動画が再生できない場合はこちら

ダンタリアンの書架

120

3

0

4

10

13

GAINAXが贈る
ビブリオテカ(書物にまつわる)・ファンタジー遂に開幕!!

祖父から古ぼけた屋敷とそこに納められた蔵書の全てを遺された青年ヒューイ。遺品整理に屋敷を訪れたヒューイは、うずたかく本の積まれた地下室で、静かに本を読む少女と出会う。漆黒のドレスに身を包んだ少女の胸には鈍く光る大きな錠前があった。それこそは禁断の幻書を納める『ダンタリアンの書架』への入り口、悪魔の叡智への扉だった――。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)2011 三雲岳斗・Gユウスケ・角川書店/ダンタリアンの書架製作委員会

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(30件)

原作を知らない方に、お薦め

本作も、評価が大きく割れているものの1つ。
そのため、長い期間視聴を躊躇していました。

全話視聴しての感想ですが、

書物、衣装・音楽に、年齢不詳の、、、 更に、
英雄に活躍の余地が未だ残されていた大戦の前後が、
物語の舞台。

とても好みで、原作を知らない私には、大変良かったです。

それと同時に
原作、
読者の方々に非常に愛されている事も了解致しました。

2期ですか、、、
是非観たい様な、絶対観たく無い様な、、、
しっかり物語の全貌を知りたくもあり、
静かに余韻に浸って想像したくもあり、
難しいです。

2期はやらないで!

原作とアニメではキャラクターデザインが違いすぎます。
アニメを原作どおりに制作をしなくてはならない決まりはないと言う人もいますが、小説
を原作にしているアニメの中では酷いできですね。
本がらみのファンタジーというのは好きですが、最後まで盛り上がらないです。
原作は面白いのに、薄い内容で最後まで何がやりたかったのか、分からなく苦痛でした。
好きな本だっただけに、観なければよかったと思います。
イメージを壊さずに内容を濃く作り込めば良かったのに!
男の人で、ダリアンが可愛いと思う人には良いアニメなのかもしれませんね。
もう、原作のイメージを壊さないで!

アニメにはアニメの楽しさがある

必ずしも、原作どおりにアニメ制作をしなくてはならない決まりはないと思います。
逆に、原作知らなくても、このアニメを見て楽しいとか、凄いとか思うのは自由のはず。
自分は、原作は原作としての楽しみがあり、アニメには、アニメの楽しみがあると思っている。
だから、この作品が、たとえ原作通りでもなくても、これを見て、楽しいとか凄い作品と思うのは、その人の感性だから別に悪いとは思わない。
もっと自由な発想と、感性で物事を客観的にとらえみてほしい気がします。

アニメには、アニメでしかない世界があると信じています。

打ち切りアニメ

最初はGAINAXに期待し★3つでしたが、原作読んでいただけにアニメは酷い出来です。
GOSICK放送後、次の番組だったので損をしている感があると思いましたが、GAINAXやってくれました。
原作に忠実に独特の世界観を表現するのが難しい作品であるのは分かりますが、絵が原作と全然違いすぎます。
キャラクターデザインを変え、舞台がイギリスになっていたり、好き勝手に作ったアニメです。
ダリアンもヒュウイも別人だし、イメージがくずれました。
これでは原作ファンは納得できません。
内容も薄く、最後まで一体なにを描きたかったのか「名作です、お薦めです」絶賛できないし、私には超駄作です。
アニメから入った人が、ただダリアンが可愛いと思うのであればいいのかもしれませんね。
高いコメント評価が多いのが不思議です。
原作ファンにはお勧めできません。

確かにストーリーや音楽はいいのだが…

確かにストーリーや音楽はいいのですが、ヒロインの毒舌が行き過ぎてたり、死体を見た人のリアクションが冷静すぎて現実味がなかったりと、とても惜しい作品です。

4点にしたいところですが、あまりにも高く評価しすぎてる人が多いようなので、日本の未来を憂いて3点です。

名作

最近のアニメは…と嘆く世代の人間ですが、久々に大当たりでした。
無料期間終了でなければ、繰り返し見たお気に入りだと思います。

視聴後で良い感じの余韻が残っているので、早めに原作を買って読みたいと思います。

二期希望

原作ファンも納得のアニメ史上に残る珠玉の名作。
昨今の中身がどれも一緒の美少女系ラノベ原作の作品と違い、ストーリーで見せる作品。
物語も秀逸で子供から大人まで、家族で楽しめる今では希有な作品。
さすが、ガイナックス作品と思わせる!
美少女目当てだと、少し失望してしまう人もいるかもしれないが、文学好きには
堪らないエピソード満載なので、文学好きの人は納得出来る内容です。

第十四話(最終話)まで視聴して

私は本が好きなので、本に愛情を感じる本作品はとても心地よく貴重でした。

幻書の朗読が一番いいなぁと思ったのですが、機会は少なかったですね。

でも、ドラえもんのように、こうなれたらという願望が実現したときの絶望と後悔といった想像力から分かる「今自身」の素晴らしさを示されていることと、ダリアンのかわいさ(特に第三話)は心くすぐる面白さでした。

文章を芸術として扱い、高め、美しくも儚い人間の存在に焦点を当てたその意識の高さに敬服します。

OPも、澄んだ湖面に響くハープのよう。

EDは、少しおどろおどろしいですが。

ただ、意識の高い人向けな作品だと思いますので、美術館や文学作品にあまり興味のない多くの方には受けないかもしれませんね。

ネタバレあり

優雅な一時

まずOP曲が素晴らしく、初見でガツンとやられました。
毎回飛ばせないOPです。

物語は基本的に1話完結ストーリーで構成されているので、
少し気分を変えたい時などに気軽に
美麗な作画で描かれたヨーロッパ舞台の物語に入り込めます。

原作未読ですが話の筋を追う分には問題なく楽しめました。
分りやすくまとめられていると思います。

それにしても斬新な戦闘シーンです。(笑)
初め見た時は戦闘中にこんな悠長なことやって大丈夫なのか、テンポ悪すぎないかと心配になりましたが、
見慣れていくうちにこの演出も違和感なく溶け込むようになりました。
この物語だからこそ成り立つのでしょうね。

原作未読ですが

作品の雰囲気が好みなので視聴しました。殆どの物語は一話完結で観やすいですし面白いです。
ただし、最終回までで完結せず終わってしまいます。よくある「僕たちの戦いはこれからだ!」
的な終わりですが、それほど酷い終わり方ではないと思いますので、この手の雰囲気のアニメが
好きな人は視聴してもいいと思いますよ。全体の内容的には未完ですので★三つですが個人的に
この手のアニメ好きなのと一話完結の出来はいいので★四つにしました。

ネタバレあり

色々気になるけれど

禁書だ、GOSICKだ、色々言われてますが、アニメ作品として近いのはxxxHollicかな。
といってもおどろおどろしさはなく、ミステリや謎解きよりもあくまでみゆきちダリア
ンとヒューイの掛け合いがメイン、なかなかオムニバスアニメの良作だと思います。
本当はメインストーリーもしっかり追って頂きたいところですけど、原作者はこれまで
の作品でもまともな結末を用意したことが皆無なので、まさにこれからというところで
迎える最終話はむしろ正解だったと思います…色々想像して楽しめますしね。

ネタバレあり

これからってとこで

個人的にこういう時代風景のアニメが好きでダリアンも可愛いので見てて面白かったです。

ダリアン、眼帯したロリ、拘束着を着せられた女が最後に集結し話が盛り上がったと思ったら最終回でした・・・ダリアン以外の2人に関して全く掘り下げてないので謎が残る終わり方でしたね。

この終わり方だと2期があるような終わりなのに未だに2期がないということは2期は絶望的なのでしょうか
私は好きでしたがあまり人気なかった作品なんですかね・・・

ネタバレあり

う、うーん・・・

原作と漫画版とアニメを比較したら・・・・・・
アニメ、微妙でした・・・・・・途中で見る意欲がなくなりました。

世界観や話の舞台とかは、いい感じです。

それぞれの好みによりますかね。

個人的には漫画版が好きです。表情豊かに動いているので

雰囲気がいいですね

音楽、映像は最高です。
あまり深く考えずに、素直に雰囲気を楽しむといい。
独特な世界観が、繊細な描画によって再現されています。

一話完結で軽く見ることが出来ます。
壮大な物語を求めている人はちょっと物足りなく感じるかもしれません。
でも、わかりやすさにこだわった作りはこだわりを感じられてすばらしい。

続きを

早く出すのですu。このオロカモノ。

GO SICKと比較してはいけません。

この作品もそれなりの世界観があってとても良いのです。他の投稿した皆さんと一緒で続編を期待するのです。

地味だけど、ここで終わるのは惜しい

続編が出ることを期待しよう。

あの~、ここで終わりですか?

役者が揃ってこれからなんですよ~!

1話完結物として楽しめた。

この時代背景のイギリスが好きな人は、まず楽しめます。
絵も丁寧で、原作とは違う雰囲気かも知れませんが、可愛く描かれていると思います。
そして何より、沢城ダリアンの可愛さがイチオシ。
みゆきち……演じ分けも素晴らしいです。
ヒューイも若いクセに、枯れたように穏やかで(笑)、安心して見ていられました。
話はちょっとホラーよりなものもありますが、過激というほどではないです。
幻書の扱い方は、第一話目がピカイチでした。
以降はだんだん添え物っぽくなった気が。
原作未読ですが、きっと原作も面白いんだと思います。
しかし最終話は飛びすぎ(笑)。
1話完結ぽく普通に終わっても良かったのに。
あと個人的なオススメは音楽!
クラシックぽい感じで、OPから全編、素晴らしかったです!
自動人形のバイオリン曲も良かった!
サントラに期待しています。
しかし角川アニメって、DVDの売り方とかヒドくありません……?

独特の世界観

ダンタリアンめっちゃかわいいです。
最初はローゼンメイデンというアニメに似てるな・・・というのが第一印象でした。
ストーリーがある程度本の知識を知らないとちょっとつらい内容ですね。
人の生き死にがまざまざとしているので小さな子供さん向けではないなと思います

ネタバレあり

雰囲気が好き

原作と比較すると、話の作りが展開早すぎというか、乱雑という印象は否めません。

でも、古き良きイギリスの重厚感のある世界観は、視覚効果でアニメの方がより伝わってきます。
お茶のシーンや屋敷の壁一面の書架など、話の内容と直接関係ない部分も含めて雰囲気が好きです。
これ見ると、夜中でもアフタヌーンティーしたくなります(笑)

ダリアンも可愛いし、原作(本)は原作、アニメはアニメで楽しんでいます。

なんというか…

  
 
  原作を知っちゃてると、あれですねぇ…

  まぁ、沢城ダリアンの可愛さに免じてってとこですかしら。

どっかで見たことのあるような話

かぐや姫、ミザリー、等価交換(鋼錬)・・・。
どっかで見たことのあるような話ばっかりやな。
パクっていて、さらに薄っぺらい内容が多い。
オリジナリティにあふれているとは言い難い。

ある話では人が殺されるのを平気で見ているのに
調香士では突然の感情移入・・・そして涙w
無理やり涙を誘おうとしているような作りには
嘲笑を誘われる。

今回はスカっとするのです。

今回はド直球というか王道というか
難しさ一切ナシのエンタメ回でした

最後までいいセンス!wwwww

沢城ダリアンかわえええええ

この作品の魅力の8割型は沢城ダリアンにあると言っても過言ではないのです,イエス。

本の魅力を描ききってほしい

おもしろいじゃないですか。
静止画の描き込み方とか、語り口の文士っぽさとか、流行り物より半歩上のヤングアダルトから大人の読書人ねらいならいい線行ってると思います。
これからの展開次第だけど、絵と語りが好きなので流行って続いてほしい反面、万人ウケに流されてキャラをいじったりせずに我が道で重厚な本の世界を描ききってほしい。
ダンタリアンのキャラは微妙ですが、実態が壺中天なんだからツンデレではなくて容姿と精神のアンバラゆえの子供扱いに対する苛立ちなんですかね。そうとるとヒューイのリスペクトに対する満足そうな表情もしっかりはまってきますね。ヴィクトリカよりもややミナ・ツェペッシュ寄りなのか。
序盤は安心して楽しみますか。中盤からラストにかけての展開がどうなるかこわいです。

本の世界は楽しい

本に対するダリアンの気持ちに、本好きなら少しは同調する部分はあるのではないだろうか。
ヒューイの落ち着いた大人の対応は、本の物語の主人公にふさわしいと思います。
彼らのやり取りもテンポが良く、コンビのやり取りを楽しめる作品ですね!
人間の業と特殊な本との関係、そして本に囲まれた生活。
石板などの形で登場することもありますが、本の重厚さや、部屋にある本棚に、本好きの私としては甘美な陶酔に浸りに行きたい世界観です

1話完結

1話完結なので第1話以外は何処から見ても良さそう。主人公のキャラクター設定がGOSICKに被っているかな。今後の展開に期待。

これからの作品

まだ、掴みどころが良く分からない作品ですね。ただ、見ていて楽しい事はこの作品に漂う新鮮さからでしょうね。キャラクター的には一般的過ぎ。例のツンデレキャラですね。そろそろ、その路線から脱却し、新しい路線での美少女キャラを登場させてほしかっただけに残念です。今後の展開がとても楽しみです。

読書意欲をかき立てられる珍しいアニメ

最近、本を読んでますか?
「読書」という行為から遠ざかって久しいが、食事すら忘れるほど読むことに没頭できたその日その時の高揚感と戸惑いの記憶は今でもハッキリと残っています。読み始めは目の前に連なる文字の意味を理解するのに精一杯なんです。それが読み進むうち知らず知らず本の中にある世界がその身の内に築きあげられ、それ以降はまるで空気のように情報が流れこんできます。それまでに溜め込んでいた情報が総動員され新規の情報をもって再構成が施され定着します。ここに新しい自分との出会いがあるのです。至福の瞬間ですね。
 この作品には観る者に既存の意識の焼き増しではなく未知の世界への抵触感覚を呼び覚ますものとして存在してほしいですね。書架から引き出した未見の書物の紙片をめくる時に経験する「紙の匂い」をこの第一話に感じたのです。これは二冊目を探すに充分な理由となると思いますがどうでしょうか・・・・・・

キャラクター

ダリアン

まるで人形のような美貌の持ち主。年の頃12〜13歳。悪魔の叡智を収めた本“幻書”の図書館『ダンタリアンの書架』の管理人。人見知りだが、毒舌家。揚げパン好き。

ヒューイ

遺品整理に訪れた屋敷の地下室で、ダリアンに出会う。ダリアンの封印を解くことのできるただ1人の人物。幻書が起こす様々な事件に、ダリアンとともに関わっていく。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:三雲岳斗 / 発行:角川スニーカー文庫/角川書店 / キャラクター原案:Gユウスケ(グリーンウッド) / 監督:上村 泰 / キャラクターデザイン:木野下澄江 / 衣装デザイン:BABY,THE STARS SHINE BRIGHT+ALICE and the PIRATES / 美術監督:山賀博之 / 色彩設定:高星晴美+竹澤 聡 / 撮影監督:赤松康裕 / 編集:田村ゆり / 音響監督:岩浪美和 / 音楽:辻 陽 / アニメーション制作:GAINAX / 製作:ダンタリアンの書架製作委員会 /

キャスト
ダリアン:沢城みゆき / ヒューイ:小野大輔 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}