動画が再生できない場合はこちら

魔法の天使 クリィミーマミ

69

0

0

0

1

13

80年代に一大ブームを巻き起こした、
スタジオぴえろ魔法少女シリーズの第1弾。
謎の美少女アイドル・クリィミーマミ、衝撃デビュー!

森沢優は、幼なじみの俊夫に恋する活発な女の子。ある日、夢嵐に巻き込まれた魔法世界フェザースターの船を助けたお礼にと、妖精ピノピノから期限付きで魔法の力を貸してもらう。ちょっとだけ大人の姿に変身できるようになった優は、謎のアイドル歌手・クリィミーマミとして芸能界デビューすることに。普通の女の子とアイドルの二重生活が始める…。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)ぴえろ

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(14件)

大傑作

キャラクター、ストーリー、楽曲……全てあげたらきりがないほどの名作でした。
最終回のEDは感涙もの。もう何も言うことはありません。ありがとうございました。

思った通りの名作

初めてこの作品を観ました。
一言でまとめてしまうと、歌もストーリーもすべて良かったです。
タイトルこそ知ってはいましたが、何しろ生まれる前のアニメだったので…。
最近の魔法少女系と言うと、「悪役をたおす」とか「必ず魔法を使う」とかマンネリ化している部分が
多々ありますが、これは違いましたね。
一話ごとの内容もシリアスだったり、愉快な内容だったり楽しめました。
特に優が、自分の力で何とかしようとするシーンはジーンときました。

作品自体も良いが

やっぱり楽曲が良いですよね^^
「LOVEさりげなく」ではB'z結成前の松本さんが
参加してると言うのも結構有名な話しだったりして
見過ぎてカラオケでも歌えるようになってしまいました^^;
「男のくせに・・・」と言われた事もありますが
「デリケートに好きして」では最高98点取った事もあり
それ位に虜になってました
これを見て曲の方もじっくり楽しんで頂きたい!

ネタバレあり

懐かしい

今見ても結構おもしろい。普通ならアイドルになりたくて変身しそうなもんだけど、マミを好きな俊夫の為に嫌々ながらも頑張っている優はなんとも健気ですね。恋に仕事に一生懸命な姿は子どもだからって馬鹿にできません。娘を見守るご両親もすてき。

最高の魔法少女

大人も子供も関係なくみんなが夢中になれる魔法少女作品だと思います。
リアルタイムで見ていたころ大好きだった作品。
大人になっても褪せることなくドキドキしながら観ることができて本当に素晴らしい作品です!

ついに観ました

テレビ放送されていた頃、アニメ誌(多分アニメージュ?)の今月の名場面に46話のシーンが選出されていました。今回初めて、視聴して名場面の理由が解りました。四半世紀越しの謎が解けました。スッキリ。

歌も懐かしい・・・

放送当時、対象年齢よりも遙かに上で、学生時代のバンド系のサークルの先輩がアニメ好きで洗脳されました。リアルタイムで見たのは、3~4クール目の話くらいから。

記憶では当初2クールの予定が人気が出て4クールになったという話があったように思うのですが、個人的には、多少ストーリーの子供っぽさが減った3~4クール目が私は好きでした。

その最後の仕上げである最後の3話:マミがいなくなる、俊夫思い出さないで、ファイナル・ステージは特によく出来てると思います。

曲の方もなかなかよろしく、特に好きなのは、太田貴子さんご本人のシングルだった「BIN・KAN・ルージュ」と、3-4クールEDのB面(当時シングルには裏があったw)の「美衝撃」。

前述の先輩がライブでやる、と言い出してコピーしたのは30年近く前ですが、未だに弾けるという、色々思い出深い曲です。

ネタバレあり

ポジ、ネガ

女の子が見るものと思っていたら、男の子もハマったアニメでした。マミ、優とも良かった。
スキでした。

歌が好きです。

アイドルが声優にチャレンジする先駆けの様な作品ですね。
当時はアニメに出る事、その主題歌を歌う事はネガティブに捉えられていたけれど
いい仕事をしていると思います。
アイドルが声優にチャレンジしている作品では一番のお勧めですね。

アイドルの活動内容について、当時と今で比べながら見てみるのも面白いかも
色々と違いがあって新たな発見があるかも?

一番のお勧めは、やっぱり作中で少しずつ増えていく歌のレパートリー
約1年という期間の中、作中・現実の双方で、
これだけリリースしてるのは当時で考えれば凄い事じゃないのかな?(そうでもない?)
もちろん歌自体も凄くいい曲なので是非聞いて欲しいですね。

懐かしい・・・

子供の頃にテレビで観てました
子供心に主人公の人「下手だなぁ~」「音痴だなぁ~」と思っていましたが、あらためて下手な人だと再認識(笑)
でも、色気のある可愛い声と主人公のキャラクターが相俟って味となって、魅力になってます
主人公の肝の据わりっぷりと度量の深さや可愛らしさは最近の作品にはないタイプのキャラクターで逆に新鮮でした
今観ても、2人(?)とも可愛い!
ストーリーはシンプルで今みても面白いし、軸のブレもない
当時人気があったのも納得です

ネタバレあり

懐かしいけど、この「変身魔法」は今でも憧れ

「変身魔法」でキレイでカワイイと言えば、やっぱりコレしかないなぁ~☆彡

あんなキレイになれるのはホント幼い頃からの「夢」だったなぁ~(^^)

『大人になればキレイになれる』って「大人」に憧れてて、早く大きくなりたいって思っていたのを今でもよく覚えてるなぁ~☆

あの頃の「夢」をもう1度見たいなぁ・・・

ミンキーモモ+マクロスのミンメイ=マミでしたねw

記念すべきぴえろ魔法少女シリーズの1作目。ファンタジーあり、ミステリーあり、ラブコメあり、青春あり、とそれぞれに楽しい脚本に、主役の優=マミをとりまくキャラクター達の個性が光っています。今にしてみれば錚々たる顔ぶれなんですよね。最終回に向けて、それまでのエピソードが伏線となって集約し、マミのファイナルステージは最大の盛り上がりを魅せてくれます。

あの時代・・・・

隠れてこそこそと見ていました、魔法少女シリーズ。まさに、全盛の時代でしたね。次々と、色々な形で美少女魔法シリーズが出た時代でした。すべて、とても可愛い美少女が主人公で定番でした。そして、ヒロインの相手役が兄弟。とくに兄とか、あるいは幼馴染とか。とにかく、可愛さ花丸なのでもう一度見てみたいです。

なつかしーっ!

おおよそ、27年ぶりに見たよ。
第一話のストーリーほとんど忘れてたけど…。
ちょっとだけ、童心に返りました。
昔の作品を、どんどん出してくれるとうれしいです。

キャラクター

森沢 優

ごく普通の活発な女の子。魔法世界フェザースターの住人から魔法のステッキを授けられ、1年間だけ魔法の力を使うことが許される。スーパーアイドルであるクリィミーマミに変身することが出来るようになる。

クリィミーマミ

優が魔法で変身した姿。変身した姿で幼なじみの俊夫をからかったり、親の前で店のお客になりすましたりしているうちに、ひょんなことからアイドルとしてデビューすることに。

スタッフ・キャスト

スタッフ
企画:布川ゆうじ / 原案・構成:伊藤和典 / キャラクターデザイン:高田明美 / 音楽:馬飼野康二 / 美術監督:小林七郎 / 作画監督:河内日出夫 / 音響監督:藤山房延 / 撮影監督:若菜章夫 / チーフディレクター:小林 治 / 製作:スタジオぴえろ /

キャスト
森沢 優:太田貴子 / クリィミーマミ:太田貴子 / 大伴俊夫:水島 裕 / 綾瀬めぐみ:島津冴子 / 立花慎吾:井上和彦 / 森沢哲夫:村山 明 / 森沢なつめ:土井美加 / ネガ:肝付兼太 / ポジ:三田ゆう子 / 如月みどり:安西正弘 / 木所マネージャー:亀山助清 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}