動画が再生できない場合はこちら

異国迷路のクロワーゼ The Animation

39

0

0

2

2

5

私ハ…この歩廊“ギャルリ”の家族ニナリタイ
安田賢司(監督)×佐藤順一(シリーズ構成・音響監督)による、19世紀パリ――優しくて、小さな出逢い“クロワーゼ”の物語。

19世紀後半の仏蘭西、巴里。近代化の流れに取り残された小さな商店街、ロアの歩廊に、ある日、小さな日本の少女が足を踏み入れました。少女の名前は湯音。長崎から一人、パリへ奉公にやってきたのです。全く違う異国の文化や慣習に戸惑う毎日。いつか、ギャルリの家族になれるよう、湯音は今日も奉公に励みます…。
※許諾元の都合により最大帯域1.5Mbpsでの配信となります。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)2011 武田日向/株式会社KADOKAWA 富士見書房刊/異国迷路のクロワーゼ製作委員会

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(9件)

なんだこれ

特に面白いわけでもないのに何故か全話見てしまった。
特に好きなキャラがいないのに何故か見てしまった。

やっぱり着物は・・・・・

日本の美の一つですね。
行くら外国人が綺麗でも、着物はやはり日本人で無いとだめ!!
そんな当たり前すぎる事を、思いだたさせてくれました。

で、その逆に、ドレスは日本人には似合わない。
フランス人だからこそ、に合う。

そんな、駆け引きが、とても面白い作品で、その辺の事を、微妙にあやふやにさせてくれる辺りが、個人的に楽しいです。
だから、面白い。とは言わずに、楽しいと言わせてもらいます。

しかし、湯音ちゃんが小さく描きすぎなのは、ちょっとやり過ぎ。
子供ですか!?
日本人は。

ちょっとばかりされた感じがして、その点だけがマイナスですね。
でもまあ、アニメとして楽しかった作品なので、最後まで久しぶりに見られた作品です。

穏やかな物語

全話を通して、優しく穏やかな空気のアニメです。
ちょっと疲れた人にオススメです。

絵はいいけど、話は浅い

話より萌に力をいれた作品かもしれません。ケチを付けるわけでではないですが、同じ時代設定の作品で「エマ」の方が断然によくできています。余談ですが当時のフランス人は、パリ万博で紹介された浮世絵や日本の民芸品に魅了されて日本びいきになったそうです。現代は瓦や提灯のデザインよりアニメの方が人気あるみたいですけどね。

パリの風景が綺麗で好きです。

パリの街の絵がとてもきれいで大好きです。ストーリーに関しては、人の好みによって評価がだいぶ変わりそう。私としては「これでもいいかな」という感じ。私の好きな登場人物はアリス嬢です。第2期があれば是非みたいです。

この作品は見る人で感想が分かれると思います。

世界名作劇場とかが好きな方はわりとすんなりストーリーや世界観がはいってくる、そんな作品
に思います。

1話見た限り

演出も、そこそこよくて、なにより、主人公がかわいいからいい。あとは、この後のストーリーだね

ちょっと美化しすぎ

内容的に、とてもシンプルで好きだけど、ちょっと日本を美化しすぎ。それに、湯音が子供なのか大人。少女なのかはっきりしない点も今一つ。まあ、今後の話の展開に注目。ですかね・・・・

涙!

感動!!
久しぶりの感動アニメだと思います
思わず涙しました
暖かいアニメです

キャラクター

湯音

長崎からパリへ奉公にやってきた日本人の少女。素直で一生懸命ながんばり屋さんだが、異国へ一人きりで奉公に出てくる様な芯の通った一面も。フランス語がまだ拙く、小柄なために実際より幼く見られることが多い。

クロード

父の跡を継ぎ、ギャルリ内にある鉄工芸品店「ロアの看板店」を営むフランス人の青年。まだ若いが、生真面目な職人気質の性格で、ギャルリ内の鉄工芸品を代々作ってきた自分たちの仕事に誇りを持っている。

アリス

ギャルリの目の前に大きな屋敷を構える市民富裕層(ブルジョワジー)「ブランシュ家」のお嬢様。常にハイテンションで、思い込んだらまわりを省みない性格。湯音のことを聞きつけ、度々屋敷に招待しようとする。

オスカー

日本から湯音を連れてきた張本人で「ロアの看板店」を創業したクロードの祖父。だが、鉄工芸の仕事からはすでに引退している。日本の文化や新しい時代の変化にも理解がある、湯音とクロードの良き理解者。

カミーユ

思慮深いアリスの姉で、アリスをいつも温かく見守っている。市民富裕層の家に生まれた子女としての宿命を自ら受け入れ、社交界デビューを控える。クロードとは子供の頃、屋敷の庭で密かに逢っていたことも。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:武田日向 / 掲載:「月刊ドラゴンエイジ」 / 発行:富士見書房 / 監督:安田賢司 / シリーズ構成・音響監督:佐藤順一 / 脚本:池田眞美子 / キャラクターデザイン・総作画監督:井上英紀 / 美術監督:川口正明 / 美術設定:ロマン トマ+ルガル ヤン+ブリュネ スタニスラス / 色彩設計:品地奈々絵 / チーフCGIデザイナー:後藤浩幸 / 撮影監督:岩崎 敦(T2studio)+加藤千恵(T2studio) / 編集:後藤正浩(REAL-T) / 音楽:コーコーヤ / 音楽制作:フライングドッグ / 音響制作:青二プロダクション / アニメーション制作:サテライト /

キャスト
湯音:東山奈央 / クロード:近藤 隆 / アリス:悠木 碧 / オスカー:田中秀幸 / カミーユ:矢作紗友里 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}