動画が再生できない場合はこちら

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A

189

1

3

1

11

27

駆け上がれ!全国の頂点!!
もう一つの本格美少女麻雀物語(ガールズマージャンストーリー)!

阿知賀女子学院で開かれていた「阿知賀こども麻雀クラブ」に通う高鴨穏乃と新子憧は東京からやってきた転校生、原村和をその麻雀教室に誘う。そこには1つ年上の松実玄やコーチをしている大学生の赤土晴絵がおり、麻雀を通してみんなで楽しい日々を過ごしていた。しかし、中学にあがると、晴絵は実業団へいき、憧も穏乃たちとは別の中学へ通うことになった。そして、和も転校し、穏乃たちはそれぞれがバラバラの道を歩むことになった。時が流れ、中学3年生になった穏乃はある日、テレビを見ていると、そこには全国中学生麻雀大会で優勝している和の姿があった。「また和と一緒に麻雀を打ちたい」そんな思いを胸に、穏乃、憧は阿知賀女子へ入学をする。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)小林 立/スクウェアエニックス・咲阿知賀編製作委員会

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(43件)

本編ありきですが

今作もキャラクターとキャストのマリアージュが心地よく、音楽も相俟って!相関図とともに物語が面白く感じました。
本編はもちろん主役にクローズアップしていますが、こちらはそれとは対照的に阿知賀メンバーの一人一人少しずつではありますが、きちんと掘り下げられているのが面白いです。OPとEDも効果的!
歳を重ねたせいか(笑)彼女達の佇まいにホロリとさせられることもしばしば(笑)
能力的なモノは別として、群像劇として出来も良いと感じます。
実麻雀は打つ人の為人が分かると良く言われます。
かの名作“麻雀放浪記”も登場人物たちのコントラストが素晴らしかった。だからこそ麻雀ベースの物語は面白いのだと思っています。(麻雀を打てるならなおのこと)
いつか全編アニメ化をして欲しいモノです(笑)

ネタバレあり

個人的ですが1,2を争うほど面白いアニメです

本当に阿知賀編は何度見ても面白い
個人的意見でいろいろな思い入れがあるのですが
副将戦
「赤土晴絵 10年越しのリベンジ」
ここに全てが詰まっています
本当に感動します

ネタバレあり

全国編の「前振り」を超える出来

端的に言って「咲:全国編」のための前振り作品、かな…と。全国決勝で「side-A」側から勝ち上がる二校は side-B の清澄校を中心に展開する「全国編」だけでは描写が難しい。そこで、全国決勝に「side-A」側から参加する二校を描くために用意されたのが「阿知賀編」ということなのでしょう。咲の姉:照と彼女が所属する白糸台を描くことも出来ます。「阿知賀高校」とは「side-B の清澄校」に対する「side-A側の(あっち側の)高校」という意味なのでしょうね…。そんなネーミングセンスとは裏腹に、本作で描かれるのは「咲」本編に勝るとも劣らぬ対戦ドラマ。自分は「咲本編」と同様に楽しめました。特に赤土先生と教え子たちのドラマに感動しました。…おかげで赤土先生が本シリーズ一番のお気に入りキャラになりました(自分の年齢的に現役女子高生には想い入れづらいということもある)。全国編は未見ですが、楽しみです。

個人的にですが

本編の咲より阿知賀編の方が個人的に面白かったですよ。

女の子可愛いですし最終回はとても熱かった。

本編と全く同じく楽しめます。

すばら。お勧めです。

2作品同時

久しぶりに見返し、ラジオで小野監督が全国
編と話を繋げながら観ると一本の作品(話し)
になり更に楽しめると言っていたのを思い出し
ました。
制作側の方もそう言う遊び心を考えて作って
いるんですね~

すばらっです

久しぶりに見てはまり5週程しています(笑)
それぞれキャラがとても個性的で面白いです。
個人的に気に入ってるのは準決勝のすばらがすばらしい、そして灼のみんなの期待を背負っている描写
ハルエのスタンドじゃなくスタンゴもかっこよかったです
レジェンゴと言われ続けた阿知賀のレジェンドも復活してくれそうでなによりです
あとクロちゃんをはじめみんなの戦犯顔がとてもステキですw

ネタバレあり

スバラ

白熱する勝負!
そして、前作のキャラとの絡み!
見所盛りだくさんです!

最高

阿知賀本当に好きです!

もう何十回もリピートして見てます笑

what is my life?

This animation makes me happy, but my life is so painful...!

すばら

魔法少女のマージャン合戦。ストーリーが感動的。

ネタバレあり

表紙の女の子はあんまり活躍しません

松実玄(くろ)が一番カワイイですけど終盤では悲惨な目にあってます。
画面にほとんど映らないし泣いてるシーンしか映らない場面があって悲しくなりました・・

ネタバレあり

本編より見やすい


見やすかった
この見易さ
ポケモンを育てながら見るには
最適でした


麻雀サイキックバトル

私は麻雀初心者というか、ほとんどわかりません。
3つ一組で連番か絵を揃えたらいい?ってレベルです。
なので作中の専門用語は異世界の言葉です。

しかし、この作品が麻雀を使ったサイキックバトルであることは想像できます(*^_^*)
「現実では無いんだろうな~」と思いながら楽しんで見ました。
「ガチの麻雀ファンにとっては賛否がありそうだな~」とか(笑)

ストーリーとしては中々良かったのですが、ちょっと駆け足すぎとウエイトを置く点が微妙だったので★4です。

阿知賀編からは様式美を感じる

だいたいあってるけど直感的すぎていい加減な印象の残る解説と会場のシリアスな空気との緩急がキモチイイ
そして控え室には萌えと癒し

そういう様式美らしきものが心地よい咲だったと思う

毎回がクライマックス

咲のアニメ第二作ですが咲のスピンアウト、外伝的な作品です。なので咲一期を見ていなくても問題なし。

キャラはみんな可愛く魅力的。見ていて楽しい。とにかく楽しい。そして熱い。特筆すべきは引きの良さ。毎話がクライマックスレベル。OPEDも飛ばせない。うっかり第一話を見ると最終話まで止まらなくなってしまい、何周リピートしたことか。正直、咲本編とは別物レベルの秀作です。

楽しめた

麻雀の面白さ演出もかっこよかった。

前作は楽しめたけど(・ω・)

今作は少し盛り上がりに欠けたかなと。
面白くない訳じゃないけど。

前作がサイキック麻雀アニメで盛り上がったけど、今作は少しサイキック要素が薄くなったかな。

薄くなったと言ってもこちら側の主人公以外は能力者達ばかりだけど。

だからなのか、前半はフルボッコ率が高い。
でも最終戦で化けてからはサイキックバトルで楽しいかな?

ただ覚醒?が終盤なので、なんだかなーって感じはします。

後は全体的に駆け足感と一部のキャラクターだけ心理描写が多く描かれてる所はマイナスだったかな。

次回でどう展開するのか楽しみではあるヽ(゜Д゜)ノ

とんでも能力もの

スポーツのとんでも能力系のアニメや漫画は嫌いですが、これは面白かったです。早く決勝も観たいですね。

主人公の成長

「咲」は無印原作も読みました。
あちらは主人公の火力がすごい!!!
阿智賀編の主人公には何か無いのか?と思っていたら・・・・・・
こちらは、「山」(防御力)が凄かったああああああ・・・・・・・
決勝戦が楽しみ、わくわく

ネタバレあり

よぉ~し

100速まで 仕上がった!

いろいろ モヤモヤしてたけど 最後でスッキリ!

本編が 楽しみ

おぉー

次回楽しみやな!

ほぉ~う^^

こっから積もり積もった

何かしらを回収して

くれるのですね~^^

前期とは違います!

まさかの「咲・阿知賀編」スタートでしたがスタッフが前期とは全く違います。
皆様も「画像」を見て分かる様に作画が1期のスタッフが作画して脚本も前期とは違います。
臨場感溢れる試合は必見ですね!一時期は麻雀=ギャンブルの概念が有ったりしましたがインターハイでの戦いは見所です。友情深くライバルらしい会話は感動します。1期の「咲」のファンでしたが、今回の期待度は「嶺上一発ツモ!」ですね!(姉妹対決は無いので続編希望です)

ネタバレあり

まだまだ

咲saki阿知賀編の最終話の後の話が見たいよー

千里山編?

って感じかな?
咲のお姉さんの強さと、千里山の子が目立って、
阿知賀の皆んなは、バイプレイヤーな印象でした。
次も、楽しみにしてます。

ここで終わっちゃうの?

前半はいまいちでしたけど、全国大会始まってから面白くなりましたね。
玄のドラゴン能力が力不足過ぎるのが不満でしたけど、
照の能力が見れて満足になりました。

咲シリーズやっぱいいね

やっぱ咲シリーズはいいね。
前作と違ってサイドストーリーってのもあるのか
前作キャラのライバルって感じでがんばるキャラ達ってのもありだと思う。
前作みたいに異常な能力発動っていうのがあまりなく
むしろ本来のまともな麻雀って感じだな。
そこに少し異常能力キャラが数人いるっていうので咲らしさもでてるし
俺としては高評価作品だと思う。
まぁ、ちょっとした愚痴としたら本編の方を早く再開してほしいなぁ。
むしろ、これで評価低いとか俺は信じられん。

最高なのである

前作と続きもう最高なのである!

こんなハラハラドキドキするアニメは他にないっ

麻雀好きにも知らない人にも見てわかるこの楽しさサイコウなのである

くろおおおおかわいいい

さすがSAKIシリーズ

さすがSAKIシリーズ。クオリティが高いです
けど阿智賀の主人公が一番微妙ではっきりいって好きになれなかった。
けどくろちゃんや千里山のトキちゃんがかわいかったからよかった!
展開から内容までやっぱりとてもおもしろい、さすがsakiという感じ
本編の全国大会編がはやくみたいな~こんなにおもしろいアニメはそんなにないよね
文句なしの満点ですよ

阿知賀編?

麻雀作品は哲也が一番好きです。
まあ、それはともかく、1クールで終わるから予選が短いのは、予測していましたが・・・
阿知賀のメンバーの活躍削りすぎですね、これ。
宮永照に5話使う必要ない気がします。
千里山のほうが、活躍多いですね。
千里山編とタイトル変えるべきかも。

なn?この中途半端な感覚

もっと、ストーリーや人物関係や麻雀対戦内容とか工夫できたはず。
所詮、咲のサイドストーリー低絵音思い、ゲームを売るための手段にもなってない。

こんなので、咲の続編作れるの?

正直がっかり。アニメは最初の二話まで。
あとはゲーム画面をみせられてた。
適当に作るんじゃねえ。

まだ途中視聴なんですが…

正直言ってなぜこの阿知賀編があるのかわかりません。前作の咲と比べてドキドキ感も躍動感も盛り上がりも、何もかもが中途半端のような気がします。ましてやスピード感はバラバラもいいとこ…

出来れば全国大会は咲の本編で見せて頂きたかった。どうしても阿知賀編をやりたいのであれば、スピン・オフで、県大会を突破し各強豪高と特訓し、全国大会の開会式場で咲と廊下ですれ違う…といった所くらいまでを10話前後で見せて欲しかった。

とりあえず最後まで視聴はしますが、前作が良かっただけにこれは頂けない…

百合要素が控えめになっていることのみ評価します。

劣りますねえ。

「咲ーSaki-」のスピンオフ作品だけに、新たに登場するキャラクターの個性が、アニメ「咲ーSaki-」よりも、少し、負けているような気がする。

ネタバレあり

本編を超えろ~

原作は画が残念なことになってるので本編と同じクオリティで阿知賀編のキャラが見れるのは○。
OP、EDもテンション上がってすごくいい。

で、肝心の中身ですが途中までの感想としては後半に期待ってところ
レールガンがいい例だけどスピンオフ作品が本編を超えられないってことはない。
ただ超えて欲しかったのはストーリー進行ではなく面白さなんだけどなぁ…全国大会が本番とはいえもっとじっくり話を進めて欲しかった。
人数が多いだけにキャラが全般的に薄く一番立ってるのが解説プロといった状態。
もっと掘り下げて欲しいと思えるようなキャラがあっさり使い捨てにされるのは見てて辛かった。
6話もおねーちゃんの活躍に期待してただけに盛り上がりに欠けた。
主人公が無能力者(ノーパン)で影薄いのにこの先大丈夫なんだろうか。

ネタバレあり

すばらしい!

今期一番は間違いない!!最高の出来である!
来週が楽しみでしかたない!物語もとてもいい!100点満点である

ルール知らないけど

個性あふれたキャラと打ち方で面白い

少々期待はずれ

アニメならではのオリジナルで県予選で盛り上げて欲しかったのが原作のまんまの展開
4話まで視聴して駆け足過ぎる感じがする・・・
サブストーリーのようなもんだが阿智賀女子の魅力が薄いかなーと個人的に思う

まぁまだ始まったばかりてのもあるので☆は甘めの評価で自分は3つて感じです。
今後の阿智賀に清澄それと咲の姉に期待しまょう

納得いかん

奈良なのに、吉野なのに、関西弁じゃない。大阪の高校は関西弁なのに・・・。

麻雀やりて~

いいよ!(*´∀`)

和の過去形かな・・・・

運命の子、咲との出会いの前。咲で、よく和が言われていた中学時代の優勝が、これで分かるわけかな。
ある意味、知りたい部分なので、今後の展開に期待度、大です。
原作知らない特典なのか、アニメの方に期待しています。
それより、小学生ですでにその大きさとは。さすが、和です。
でも、自分は咲の方が、個人的に好きです。

見られるならチェックしないと損

咲、Aチャンネル、ホライゾンと立て続けにヒットを飛ばす、監督・小野学さんと構成・浦畑達彦さんのコンビが放つ最新作。前作の「咲」が好きだった人も見てない人も、とりあえずチェックしておかないと損でしょう。
原作マンガの阿智賀編は何か都合があったのか、牌譜がほとんど出ません(阿智賀vs晩成ですら3ページで決着)でしたが、アニメ版ではしっかり描いてくれるに違いありません。何たって、前作アニメで個人戦の牌譜を監督らと共に作り上げた山本さん+1名の名前もクレジットされているのですから!

もし、麻雀にダークな印象をお持ちの方がおられたなら、それは間違いだと断言しましょう。ダークなのはこれをギャンブルにする人達で、麻雀自体はゲームの一種に過ぎません。
だから、そんな理由でこの作品を敬遠する必要はありません。女子高校生が全国一を目指して情熱を燃やす様を見れば、きっとそんな勘違いは消し飛んでしまうはずです。

また咲が観れるなら‼

本家で和が言った台詞の辻褄が会わないよな…とか気にしちゃダメだよ‼

1話はストーリー的に大事な和とのエピソードだから、麻雀に時間をさけなかったのは残念だけど2話からに期待だね( ´ ▽ ` )ノ

本家のキャラも出てくるみたいだし目が離せないぜd( ̄  ̄)

キャラクター

高鴨穏乃

阿知賀女子学院に通う高校1年生。小学生時代、和を「阿知賀こども麻雀クラブ」に誘う。中学1年まで一緒に遊んでいたが、転校した和と再び会うために、阿知賀女子麻雀部を再結成する。性格は明るく、行動的。

新子 憧

阿知賀女子学院に通う高校1年生。穏乃たちと同じ麻雀教室に通う。穏乃たちと別れ、麻雀部のある別の中学校に通うが、高校に上がる際、穏乃と再び和に会うため、阿知賀女子に入学する。計算もでき知的な少女。

松実 玄

阿知賀女子学院に通う高校2年生。穏乃たちと麻雀教室に通っていた。麻雀教室が解散した後、一人で部室を維持し続けていた。チームがピンチに陥った時に頼れる存在。麻雀の実力は相当なものでドラに愛されている。

松実 宥

阿知賀女子学院に通う高校3年生。玄の一つ上の姉。極度の寒がりで夏でも厚着をしている。「阿知賀こども麻雀クラブ」に一緒に通いたかったが、すでに中学生だったため遠慮していた。玄と同じく麻雀の実力はある。

鷺森 灼

阿知賀女子学院に通う高校2年生。幼稚園のころから大人たち相手に麻雀を打っていた。玄の誘いと憧れる晴絵が麻雀部コーチにくることをきっかけに麻雀部に入部する。晴絵からもらったネクタイを大切に持っている。

園城寺 怜

千里山女子高校3年生。千里山女子のエース。病弱気味。

清水谷竜華

千里山女子高校3年生。病弱な怜の面倒をよくみている。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:小林 立『咲-Saki-』(掲載「ヤングガンガン」スクウェア・エニックス刊) / コミック作画:五十嵐あぐり(掲載 月刊「少年ガンガン」スクウェア・エニックス刊) / 監督:小野 学 / 助監督:セトウケンジ / シリーズ構成・脚本:浦畑達彦 / キャラクターデザイン&総作画監督:佐々木政勝 / アニメーション制作:Studio五組 / 音楽製作:ランティス /

キャスト
高鴨穏乃:悠木 碧 / 新子 憧:東山奈央 / 松実 玄:花澤香菜 / 松実 宥:MAKO / 鷺森 灼:内山夕実 / 園城寺 怜:小倉 唯 / 清水谷竜華:石原夏織 / 江口セーラ:能登有沙 / 二条 泉:松永真穂 / 船久保浩子:manami /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}