動画が再生できない場合はこちら

ストライクウィッチーズ

146

0

3

4

7

20

守りたいから私は飛ぶ!!

TVアニメの第1シリーズ。20世紀初頭。突如出現した異形の敵「ネウロイ」は次々と人類の街を侵略していった。それに対抗できる手段はただ一つ、魔力を持った少女(ウィッチ)のみ。彼女たちは、自らの体に兵器(ストライカー)をまとい、空を舞いネウロイに戦いを挑む。ネウロイの侵略に窮地に追い込まれた人類に残された希望、それは世界各国から最前線ブリタニアに集められ組織された第501総合戦闘航空団。空を駆ける戦乙女。救国の英雄。民衆の憧憬と賞賛を一身に受けて戦う。彼女たちはいつしかこう呼ばれるようになっていた――「ストライクウィッチーズ」と。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)2007 第501統合戦闘航空団

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(34件)

空へ!

劇場版、第2期を見てからこれを見ました。お色気ちょっぴり、ストーリーはベタですが主人公の芳佳が成長する姿に引き込まれました。
見終わった後に、良かったなあ、と思える作品ですね!

いやはや・・・・

何度見てもよいなこのズボンアニメは
目の保養にいいな、うんいいな
敵機撃墜250って未だに貫かれてないんだよね(現実で)
第二次世界大戦のエースパイロットだったそうですよ

調べてみるとこの501部隊の元ネタの人たち本当に凄いですよ
このアニメ見て興味出た人いたら、是非ググってみてくださいな。

僕の推しキャラは、尽いてないカタヤイネン事ニパさんです。
何故このあだ名なのかは、元ネタ詳しい人や映画見た人なら分かりますよねww

今からだって楽しめます!

2015年現在でもまだまだ新作が作り続けられている事実が示す通り、ファンを惹きつける力のある作品だと思います
キャラデザイン・・・というか制服のインパクトが強すぎる感は否めませんが11人もいる部隊員がそれぞれ異なった魅力をしっかり発揮できているというのはなかなかできることじゃありません
第二期や劇場版、OVAの映像作品だけでなく、キャラソンやドラマCDの音声作品、現在も続いているネットラジオ等、ファンサービスも充実してます!
追いつくのは大変かもしれませんが追いついたあとだってまだまだ楽しませてもらえるはずです

もう最高の作品です

個人的にはこの作品こそがアニメの中で最強ではないか!と思えるアニメです。
明るく、まじめで、でもけっして諦めない主人公のよしかちゃんが頑張っていく感じが素敵です。
戦闘シーンもカッコよく、ストライカーでの飛行音などの効果音にも拘っていて、凄い。
諦めないで挑み続けることをこの作品から学びました。OP・EDはカラオケでも歌うぐらい好き。
歌詞も前向きで普段ネガティブな自分には心を前向きにさせてくれました。
ホント、何度も何度も自分の心を救ってくれましたね。
キャラクターもみんな仲良しでとってもカワイイし、パンツ…ではなく、ズボンな所も素敵!

ネタバレあり

お尻

お尻が最高である。おっぱいも最高である。
しかしなぜテレビバージョン並に湯気がついているのだろうか・・・。
普通にはずして欲しい。有料視聴なのだからね。
よろしくお願いしますよ。

内容はとてもいいです。気楽に見れて楽しめる。
その分、重い話はありません。鬱もなくにやにや萌え百合アニメの王道です。

評価

可愛い女の子とそれを演じた見事に声優陣に星一つ
元気の出るOPとEDに星一つ
どう見てもパンツをズボンと言い張るスタッフ陣に星一つ

魅惑と困惑の作品

登場人物の女の子は可愛いのみならず
カッチリした軍服にポッカリ穴の開いたような下半身露出
銃や脚部ユニットのメカに、動物の耳や尻尾など
その手の好事家に好まれそうなあらゆる要素が
バランスを勘案することなく注ぎ込まれていて
合成魔獣キメラのような醜悪さを少し感じました
しかし、全力投球的キャラデザに清々しさも感じました
複雑な気持ちです……

あと、下半身ばかり見てる自分は気が変になったのかと思いましたが
これは、キャラのコスチュームとカメラワークの魔法のせいです
そう思いたいです……

ストーリーはキャラクターを引き立たせるために作られているようで
少し面白みに欠けているように感じました

おもしろいです

萌えはあるけど…

萌え要素、萌えカットはあるけど結構感動できるところもあり。
宮藤芳佳の成長物語って感じです。
特に好きなのは第6話。なかでもこの話のミーナの、「ネウロイが現れなかったら今頃、あの人たちは人間同士で戦いを始めていそう」というような、台詞が印象的です。

ネタバレあり

べったべたやな。

ベタ~なストーリー。は、とりあえずおいといて、なぜにみんなブルマ?なぜにそういう設定にしたん?
終始、そこが気になってしゃーなかったわ。
入浴シーンが多いのはお約束だからいいとしてもな。
まあええわ。とりあえず短かったから許したるわ。

有名なので見てみた

映像がきれい
けっこう泣ける

好きな要素が一切なかったのですが

そのままでしたw

リアルさがない(むしろぶっ飛んでいるくらいならいい)
意味のないエロ
女ばかり
未成年ばかり
ストーリーにいろいろと難あり
キャーキャーうるさい

これらが解決されたら好きになると思いますが、別の作品になりますねw

ストレートパンツアニメ

いらん子小隊の4巻が幻となったため無意識に遠ざけてたけどやっぱり面白いです。
秘めた思い、熱き友情、そしてバトル。
目のやり場に困るほどのズボン推しもすぐに気にならなくなりました。
個人的には縞パンと黒パンの子が好きかな。

ほわっとしていてどことなく頼りないけど、何事も最後まで諦めない正統派ヒロインの物語。
これを観てるとガルパンはストパンの正統進化なんだとあらためて思いました。

なかなか楽しめました♪

最初は何もできない少女が先輩や仲間と、戦いの中で成長していく王道ですが、一度みだすと続きが気になる作品でした。

面白い!

露出のある点はどうかと思うが、そういった面を差し引いても面白い作品。観て損はありませんよ。

あの格好を・・・

7話、どう見てもパンツなのに、あくまでズボンと言い張る彼女ら・・・

納得の作品。

アニメ「プリキュア」シリーズや、アニメ「ビビット・レッド・オペレーション」の監督と、アニメ「ガールズ&パンツァー」の作品に加わった、島田フミカネさんがキャラクター原案を務めたということもあって、アニメ「ビビッド・レッド・オペレーション」と、アニメ「ガールズ&パンツァー」を組み合わせて作ったようなアニメ。オープニング曲や、エンディング曲にも、その、2つの作品の良さが含まれているような気がする。

ネタバレあり

WINNING THE WAR ON PANTS!

WINNING THE WAR ON PANTS!は北米版パッケの裏面に書いてある英語です
しかも北米パケではON PANTS!の部分だけ赤の大きいフォントになっており誇張されてます
つまりこの作品において重要なのはパンツ

おいおい大丈夫かこのコメントって思うけど北米版も回収されてないし大丈夫だよね?

自分的のおもしろさ見所

この物語の世界観がとっても大好きです。
足に飛行ユニットを[履いて]空を飛ぶという発想に、その燃料が魔法力というもので、
その魔法力を持つ[少女]をウィッチと呼びます。
物語の年代は1940年代で主なキャラクターは大戦で各国に有名だったエースパイロットの名前が使われており、元になった人とキャラクターの年歴などを見比べてみたら面白かったです。
この作品には少し過激なシーンもありますが、それでも良いという人は見てみてくださいね!

ネタバレあり

あっという間の12話

ああ、もう最終話を見終えてしまった。

以前1話だけ見た時には何故かチープな印象を抱いて敬遠していたが、
ふと思い立ち見直したが最後、寝食を惜しんで連続視聴してしまった。

魅力的なキャラクターや世界なので、12話構成でコンパクトに終了してしまうのが惜しい。
私は普段より萌えを好んで嗜んでいるが、そういう部分を差し引いて、単純にもっともっとこの世界を見たいと思えた。

すぐ行こう。2期を見に。

おもしろかった

萌え度は強いけどもなかなか良い作品でした。

なかなかでした!

思っていた以上の良い作品でした!…まあ…コスチュームが“趣味的”なので、誤解を生じやすいとは思いますが(笑)。

何度見ても

素直に感動しました・・・



マジで良作なんですよ。ホント.....

艦隊の戦闘シーンや、ウイッチ達のマニューバ、使用する各種小・重火器の音。登場人物や使用するストライカーユニットの名前をWWⅠ・Ⅱ当時のものを捩った名前を使ったりと、非常に凝った造りであり、その辺に詳しい人でも十分楽しめる特異な魔女娘物と言えます。
商業的には「スカイガールズ」の方が先ではありますが、元々の企画等の段階ではこちらが先。原案者が同じで言わば姉妹作品とは言え、方やスカイガールズは普通に軍服を着用しているのに対し、露骨にパンツのみのスタイルでありながら「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」と公式で公言し、あれは「ズボン」であると宣言し、小説を含む全シリーズを通す開き直り振りはさすがとしか言いようがない。
最近の軽い美少女系の萌えアニメとは一線を画す骨太の設定があればこその遊びがそこかしこに散りばめられていて、見ていて飽きない近年稀に見る傑作の一つです!

ネタバレあり

良作……ただ、萌えに奔らなくても……

 キャラクターの外見とは裏腹に、熱血なストーリー。
正直、過剰な萌えをウリにしなくても、十分に勝負できる内容だと思う。
むしろ、そっち路線に抵抗のある人を遠ざけてしまっていて、マイナス効果の
ほうが多いのでは?
まあ、そういった残念さで星を1つ減らしたが、それ以外では良作かと。
主人公のはきはきとした性格、物語の展開の速さ、熱血・友情、などといった
最近ではあまり観ることの出来ない構成が、心地いい。
 物語の終盤で、一部キャラクタの行動に??と思う節があったが、これは展
開の速さを重んじすぎたためか。 そこのところをもっと掘り下げてくれれば、
よりよい作品に仕上がったかもしれない。
 とりあえず1話を観て、強い抵抗を感じなければ、続きも楽しめると思う。

まぁまぁ…かな?

劇場版に備えて一気に視聴しました。
前半は主人公、及びウィッチーズの紹介。
後半は物語の核心に触れていくというベターな流れ。
肝心の感想ですが……。
「メカ×女の子」が好きな一心で観るアニメ、といったところでしょうか。
それ以外の中身、シナリオなどを言ってしまえば普通の域を出ません。
なので、「メカ×女の子」が好きな人なら気に入るかと思います。
ちなみに自分は「メカ×女の子」は大好きです(笑)

サービス過剰に物申す。

自ら「股間督」を認めていると言う本作監督の高村和宏氏。
ある一部の需要に応えての作風だろうが、過剰な股間へのズームは不快。不要。
一部にウケでいいの?まぁ、解った上での事なんでしょうけどね。
こういう下種が嫌いな方は要注意です。

以上、チラウラ。

ストーリー、作画、登場人物、どれも魅力的で良い作品でした。
「チラウラ」さえ無ければ☆4です。

うーん最終話これでいいのか・・・

すべてぶちこわーし\(^o^)/

パンツ・アニメだけど、それだけじゃない!見てね!!

いままでにない魔法少女アニメにはない、軍隊アニメである。
展開もスピーディで、主人公の宮藤芳佳軍曹の成長と活躍が見ものです。
個人的には、最終話と第2話、第4話が好きです。

これが実話だったら

人間同士の戦争なんてなかったのに。

歴戦の勇士を受け継ぐ乙女達!

キャラの名前、武装に愛機まで数々のオマージュが込められた作品です。
作中のマニューバも素晴らしいですが、愛機に対する愛着がもう少しあっても良かったと思います。
Vガン○ム的に使い捨てで奇を狙った攻撃(演出)ってわけでもないと思うので…
何しても細かい事は、坂本さんの笑いとともにどこかに笑い飛ばしましょうwww

ネタバレあり

予想外デス。。良い意味で

ただのギャルアニメかと思ってたら。
なかなか戦闘がお熱いアニメで。
戦闘機のプロペラ音+機銃の音が聞いてて心地良い。
各話の話も良く出来てると思う。
人数多いけど、個性派揃いでいい味でてる。
気になる点といえば、カメラアングルが可笑しいくらいでw
美少女+戦闘好きなら観てみてはどうでしょう?

楽しかった、続きも見たいです。

始まりと終わり(第二章へ)は、お父さんからの手紙。

第一章無事完結、第二章へ続く(早く見たいなぁ)
宮藤芳佳ちゃんの妄想(リネットさんの夢【秘め事】の話)も別の話として、見てみたかったなぁ。
ネウロイとのお友達計画も頓挫してしまったようですけど、お友達になっていたら、面白い展開になっていたのではないでしょうか。

ネタバレあり

最所は何となく・・・だったのですが

最所は何となく、「とりあえず第一話を見ましょうか」ということで見始めたのですが、何となく少し変わった世界観。女の子が可愛いのは良いのですが、「魔法」に「軍隊」と変な組み合わせ。こんな組み合わせはあまり見たことはないですが、今までになかったわけでもないのでそのまま見ていると・・・、とにかく、その先の展開が気になってずるずる見てしまった感じです。後は気になりすぎて、12話一気に見てしまいました。結局は見て楽しかったと思います。とりあえずは、「お薦め!」です。最後に、一つ気になって終わってしまったことがあるのですが、登場する女の子は、なんで「したのほう」だけ、涼しそうな様相なのでしょうか。突っ込んではいけない所かもしれませんが・・・。まあ、楽しいのが一番ですね。おもしろかったと思います。

キャラクター

宮藤芳佳

実戦経験はまだ無く、補充として欧州に送られた新人。田舎育ちの純朴さと、義理堅さを持ち、何事に対しても前向きで一所懸命。夢中になると目の前しか見えなくなる思い込みの強さが、時に危機に陥ることもある。

坂本美緒

宮藤より遥かに先輩で開戦当時から戦場に出ている大ベテラン。右目は魔眼で、その絶大な視力は誰よりも遠くを見通す。鬼教官として新人に恐れられているが、本心は明るくて豪快、非常に気さくで温和である。

リネット・ビショップ

8人姉妹の真ん中で、どこかおっとりしていて、マイペース。面倒見が良く、家庭的だがおっちょこちょいな面もある。料理は好きだが、どじを踏んで大失敗することも。また、裁縫や編み物といったことも大好き。

ぺリーヌ・クロステルマン

欧州ガリアの貴族の子女で自分の能力に絶大な自信を持ち、非常に気位が高い。能力の劣る人間を認めない面もあり、個人プレーに走りがち。実は寂しがり屋で、心を許した相手に対しては意外な一面を見せることも。

ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ

宮藤が配属された特別部隊の隊長で部下全員の信頼を受けるお姉さま的存在。部下を守るためには政治家や上官に対しても遠慮なく発言する。柔軟な思考でいかなる戦況でも最善の手を考える。上品で清楚で、歌が得意。

ゲルトルート・バルクホルン

副官的立場から、部隊を影からサポート。一時の感情には流されない委員長タイプ。最小限の被害で最大の戦果をあげることを心がけ、個人の能力も非常に高い。照れ屋の一面もあり、真面目な表情が時に崩れることも。

エーリカ・ハルトマン

ボーイッシュで子供っぽい外見だが、戦場経験は長く、数多い撃墜数を誇るウルトラエース。仲間を思いやる気持ちが強く、味方の損害を少なく戦う完璧超人。もっとも、地上では意外にずぼらで、掃除が苦手な一面も。

フランチェスカ・ルッキーニ

南方のロマーニャからきた最年少隊員。才能は部隊有数で、自分でもそれなりに自覚している。人なつこい性格で周囲に妹分として可愛がられる。グルメで昼寝好きなので基地内の隠れ家で勝手な行動をしていることも。

シャーロット・E・イェーガー

部隊一のナイスバディを誇る。成果さえ挙げれば他のことにはこだわらない実績主義者。清潔好きで、部隊が持ち込んだお風呂が大のお気に入り。おおらかでいつもニコニコしており、惚れっぽい性格。スピード狂。

サーニャ・V・リトヴャク

低血圧の上に、強い日の光に弱い夜型。影が薄いのを生かして、夜間戦闘で大活躍する。他の隊員と行動パターンがすれ違うため、交流が少ない。他人とはつき合いたいが、どうやって会話をしたら良いのか悩んでいる。

エイラ・イルマタル・ユーティライネン

北欧からきたいたずら好きの不思議ちゃん。占いが趣味で、時々意味深な言葉を吐く。チーム全体を常に一歩引いた立場から眺めている。状況判断に優れ、いかなる状況でも決して被弾しないという卓越した能力を持つ。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:島田フミカネ+Projekt Kagonish / 企画:安田 猛 / 製作:安田 猛+石川真一郎+酒匂暢彦+阿佐美弘恭 / 監督:高村和宏 / 助監督:八谷賢一 / シリーズ構成:ストライカーユニット / 世界観設定・軍事考証:鈴木貴昭 / キャラクターデザイン原案:島田フミカネ / アニメキャラクターデザイン:高村和宏 / メカ総作監:寺尾洋之 / キャラ総作監:山川宏治+平田雄三 / 美術監督:小倉宏昌(小倉工房) / 美術設定:松本浩樹(スタジオイースター) / カラーデザイン:甲斐けいこ+池田ひとみ / 撮影監督:江間常高 / 編集:三嶋章紀 / 音響監督:吉田知弘 / 音楽:長岡成貢 / 音楽プロデューサー:植村俊一 / 音楽制作:コロムビアミュージックエンタテインメント / 音楽協力:富樫 真(ミディアルタ) / プロデューサー:今本尚志+柴田知典+武智恒雄+原田由佳 / アニメーション制作:ゴンゾ / 製作:第501統合戦闘航空団 /

キャスト
宮藤芳佳:福圓美里 / 坂本美緒:千葉紗子 / リネット・ビショップ:名塚佳織 / ぺリーヌ・クロステルマン:沢城みゆき / ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ:田中理恵 / ゲルトルート・バルクホルン:園崎未恵 / エーリカ・ハルトマン:野川さくら / フランチェスカ・ルッキーニ:斎藤千和 / シャーロット・E・イェーガー:小清水亜美 / サーニャ・V・リトヴャク:門脇舞以 / エイラ・イルマタル・ユーティライネン:仲井絵里香 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}