動画が再生できない場合はこちら

薄桜鬼 碧血録

55

0

0

0

5

7

『薄桜鬼』――それは、散りゆく運命に抗うかの如く戦い続けた新選組と、
彼らとともに生きる道を選ぶ少女の物語。

TVアニメの第2シリーズ。二六〇年余り続いた江戸時代が終焉を迎え、明治という新たな時代が幕を開け始める。しかし、そこには士道を貫かんと、身命を賭して戦い続ける男たちがいた。薩長土を中心とした新政府軍と、徳川家臣を中心とした旧幕府軍との熾烈な争い――戊辰戦争に身を投じていく新選組。自らの宿命に手繰り寄せられるように、彼らは苛烈な道へ歩を進めていく。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)IF・DF/「薄桜鬼 碧血録」製作委員会

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(12件)

本当に本当に、大好きな作品です。

今でも見返すたびに涙が出そうになります。原作ではラブラブエンドも見ることが出来ますが、私はアニメの皆死ぬエンドが一番好きです。
羅刹設定はいらなかったのではないかというレビューもありますが、皆さん分かっていませんね…笑 羅刹の一番のポイントはずばり吸血シーンです!!原作のカズキヨネ先生の描く吸血シーンはそれはそれは素晴らしいです。色気爆発です。アニメの惜しいところはそこですね。もう少し色っぽく書いてほしかった… 愛する人を傷つけてはいけない、でも愛する人を守るためには血が必要…そんな葛藤が素晴らしくごちそうさまです。そしてそれ抜きで考えても史実で死んだ後に羅刹となるのでアニメでも必要な設定だったのではないかと思います。(山南さん、平助くんたちは羅刹になるタイミングで死んでいます)逆に戦争の後に死ぬ斎藤さんたちはアニメでは羅刹になっていません。
皆さん、一度見てください。人生変わりますよ。

ネタバレあり

アニメからゲーム

このアニメを見てゲームもやってみました。
すっかり薄桜鬼ファンにw

明治維新の旧幕府側はあまり知らなかったので、このアニメ全体を通して大まかな流れを掴めて勉強になりました。

内容として

納得のいかないところたくさんはありますが
キャラクターの必死さや曲の綺麗さで感動しました

ネタバレあり

誠の心

恋愛寄りかと思いきや、各々が誠心を持って戦う素晴らしいアニメでした。
仲間の為に戦って、最期を迎える…どのキャラクターもすごく男気に溢れていて感動します。
私の様に乙女ゲームだと思っている方は先入観を払拭して、感動するために観ていただきたい作品です。

武士の生き様

基本的に負け戦のなかで
新撰組の人物がどのように生きていくかというのを
描かれていると思う。
歴史的な背景があるので、ストーリーの進み方は
やはり駆け足な感じがしたが
最終的には土方とヒロインでのラストになった。

ただ、羅刹や鬼の設定はそこまで必要だったのか
というのはあったが、最終的にはオカルト的な部分は
あまり出さずにまとまっていたと思う

ネタバレあり

散りゆく桜に、儚さと憧れを抱かずにいられない

乙女ゲー原作のアニメですが、第一部に続き見ごたえのある作品になっていると思います。

史実に沿って、近藤局長の変心・隊士たちの離隊・会津から五稜郭までの敗走を描いています。

己の信念を貫いて見事に散っていく隊士たちの姿を見たときに、乙女ゲー原作と小馬鹿にしていた態度は消えていました。

男女ともにオススメしますが…ちゃんと第一部から見てくださいね。

薄桜鬼・・タイトル通り 感動の最終章

最高でした!仲間が次々と戦いの中で散って・・悲しいけど、皆、武士として新選組として
立派な最期をとげていく様は泣けました。史実とはかなり違った箇所はフィクションと
して割り切ります。千鶴と土方さんが最後の最後でLOVEになって素敵でした。
沢山の人に見てもらいたい作品です。新選組に皆さん、安らかに。

シリアス

これだけがっつり骨太に、史実沿いに新選組を描き切るとは予想してなかったので驚きました。
その分、伝奇風味は薄め。時々、アレ…?羅刹設定とか別に要らなかったんじゃ…?と感じさせるバランス。ファンタジー要素は風呂敷を広げきる前に全力で畳みにかかった気がして、素材(新撰組)が持つ絶大な魅力に引きずられ過ぎた料理というか、もう少しぐらい超展開見たかったな、と、自分にはちょっと肩すかしでしたが。
そういうことを気にしなければ、ひたすらカッコよく、泣ける作品です。

ネタバレあり

しっかり新選組でした。

原作(元ネタ)が原作だけに、今まで見ていませんでしたが、内容は
しっかり新選組してましたね。感動しました。
もちろん、史実とは違う点がありますが、男性が見ても抵抗なく
楽しめる作品です。
私としては、土方副長(局長)は、死んでなく千鶴さんと末永く幸せに
生きたと信じます。
お二人とも、どうかお幸せに。

ネタバレあり

男気あり!!

一君も歳君も恋話には疎いけど男気ありでよかった♥

ネタバレあり

かっこいい

やっぱり新選組はかっこいいです
私は、沖田さん一番です
はまるますので見てください

カッコよすぎる。

土方さん、超カッコいいですね(*^^*)千鶴ちゃんは、かわいいです。他の組長たちも、カッコよすぎるので、ぜひ、皆さんみてください。はまりますよ。

キャラクター

雪村千鶴

新選組の秘密を目にしたことから、軟禁されてしまった少女。出会いから四年という歳月が過ぎ、隊士たちとの関わりも深くなった千鶴は、井上や山崎に託された想いを胸に、自らの宿命と立ち向かっていくことに。

土方歳三

近藤らとともに武士を夢見て浪士組へ参加。京から退却する際に鬼である風間と戦い、変若水を飲んで羅刹化。鬼と拮抗する力を手に入れた。新選組の行く末を第一に考える気骨ある人物で戦略に長けている新選組副長。

沖田総司

幼い頃より天然理心流道場で近藤たちに剣を学ぶ。労咳を患って戦線離脱していたが、近藤が狙撃されたのをきっかけに羅刹となり、再び剣を握るようになる。本気か冗談かわからない発言が多い、一番組組長。

斎藤 一

武士の世では珍しい、左利きの居合いの達人。新政府軍の戦力を前に、「刀の時代が終わった」ことを知り、心を痛める。観察眼に優れ思慮深いものの、多くを語らないため真意が伝わり難い、三番組組長。

藤堂平助

最年少の新選組幹部。尊王の志を以って一度は隊を離れるが、油小路の変にて重傷を負い羅刹となる。復帰後は、山南率いる羅刹隊に所属。明るい性格で誰とでもすぐに打ち解けることができる、元八番組組長。

原田左之助

新選組ではしんがりを務め、剣術より槍術を得意とする。鳥羽伏見の戦いにはその得意の槍で臨むものの、新政府軍の兵たちが扱う射程の長い銃に苦しめられた。裏表のない一本気な性格で義理堅い、十番組組長。

近藤 勇

道場主をしていたが、武士を夢みて浪士組に参加。油小路の変の後、御陵衛士の残党に狙撃されて重傷を負う。穏やかな風貌で情にもろいが、幕府のため、新選組のためとあれば非情な決断をくだす新選組局長。

山南敬助

局長の近藤に次ぐ総長という立場にあったが、左腕の負傷をきっかけに自ら改良を進めた変若水を服用。羅刹化してからは、羅刹となった者たちで構成された「羅刹隊」を束ねることになる。

永倉新八

大の剣術好きで、その腕前は「新選組一」と謳われる沖田と並び称される。鳥羽伏見の戦いでは決死隊として敵本陣に攻め込むが、多くの仲間を失うことに。江戸っ子らしい気風の二番組組長。

島田 魁

新選組一の巨躯で、質実剛健を地でいく人物。永倉率いる二番組の伍長を務め、鳥羽伏見の戦いでは決死隊として奮闘した。心から尊敬する土方とともに旧幕府軍に加わってからは軍監となる。

榎本武揚

幕府海軍の副総裁を務めていた人物。江戸っ子らしくさばさばした性格で人望も厚い。蝦夷に渡った後は旧幕臣たちで建立した国の総裁となる。

大鳥圭介

幕府陸軍伝習隊を率いる歩兵奉行。武士というより学者肌の気質なため土方と反りが合わないこともあるが、彼の腕を買い先鋒の参謀に推薦する。

風間千景

新選組の前に立ちはだかる西国の鬼の頭領。祖先が受けた恩を返すため、薩摩に手を貸している。常に見下した態度をとる自信家で、羅刹となった土方に鬼の矜持を傷付けられたことを根に持つ。

天霧九寿

風間家に仕える西国の鬼で、武器を持たずに拳一つで戦う。しきたりや礼節を重んじ、寡黙で思慮深い。薩摩に与しているが、鬼は人間と関わるべきではないと考えている。

不知火 匡

ある理由から長州に協力している、西国の鬼の一人。好戦的で口調は軽いものの、真っ正直なところがある。新しもの好きで、武器も最新式の銃を扱う。

南雲 薫

土佐に与する西国の鬼で、千鶴の双子の兄。南雲家で辛い目に遭ったことから千鶴を妬んでいて、彼女を保護する新選組の邪魔をしようと暗躍する。

雪村綱道

千鶴の父。幕命を受け、新選組で変若水の実験をしていた人物。京で消息を絶つが、倒幕派にいるとの情報も。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:オトメイト(アイディアファクトリー/デザインファクトリー) / 原案・構成監修:藤澤経清 / キャラクター原案:カズキヨネ / 監督:ヤマサキオサム / キャラクターデザイン:中嶋敦子 / 音響監督:岩浪美和 / 音楽:大谷 幸 / アニメーション制作:スタジオディーン /

キャスト
雪村千鶴:桑島法子 / 土方歳三:三木眞一郎 / 沖田総司:森久保祥太郎 / 斎藤 一:鳥海浩輔 / 藤堂平助:吉野裕行 / 原田左之助:遊佐浩二 / 近藤 勇:大川透 / 山南敬助:飛田展男 / 永倉新八:坪井智浩 / 島田 魁:大羽武士 / 榎本武揚:伊藤栄次 / 大鳥圭介:内匠靖明 / 風間千景:津田健次郎 / 天霧九寿:山口りゅう / 不知火 匡:吉田裕秋 / 南雲 薫:伊藤葉純 / 雪村綱道:斎藤龍吾 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}