動画が再生できない場合はこちら

トワノクオン

79

0

0

2

7

9

どうしてこんな能力があるのか。
どうして普通の人のように生きてはいけないのか。

押しつぶされそうな少年少女の魂が暴走する時、それは異形の化け物「ベスティア」となる。だが、その魂を受け止めようとする少年がいた。クオン――。彼もまた能力者である。彼は、いくつもの夜を越え、孤独な能力者たちと生きようとしてきた。それは彼の愛なのか、それとも宿命なのか。クオンたちを狩るのは秘密組織「オールドー」の機械の番犬「クーストース」。脳と神経節以外を機械に置き換えられた彼らもまた、もはや普通の生活には戻れない異形の存在である。異端者が異端者を狩る皮肉。誰も抜け出すことのない負の連鎖。誰がこのような状況を望んだのか。人知れず行われる少年少女とクーストースの戦い。クオンは血を流しながらも、明日を求める。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(18件)

とにかく丁寧。

全6話で物語を完結させつつも、いまだ不穏な未来、この先の展開などを想像させる要素をのこしているのが、なかなか心憎い。
それは語られずとも、物語としてはまた良し。

正直残念だったのは、あれだけ巧妙に自身の暗躍を水面下でのみ行い続けていた「ラスボス」の人(雰囲気だけはあったけど)が、後半自身の力を明かしてからの、人が変わったような薄っぺらい行動ですね。味がある良いキャラで、力を明かした時は観てるこっちまで「なにいいーー!!?」って唸らせてくれる程だったのに(笑)もう我慢できなくなったんでしょうか。あの後も能力は必要な時に使って力を見せ付けつつ、今まで通り陰湿に周到に事を運んでくれれば、もっと面白い展開もあった気がするけども。彼の目的もちょっと薄っぺら過ぎた・・・最強になってナニガシタインダ(笑)

しかしながら、作りこみの丁寧さと力強さで、充分に面白いオススメ作品です。

ネタバレあり

完結してない

とても面白かったけど、主人公のキャラにオリジナリティが足りない。
どこかで見たことのある顔で、物足りなさを感じました。

最終話を見た限り、取り敢えずクオン達は助かったけど、クオン達を
刈る大本の組織は健在であり、その意欲は満々。
加えて、クオン達の素性は明らかにされているし、アジトも消失した。
決して以降の物語は安穏としていられないのが分かる。

巨大な組織と行く末の見えない小集団。
しかも、矢面に立ち戦っていたクオンは不死身ではなくなっている。
せめて、未来像のメッセージは欲しかった。

ネタバレあり

痛みと再生の物語

『超人ロック』や『地球へ』を彷彿とさせる良作だと思いました
主人公の、強大な力と永遠に近い寿命をを持つが故の葛藤、ただ守りたいと言う強い意志
痛みが伝わって来て、切なくなりました(ノ_-。)

映像もキレイで、見応えがありました
ただ、かなりの流血シーンがあったりするので、そういうのが苦手な方はご注意を!

よかった

内容もキャラも素敵な作品でした。

久しぶりにいい作品でした☆

HDで見たせいもありますが、クオリティが高かった!
内容も人間の恐ろしさや悲しさが表現されており、見ていて最後まで引き込まれっぱなしでしたね☆
キャラもそれぞれが立っており、秀逸な作品です!!!
強いて言うならば、もう少しストーリー長くしもっと詳しく描かれても良かったのではと思います。
お勧め作品なのは間違いありませんよ☆

個人的には第二章

能力者が能力者を差別するという展開に、やってくれたと思いました。
個人的には、千年間能力者全てを救いたいと願い続けて、行動するクオンの気持ちに納得しやすくなりました。
一見の価値はアリです。

ネタバレあり

まごう事なきソルジャーブルー

1話見ただけですが、あのバカなら言いそうな台詞がいくつもあって、何とも感慨深い。もちろん、ここで言うブルーってのは「地球へ。。。」のブルーです。オマージュというよりか、むしろ、再構成というイメージに近いと思う。これからのストーリーがどうなっていくのかは、見てからのお楽しみですが、とにもかくにも、一言だけは言いたい。

お帰りなさい。

オマージュ

特に「地球へ」のオマージュなんでしょうね。
主人公の目的や容姿まで似通っている上に、(髪型、男のヘアバンドw、年を取らない)瞬の存在は
「地球へ」での相手方であるキースを彷彿とさせます。キースは遺伝子をマザーコンピューターに合成
された完全なる人間で、瞬はサイボーグですが、コントロールを奪われたり、最後はお互いを理解したり
と言うところもダブります。

多少残念なところは今一つ久遠の能力が結局何なのか良く分からないところ。見た目シャチが頭
に乗っかってるところや最初水系の攻撃をしていたところからそういう系統なのかなと思って居たら
なんか光剣出したり念動使ったりと結局うやむやのうちに何でもありな感じにw

ネタバレあり

やばい!

おもしろいよ!
感動する!

続編に期待

他のかたも書いておられましたが,「地球へ」や「超人ロック」のオマージュ作品に思えるかんじ.
クオンがソルジャーブルーにダブってしまう.

とはいえ,ミュータントゆえに迫害されるというハナシのものにある一定の解答を与えているんじゃないかな.

できれば,屋上への脱出では能力者も戦略部隊もオペレーターもみんなで力を合わせて道を拓くというような演出にしてほしかった.そうすれば「里も村もなくなる」トワの理想に近い形になったかもしれない.

オールドーなどの上部組織が残ってしまったが,そこは,続編に期待します.

ネタバレあり

GOOD

次のストーリがどうなるか気になり、最後までいっきに見ました。

謎の残る部分もありますが、映像も心理描写も良く出来ていたように
思います。

時には過ちを犯しながら、同じような能力者達を守ろうとする姿は、
「超人ロック」的な感じですが、私は楽しく視聴することが出来ました。

面白かった

面白かったけど謎を残したまま終わり最後はスッキリしない終わり方でした。

ネタバレあり

オマージュ作品?

ファンの人には申し訳ないけど

なんか「地球へ」や「超人ロック」の
オマージュ作品に思える。

画とかは綺麗なんだけれど。せめて
主人公の髪型は連想を避けるため、坊主
やおさげ等の工夫して欲しかったです。

押し切った!

良い意味で押し切った。
いろんな展開ができるストーリーの中で、当初の筋とテンションで最後まで押し切った。
見るものを一気にその世界に引き込む力のある作品でした。

非常に良くできた作品。しかし・・・

私も話の消化不良が否めないと感じました。特にオールドーという組織・意思決定機関についても詳しいことは明らかにされず、クオン達の後日談もなく終わってしまったところが非常に残念に思いました。

ミュータントものである本作は、能力を持つ者と持たない者の対立構造が根幹を成していて(どちらかというと能力を持つ者達に比重が置かれていますが・・・)、そこにクオンとイプシロン(瞬)の苦悩・ドラマが物語を盛り上げてくれているので、退屈せずに観れてとても面白かったです。でもやはり最後は口惜しいと感じました・・・・・・

アクション・演出等々とても素晴らしいので、パンチの効いたアニメを観たいという方には是非ともおススメします。

ネタバレあり

丁寧に作られた作品

画もきれいで戦闘シーンも非常に迫力があってみている時間を忘れさせる作品でした。
期待していたので予想以上の感動はなかったのですが飽きさせないストーリ展開はさすがと思います。

うーん、悪くはないんだけど消化不良。

第一話のスピーディーかつ謎の多い展開はGood!、キャラもいい感じだったんだけど、、、段々と、能力の設定や心理描写、能力を使っての戦闘シーンという、まさに見せ場のハズの描き方に、何と言うか、、、締まりがなくなってしまうのが、本当に残念。最終話は緊張感なくなっちゃって、うーんという感じ。やっぱり監督が途中で亡くなってしまったのが大きいのかも。

ネタバレあり

これは見るべき!

とにかく面白かった!往年の人たちは超人ロックなどを思い出すかもしれないがそれより明らかに人間臭いクオンの葛藤に惹かれる!

ネタバレあり
見どころ

BONESが高密度の映像でおくるオリジナル超能力アクション。特殊能力に目覚めた少年少女たちを保護しようとするクオン率いる勢力と、反社会的なものとして狩ろうとする組織クーストースとの抗争を描く。2010年に亡くなった飯田馬之介監督の遺作にあたり、キャラクターデザインの川元利浩らその遺志を継いで完成させた。突然発現して少年少女を戸惑わせる超能力とは、思春期に開花する「才能」をたとえたもの。社会からの抑圧からその可能性を守ろうとするクオン自身も、千年もの寿命に苦悩する存在だ。理不尽な哀しみを超え、戦いを通じて敵対する者の中からでさえ信じられる仲間を獲得していくクオンの純粋な志が魅力の作品である【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

クオン

飄々とした雰囲気の普通の少年に見えるが、時に深い哀しみの表情や激しい怒りの表情を浮かべることも。能力に目覚めた者を感知することができ、行き場のない仲間たちを守ろうとする「アトラクター」の中心人物。

ユリ

能力に目覚めた少年少女を守ろうとする「アトラクター」の一員。自分自身もベスティアでクオンに導かれて「アトラクター」に参加した。姉御肌で性格は猪突猛進。

テイ

能力に目覚めた持つ少年少女を守ろうとする「アトラクター」の一員。テレパシーでクオンたちの行動をサポートする。上品な物腰のおっとりとしたお姉さん。

神無月

クオンの協力者。アトラクターの子供たちのよき理解者。

キリ

「アトラクター」のメンバー。歌声で傷を癒す能力を持つ。

タカオ

「アトラクター」のメンバー。空間移動能力を持つ。

ミウ

「アトラクター」のメンバー。無口ではあるが動物との意思疎通ができる。

リョウ

「アトラクター」のメンバー。デジタル機器をコントロールする力を持つ天才ハッカー。

ユーマ

普通の少年に見えるが「ベスティア」である。

上代

「クーストース」の指揮官。

アルファ(海藤)

「クーストース」のリーダー。ベテランの傭兵。

デルタ(飛鳥ひずる)

「クーストース」の新人。

イプシロン(風見 瞬)

「ベスティア」を秘密裏に消し去ろうとする「クーストース」の実行部隊「WTOC」の新人隊員。感情を表に出すタイプではないが、胸の奥には復讐の情念と正義を信じる熱い心がある。

スタッフ・キャスト

スタッフ
監督:飯田馬之介 / キャラクターデザイン:川元利浩 / アニメーションディレクター:川元利浩 / 協力監督:もりたけし / シリーズ構成:根元歳三 / コンセプチュアルデザイン:武半慎吾+出渕 裕 / ベスティアデザイン:水畑健二 / 美術デザイン:成田偉保+青井 孝 / デザインワークス:斎藤恒徳+吉岡 毅+片貝文洋+鎌田 誠 / アクション監修:中村 豊 / 色彩設計:水田信子 / 美術監督:根本邦明(草薙) / 撮影監督:福士 享+木村俊也(T2 Studio) / 3D・CG制作・モニターグラフィックス:サンジゲン / 編集:重村建吾 / 音楽:川井憲次 / 音響監督:若林和弘 / 音響効果:倉橋静男 / アニメーション制作:ボンズ / 製作:バンダイビジュアル+ボンズ+博報堂DYメディアパートナーズ+ショウゲート+ランティス+ムービック+SonyPCL / 配給:ショウゲート /

キャスト
クオン:神谷浩史 / ユリ:白石涼子 / テイ:名塚佳織 / 神無月:大川 透 / キリ:早見沙織 / タカオ:入野自由 / ミウ:小見川千明 / リョウ:鈴木達央 / ユーマ:小松未可子 / 上代:三木眞一郎 / アルファ(海藤):中田譲治 / デルタ(飛鳥ひずる):寿 美菜子 / イプシロン(風見 瞬):鳥海浩輔 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}