシナリオなどのノベライズから一般作品への転向まで多くの作品を残しています。アニメやゲームファンと寄り添いつつ、その実力をファンサービスに費やしてきたのだと思います。GOSICKは公式通りのお約束設定が多いのですが、初版が2003年ですから実際はこちらが原典であり、公式はここから転用されたのが真実かも。今の時代でも色あせないストーリーテラーをお楽しみください。

面白い作品だと

音楽、作画、ストーリー、キャラ全体的にとても良かった。
各章の物語が完結しているにも関わらず、後々の物語にちゃんと繋がっていてだれることなく一気に見れました。
ヴィクトリカもかわいいしとても満足です。

ネタバレあり

知恵の泉とは?

ヒロインは、「父の姦淫から産み落とされ、父から虐待を受ける不遇な幼少を過ごす体験を経て、影から母による無償の愛を受けつつ、自身に振りかかり積み重なる体験(事件)を、運命(科学)として受け入れ、混沌とした時代(2度の戦争世界)を乗り越え、久城一弥との相思相愛(約束)を実らせ、幸福な心境(退屈の価値)を手に入れるに至る」人生を歩んだ。【備考欄:瞬間の連続が命に係わっている中では、「退屈」は価値を持たない。】作品鑑賞後、現実と重ね合わせると、タイトルとヒロインからゴシック建築のノートルダム寺院が想起させられる。2013年、850周年を迎え(3月23日に"新しい9つの鐘"が鳴った)、さまざまなイベントが行われた。疑うことなく新しい時代の中にいることになるが、・・・。

良い作品です。

ミステリー、ちょっとした謎解き要素のある作品です。
ラスト付近は少し重めですね。

すばらし。ストーリー展開、キャラ、設定、声優すべて優れた作品

とにかく。ヴィクトリカが可愛い。悠木さんの声もいい。ストーリ展開が飽きさせず常に先が気になる展開で、最後まで楽しませてくれる作品です。アブリル、セシル先生も魅力的ですね。時代設定もしっかりしていて、歴史の勉強にもなるかもしれませんよ。(^^)
とにかく良い作品だから見て下さい。自分はBD購入を決意ました。(^^;)>

ゴシックを観終えて・・・

ゴシックを観終えて・・・よかったです。

ひとりの少女が、こころを育む物語です。

〝知恵の泉〟が語りかけてくる謎解きは、
順を追って伏線が見えてきて、8割位は
観ているとわかり、一緒に答えあわせを
楽しめる様になっています。

主人公達の出会いと別れをメインにして
いるので、スケールの大きさもそんなに
気にならず、最後まで楽しめました。

絵柄もきれいなので、オススメします♪

ネタバレあり

何回見てもいい

この作品、投稿者全員が☆5

主人公の2人どちらも好感もてるキャラ。
周りのキャラもいい味出してる。

ストーリーも素晴らしい展開をみせる傑作。

トリップ注意報!

この作品を見てる間はずっとぽわ〜んとしてました。世間とのズレが生じる瞬間がこういう時何ですね。カオスの欠片を探すより二人の安否を気遣いました♩しっかりしたストーリーラインでとっても素敵(可愛い)お二人様の主人公。以下、勝手な妄想です(お許しください):
Félicitations aux jeunes mariés pour leur union, Victorique et Kujyo-kun!

ゴシックちゃん最高!

ただひたすらヴィクトリカちゃんと九条のやり取りにニヤニヤしていました。
アヴリルも可愛いんだけど、この二人の間に割って入るのは無理があったかなとw

ちょっと伏線をひっぱりすぎでご都合主義な所もあったけれど
素晴らしいEDで全て帳消しになりましたね。

素晴らしい物語をありがとう!二人ともおしあわせにね!

ネタバレあり

ゴシックヤバス!!

最終回二人が会えてよかったなと思いました!

泣きながら見てました。

もっとみたかったです!!

ネタバレあり

ラノベ最高傑作の一つ

何気なく読み始めたシリーズで、途中、存続の危機も迎えましたが、見事完結。
すべての謎が解明されると同時に、スケールの大きな物語が明らかに。
最終話から、第一話を回想したいという一心で、アニメを見始めました。

おきにいりです

なぁーんかいいよね。きもいおじさんは出てくるけど

推理小説原作の素晴らしい作品

推理ものとして見ると少し物足りないが、背景などの作画が綺麗です。
作品の世界観とか全体的な雰囲気は私は好きですし、オープニング、エンディング曲も、とてもよかった。
ヒロインのヴィクトリカがかわいいですね。(声優、悠木 碧さんのさんの演技力は、やはりすごいです。)
派手さはないが、終盤に向けての展開に引き込まれ感動しました。
最後は久城一弥とヴィクトリカの二人の強い愛の絆を、描いている作品ですね。

続けてほしい作品の一つ

人間味に溢れたとても良い作品だと思う。最近は、何か勘違いして直ぐにエロい方向へと突っ走る傾向が多い中、とてもキャラクターの魅力に溢れた正統派のアニメだと思う。もう少し、続けて欲しいが、これはこれで、この話数だから魅力なのかもしれない。

音効果が絶妙

ヴィクトリカの可愛さにおどろく

が、何より”音”が絶妙
ちょっとした効果音とかBGMとか

しかし昨今の日本男児はそんなに優しくないと思う・・・

キャラクター

ヴィクトリカ

聖マルグリット学園の図書館最上階にある植物園で、いつもおびただしい数の本を読みながらひとり過ごしている美しい少女。小さな体に似合わず、退屈しのぎにその頭脳と圧倒的な知識で、様々な事件を解決へと導いてしまう。一弥のことも「退屈しのぎだ」と思っている様子だが…。

久城一弥

東洋からの留学生としてソヴュールにやってきた少年。軍人一家の三男として厳しく育てられ、成績優秀で正義感も強いが、一生懸命すぎて空回りすることも。学園では「春来たる死神」と、いわれのないあだ名をつけられて恐れられている。

グレヴィール

ソヴュール警察の警部。一目見たら忘れられない、その奇抜な髪型で知られている。由緒正しい貴族の嫡男でありながら、警察の捜査を指揮しており、難事件を次々と解決している、との噂。

セシル

聖マルグリット学園の教師で、一弥のクラスの担任。明るくて、おっとりしたところがあるが、一弥が一日でも早く学園になじめるようにと、気にかけている。授業に出ていないヴィクトリカへの届け物を、一弥に頼むことが多い。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:桜庭一樹 「GOSICK -ゴシック-」シリーズ / 発行:角川文庫/角川書店 / キャラクター原案:武田日向 / 監督:難波日登志 / シリーズ構成:岡田麿里 / キャラクターデザイン:川元利浩・富岡隆司 / 総作画監督:富岡隆司 / デザインワークス:竹内志保 / 美術監督:近藤由美子 / 色彩設計:岩沢れい子 / ビジュアルコーディネーター:京田知己 / 撮影監督:古本真由子 / 編集:定松 剛 / 音響監督:原口 昇 / 音響効果:倉橋静男 / 音楽:中川幸太郎 / 音楽制作:日本コロムビア / アニメーション制作:ボンズ / 製作:GOSICK製作委員会 /

キャスト
ヴィクトリカ:悠木 碧 / 久城一弥:江口拓也 / グレヴィール:木内秀信 / セシル:鹿野優以 / アブリル:下屋則子 / コルデリア・ギャロ:沢城みゆき / ゾフィ:根谷美智子 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}