動画が再生できない場合はこちら

ウルトラマン

53

0

0

0

2

9

国際科学警察機構の特殊組織科学特捜隊とともに、人類を恐怖に陥れる怪獣や宇宙人たちに
銀色の巨人ウルトラマンが勇敢に立ち向う!
日本を代表するヒーロー「ウルトラマン」を生んだ記念碑的作品。

宇宙警備隊員のM78星雲人は、パトロール中だった科学特捜隊のハヤタを、不慮の事故で死なせてしまう。その宇宙人は、ハヤタと一心同体になり、地球を守ることを決意する。普段はハヤタ隊員として怪獣や宇宙人に立ち向かうが、危機に陥ったとき、ウルトラマンに変身し、正義のために怪獣たちと戦う…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(11件)

進次郎くんのULTRAMANにハマり・・・

子供の頃に好きだったウルトラマンを見たくなり今はまた好きになってます。懐かしい~今見ても楽しめる作品って良いですよね。絶対に無いと思いますが進次郎くんのULTRAMANとの共演も見てみたいもんです(ウルトラマンが人間サイズの状態で)

豊かな作品

各話の作りがとてもバラエティーに富んでいます。観ていて飽きることはありません。テーマ性の強いエピソード、コメディー、ファンタジー、アクション、冒険まで様々です。豊かな物語の発想が作品の魅力であることは間違いありません。
この作品が様々な魅力を持っていたことが、後のシリーズの幅の広さの元になったと感じます。

楽しめた

バルタン星人好きです。特に泣き声見ていておもしろかった。

偉大なる始祖様

今更言うまでもない偉大なる始祖様。
ただこの世界の地球人は幸せでしょう。
同じ地球人同士で戦争はしていないようだし、怪獣や宇宙人と戦ってくれている謎の銀色の宇宙人を
無条件で味方だと信頼して一緒に戦っているのだから。
ウルトラマンネクサスだと防衛軍はウルトラマンすら敵と認識して攻撃する始末なので、この作品の世界は
非常に優しい。
せっかくウルトラマンが見放題になったので、ウルトラセブンとウルトラQも是非見放題でお願いします。

われらのヒーロー

小学生のころ毎週見てました、ロケ地やミニチュアで再現された町並みも懐かしいです。セブンの様にリメイクされないのが残念なような・・原点ですからそれで良い。ウルトラマンと言えばこれです。

ちょっと自虐的

大人に成ってから観たけれど・・・地球人が愚かに描かれていて自虐的です。

ベムラー 「解せぬ…」。

とりあえず一話観ました。
私はエース、タロウ世代で、初・中期のは再放送を時々観ていた程度です。
そう言えば全話通しでは観たことは無いなぁと思いまして、ノスタルジーに浸りながら改めて観ようかと。

…が、いきなりの理不尽さに思わずワロタ!
ベムラーへの一方的な暴力に科特隊やウルトラマンが悪者に見えてしまった…。

まぁ昔の作品ですし大らかな気持ちで観ないといけないなと改めて感じましたね(苦笑い)。

大好きだったな。

朝日ソノラマ(多分)から「怪獣無法地帯」のドラマCDならぬ、ドラマ・ソノシートが出ていて、学校がら帰ると、足付きの家具調ステレオで、毎日聞いていました。
ソフビも沢山、買ってもらった思い出があります。

永遠不滅のマスターピース!!!!!

始祖にして完成系、という本邦キャラクター映像史上空前の存在。

何年経っても全く作品内容が古びない絶妙な未来感覚で、
単なる懐かし番組に堕すことが全くない。

言いかえれば、いつでも見る者にとって新作であり続けるということ。

言葉もおぼつかない幼児からうるさ型の年配者まで、
誰もがそれぞれに楽しめる明快な娯楽性の高さも魅力です。

メジャー過ぎてキャラクターの存在や、カラータイマー、
スペシウム光線のポーズといったアイコンは知っていても、
案外番組そのものを真正面から見る機会は少ないかも知れません。

見放題になった今こそ、あえて真正面からこの超メジャー番組をガッツリ見て、
その特撮映像の圧倒的精度と、毎回読みきりで見せる多様なイマジネーション世界を
じっくり堪能すべき作品だと思います。

キャラクター・物語・映像表現・音楽・歴史的意義…すべてが完璧な、究極の作品です!

ネタバレあり

映像へのこだわりを感じるフィルム作品だと思います

『セブン』までのウルトラ初期作品では、脚本もさることながら、特に夜を舞台にしたエピソード群(第2・5話など)における光と影の映像表現が素晴らしいです。
初代ウルトラマンの造形といえばマッチョなCタイプが現在の標準ですが、私はスーツアクターである古谷敏氏のスタイルが活きた細面のBタイプが好きですね。

いつの日も我々の心に‼

腕を十字に組めばウルトラマン、両手でチョキを作ればバルタン星人…
これだけのジェスチャーで伝わるキャラクターは他には無いと思います。
いつの日も、いつの時代も我々の心に残るヒーローだからこそ、受け継がれていくものなのでしょう‼

見どころ

制作:円谷プロダクション。地底から深海から宇宙から、続々と出現して街を破壊する怪獣や宇宙人に、科学特捜隊とウルトラマンが立ち向かう。前作『ウルトラQ』の怪獣路線に加え、変身して巨大化する宇宙時代のヒーローが登場。趣向を変えて展開するバトルや怪獣の特徴などは、後に特撮作品のみならずロボットアニメにも大きな影響をあたえている。円谷一、飯島敏宏、実相寺昭雄ら多彩な資質をもつ監督たちが手探りで「巨大ヒーローものの可能性」を追求し、伝統のミニチュアワークや光学合成を駆使してSFビジュアルの面白さを追求した結果、時代を超える輝きが宿る作品となった。すべてが味わい深い特撮巨大ヒーローの金字塔である【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

ウルトラマン

地球から300万光年離れたM78星雲・光の国の宇宙警備隊員。主な必殺技はスペシウム光線やウルトラスラッシュ等の多彩な光線技。地球での活動時間は3分と短い。身長40m、体重3万5千t。

メカ・ロボット

科学特捜隊専用車

科学特捜隊日本支部に配備されている専用自動車。首都近郊、日本支部から比較的近い地域での捜査・探索に使用される。特別な武器は装備されていないが、本部との通信機器などが搭載されている。

ジェットビートル

科学特捜隊の主力戦闘機兼兵員輸送機。機体下部に三基の上昇用ノズルを持ち、垂直離着陸やホバリングが可能。機体各部にハードポイントを持ち、各種武装の設置、他のメカの輸送にも使用される。

小型ビートル

通称「三角ビートル」と呼ばれる二人乗りの戦闘機。偵察および観測を主任務とするが、ジェットビートルの支援機としても活躍。機首部分にレーザー砲、機首下部にミサイルポッドの設置が可能である。

スタッフ・キャスト

スタッフ
監督:円谷 一+飯島敏宏+野長瀬三摩地+満田かずほ+実相寺昭雄+樋口祐三+鈴木俊継 / 特技監督:高野宏一+的場 徹+有川貞昌 /

キャスト
ハヤタ:黒部 進 / フジ:桜井浩子 / ムラマツ:小林昭二 / アラシ:石井伊吉 / イデ:二瓶正也 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}