動画が再生できない場合はこちら

刀語

35

0

0

0

0

7

西尾維新アニメプロジェクト第2弾!
大河アニメ『刀語』

伝説の刀鍜治、四季崎記紀がその人生を賭けて鍛えた十二本の“刀”を求め、無刀の剣士・鑢七花と美貌の奇策士・とがめが征く!

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(7件)

技能、奥義を極める。
特に剣術・格闘術の様な殺傷を目的とする処の。

それが社会や歴史にどれ程の影響を与え得るのか。
あるいは、得ないのか。

1話50分、全12話、視聴を続けた後、
最後、あの結末には、大変驚かされました。

剣法武術の決定的な限界。

いやいやいや、
最後の一本がとても示唆的です。

丁度、天鏡のアルデラミン 第8話、にも有りましたが、
冬戦争やスターリングラード攻防戦での「狙撃」の逸話が思い浮かびました。
技能、奥義を極めた者が、国をも救う。

いや、これは私の、真に勝手な感想です。。。

兎に角、
絵柄、キャラクターデザイン(特に”眼”)、敷居が高いですが、
作画演出音楽、一見の価値ありです。

なお4本目は「戦艦ポチョムキン」でしたが
階段を転げ落ちて行く乳母車、が凄かったので
納得してしまいました。
えっ 何言ってるか分からない?
では 是非本作品をご覧下さい!

名作・傑作ですね

出し惜しみなしの面白い展開。抜群のエンターテイメントでありながら、ラストはトラディショナルな時代劇です。過去に色んな時代劇がありました。実写、小説、コミック、あらゆるものを見ましたが、中々これより上は無いんじゃないかと思いました。こんな作品はもう出てこないでしょう。西尾維新凄いですねえ。製作スタッフの方も頑張りましたねえ。何と言うか、劇場版の999を見た後の衝撃に近いです。胸が一杯。どうお勧めしていいのか分りません。見てよかったとも思うし、見なければ良かったとも思う。他のアニメを見て何か物足りないと思った人には大変お勧めなんですが。見た後は、余計に他作品を肯定できなくなるでしょう。凄いお話がこんなにもヒッソリと置いてあった。本当に驚きです。

チェリオ!

「物語」シリーズの西尾維新作品。
1つのストーリーが50分と長いが、物語序盤は「なんだこれ?」って感じになると思います。
しかし話は次第に深くなり、物語終盤で引き込まれていくのは確実。
50分?いや、もっと長くても…もっと豊かに描いてくれても大丈夫。
幼さ感じる絵からは想像もつかない面白さのSF時代活劇です。
さぁ、とくとご覧あれ…

お値段以上

最初は画的なもので購入を躊躇していましたが、西尾維新の作品ということで
思い切って購入してみました。
結果は大満足できる素晴らしい作品です。だんだん画も良くなってますし、気にならなくなりました。
回を追うごとにとがめと七花のやりとりには、ホントに面白く「チェリオ」最高!
でも、一番のお気に入りは姉ちゃんの七実です。
大河アニメと言う事で、1話づつが長いですが、見ごたえは十分にあると断言できます。
お時間ある方はぜひにお勧めいたします。

全12話・各話約50分

作品としてはず~っと前から興味はあったものの、正直、パッと見で画柄が好みではなかったし、「料金」の高さがそれに拍車をかけて…長らく購入に躊躇・敬遠していた作品の一つでした。
思い切って購入してみましたが、全12話で各話50分近くもあるのでこの料金でも納得しました。
原作者特有のセリフまわしの独特さ、登場する「刀」の奇抜な存在、そして着実に育まれる七花ととがめの関係を含めた全キャラの生き様がこれまた奇抜というか…、要所要所でドロっとしてます。
序盤からやたらと密着というか、下心無しにイチャつく七花ととがめ。やがては七花の不器用なヤキモチ加減や、逆に9話でのとがめのヤキモチ~壊れっぷりがいじらしい。そして何といっても名言「チェリオ!!」がかわいい(⌒-⌒)
池田昌子さんの物腰の柔らかい美声(ナレーション)は毎回惚れ惚れします。

純粋に

面白い。原作者は西尾維新というのですか。小説なのか漫画なのか知りませんが、久しぶりに原作を読んで
見たいと思う作品でした。原作ではどのような表現がされているのか興味がわきました。

これは傑作だと思う

作者西尾氏らしくセリフの多い作品であるが、一本の刀として育てられた七花がかなめと旅を続けていくうちに人間らしさを持ってくる話は心にしみるところがあります。
そしてラストの大決戦はリピートして見ちゃうくらい引き込まれますよ。

見どころ

ヒット作『化物語』の西尾維新による小説を元永慶太郎監督がアニメ化。特殊能力をもつ12本の「変体刀」を集める奇策士とがめと、それをサポートする無刀の剣士・鑢七花の冒険の旅を描く。みどころは西尾維新らしい濃密でノリのいい会話劇と、トリッキーなワザを使って迫る敵たちとの壮絶なバトル。さらに七花の姉に秘められた宿業の能力など、背筋が寒くなるような仕掛けもあって、画面から目が離せない。シンプルな絵柄であるが、逆にそれが凄絶な展開と絶妙なバランスとなることがあって、表現論的にも実にユニークな作品である。原作の各巻に準拠して1時間スペシャルを1話ずつ全12話の「大河アニメ」という形式のため、1話ごとの充足感もたっぷりだ【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

鑢 七花

虚刀流七代目当主。刀を使わない剣術「虚刀流」を父親から受け継いだ。ずっと無人島で家族と暮らしていたので世間知らず。父親から一本の刀として育てられたために様々なことに対して無頓着なところがある。

とがめ

七花に「刀集め」を提案した張本人で、「奇策士」を名乗る。尾張幕府家鳴将軍家直轄預奉所軍所総監督の肩書きを持つ。普段は尊大な態度を取るが、たまにパニックを起こしたり、子供じみた言動になったりもする。

鑢 七実

七花の姉。綺麗で清楚な女性で、弟の七花とは何もかも真逆の性格。病弱な身体でありながら、働きたがりで、しっかり者。

真庭蝙蝠

真庭忍軍・頭領の一人。「冥土の蝙蝠」・獣組体内にどんなものでも収納できるという忍法を使う。耳障りな甲高い声でしゃべり、特徴的な笑い方をする。

宇練銀閣

居合い抜きの達人。砂に飲み込まれてしまった鳥取藩の因幡砂漠にそびえる下酷城に、ただ一人住み着いている浪人。彼が所有する「斬刀・鈍」は先祖伝来の品で、どんなものでも斬るという恐るべき刀。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:西尾維新 / 発行:講談社 / キャラクター原案:竹 / 監督:元永慶太郎 / シリーズ構成:上江洲 誠 / キャラクターデザイン・総作画監督:川田 剛 / 美術監督:工藤ただし / 色彩設計:手嶋明美 / 特効監修:谷口久美子 / 撮影監督:中村圭介 / 編集:たぐまじゅん / 音響監督:えびなやすのり / 音楽:岩崎 琢 / アニメーション制作:WHITE FOX /

キャスト
鑢 七花:細谷佳正 / とがめ:田村ゆかり / 鑢 七実:中原麻衣 / 真庭蝙蝠:鈴木千尋 / 宇練銀閣:宮本 充 / ナレーション:池田昌子 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}