動画が再生できない場合はこちら

AIR

48

0

0

0

2

8

いつでもどんな時でも、そばにいてくれるんだね…

国崎往人は旅を続ける人形使い。「法術」と呼ばれる不思議な力を用いて、道行く人々に芸を見せることで生きてきた。特にあてがある旅でもないが、彼は密かに探しているものがあった。幼い頃、母が繰り返し語ってくれた「今も空にいるという翼を持った少女」。ある夏の日、偶然立ち寄ることになった海沿いの街で、彼は一人の少女と出会う。それが全ての始まりだった…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(10件)

わかりにくいけど感動します

一挙放送をしていたので少し見ていましたが、各シーンはあまり覚えていなくても全体的に感動していたのを思い出しました。OPも時々聞いているので改めて良い曲だなぁと思いました。かなり詰め込まれたと思われる内容ですが(ゲームはやっていません)、色々考えながら見られて面白いアニメでした。少々頭が疲れますけど(^^;)。

田舎の背景によく似合うアニメ

京都アニメーションが創られたアニメなので所々CG処理とかなされています。すごいです。原作ゲームに使われていた音楽も起用しているし愛が溢れています。この作品には空や青といったイメージでもあるんですが辺鄙な田舎である意味の青春を謳歌するストーリーには面白いと思います。

何度見てもいいのよ

原作ゲーム2000年なんですよ 懐かしいですね
ゲームもしたし、アニメももう何回観たか
それでもね、正直よくわからない・・・
わからなくてもいいのです
何回観てもいいのです
せつないながらも爽やかな
なにがしかの風が吹くような
そんな作品です

これは絶対に見なければいけないアニメ!

もう見ない思ってたのに・・もう泣かないって思ってたのに・・泣いてしまった。
何年たってもこの作品は色あせることなく輝きを放つ最高のアニメ!
原作とはやはり違っており細かい描写や心理が飛ばされてますが大体の内容は盛り込まれています。
「彼らにはつらい日々を、僕たちには未来を」多分少年はユキトの生まれ変わりでしょう。
しかし、みすずにしろ、ゆきとにしろそしてはるこにしろ現状では救われていないのはあまりに悲しすぎます。生まれ変わっているからと言ってもこの3人も幸せになってほしかった・・今更ですが。
あと、2話でカノンの3人が出てきてたとこはびっくりした。カノンもこのサイトで見たいな。
これからも色々な形でこのアニメが残っていくことを心から願います。

すばらしい

この話数に、あの長い原作をほとんど削ることなく、5人の物語を描き切った事だけでも脚本の素晴らしさを感じます。
絵柄は確かに癖がありますが、動きや映像の美しさはさすがと言わざるを得ません。
何より、AIRという作品を、見事にアニメにしてくださった素晴らしいスタッフさんには感謝しかありません。

……え?劇場版?そんなものはありませんよ?

泣いた

原作ゲームで真ENDまでやりこんだので
3人のルートと最後のAIR編と
どういう風に盛り込んで1クールでおさめるのか
興味ありましたが、見事にどのルートも回収されてて
感動しました。

晴子さんが真のヒロインである気がします。

観鈴の声を演じた川上とも子さんのことも考えると余計に涙が。

ネタバレあり

原作ありき。ですが・・・

碁打ちの少年とかネオヴェネツィアの水先案内人とか、他にも連想される役どころは沢山あるのですが、川上とも子さんの訃報を聞いたとき、個人的に真っ先に思い浮かんだのは彼女のにはは笑いでした。いつまでも作品は残ります。やっぱり素敵なにはは笑いでした。



ここからは個人的な印象ですが、

アニメ単体としてはストーリーを大まかになぞっただけのものなので、原作ゲームをプレイした人の為のファンアニメといった立ち位置で、初見の人向けではないように思います・・・

が、自身が海沿いの田舎町出身であったが故なのか、今作のシチュエーションと、これでもか!って程に夏を連想させてくれるBGMには強烈に心奪われました。夏影とてもいい曲です。

国崎最高

この作品は流行るノベルゲーの必須要素と言っても過言ではない「世界観としての閉塞感と閉塞感からの開放」の表現が素晴らしい
いくばくかの息苦しさを意識させられながら日々を暮らしている視聴者には刺さるもののある作品かもしれません
もしかすると息苦しさを意識しないように意識して暮らしてる視聴者の何かをざわつかせる作品でもあるかもしれません

ただ初見で国崎最高たる所以にたどりつくのはおそらく難しいです
今後もリメイク&ベタ移植され続けるであろう名作ノベルゲーが原作ですので同名タイトルのゲームと一緒に触れてみるのが最善じゃないかと思います

少し不思議な力を使える青年はとある町で少女と出会った

その少女は次第にある筈のない痛みの病に蝕ばれて行った、

青年はリボンを手に巻いてる少女に出会った、その少女には誰かの記憶が

駅で出会った少女は別の名前で生活しなければならなかった、

ストーリ背景に翼人伝説の悲劇絡めてのオニムバスで進んで行く前半
物語は過去に
母に会うために逃避行の旅をして行く三人、そして人を助ける為に一人一身悲しみに囚われる

そしてラストは;;・・・・見てのお楽しみ~

原作は4章仕立てで中身が厚いんだけどね~知る人は知るPCゲーで泣きゲージャンルで一世風靡した作品です


一体全体

これはまた理解するのが難しい!

このAIRも、家族の絆、親子の様な身近な物から子々孫々に連なる様な永い物まで、
がテーマなのだと思いますが。

何度も見れば段々と分かって来るのでしょうか。

確かに、
奇麗な映像と美しい音楽、引き込まれる様な作品なので、
何度も見ても苦痛にならないかも知れません。

いやいやいや、
この物語の内容、心が激しく揺さぶられる処があるので、
何度も見るには非常に辛くもあります。

あああ、どうすれば良いのでしょう。

いつかまた、折を見て、再び見る事と致します。


最後に
どんなに順風満帆のようでも、子供らが幸せそうでなければ
何の足しにもならず。
どんなに心身が困憊している時でも、子供らが笑顔で居てくれれば
全て佳し。

砂浜の、あの場面だけは、忘れられそうにありません。

見どころ

Keyの恋愛ゲームを高クオリティでアニメ化。京都アニメーションの名を一気に高めたタイトルだ。流浪の青年が海辺で不思議な少女と出逢うことで経験する夏の物語。ヒロイン観鈴は地に足がついていない浮世離れした部分があるが、その真意は次第に重くなっていく。難病で迫る死を見つめながらも懸命に生きようとする内面が明らかになるにつれ、画面から目が離せなくなっていく。その切実さが最大のポイント。千年前の翼人伝説が絡んだ二人の宿命、青年がカラスの視点となって観鈴のそばに密着して運命を見つめる終盤のパートなど、悲劇の中に浮かび上がる魂の純粋さを多元的に描こうとする姿勢がすばらしい。その後の流れを変えた記念碑的な感動作である【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

国崎往人

母から託された、ある女の子を捜すという漠然とした使命の意味を求めて旅を続ける青年。母親からもらった人形を肌身離さず持ち歩いている。ずっと一人旅のせいか、人付き合いが苦手。

神尾観鈴

往人が海辺の町で出会った少女。人なつこい雰囲気だが、友人が少なく普段は一人でいることが多い。武田商店の自販機にある「どろり濃厚ピーチ味」が大好物。

霧島佳乃

両親を亡くし、町の診療所に医者の姉と二人で暮らしている少女。ぶらぶらしていた往人を面白がるように話しかけてくる。動物好きでよく愛犬のポテトと一緒に歩きまわっている。

遠野美凪

いつもみちると遊んでいる物静かな美少女。感情を表に出さない性格で、どこかずれたような話し方から誤解されがちだが、穏和で母性愛溢れる少女。天文部部長で、観鈴とはクラスメート。

神尾晴子

観鈴の叔母。外出の多く、観鈴と親子らしい会話をすることも少ない。大酒飲みで、往人は毎晩晩酌につきあわされている。

霧島 聖

霧島診療所の医師で佳乃の姉。たった一人の佳乃を溺愛していて、妹の願いは何でも聞き入れてしまう。妹が好意を持つ者には友好的だが、妹を傷付ける者には容赦がない。

みちる

美凪の親友で、ちょっと暴れん坊なところのある元気な女の子。心から美凪を慕い、いつも無人駅前で一緒に遊んでいる。往人とは、天敵同士のように激しい抗争を繰り返している。

ポテト

謎の生物ポテト。「ぴこぴこ」という不思議な鳴き声からは、とても犬とは思えない。佳乃にかわいがられ、よくおしゃべりをしている。

神奈備命

社殿で警護され暮らしている少女。

柳也

神奈を警護する任についた武士。

裏葉

神奈に仕えている女官。物腰が柔らかく博識。

そら

下校途中の観鈴に拾われ「そら」と名付けられたカラス。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:Key+ビジュアルアーツ / 監督:石原立也 / シリーズ構成:志茂文彦 / キャラクター原案:樋上いたる(ビジュアルアーツ) / キャラクターデザイン・荒谷朋恵: / 美術監督:鵜ノ口穣二 / 音響監督:鶴岡陽太 / 音楽:折戸伸治+戸越まごめ+麻枝 准 / 音楽制作:Key / オープニングテーマ:「鳥の詩」歌 Lia / エンディングテーマ:「Farewell song」歌 Lia / アニメーション制作:京都アニメーション / 製作:翼人伝承会 /

キャスト
国崎往人:小野大輔 / 神尾観鈴:川上とも子 / 霧島佳乃:岡本麻見 / 遠野美凪:柚木涼香 / 神尾晴子:久川 綾 / 霧島 聖:冬馬由美 / みちる:田村ゆかり / ポテト:今野宏美 / 神奈備命:西村ちなみ / 柳也:神奈延年 / 裏葉:井上喜久子 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}