動画が再生できない場合はこちら

8

0

0

1

0

1

守るべきものが見つかったとき、人は強くなれる

少年は高校生で揉め事処理屋。暗い生い立ち故に、愛想笑いで身を守り、普通に憧れている。が同時に、そんな自身と葛藤している。信じて埋め込んだ強さの象徴…それは本当の力なのか。少女は特異な大財閥の娘。運命を呪うことも、外の世界も知らない少女の瞳は実に真っ直ぐでおそれを知らない。素直さ故に表出する彼女なりの正義…それは運命への反抗なのか。そして、少年と少女は出会った。少女は云う「子供だからといってバカにするな!」少年は想う「バカは俺のほうだ…」子供と大人、女と男、二人はどうお互いを鏡見るのだろう。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(2件)

原作と大きく異なるが・・・

原作は漫画のみを読破しています。ストーリーの構成としては原作の過去編(紫との出会いから奪還まで)を描いています。ギロチン編までは行きません。
そしてキャラクター設定が原作と大きく異なります。原作のキャラクターが好きという人にはあまりオススメできません。
しかし、アニメ単体としてのクオリティは高いと思います。作画も良く、1クールという枠で上手くまとまっています(1話だけ謎のミュージカル回がありますが)。
総じてまとめると「物凄く手の込んだ二次創作」です。
原作未読でちょっと興味がある人や、原作とは別物として見ることができる人にはオススメできます。

ネタバレあり

美術背景

絵が奇麗、、、
今まで度々、そうコメントに書いてきました。

しかし本作品の場合は、
美術が、 と書くべきでしょう。

襖、壁、天井、床、
華麗な邸宅や屋敷は勿論のこと、
薄汚れた安アパートや路地の表現もです。
そして衣服や装飾品などなど。
(そうそう生菓子とかも。 
あれは、食べないと、もったいない。)
絶句しました。
それだけでも一見の価値ありです。

それらが、音楽、予告の語り、
とともに、
物語の雰囲気を醸成して行きます。

人物の描写等に癖や乱れが見られるのですが、
背景の緻密さが凌駕してしまいます。
こんな作品もあったのですね。

(1話目、そして11話目(奥の院の回)、
EDクレジットにPA WORKSが入っているのですね。)

物語の内容は、、、
かつて西墺を押さえ欧州に君臨した家系を彷彿させます。

キャラクター

紅 真九郎

星領学園の1年生。高校生活の傍ら揉め事処理屋を営む。悲惨な生い立ちゆえに、平凡な生活を求めている。五月雨荘に住み、隣人とも適当に付き合っている。

九鳳院 紫

大財閥九鳳院家の娘。お家の定めにより外界を知らない。快活でわがままに見えるが、運命が故の素直さと反発か。いや、やっぱりただのわがまま…か?

崩月夕乃

星領学園の2年生。崩月家の娘で、真九郎の過去を知る姉的存在。放漫な祖父の影響か、それなりに大人な趣を知りつつも奥手。真九郎への想いは、親心? 恋心?

村上銀子

星領学園1年生。真九郎と幼なじみでともに悲惨な経験をしている。祖父の仕事を継ぎ情報屋として、真九郎をサポートしている。態度とは裏腹に真九郎にとって一番の理解者かも。

武藤 環

五月雨荘6号室の住人で女子大生。美貌で空手が強く一見非の付けどころなく…でもエロでだらしない。紫に不適切な言動を仕込む問題児。

闇絵

五月雨荘4号室住民。見た目も言動も謎。時たままともなことを言うが、なぜ今言うのか、発想も謎。愛猫ダビデもまた謎。やっぱり黒猫。

柔沢紅香

一流の揉め事処理屋で、真九郎にとって救ってくれた恩人であり目標。直感で決めるタイプを自称し、真九郎の元に紫を連れてきた張本人。九鳳院に勤めた過去があり、紫の大切な人を知る。

犬塚弥生

紅香の付き人。影ながら真九郎と紫を見守る。生真面目な性格だが、ボヤキ節も多く、それがちょっとかわいい。真九郎の適当さは鼻に衝くよう。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:片山憲太郎 / イラスト:山本ヤマト / 発行:集英社スーパーダッシュ文庫/集英社 / 監督・シリーズ構成:松尾 衡 / 助監督:山崎みつえ / キャラクターデザイン・総作画監督:石井久美 / 美術監督:荒井和浩 / 3Dワークス:佐々木研太郎 / コスチュームデザイン:藤 純 / 色彩設計:古市裕一 / 撮影監督:大熊義明 / 編集:田村ゆり / 音楽:村松 健 / 音響効果・選曲:山田 稔 / 音響プロデューサー:中野 徹 / 音響制作:HALF H・P STUDIO / OP「Love Jump」歌:栗林みな実 / ED「crossing days」歌:新谷良子 / 制作:ブレインズ・ベース / 製作:「紅」製作委員会 /

キャスト
紅 真九郎:沢城みゆき / 九鳳院 紫:悠木 碧 / 崩月夕乃:新谷良子 / 村上銀子:升 望 / 武藤 環:真田アサミ / 闇絵:木村はるか / 柔沢紅香:石毛佐和 / 犬塚弥生:大久保藍子 / 九鳳院蓮丈:黒田崇矢 / リン・チェンシン:植田佳奈 / 九鳳院竜士:岡本信彦 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}